necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今年は、私にとって古いもの(過去には意味があったけれども、もう今の自分には合わないモノ・考え方・習慣など)から脱却する年になりそうな予感がしています。

新年が明けて1週間の間に、2つの物が壊れ、それぞれもっと今の自分とフィーリングが合う物が自然に手に入りました。

1つはご飯茶碗。落として欠けさせてしまったのですが、陶器店の半額セールにたまたま通りかかり、1つのご飯茶碗に一目惚れしました。多少の欠けくらい買い換える理由にならないと思っていたにもかかわらず、モノを見てここまで心を揺さぶられるなんて今まであっただろうか!と思うくらいそのお茶碗に惹かれましたので、直感に従って素直に買いました。

もう1つは浄水ポットです。2006年7月からリピュールポットという浄水ポットを使っていたのだけど(necox beta2.0 おいしい水を作る)カートリッジを取り替えるときにヒビが入ってしまいました。ヒビから水道水が漏れてしまうので、浄水効果が落ちてしまいます。もはや浄水ポットは生活の必需品になっていたので、仕方ない、我慢して使い続けるかと思っていたら、彼が看病のお礼にとBritaをプレゼントしてくれました!グレードアップです!


陶器屋では、汁椀もついでに買いました。安物ですが、家で見てみると、今までの汁椀よりもずっとずっとしっくりくる代物でした。今までの汁椀は、もともと子供の頃に母親から買い与えられたものだったのでデザインが好きではなかったのです。おまけに塗装が全体的に剥げ落ちていました。でも、お椀としてまだ機能するのに買い換えるのは「もったいない」とずっと思っていたのです!

気に入って使っているわけではなく、今持っているのだから使うのが当然と、惰性で使っているものは、今後こうやって淘汰されていくような気がします。

もちろん物質的なモノだけではありません。過去にとらわれて決定されてしまっているものを今の自分の本当の色で塗り替えたいのです。特に、子供の頃は身を守るのに必要だった「いい子仮面」は、今の私にはもう必要ないものの代表です。

「いい子仮面」は私の中の他者で、私が私でいてはいけないと私に命令します。今、私がやりたいのはその正反対のこと。私は私でありたいのです。私は今何を欲しているのか、今楽しいのか、悲しいのか、怒っているのか、私は何が好きで、何が嫌いなのか、私とは何なのか・・・・・・本当の私、今の私、を知るための作業が今年は続いていくと思います。
関連記事

本当ですね。気に入っているものを長く使うならそれは素晴らしいこと。でも気に入らないものを我慢して使い続けることはないですよね。選べる時代なのだから・・・・・・

> そう、私はいつもこうあるべきだという事に従って生きてきました。
> でも、それでは自分がどうしたいのか、分からなくなってしまうのです。
ああ!私が最近ぐるぐる考えていることそのまんまです!(ちょっとびっくりしました。)
価値判断の基準が外にあったんです。「正しさ」の基準は私の外にあるんだとずっと勘違いしていました。これからは、自分の心の中に”物さし”を作りたいな、って思ってるんですよ。すぐにはできないですけどね。

2007.01.10 22:23 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

私も今あるものはもったいなくて捨てられないタイプです。
使えるうちは使えるまで使うこと自体は、良いことだとは思いますが。
ただ、それによってストレスが溜まるならやめた方がいい!
この頃そう思っています。
そう、私はいつもこうあるべきだという事に従って生きてきました。
でも、それでは自分がどうしたいのか、分からなくなってしまうのです。
無意識のうちにストレスに縛られてしまうのです。
necoxさん、お互い大変ですが
自分の気持ちに矢印を向けるよう、
頑張って行きましょうね!

2007.01.10 21:31 URL | dolphin #SMThlAj2 [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。