necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日は行けばなんとかなると思ったけどあまりどうにもならず・・・鬱らしい鬱という感じだった。辛いときだけ飲んでた薬、今日で飲み切ってしまった。また病院いくか、迷う。薬自体、効果があったか疑問だし。単なる気休めだった気もするし。それならセントジョーンズワートあたりを会社に置いておくのも手だろう。フラワーエッセンスも鬱用に調合して置いておけばいいだろう。

今朝、スプレー容器にワイルドローズ+アンジェリカ+(モーニングスターの)ソウルズ というブレンドを作っていった。周りに噴霧するだけじゃあきたらずに舌裏にスプレーしてみた。あれは効いたと思う。それだけで鬱から脱するほどではないけれど。
2008.06.23 22:36 | 働く | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今の場所で今の人に囲まれて仕事できることは、本当に幸せだと思う。今日も、お金もらってこんなに勉強させてもらっていいんだろうか、という仕事だった。てかすべて、どんな日も、本当は、そうなんだろう、気がつかないだけで。
2008.06.19 23:27 | 働く | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
そういえば、昨日ボーナスが出た。フルでもらったの初めて。金額は・・・たいしたことなかったけど、それだけで嬉しい。

でも昨日、会社について衝撃の事実を知ってしまって複雑。この会社、おかしい、と初めて思った。今は仕事内容が自分のためになるからいいけれど、何年後?そう長くはいられないと思う。
2008.06.11 23:28 | 働く | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
休んだ理由、人事の人に「最近~だったから、精神的なものかと思った」とさりげなく直球投げられ、あわてて笑って打ち消した。(もちろん体調不良で押し通した)

その直球、まさに私が恐れてたことだったのに、いざ聞かれてしまうと、あせりとか恐怖とか羞恥心ってのは全然なかった。逆に、なぜかほっとしてしまった。確かに最近の私は客観的に見てきつい立場にいる(と思われてる)、それで気力を一時的にそがれるってのは人事的に想定内なのか?という新鮮な驚き。もしかしてこれってフツーのこと??

・・・長い間人事やってれば、いろんな人見るしな、そりゃあ分かるだろうけど、ばれたこと自体じゃなくて、それがさらっとスルーされて、かといって無視されたわけじゃなく、何事もなかったように温かく迎え入れてもらえてしまったことに、ちょっと唖然・・・という感じ。

気力が削がれてしまったから休みたい、休んじゃおう、っていう日が、、、、あんまり多いと見放されるだろうけど、ごくたまにあるのは、もしかして、人間として全然フツーなのかもしれない??私は本当はたまにじゃないんだけど、だとしても完璧に隠す必要はないのか(!)

これまでの会社では、上司は私の「体調不良」を、、、少なくとも表面上は鵜呑みにして、私は「体調」が悪いんだ、という前提で根掘り葉掘り・・・心配されて、嘘を塗り固めるしかなかったし、体調悪いフリしながらどんどん精神的にも追い詰められてくんだった。

今の会社ではばれたっぽいのに、なんかたいした問題じゃないらしい(汗)じゃあこれからもまた「病欠」するかっていうと、逆にもう、どうにもコントロールできないようでない限りやらないと思う。”信頼”を裏切っちゃいけないなと思うわけです・・・・・・すごいなこの会社。しっかり心もマネージメントされてる。
現実逃避は2日ですんだ。今日は朝薬を飲んで家を出た。1月に先生のとこでもらっておいた薬の4錠目。

今日は思い返せば思い返すほど変な日だった。人が私に優しすぎる・・・ちょっと気持ち悪いくらい、普段そっけない人が笑顔で話しかけてくるような日だった。うーん、腫れものに触るような?necoxに”重要感”を持たせてあげないと会社に来れなくなっちゃうよって、誰かが号令でもかけたかのような、不気味さだった。ほとんど誰も私の病欠の理由について触れてこないし。恐れていたことが何も起こらず、なんかいろんな人にパワーをいただき、ただただ怒涛のように仕事をして、あっという間に定時。「病み上がりなんだから早く帰ったら」なんて言われながら(汗)

帰りに1時間一人カラオケした。禁断の?「会社の近くのカラオケ屋」の会員になってしまった。そのあと2時間ファーストフード店で持ち帰りの仕事した。結局家ついたのは1時近くだった・・・。
今日は一日、MOTHER3をやってた。昨日からと合わせて、プレイ時間16時間16分だそうだ。

正直、MOTHER3はつまらない。話の内容も音楽も苦手。不協和音使いすぎで不愉快。ゲーム的な攻略自体も途中から面倒くさくなって、攻略サイト見ながらやってた。MOTHER3がだめなんじゃなくて、私の感受性の問題なのかもしれないけど。

ロープレが怖いのは、ものすごーく気力がなくても、、Aボタン連打してるだけでそれなりに大きな変化が起こっていく(話が進んでいく)こと。「現実」にはまったくコミットしないまま、ゲームの世界に浸れてしまう。ま、これが興味持てるゲームだったら、今も戻ってこれてたかどうか怪しいもんだから、興味が持てなくてちょうどよかった。

・・・・・・もう、ゲームの画面なんて当分見たくない。これはこれで、目的は達成したのかもしれない。





いま、久しぶりに現実に戻ってきたけど、自分が何をしてるのか、分析はできているつもり。でも頭でわかってるのと、行動を変えられるのとの間に大きすぎる壁が。。。。。。

どうも、フツーの会社員生活がこのまま展開していくのが怖いらしい。自分の知らない自分、というか、どうなってしまうんだろう、というような。最近怒涛の変化に流されてきて、やっと落ち着いたところだというのに、今になって、ここまでの「流れ」ををぶち壊しにかかってるらしい。

やっと手に入れた「毎日会社へ行く生活」と、責任ある仕事と、会社のあたりさわりのない人間関係と・・・・・・に、もううんざり。会社に行きさえすればなんとかなることは重々承知。この「流れ」に乗っていさえすれば、今10エネルギーが必要でも、そのうち3くらいのなんでもないことに変わってるんだろうってことはわかる。

でも今この10を出すのに疲れた。その10を出さないために、20くらいのエネルギーを使って、流れをせき止めてるのが今の私。このまま会社行かない選択をすると、余計疲れる上に、お金も失うし、もう、行き場所なくんるんだよ?

明らかに「うつ病」じゃないもんな・・・・・・今日も、朝、ちょうどいい時間に、ものすごくすっきりと目が覚めた。(ああ、上に起こされてる、って思う、あのすっきり感。)準備もして、本当に行くつもりだった。でも最後で気力が折れた。明日は・・・、とかはあえていわない。ただ、流れに乗った方が楽だよ、ってこと。

ああでも、明日はって考えずにはおれない。だってニセ社会人としても、単なる体調不良で休むのは2日が限界だから。仮にこれが公式に休みがとれるビョーキだとしたら、どのくらい休めば”治る”と思う?と自分に聞いても、「一生」と思ってしまう。もう、働きたくない・・・・・・
なんか本買いすぎ。今日もカリス成城で2冊買った上に今、デール・カーネギーのHow to Win Friends and Influence People(人を動かす)のオーディオ・ブックをiTMSでダウンロードしてしまった。2,950円だったのでつい・・・

残念なのは"How to Stop Worrying and Start Living"(道は開ける)のほうがiTMSにはないこと。audibleだと出てくるのに。audibleの登録、真剣に考えようかな。。。"英字新聞を読む"っていう課題の助けにもなるっぽいし。(誰かに言わされてるんじゃないかと疑うほど、英字新聞を読むことを私に薦めてくる人が多い。私は新聞なんか日本語でも全然興味ないのに。)

最近、英語学習へのモチベーションがかなり上がってきてる。周りを見てると、仕事できなくても性格が良ければいいんだって思う。でも、私は人間が好きじゃないから、専門職のレベルの低さを人の好さでカバーするっていうのは向かない。多少性格に難ありでもやっていけるよう、専門スキルに投資しなくちゃ、したい、とようやく本気に。

で、やるべき課題が多いってのはなんて幸せなんだと思う。英語、読むのも書くのも話すもの聞くのも課題は山積みで、ただ手をつけさえすれば、何らかの成果は上がるだろうと思えるのがいい。

もちろん、心の問題にも今までどおり投資していくけど、このまま人の中から逃げないでいさえすれば、自然に良くなっていくという確信がある。でも専門スキルは、そうはいかない。自動運転ではだめ。ちゃんと意識して時間とエネルギーを振り向けなくちゃ。

おお、10年後が考えられるようになってる(!)数か月先のことも考えられなかった、、、はずなのに。
なんか調子がいい。先週末悩みに悩んで、月曜、「許す」ということだけをテーマに出社してみたら、その方の態度が激変してた。なぜかわからないけど急に協力的に。。。。。。

昨日の反省点は残業コースに行ってしまったこと。同僚の方々が私に遠慮がちに帰っていく。これではいけないと。同じ仕事をしてる人の中で、1人だけ残業するのはマナー違反だ、ってことにいまさら気づいた。

それで、帰りにTIME HACKS!なんか買ってしまった。
TIME HACKS!
発売元: 東洋経済新報社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2006/12/01

これ参考にGoogleカレンダー(うまいことに、最近チームで使い始めた)に15分以上の予定を、些細なことまで全部登録してみた。効果てきめん。今日は誰よりも早く帰れた。そしたら、ものすごく久々に料理と洗濯なんかできちゃって、それでいて、エッセンス選びの続きとかして、それなのにこの時間。なんだか使える時間が増えて、すごく得した気分だ。

仕事は進んで、定時に出れて、ほとんど疲れてなくて、帰ってからいろいろできるなんて、ありえないでしょう。拾い読みだけなんだけど、もう元は取った気分w
(疲れなかったのはデール・カーネギーの本のTIPS、「疲れる前に休む」のおかげ。Googleカレンダーで時間でやること区切ってしまったので、休憩も入れやすい。)

あとは、これがいつまで続けられるかだよね。
今読んでるのはこれ。

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
発売元: ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格: ¥ 1,512
発売日: 2007/06/15


わたしがこういう本を読むようになるとは。。。この本は、自分自身がっていうよりも、仕事のできる方の先輩たちが、どんな考えで動いてるのか、どういう価値基準で他人を見てるのか、を理解するのにすごく役立つ。あーーー、なるほどね!と思うことしきり。なぜ褒めるのか、とかね。。。

「出世」するのって、そんなえげつないことじゃないんだな、会社という組織の中で仕事してくんなら、出世したほうが楽しいな、ていうのは、私にとって新しい価値観。

すると、シンクロなんだかどうなのか、今日ある大先輩が、なぜか、いろいろ経験をシェアしてくれて、私の専門について「一度ちゃんとした先生について勉強したほうがいい」というアドバイス。前にも言われたことはあるんだけど、先輩が学んだ場所まで出してのさらに具体的なアドバイス。そう言われると私、頑張らなきゃーって思うんだけど。。。。。。目をかけてくれることは光栄。そして、私ももっといろんなことが見えるようになりたい。私のためになるアドバイスしてくれてるのに、まだ、その負荷を自分にかける自信がない。

******

本当に、だらだら残業なんかしてる場合じゃないんだと思う。実際問題、私はこの1年弱でものすごく成長したと思うんだけど、それは体当たりでの対人恐怖的自分の克服の方が大きくて、プロフェッショナルとしてのスキルにはほとんど時間をかけられなかった。定時後に自発的に、計画的に勉強するってことを全然してない。これだと、、、、、、過去の資産を食いつぶしてるだけで、いずれ、仕事にならなくなる。わたし、新聞を読んでないことを今ほど「まずい!」と思ったことはない。習慣を変えないと。習慣を変えて、時間を作ろう。
「いつもと違う」ことばかりの週で、もう既に疲れ果ててるんだけど、明日から2日間が「いつもと違う」の真骨頂。んで、金曜の夜には会社の飲み会。土曜は、ある習い事に1年以上ぶりに復帰したいと先生に伝えてあるんだけど、、、、、、わたし、大丈夫なんだろうか。頭がクラクラする。休みたい。でも自分で選んだ。

飲み会だって欠席を選べたけど、普段、自然と雑談を発生させて?交流を深めたりができない私だからこそ、そういうところに顔出して、得られるものは大きいんじゃないかと。。。。。。たった2時間我慢するだけじゃない、と、、、、、、

ほんと、精神的に余裕なくて、なんで、私みたいな駄目な奴が雇われたのか不思議。つらい。でも、まだ辞めさせられてないってことは、自分の見方と人の見方はどうも違うってことで、「自分なんかここにいては申し訳ない」というような何の足しにもならない思いはぶっ飛ばしておいたほうがいいらしい。結局自分が「やれる」と思わないことには、できるものもできなくなる。

私は、私を、まったく信頼できないから、信頼してまかされてしまうことに、すごく違和感を感じる。ほんとに、私は注意力もなく、忘れっぽく、短期的視野でしか考えられず、自信がなく、自分本位で、コミュニケーション能力がなくて最悪だと思うのだが。結局、そんなに高いレベルは求められてないってことか。それとも「コミュニケートしたい、でもうまくできない」っていう誠意が伝わってて、それはそれでOK、長い目で見ようってことになってるんだろうか。上の人の考えることは分からない。

私の感覚では、もうすでにキャパオーバー。私が自分のキャパシティはこれだけ、って決めてた部分より多くを求められてて、しかもそれが最近ずっと続いてるから、もう、取り繕うのとかどうでもよくなりつつある。気に病んでもなるようにしかならない。つまり、なるようになる。心臓がばくばくしようと、吐きそうだろうと、とにかく会社を休まない!行きさえすれば何とかなる。これ続けていけば、いつか新しい境地にいける??
何もしたくない、動かないからさらに何もしたくなくなって、疲れるっていう最悪の土日を送ってしまった。

いま仕事上で勉強することが山ほどあって、だから、「早寝早起きして、土曜日は図書館行って勉強しよう」とか考えてたら、逆にそれから逃げるように、iTunesの設定やネットサーフィンで、一切休まずものすごい集中力で徹夜してしてしまった。前からやりたかったことなんだったらいいんだよ?でもそんなこと、全然重要なことでもなんでもないのに、ただ、目の前のことに直面したくないから、ずっとずっと、10時間以上、2日あわせて20時間近く?わき目も振らずやり続けたの、自分のことながら、信じられない馬鹿だと思う。大学時代に、論文書かずにゲームやり続けてたのと同じ。

体も頭も疲労困憊してるのに、やるべきことも、やりたいことも、一切何もやれてないっていう最悪の状態。てか、金曜から軽いうつ状態だった。金曜は、取り憑かれたように仕事をして、ほとんど休まなくて、残業して、周りが帰っていく時間になって、それでも足りなくて、だから、土曜日も休まないで仕事しなきゃって思ってたんだった。でも会社出たら、思ったよりも疲れてて、一歩動くのも億劫で、レール見つめて、これで飛び込んだら楽になるだろうか、いや、それによって大勢の人が被る迷惑を考えると、私にはそれだけの影響を与えられる価値(権利)はない、とか考えてた(すごく冷静)。その私に、土曜も働かせようとした時点で間違いだと、なんで気づかなかったのか。もうアホとしか言いようがない。わたしは、きちんと休むこともできないのか。仕事もできないのに。

でも今思い出した。欝ってのは、「休むことを自分に許せない」状態だったってこと。休むのに罪悪感感じるのは危険信号なのだ。そんな状態で、いざ働いても生産性あがらない。もう、今日は、「ねばならない」ことするのは綺麗さっぱりあきらめよう。心身休ませることだけを考えよう。って考えたら、今、すごく楽になった。吐き出してよかった。。。。。。。(本当は今から駆け込みでものすごくたくさんのことをしなければならないと思い込んでいたから。土日にあれやろう、これやろう、って思いすぎなのも考えものだ。)

******

来週スーツ着なきゃいけない。8年前くらいのリクルートスーツを着たら上半身がぶかぶかでびっくり。私的には何の問題も感じないんだけど、どうせ私は普通の女性の感覚とずれてる。何がみっともないとか全然分からない。

こないだ、パーマをかけた翌日に、寝癖にしか見えないって言われた。私は寝癖とパーマの違いが全然分からないから、櫛でとかしてストレートっぽくしてる。こないだは、社長に、1人だけ寒そうじゃないか、夏の格好じゃないか、と笑われて、なぜ冬服が足りてないことがばれたんだろう?って不思議だったけど、よーく考えたらそのジャケットは春モノだった。私はジャケット着てるだけで冬仕様のつもりだったから、季節外れな印象を与えるなんて思ってもいなくて、気づかされて、情けなくなってしまった。ああもう、・・・・・・服着たり、髪をどうにかしたりってのが面倒くさくてたまらない!!

とにかく、こんなに外見に疎い私が「こんなスーツ着てる人いないよな」って薄々思うくらいなら、他の人から見たら、ありえないスーツ姿になってしまうだろう。そしたら会社の印象悪くしちゃうから、安くてもちゃんと見えるスーツ、見に行こう、と思ってた、のに、それは土曜にするつもりだったのに、まだ、風呂にも入れてない。洗濯物も干せてない、スーツどころか、来週着る服ない。

だから、スーツはあきらめようと思う。明日の夜、サティとかで見てみよう。きっと、サティの安物スーツは、たぶん、8年前のデパートのスーツよりましなんだよね??

洗濯物だけ干そう。明日1日くらいはどうにかなるから、あさってまでに乾けば大丈夫だろう。
なんなんだろうね。テンション上げる文章書くことは、今やろうと思えばできる。向こうにいたとき、ネットもつなげなくて、とにかく手帳に言葉を吐き出した。そこから、ポジティブな言葉拾って書けばそれはそれで、いい感じの文章になるはず、でも今そんなの書いても、奇麗事にしか思えない。

向こうにいたとき、毎晩泣いて、泣いて、黒いドロドロを押し流して、、、早く帰りたかった。(最後の1日だけ例外)「これ、どうしたらいいんだろう?」の連続から、帰ったら楽になれると思ってたけど、結局、明日から本格的に始まる会社の日々が本当に怖い。これからの仕事、どうしたらいいのか分からないことばかり。実際、できないんだから、経験不足なんだから、分かりません、助けてくださいって言えばいい。それだけなのにねえ・・・・・・

これは、過去に逃げたツケだと思う。この年なら普通(=何年も引きこもらないでちゃんと仕事してたなら)、すでに経験してて当たり前の「初めて」なのに。他の人がもう気を揉まない部分で、ものすごく気を揉む。

そういう未熟な私だということも含めて等身大に評価された上で、それでもチャンスが与えられたってことは分かってて、恵まれてるってことも分かってるのに、心は逃げ出したい気持ちでいっぱい。でも、今逃げたら、また何年後?もっともっと辛いかたちで直面するってはっきり分かるから、逃げないで明日からも会社行くと思う。

結局、目の前の山を乗り越えることでしか、前に進めない。出張っていう山は越えたのに、もっとうず高い山が控えていて、ああ、たぶん今月末ころには、少しは目処が経ってるだろうか?楽になってるだろうか?

・・・・・・なんだか、「普通の人」みたいな悩みじゃないか(笑)

本当のところ、対人恐怖は変わってない。相変わらず、人と接するというだけでストレスでプレッシャー。ただ、それが「最大の」問題じゃなくなっただけ。自分がそういうタイプの人間である以上、会社に行って人と接してるっていうだけで、自分をちゃんと褒めてあげるべきだと思う。まったく、何が悔しいって、人が息抜きに感じるらしい雑談が、私には試練だってこと!でもそれが私なんだからしょうがない!
今日は、結局、会社行って良かった。珍しく5時間以上ミーティングしっぱなしで、めちゃめちゃ疲れたけれど、それで、随分、これからの仕事が明確になったから。後が楽になったから。

それにしても、ものすごく行きたくないときに無理矢理出かけると、大体、後から行って良かったと思うものだ。
昨日の本のおかげで、超前向き。生きる気力がわいてきた。生まれてきて良かったとか、思い始めちゃったじゃないか。そういう意味で、本屋の精神世界コーナーに並んでる本のどれよりも、「スピリチュアルな」本かもしれない。

さて、今日は点と線が繋がった、かもしれない。「新聞」ってキーワードが、これまでもチラチラ出てきてたんだけど、新聞を読み続けられた試しのない私、最初から諦めていた。どう頑張ったって、私はニュースってものに、社会情勢ってものに、興味がわかない。

でも、言葉を採取するっていう方向性なら、、、、もしかして、って気づいた。書いてある内容に興味なくても、新聞記者が使ってる日本語には興味は(かろうじて)ある。いくら興味ない文章だろうと、現代ビジネス日本語を絶えず頭に流し込むことは、「ビジネス×言語」を仕事にする以上、必須だろう。それに気づかせてくれた先日のRさんの指摘、今日のIさんとの会話に感謝。
先週SenseiSagasu.com経由でメールした1人の人に、デニーズでトライアル・レッスンを受けてきた。プロフィールに(恐らく)嘘偽りなしの、経験豊富なおじいちゃん先生で、2週間に1回、会うことに決めた。

ていっても。会話が続かない私、ほとんど聞き役。。。。。。すんごいお金もったいない。けど、日本語でも会話続かないんだから、英語で続くはずないわけで。次回からはネタを持参して、私がほとんどしゃべるようにするのだけど、ネタ探しも苦痛。。。。。

なんで英会話を習うのかは、自分の中ではっきりしてきた。20代と30代で求められる仕事のレベルが全然違うのを目の当たりにしてる今、自分の弱点をつぶしておきたいんだな。、苦しくても、やっとかなきゃ、後でジリ貧になることは目に見えてる。

日本語なら、雑談的なものはまともに続かないとはいえ、表面的な会話や実務上の会話なら不自由はしないもんな。英語でもそういう誤魔化しさえできればいいと思うんだけど、メンタリティの違いで、そうもいかなさそう。話さなきゃ身に付かないけど、自分を開示するのは嫌、そのジレンマ。

英会話を習おうなんて人は、大体、話し好きとか旅行好きとか好奇心旺盛な人ばっかり。私みたいに興味も意志も薄弱な人なんてほとんどいなくて。なんだか、自分が生ける屍みたいな気になってくる。今は、これが私と開き直ってるけど、、、、、、久々にこの種の疎外感を思い出した。
「変わろう」としなくなると、ある日「変わった」ことに気づくんだと思った。

わたしは、これまで、飲み会に出席する人としてのちゃんとした行動が取れないっていうコンプレックス(or 思いこみ)があった。学生時代の飲み会でも居場所がなくて苦痛だったし、新卒で入った会社では、「先輩のグラスが空く前につぐ!今年の新人は気が利かねーな」みたいなことを言われまくって、気が利かないことを自覚してる私にとって、ますます飲み会は怖いものになった。

今回の就職は、自分はこれでいい、自分を変える必要はないっていうのが、基本的なスタンス。新人の頃みたいに「ちゃんとした社会人になるように、先輩の言うようにしなきゃ!」みたいな初々しさはないわけでw

昨夜も、わたしはわたしでいる、とにかく、今の私のできる限り楽しむ!、ってことしか考えないようにした。結果的には、飲み会の席でも、結構リラックスできてしまって、びっくりした。わたし、人の反応に前ほど一喜一憂しなくなったみたい。

あとは彼のアドバイス、「黙って座ってるんじゃなくて、なんでもいいから、人に質問しな」ってのがすごく役立った。場を盛り上げる器のある人に話を振って、盛り上げてもらうのなら、私にもできる。すると私も楽だし、まわりの人も楽しくなるから一石二鳥だった。

後から疲労困憊はしたけれど、意外にも飲み会の時間中は結構楽しめた。会社の人の、別の一面見るのって結構面白い。これって、「見られる者」→「見る者」へのシフトなのかも。
今日はもしかしたら記念すべき日かもしれない。「キャリアアップ」っていう言葉がものすごく久しぶりに頭をかすめた。前のエントリに書いたように、実際には何の努力もできてない状態だけど、モチベーションの切れ端を一瞬でも掴んだのは、おおきい。それによって、これからの仕事のやり方が変わってきそう。

一応専門職として仕事をしているとはいえ、今はまだ、自他共に認める「卵」。3年だな。3年今の会社にいる間に、中堅レベルまで実力を上げよう。そうすれば、さらにハイレベルな仕事ができ、高収入な他社に移る道も開く。

そういう思いが出てきたのって一体、何年ぶりだろう。未来を考えられるようになったのって。1年後会社にいられるかどうかも自信なかったのに3年後なんて。

なんでこんなに調子が良いんだろう。環境がいいからかもしれない。今までの会社の中で、すでに一番自分を出せている。
1ヶ月過ごすのって、100m泳ぐのに似てるなって思った。うちの小学校では、全員100m泳がなきゃいけなかったんだけど、運動神経にぶい私は、25m、50m、75mのターンのとき、これがゴールだったら!って思いながらもう一度スタートして、最後の25mは死にそうになりながらゴールにたどり着いてた。今も、1週間、1週間ターンして、やっと1ヶ月!

今日も死にたい死にたいとつい口から出そうになる1日・・・つまり、普通の月曜日だったけど、ちゃんとターンして壁蹴ったから、明日からはきっと大丈夫。

ただ、考えるだけで空恐ろしいのは、人生のゴールがまだ見えないということ。何十年後?下手したら50年以上先かもしれない。100m泳ぎきったからゴールに倒れこむとか、できないんだよね。

うまい泳ぎ方、息継ぎの仕方を工夫して、いかに長く、楽に、脱力して、水の中に漂っていられるかってことを考えよう。
持病なんだもん仕方ないじゃん!」って言葉がふってきて以来、今週は、精神的にとても安定してた。不思議なほど死にたくならなかった。先日処方してもらったフラワーエッセンス(テーマ:生きる事への興味を回復させる)のおかげかも。

そんな内面の安定が信じられないほど、外面的には激動の1週間だったと思う。

週の初めに、仕事の厳しさを心底思い知らされるような出来事があった。それから今日までの間に、自分の今いる状況が少しだけ客観的に見えるようになった。

一般的に言ってショックを受けてやる気なくすような状況かもしれないけど、私は逆に腹が据わった。もし私のことが必要ないと言われたときには、いつ辞めてもいい覚悟をしよう。PCとか分割で買うか?とか一瞬でも思った自分が恥ずかしい。もともと、私はいつ限界が来るか分からない身なのに。

これからどうなるかはまったく分からないけど、どうにかなることだけは分かってる。未来を恐れていても何も変わらない。変えられるのは「今、何をするか」だけ。

とはいっても、最近本当に自分の経験不足を痛感するし、悔しい。私は20代後半のくせに社会人経験が通算3年しかない。ひきこもってた期間が悔やまれるけど、これが自分だから、開き直るしかない。今、できる範囲で最善を尽くしながら、まわりに迷惑かけながら、一歩一歩、成長していくしかない。
私にとって、ブログは本当に排泄行為らしい。前の記事を書いたら毒が抜けたみたいに、死にたい感が薄れた。(昨夜生理になったので、生理前鬱だったのかもしれない)

あらためて、今の会社は、本当にいい環境だと思う。メンバーが皆モチベーション高くて、仕事に真剣で、ポジティブで、明るい。だから、自分の気分さえきっちり(上向きに)管理できていれば、他の人に変な風に引きずり下ろされることはない。逆に、元気をいただくことはすごく多い。私、本当に恵まれてる。

気分を自己管理するコツ、それは地味だけど、休憩を意識的に頻繁に取ることだと、今さらながら分かってきた。今週の月曜日と火曜日は、今思えば、ほとんど休憩とってなかった。人と会うのが怖くてトイレに立つこともできない悪循環。でも、そこであえてトイレに立って、フラワーエッセンスを補給するのが精神の安定には不可欠だと思うようになった。

今飲んでいるFESのジニアは私に合ってるみたい。いつもなら自己嫌悪に陥るようなことがあっても「まいっか」って流せる。自分がザルになったような感じ。いつもならすごくストレスになる、廊下で人とすれ違う、とかのシチュエーションもザルみたいに通り抜けられる。恐怖っていう感情を忘れるらしい。

月曜と火曜、フラワーエッセンスを全然飲んでなかったわけじゃないけど、会社にいる間はほとんど飲めてなかった。少なくとも2時間おきぐらいに飲むのが私には一番効果を感じやすいみたい。

仕事中、お湯をガンガン飲むのもポイント。会社はエアコン効き過ぎでめちゃくちゃ寒いからそれで体が温まるし、自動的にトイレ行きたくなるから、休憩取るのを忘れなくてすむ。物理的に排泄すると、ネガティブな思考も一緒に流れていくような気がする。
今日は午後からどんどんハイテンションになっていってる。でも、眠いから、異常なやつじゃない。昨日の朝から今朝まであんなに辛くて無気力だったのに、今日は帰り土砂降りにあっても、楽しくてしょうがなかった。金遣いも荒いけど、マイナスにならなければ、かまやしない。家帰ってからこんなに動けるのって働き始めてから初めてだし、ほんとに嬉しい。(これって危険?セーブするべき?ほんとに嬉しいのに)

そろそろ1ヶ月定期の期限が近づいてるので、思い切って3ヶ月定期を購入。辞めない、という決意をこめて。「9/7」という日付を見て気が遠くなりそうだった、、、けど、次は6ヶ月定期を買おう。

今の職場は私に向いてる。本当にありがたい。試練は当然これからだけど、乗り越えて、成長していけたら・・・
頑張りたい病が出てきてる。ストップ!
明日が終われば2日休める!
タイムハックほしい。
おやすみなさい。
ちゃんと会社行ってる私が不思議。本当のわたしは何も変わっていないのに。1ヶ月前と全然違う生活と外見。

今日は久々に鬱がぶりかえしてやばかった。全部が遠い出来事みたいで、やっと家にたどりついてマジョラム(精油)+クラリセージ(精油)+ハートスピリット(FE)のお風呂に、TFTの本を持ち込んで鬱に対するアルゴリズムをやり・・・終わると同時に湯船の中で眠ってしまったらしい。目が覚めると鬱の重いのは消えていた。良かった。これで明日も会社に行ける。
(プラクティショナーさんに調合してもらったFEより、ハートスピリットのほうが、体が求めてる感じがする)


今日は早く寝る。睡眠不足が一番ダメージでかいんだから。これまで10時間、少なくても8時間寝てたのに、いきなり4時間睡眠になったのだから疲れも出るよ・・・・・・
不安は味わうくらいの気持ちで・・・仕事始まっちゃったら今の気持ちで書けなくなるので、駆け込みエントリー。

それでも人生にイエスと言う
著者: V.E. フランクル
発売元: 春秋社
価格: ¥ 1,785
発売日: 1993/12
生きる意味が分かった、とは言わない。だけど、「生きていたくない」→「生きる」→「働く」っていう変化を促してくれたのはこの本。「生きていたくない」思いを持つ人なら、読めば分かると思う。

スピリチュアルワーキング・ブック
著者: 江原 啓之
発売元: 三笠書房
価格: ¥ 520
発売日: 2004/04
療養中、何度も読もうとしたけど、文字が頭の中を通り過ぎるだけで読めなかった本。就職活動を始めた後に、読めるようになったことに気づいて、一気に読んだ。納得できることばかりだった。面接に向かう勇気を奮い立たせてくれた本。



スピリチュアルワーキング・ブックについては、同じような役割をしてくれる本(生きることと働くことに関する元気が出るTIPS本)は探せば他にもありそう。

でも、それでも人生にイエスと言うの代わりになる本はないと思う。ナチスの強制収容所から生還するという異常な経験からの説得力。「生きていたくない」気持ちも十二分に分かった上で、それでも生きることに意味があると、、、押しつけがましい感じはこれっぽっちもなく、初めて私を納得させてくれた「生きる意味」が述べられてた。

おかげで、「生きたくない」とはあまり思わなくなった。
というより、それを思っても意味がないことが分かった。
「生きたい」とはいまだに思えない。
死を悲しむ気持ちもまだ、全然分からない。
一寸先は闇。ちょっと先のビジョンが浮かんだだけで逃げ出したくなる。
だから、先のことは何も考えないで、今を生きることだけ考えようと思う。
今は、それでいいんだと思う。
実はちょっと前に決まってたんだけど、ばたばたしてて報告が遅れました。

ここまで来るには様々な出会いがありました。その中で、ブログでの交流もとても大きな位置を占めていました。本当にありがとうございました。

これからも、更新頻度は落ちると思いますが、書きたいことを、書きたいときに、書いていきたいと思っています。
現在、復職のための就職活動中です。いろいろ思うことはあるのですが、実況はせず、落ち着いた時点で記事にまとめたいと思っています。

働きはじめる・・・となると、服が!服が必要なんです。おそらく、服装規定は”オフィスカジュアル”になると思います。(てか、これまでの仕事もずっと”オフィスカジュアル”だったんですが、手元にろくなモノがありません・・・)

ちょっと、今回は本腰入れて外見から変えたいと思ってます。ファッションに疎い私にアドバイスをいただきたいのですが、特に、以下の希望に当てはまるお店や服のタイプで思い当たることがありましたら、ぜひ教えてください。参考になる雑誌やサイトなども。。。

・安いけど、安く見えない服希望です。
・お金に余裕がないので、上下で1万円くらいが限度です。
・OLさん、というよりは、プロフェッショナルに見えるスタイル希望です。
・今やっと40(11)号がぎりぎり入ります・・・細い人用のブランド無理です。
・大概の革靴は痛くて履けません。ベルメゾン(通販)の「ベネビス」が唯一痛くないので、今回もそれで買い足そうと思っていますが、ほかに痛くないパンプスのおすすめありますか?こちらも予算1万円以内・・・
・試着して気に入らなくて断るとき何て言いますか?

こんなときだけコメント機能ONにしてごめんなさいごめんなさい・・・

皆様のおかげで、一通り服を揃えることができました。心から感謝しています。「安いけど、安く見えない服」を買うための、私なりの結論を別館のほうにまとめました。
昨日メールした担当者さんから電話があって、私の希望聞こうとしてくれてるのに、正直なこと言えなかった。

何気ない雑談がとてつもなく怖いということを、言っておきたかったのに、言えなかった。

担当者さんには、光(と自分が思ってる面)しか見せてこなかったから、今さら影(と自分が思ってる面)を見せたら一巻の終わりだと、私は思っているらしい。

でも、もう、方向性は定まった。私は「影」を少しずつ白日の下に晒していく。それしか、生き抜く道はないと今は考えている。少しずついけば大丈夫。20年以上かけて築いてきたものを、一気に壊せるはずがないじゃない。


2007.04.04 18:26 | 働く | トラックバック(0) | コメント(-) | edit |
今までは、後腐れない範囲でしか動いてなかったけど、さっき、やっと、去年の仕事の派遣元の担当さんに「仕事くださいメール」を送れた。これを書くのに何日かかっただろう・・・・・・

今、ブツヨクがかつてないほど盛ん。ほしいもの、習いたいこと、受けたいサービスが、いっぱいでてきた。(生まれてはじめてっていうくらいに)だから働くぞって。物質主義的?でもそれで結構。本当はニンゲンに興味もてたらいいんだけど、怖いのはどうしようもない。モノに興味が出てきただけでも嬉しい。


2007.04.04 02:30 | 働く | トラックバック(0) | コメント(-) | edit |
今週初めに、仕事の紹介を受けてた。理想的なポジションで、場所も良くて、正社員の求人だった。トライしてみたかった。でもそう思えば思うほど不安定になっていった。

作業所にもまともに行けないような状態で、無理して働いていつまでもつだろうか・・・。引きこもっていた空白期間をなんと説明するのか・・・。結局、今日、応募は断った。すっきりした。

もう少しゆっくり、一歩一歩、着実に、地に足を着けて、就職に向けて「今」できることをしようと思う。
タグ: 仕事
お腹もこわしたし、吐き気もしてきて、過食は自然にストップした。良かった。私は吐かないから。

何も頼るものがないと思ってしまって辛いみたい。頓服のようなものが処方されていればいいのに。

少し落ち着いたので来週からのことを正面から考えてみた。自分で選んだことなのに、今ものすごく恐怖と不安を感じてるってこと。もちろん、向こうに行ってしまえば、愛想笑いでニコニコして、とてもメンヘラーとは思えないテンションで1日過ごしてしまうんだろう。けど、不安がぬぐえない。

作業所での最低限の目標をしっかり持とう。それ以上のことは欲張らないようにしよう。
毎日お風呂に入る(今はやっと3日に1回くらいの頻度)
遅刻しない(1年近く、時刻通りに行く予定はほとんどなしにしてた)
メイクする(1年近くどこへ行くにもノーメイク)

お風呂に入るのが少しでも楽になるように、明日、できたら、髪をショートにしてこようと思う。胸まである髪、洗うのも乾かすのも、ものすごく面倒くさくて、お風呂に入れない理由の1つだったから。

長い髪の自分が好きだったんだけどな。お気に入りのシャンプーが高くて買えなくて、安物のシャンプー渡り歩いていたらバサバサになっちゃった。いつか経済的に安定して、お風呂が苦痛じゃなくなったら、また、伸ばせばいいや。どうせまた生えてくるんだしね・・・。
タグ: 仕事

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。