necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日、久しぶりに実家から電話があった。

8月に帰省してから約2ヶ月間、電話も、メールも、一切なかったのだ。私が10年前に実家を出てから、初めてこんなに長くほっといてくれた。

最近は数日に1回、あれ?そういえば実家からまだ連絡ないな、でも、ま、いっか。を繰り返してた。連絡するな、って言っておいて、まったくないとそれはそれで気になるもの。

だから、父の声を聞いて正直ちょっとほっとした。要件は、○○(実家の地域しか売ってないインスタント食品)買ったから送ろうか、と父が母の代理で。いかにも電話をするためにわざわざ作ったような要件。(いつもは最近どうやー?って聞くだけで、私も、別に、って答えるだけ)遠慮せずに送ってもらうことにする。

父が代わりに電話をかけてくるのは、母が、私に嫌われてると思いこんでるから。私が母を責めるようなことを言うせいだけど、根本的に、母は私が何を責めてるのか分かってない。

いや、母が実際悪かったのかどうか、もう、私にも分からない。その頃の私には過酷な環境だった(主観)のだけど。痴漢裁判みたいなもので。

母が罪悪感を感じてるらしいのは、ざまあみろという気分と、その時できる最大限のことをしてくれたのに私って鬼?ていう気分が混ざって複雑だ。今母が死んだら確実に後悔するな。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。