necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日も微熱でだるくって、いっそ寝てしまおうかと思った。でも、思い切って外へ出たら、帰る頃には、気分は上向きになっていた。

歩きながら「感謝の時間」として、育ててくれたお父さん、お母さんに感謝、お父さんを育ててくれたおじいさん、おばあさんに感謝・・・と、亡くなった人まで範囲を広げて、ありがとうを言っていったら、なんとなく墓参りがしたくなった。墓参りなんて柄でもなくて、全然興味なかったのだが。

ふと、お盆に帰省しようか?という考えが頭をよぎった。が、即座に打ち消した。今、ワタシはデブなのだ。こんな体で帰ったら、太ったね、みっともない、太ったね、みっともない、太ったね、みっともない、太ったね、みっともない、太ったね、と言われ続けるのは目に見えている。そしてワタシのココロがボロボロになることも。

帰ってシャワーを浴びながら、心の中で、親への罵声を浴びせ続けた。できないところ、劣ってるところばかり、指摘され、注意され、怒られるから、いつだってワタシは、実家に居場所なんて感じなかったのだと。。ワタシができることには、さして興味ももたなかったね。できないことばかり、できないことばかり・・・・・・




最近人目があまり怖くない、ということに気づいたのは、お風呂を出てからだった。当たり前のようにスーパーに出入りしていた。出来ることは当たり前で、できないことばかり、目がいっているのは、私だ。親がしてくれなかったことばかり根にもち、してくれたことには興味がもてない、これでは、親が私にしていることと同レベルではないか・・・・・・

せめて、自分のできたことは、私が褒めてあげる。
今日外出できて、良かったね、やったねって。

『かわいく見られたい』
女なら当然持っている (という) その気持ち
本当のところ、よく分からない
自分に手入れすることに 喜びを感じられない
自分を大切にすることに 罪悪感

母の愛は 幼い私には届かなかった
怖くて 怖くて
どうして 怒鳴られるのか分からなくて
怒鳴られないために どうすればいいか 必死で考えた

わたしの中から わきあがる 感情は 表現してはならない
わたしは もう 何も思いません
何も言いません
何もしません
お母さんが 喜びそうなこと以外は


小学生だった ある年の七夕祭りの夜
おこづかいを 2千円もらいました
友達とはしゃいで
友達は 好き好きに買っていたけど
私は 自分のほしいものが 分からない子供になっていました
自分のためにお金をつかうことに 罪悪感

お母さん。
あなたの喜ぶ顔が見たくて 
2千円全部使って バッグを買いました
パートへ行くときの かばんがほしいと 言ってましたね


あなたは それを見るなり
なに こんな安物!
こんなもの
こんなもの
どこへも持っていけやしない!
せっかくあげたお小遣いを こんなものにつかって!
もったいない!

怒られて 怒鳴られて 泣きました
ちゃんと 母を喜ばすことのできない
自分の不甲斐なさに 泣けました

かわいそうに
あなたのせいじゃないと
あの頃の自分を 今 抱きしめる

-------------------------
今は無気力なので、何も思いません。心、開いてばかりいたら壊れちゃうから、閉じちゃったんだと思う。26日朝、ノートに書いていたものを、淡々と書き写してみました。
子供の頃の話にいっぱいコメントいただいて、どうもありがとうございます。お返事は少し時間がかかるかもしれませんが、本当に感謝しています。


連鎖反応的に、子供の頃のことをたくさん思い出してきました。心の中にどす黒い澱がわき出して来るみたい。

* * *

今朝、犬の話と同じくらいの頃の、母との思い出を、紙のノートに書きました。(→「お母さん、大好きだった」としてアップしました)

書くの、辛かったけど、泣きながら、何かにつきうごかされるように書きました。最後に思い浮かんだ言葉が、「かわいそうに」でした。小さい頃の自分に「かわいそうに」と言えました。泣いているのは、今の私ではなく、少女だった私だってことが分かりました。彼女を抱きしめてあげたいと思いました。初めての感情でした。

5年ほど前に読んだアダルトチルドレン関連の本に毒されてるのかもしれない。知識として知っていたから、心の準備が整った今、自然とそれができたのかな。どっちか分からないし、どうでもいい。

記憶は、私が受け入れる準備ができるまで、隠れていてくれた。ちゃんと思い出せるようになったのは、きっと強くなった証拠。

* * *

もし5年前、AC信奉者だった医者に「医療として」こういうセラピーをされていたら、一足飛びに今の状態へ来れただろうか??

私にはそうは思えない。植物に、肥料を一気にたくさんあげれば大きく育つわけじゃないのに似てるかな。その人に合った栄養を、タイミングを見計らって、適量あげる、くらいしか、まわりの人にはできないと思う。お医者さんやまわりの人達が与えてくれる愛に、自分で気づいて吸収していくんだと思う。そしてそれには時間がかかるんだ。
今回の講義では、動物虐待などの問題行動を起こす子どもは、何らかのシグナルを周りの人間に発しているのではないでしょうか?
それは、子どもに限ることではなく、老若男女、すべてにおいて、問題行動という変化で助けを求めているのです。

私たちは、そのシグナルを勘違いせず、的確に、見落とさない努力が必要なのだなと思いました。

ふぅさんの記事を読んで、ずっと隠していた過去のことを書きたいと思った。書くことで自分のした罪が消えるわけじゃないと分かってはいるけれど。

小学校の頃、飼い犬を虐待してた。

Mちゃん。今も、あなたの写真を正視することができない。あなたのかわいさと自分の醜さから目を背けたくなる。毎日毎日リードでぶってたね。あなたの辛そうな顔を見るために。お母さんも笑ってた。楽しい遊びのつもりだった・・・・・・友達にも先生にも得意気に話してた。

Mちゃんのことかわいくて、かわいくて、大好きだったのに。本当にかわいがってるつもりだったのに!

先生はやさしく「一人っ子は親御さんの関心が集中するから辛いよなぁ」「今までお母さんにガミガミ言われるだけだったのが、自分より下の者ができて、うっぷんを発散してるんだね」みたいなことを言うだけで。。。私にやめなさいと言わなかった。。。その時は、意味を理解してなかったけど、ものすごく優しい目で見てくれていたことが、今なら分かる。

そんなある日、友達の犬にも同じことをした。かわいがってあげる、くらいのつもりで。。。友達は大泣きしてしまって、私は戸惑った。どうして彼女が泣くのか全然分からなかった。でも、それが初めてぶつことに、罪悪感を感じた瞬間でした。

* * *

このことを動物虐待だと認識できたのは、Mちゃんが死んで何年も経ってからでした。

こんなに暴力が嫌いなのに、どうして、この私がそんなことをできたのか、そしてどうして、それに気づかずにいられたのか、分からない。

見たくないものは見えない?

綺麗な心を持ちたいと強く思うけど、自分の心の醜さは自分が一番良く知っている。

だから、私は子供を産むのが怖い。私が子供のためを思ってする行動が、子供を深く傷つけてしまうかもしれない。かつて犬をぶつことで愛を表現したつもりになっていたように。

結論がそれかよ、って感じですが、涙が止まらなくて、まとまらない。初めてこのこととまともに向き合った気がする。
普段ニュースを読んでも何も思わない私だが、哀しい!悲しい!という気持ちが心から溢れてきて苦しくて途中から読むのが辛かった。
 奈良県田原本町(たわらもとちょう)の医師(47)宅が全焼し母子3人が死亡した事件で、奈良県警に現住建造物等放火、殺人容疑で逮捕された高校1年の長男(16)が、県警捜査本部の調べに対して、英語の試験の点数が低かったのに父親に「できた」と伝えており、「学年保護者会で母親が成績表を受け取るとうそがばれると思った」と供述していることがわかった。捜査本部は、父親へのうその発覚を恐れたことが、事件を起こす直接のきっかけになったとみて調べている。

(報道されているこの子の言葉が本当だとしたら・・・・・)
親の期待に、すでに心をほとんど殺されていた。法律では、心を殺しても裁けないんだよね。肉体殺したら殺人者として一生生きていかなきゃいけない。かわいそうに。

なんて残酷な家!のび太君がジャイアンと暮らしていたようなものだ。自分の思い通りにならないと殴る父親。ジャイアンはジャイアンでも、卑怯なジャイアンだ。教育という大義名分のもと、人の目に届かないところで、逃げ場を断ち、いじめ続けた。お母さんもまた、ジャイアンの味方だった。お母さんは黙っていたことがばれて、自分が殴られるのが怖かったんでしょう?守るべき者を逆に自分の盾に使った母親もまた加害者だと思う。

すべてのお父さん、お母さんにお願いします。
子供が自分の期待に満たないことで怒らないで!
親の期待に応えたいと思わない子供なんていないよ。
子供を恐怖と罪悪感で支配しないで!


怒る前に少し考えてみて。娘・息子がランクの低い学校に進むことで傷つけられるのはあなたのプライドなんでしょう?外でいい顔したい?あなたにとって、子供の心と自分の体面、どちらが大切?子供は、あなたの期待に応えるために生まれてきたんじゃないんだよ。

私も「父親に試験結果を知られるのが嫌だった」から殺す気持ち、分かってしまう。今までうちの親の肉体が殺されてないのは、大学で上京できたおかげだと本気で思う。距離を置けたことで、嘘という逃げ場ができた。「仕事頑張ってる?」「(家にひきこもりながら)頑張ってる頑張ってる」「そう、頑張ってるならいいけど」で丸くおさまるようになった。

あなたの期待を押しつけるのなら、せめて子供が嘘をつくのを怒らないでね。なぜ嘘をつくのかまず考えて。嘘をつかなければ、あなたに心を殺されちゃうから嘘をつくんだよ。嘘なんて本当はつきたくないんだ。

人一倍、親思いな子供だったんだろうに。かわいそうに。

(注:感情を表現する練習のために書きました。なぜなら、私もまた、自分の本当の感情を抑えこむように躾けられてきたからです。)
父の日・母の日はここ10年くらい無視してきたのだが、今年の母の日に突然花を贈った。

ちょっとは電話される頻度が減るかなぁという下心からだったのだが、これが予想以上の効果だった。どうも「うちの娘もしっかりやってる」という幻想を抱いてくれたよう♪(狙い通り!)

そうなると父の日も何か贈らないと、というわけで、今日あわてて買って送ってきた。明日には間に合わないけど、1日くらい勘弁。

はむさんのブログ経由で見たFlashが、土曜の人混みにわざわざ出掛ける勇気をくれた。

「ありがとう」って言いそびれたヤツいる? (音が出ます)

今日の20:00から、「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」という番組でニートが特集されるらしい。(Yahoo!テレビ番組表)この番組を見たことはないし、そもそも討論番組はうるさくて苦手なんですが、どうも昼サイさんが出られるようで、(調子悪くなければ)絶対見ようと思ってる。

昼サイさんを知ったのはつい最近、同じく日テレのニート特集のYouTubeを見たのがきっかけだった。

(これは3つあるビデオのうちの3番目。Video 1/3, Video 2/3)

2006-05-21の昼サイブログ

必ずしも彼の生き方に共感する訳ではないが、上のビデオの後半のインタビューが、ニートいじめのようで、非常に不愉快だった。特に元検事だかなんだかの河上和雄っていう人!!(ココに書くために名前調べた私も粘着w)

「働かない」ことがそんなに悪いこと?働かない人をいじめることが、無理して働いてる人のストレスの捌け口になってるんじゃない?

ウチの親もいつも「あんたのことを思って」意見を押し付けてくる(だから無職だということを秘密にしている)。親が子供に「働け」って言う時、親は本当に「子供のことを思って」言っているだろうか?私にはそうは思えない。世間体が悪いから、自分の肩身が狭いから、自分の子育てがまずかったと言われるのが嫌だから、というのが大きい気がする。(結局自分がかわいいんでしょ、自分の子供よりも!)

世間での「働かない」ことへの異常な風当たりの強さが、親を追い詰めて、その親が自分の子供を追い詰めるんだと思う。「働け」って。

* * *
私は、存在意義がもらえるのなら、働きたいって思ってしまう。だからニートにはなりえない。だけど、病気という隠れ蓑に依存しない「純」ニートの方を尊敬さえしてしまう。働かなくても、自分の存在意義を自分で見い出せるというのはすごいことだ。
河上氏:何言ってもあるいは無駄かもしれないけどね、人間として生まれてきて、大学まで出してもらって、世のため人のために働こうって気持ちはないの?
昼サイ氏:ま…それは傲慢ですよね、生きてればいいんじゃないですかね
ただ「生きてればいい」そう思えるのがうらやましい。
cherryさんのいじめられない為に生きる?を読んで、私も気づいてしまった。私も、「いじめられないために生きている」んだって。。。

生まれて初めて幼稚園という「社会」に出て、得た役割がいじめられっ子だった。その後転校したときに胸に誓ったんだった・・・「次は絶対にいじめられないように頑張ろう!」「人に好かれよう!」って固く誓ったんだった。今まですっかり忘れていた。

その企みは成功し、いい子、優等生の役割を得た。同時に”本当の自分”がどこにあるのか分からなくなった。人が怖くていい子を装ってるだけ。

今も「○○したい」っていう気持ちがどこから出てくるのか分からなく、「○○しなければ」「○○したらまずいよな」とばかり思っている原因はいじめにもあるんだなって思った。いい子を強制した親だけが悪いんではない、と。
ここ数日間、息をするのも面倒くさいほどの憂鬱と焦燥で、ただ横になってるだけしかできなかった。

私は、退職したことや病気のことを両親に一切話していない。今も元気に働いていることになっている。詳しいことは書けないが、ここ数日間、その嘘がバレるかどうかの瀬戸際だった。先ほど、無事バレずにすんだことが分かり、一気に心の重荷が降りた。今ここ数日できなかったことを少しずつ片づけている最中。お風呂も入れた。やっと楽になった。。。。。。

私には嘘をつく理由がある。まさに嘘も方便。いい子で居続けるための嘘、それでもいい。嘘で親から自分を守る、そのくらいの権利は自分にもある。
親からガタガタ言われただけで、ナイフで滅多刺しにでもされたかのよう。傷つきやすすぎる。弱すぎる。

オーラの泉の江原さんの説では、私自身がこういう親を選んで生まれてきたらしい。これを克服することが私の課題、生きる目的。

前向きになった気がしたのに全然行動がついてこない。辛い。なんにもしたくない。頭では分かるんだけど。これも認めなきゃって。

こんな時に親に電話掛けなきゃいけない。携帯に着信が山のように来てた。メールに返信なくても最低1週間は待ってよ!週末に返信しようと思っていたのに。できるなら親との通信をすべて遮断したい。どうにかなりそうだ。大手企業で正社員で働いている私にしか存在価値がないのなら、親にとって私なんか本当に死んだほうがいいんじゃないだろうか。
せっかく親の話を「聞き流す」という技を覚えたのに、昨日失敗してしまった。スキルレベルがまだ足りないらしい。

「ロクでもない男だけにはひっかかるな、あんたは1回大失敗してるんだから」という母の一言からバトルは始まった。

失敗?私は自分の結婚&離婚を失敗と定義したことは一度もなかったのに、なぜ勝手に失敗と決めつけるの?元旦那をロクでもない男だったと言い張る母。理由は結婚して1年経たないうちに鬱病で会社を辞めたから。「我慢が足りない」「無責任」だって。我慢が足りないから、弱いから鬱病になるって、いまだにそう思ってるんだね。だから、私は本当のことなんか言えないんだよ!

「親子なのに本音が言えない関係なんて普通じゃない」と母は言う。どうも携帯電話のCMでやってるような親子関係に憧れているらしい。言っておくけど、私はホームシックになったことなんて一度もない。一人暮しを初めてしたときはあの監獄のような家から逃れられた開放感でいっぱいだった。今でも電話がかかってくるだけで鬱がひどくなるんだよ!

若くて世間体的にもまだ汚点がなかった頃は、母は私を否定しなかった。世間体が良くなるように、あんたの期待に応えるように必死に頑張ったことをあんたは気づいているんだろうか。

離婚すると相談したとき、最初に言われた言葉が「親戚になんって言ったらいいの?」だったことは忘れない。

いまだに「あんたのことが心配だから」「今後のことをどう考えてるの」ってガンガン電話かけてくるね。でも昨日つい本音が出たね。「親戚が集まったとき、necoxは何してるのって聞かれる、その時、今どんな仕事をしているかも言えないのでは肩身が狭い」って。

私は「聞き流す」スキルをマスターするまで、あなたには嘘をつき続けるよ。自分の心を守るにはそうするしかないんだよ。
今回の躁状態は変。ウキウキがないのに、すごく焦ってる。整理整頓や分析することが楽しいらしく、過去を振り返って定義づけしなおしてみたり。

結局昨日17時に起きてから一睡もしてない。もう30時間以上起きていることになる。眠いのに、動けるうちに寝たらもったいない、と思ってしまう。だって次起きたらうつ状態に戻っちゃうかもしれない。動けるうちに、何かやっておきたい、っていう衝動。悪あがき。(眠くてまわらない頭で何ができるわけでもないのに!)

昼間自立支援医療の申し込みに行った。帰りに、古本屋をエンジョイ。。。なんでもないことだけど、立ち読みなんて久々だから刺激的に感じてしまうのだ。

さっき、オーラの泉を見た。東野幸治さんの奥さんは前世で生き別れたお母さんだそうだ。毎日の愚痴を、奥さんは「そう?そう?大変だったわねー」と母親のように全部聞き流してくれるらしい。それって、彼が私にずっとやってくれていること&私が今母親にやっていることだ。私も子供だが、母親も子供だと思う。

「口やかましい人が一番愛してくれてる」って三輪さんが言ってた。優しくするだけなら誰にでもできるって。うちの母親はものすごく過干渉だけど、本当に愛されてるのか疑問だよ・・・・

声も聞きたくなかったけど、最近どうでもよくなって、適当にあしらうことに専念し始めたら途端にうまくいくようになった。私が「へぇ、へぇ、そうなんだ~」って言ってればお母さんは気持ちよさそうに話し続けて満足するらしい。私のことが心配だなんて大嘘じゃない?愛ってわからない。
こないだ、SATYに行ったとき偶然目に止まったチラシ。李家幽竹さんがプロデュースした花風水を母の日に贈れるというのね。そのチラシがネットでも見れたのでメモ。

母の日ギフト


せっかくのWebチラシなのに、ネットでは申し込めないみたい。明日もう一度サティに行って申し込んでくるかな。親不孝しまくりだし。この値段で喜ばせられるなら安いもの。

李家幽竹さんの公式Webショップでも同じような母の日ギフトを扱ってるみたいだけど、サティのほうが3,980円~とお手頃。
明日でGoPetsを始めて1週間になる。1週間起きている時間のほとんどをPC画面見つめて過ごしたせいか、目が腫れてしまった。。。。まばたきするだけで眼球が痛む。もちろん微熱もある。

今日は、結構元気だったのだ。久々にラジカセのCDを入れ替えたし(ずっとそれすら面倒くさかった)、GoPets内では、いろいろコミュニケーションみたいなものをしたし。Firefoxのブックマークも半年振りくらいに整理した。
ほんと元気だったんだ、実家から電話がかかってくるまでは。

両親には、仕事辞めたことも、ひきこもっていることも言ってない。親の直感で何かを感じ取るのか、調子はどうだとか、将来への展望はどうだとか、うるさくてたまらない。あげくの果てには、近いうちにそっちに行くからと言う。

勝手に来るな!もう干渉されたくないの!私に構わないで!私はあなたたちの所有物じゃない!恥ずかしいところ、見られたくないの!(涙)

HP、MP ともに大ダメージ。さあ、明日こそは病院行くぞ。
帰ってすぐお風呂に入った。半身浴をしながら、今の私にものすごく役立つ本を読んだがそれについてはまた後日。

お風呂に入って1時間くらい立った頃、私は水をバシャバシャまき散らしながら叫んでいた。

「もう私は自由なんだーーーー!!!!」
「私は自分で自分の人生を選べるんだ!」
「お母さんがなんと言おうと、私は私の好きなことをやっていいんだ!」
「自分で責任をとるんだから!」
「私の人生なんだ!」

自分の人生が、自分の思い通りになるんだって、たぶん健康に育った人なら当たり前のこととして受け入れてるんだろうな。私は27になって初めてそう思ったよ。でもBetter late than never. 今分かってよかった。



少しだけ分析すると、うちの母親はなんでも自分の思い通りにしないと納得いかないタイプだった。例えば、洋服売り場で私が「これがいい」というと、決まって「そんな色みっともない」とか何とかケチをつけて私の好みが受け入れられることは一切なかった。

小学校に上がる頃には、服に対する興味をほとんど失っていた。洋服売り場ではお母さんの着せ替え人形になった。女の子は大体おしゃれが好きだ。私は同世代の女の子の話題についていけなかった。私はそういう性格なんだ、おしゃれに興味がない性格なんだ、と思った。

服に限らず、自分が何が好きか、どうなりたいのか、私は自分の意見を求められることに常に緊張するようになった。自分の意見なんてないのだもの。

私の想像だが、きっとかなり幼い時点で「人生は自分の意志ではどうにもならないから、意志を持っても無駄だ」と学習したのだと思う。なぜなら「自分の選択で自分の人生を変えられる」なんて思ったことは今まで一度もなかったからだ。

「自分の」人生、"My" life という言葉に違和感があった。なんか知らないけど、生きなきゃならない。なんで生まれてきてしまったんだろう、って思っていた。

自分で変えられるものなんだったら、人生って楽しいじゃん!!新しく生まれ変わった気分だ。生まれさせてくれてありがとう。
Amazon.co.jp:サルでもできる家事いっさいがっさい幻冬舎文庫: 本
こないだブックオフで衝動買いしたもの。この種の本は、どれか1コでも役立つ知識があれば恩の字なんだけど、1コ、この本手に取ってよかった~!!と思ったことがあったので、メモっておきます。

この2週間くらいアイロンしなきゃしなきゃ、って逃げ続けた結果、10枚以上ワイシャツがたまってしまいました。こういうときのために、夫のワイシャツはたくさんあるから大丈夫なんだけど、この本をたまたま手に取ったおかげで、目からウロコが落ちました。

アイロンかけなきゃいいんだ!(汗)

「アイロンをかけるべき服をハンガーにつるし、霧吹きを日に2回くらい3~4日続ける→いつの間にかしわはとれる」

これ、言われてみれば常識ですよね。最近アイロンが壊れて、コードレス&スチームジェット機能つきのに買い替えたんだったのに、頭の切り替えができてなかった。。。。


=======================================


ウチにあるワイシャツの半分は形状記憶シャツのくせに、クソまじめに全部アイロンかけようとしていた私は一体なんだったんだろう。

ああ!また几帳面な母親のしつけにしばられてたみたいだ・・・。母親に教わったとおりの家事をやらなきゃいけないっていうのがまだ無意識に残ってるんだろうなぁ。それを全部やろうとすると潰れるってもう分かってるのに。

うちの母親は手先が器用で、手早くて、整理整頓の鬼のような人で、家の家事には全部細かいルールがあった。そのルールに従えばよかったから、超不器用で自分では家事の手順が分からない私も洋服が畳めるし、皿洗いもきれいにできるし、一通りの掃除もできる。そう、その結果だけ見れば、1流半の主婦並のきれいさで掃除できるよ、時間はすごくかかるし、ハイテンションの時しかできないけど(^^;)やり方が几帳面すぎて不器用な私には合ってないのに、その手順通りに全部やろうとして、すんごい無駄な時間を費やしてきた気がする。

これから、どんどん母親からの無意識の縛りを解いていかなければ。彼女は娘を自分の思い通りにしようという意識が強すぎる。今でもかなり干渉してくるし、それが当然だと思っている。早く親から精神的に自立したい。できるなら連絡さえとりたくない。大嫌い、大嫌い、大嫌い。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。