necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
作業所の感想など話す。修行の場としては最高ですっ!て。朝始まるまでデイケアの部屋で待つ時間や、休み時間などが、ものすごく苦痛だけど、それがまさに克服したいことだから頑張りますって。

「あ、そういう場所、僕も苦手かも。ただ人がバラバラいて、何をするでもなくそこにいるのは」ってボソッと言ってくれたのがすごく嬉しかった。(なんだろう、言い方なのかな。~が苦手、という話をして「そんなの私だってだよ」とか「誰でもあるよ」とか言われると悲しいことが多いんだけど。)

「人疲れっていうのはあるよね」って話を振ってくれたのも、分かってくれてる!ってすごく嬉しかった。「作業所を休んだことについての自己分析」で書いた「人当たり」っていう言葉、「人疲れ」って言い換えたほうが分かりやすいな。

役割や居場所がない分、会社よりもある意味辛いので、もし作業所でダメージ受けなくなれば、全然会社でやっていける!と思うこと。いろいろと作戦があるので、それがうまくいけば、人疲れのダメージがだんだん軽くなっていく予定だと話す。(意味ありげにアイコンタクトしながら・・・・・・っていうのは、その作戦が、フラワーエッセンス、アロマセラピー、パワーストーン、呼吸法、などの代替医療的なもので、先生のやってる西洋医学とは違うから。。。)

そしたら、予想外に、「すごくいいことだ!」って褒めてくれた。そうやって、戦略的に、積極的に、変えていこうとするのはいいことなんだって。戦略をもたないと、ただ流れに飲み込まれてしまうからって。

フラワーエッセンスの話をちょっとしたことがあるので、私がそっち系の作戦を練っていること、先生は薄々分かってると思うけれど、先生はそれについて詳しく聞こうともしないし、まったく否定しない。つまり「暗黙の了解」をしてくれる。薬も、やめるときのことを考えて、極力処方しないやり方だし。だからこそ、自分でなんとかしようっていう風に思えてきたんだけど。

すごく合う先生に出会えて幸せだと、あらためて思った。

これまで2週間に1回だった診察、これからは1週間に1回になった。もし心の整理がしやすくなるなら・・・って提案してくれたんだけど、これも、すごく分かってくれてる、と思って嬉しい。
関連記事
タグ: 通院記録

icon 

そうでしたか。
そうやら、僕にも何か問題が起こるとそれは自分が他人を不愉快にさせたからだと原因づける悪い思考の癖があるようです。

個人的な話にはなりますが、思考の癖下線の文が自分を苦しめているのだと思いました。
(よく、スキーマとかビリーフとか呼ばれます)

たしかに、その通りです。
この病気は意味があって僕にもたらしているものなのだと思います。

そのことを忘れ、早く病気から開放されることばかり考えていたのだと思います。

これでは根が未解決ですから、治っても一時的な解決に過ぎないでしょうしカルマの解決にもなっていませんね。

やっぱり、自分を傷つけているのは他人ではなくそれに同調する自分にあるのだと思います。

そういう意味で、自分が世界を創造しているのだろうと思いました。

混乱を悪化させてしまってすみませんでした。

2007.01.28 19:34 URL | karumero7 #zgOaCehs [ 編集 ]

> 最後までコメントを読む事なく返事を書いていたのです。
> つい、治療費のことが頭がいっぱいだったので、治療費についてのコメントを頂いた僕はそのことだけに飛び掛ってしまったのだと思います。
そういうことだったんですね^^ 私はてっきり、お読みになった上であえてスルーなさったと、勘違いしてしまったもので・・・ごめんなさい。こちらこそ、不快な思いをさせてしまったと思います。すぐに悪い方に考えてしまうのは私の悪い癖ですね。反省しています。

> 僕がnekoxさんに不愉快な思いをさせてしまった原因は、僕は自分の病気に対して他力本願寺な態度で臨んでたからだと思います。
いえ、違います。不愉快になったわけではないんです、全然。ただ”違和感”を覚えたので、そのことについて、コメント欄で会話したいなぁ、と思っただけなんです。
だから、karumero7さんが書くことが誰かに不快な印象を与えるとか、そんな心配はなさらないでください。そんな心配をしてるとブログなんて書けなくなりますwww

(「違和感」について一応補足すると・・・私は、病気は、自分の体と心の状態(←目に見えないし、分かってるようで分かってない)を目に見えるような形で表してくれる一種のサインのようなものだと思うんですね。そういう意味で、病気は、私にとって必要だから起こっていることだから、ただ、お金を払うから不快な症状を取り除いてね、っていうのはどうなんだろう、って思ったんですよ。)

私も、言葉の使い手として未熟で(それだけじゃなくて何もかも未熟ですが!)、不必要に悩ませたり、傷つけちゃったりしてしまってる気がします・・・・・・私の方にも問題がありますので、あまり深く考えないでください。これを機に、お互いが良い方向に進んでいけるといいですね。

2007.01.28 02:39 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

> 僕の視線恐怖を治してくれる人がいないか・・・
> ・・・僕の視線恐怖を治してくれそうな人を見つけた。
というような表現に、私はかなりの違和感を覚えます。なぜか、分かりますか?

僕がスルーしてしまったのは、この部分ですね。

23日のコメントという指摘がありまして、すぐにブログを見直しました。

申し訳ありませんでした。
最後までコメントを読む事なく返事を書いていたのです。
つい、治療費のことが頭がいっぱいだったので、治療費についてのコメントを頂いた僕はそのことだけに飛び掛ってしまったのだと思います。

そして、僕がnekoxさんに不愉快な思いをさせてしまった原因は、僕は自分の病気に対して他力本願寺な態度で臨んでたからだと思います。

先日、催眠療法で一時的に病状が回復したので「僕の病気は催眠療法で治る」→「催眠療法で僕の病気を治す」という解釈に至ったのも事実です。

本来であれば、治療は本人が主体であるところを他人に頼ろうとする僕を見て不愉快にさせてしまったのらば、本当に申し訳ありませんでした。

そして、感情を言葉で適切に伝える難しさと重要性も考えさせられました。

これからは、言葉の表現に意識を向けていきます。

ご指摘、どうもありがとうございました。

2007.01.28 02:03 URL | karumero7 #zgOaCehs [ 編集 ]

リンクの件では、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。今回コメントいただいてとても嬉しいです。ありがとうございます。

うちの主治医、感情を受け止めるのがとても上手なんだと思います。その場その場で、心がフッと楽になるような言葉を投げかけてくれるというか。

> 自分の感情(愚痴)を受け止めてくれないと、冷たくあしらわれた感じになりますね。
そうですね。同じ「私もだよ」でも、言い方によって、感情を受け止めることも、拒絶することもできちゃいますもんね。

私も、さまざまな人が持っているさまざまな思い、ちゃんとキャッチして、その人が楽になるような言葉を投げかけられるようになりたいのですが、まだまだ経験不足で、つい「私は・・・」とやっちゃいます。こんな未熟な私でもよろしければ、これからもおつきあいください。

2007.01.28 01:43 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

>「あ、そういう場所、僕も苦手かも。」ってボソッと言ってくれたのがすごく嬉しかった。

辛いと思っているのは自分だけではなかったと知って、安心したのかもしれませんね。

>「そんなの私だってだよ」「誰でもあるよ」とか言われると悲しいことが多いんだけど。

僕もそうです。自分の感情(愚痴)を受け止めてくれないと、冷たくあしらわれた感じになりますね。

人間は感情を共有したいのかもしれませんね。

2007.01.28 00:45 URL | karumero7 #zgOaCehs [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。