necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
昨日から母との関係を癒すフラワーエッセンスを摂りはじめた。
初フラワーエッセンスはFESの単品3種に決定
イブニングプリムローズ
幼い頃に母親から吸収した苦痛の感情に意識の光をあて、癒すことができる。感情をオープンにし、深い人間関係を築くことができる。

それと関係があるかどうかは分からないけど、今日、1つ母に関係する記憶を思い出し、そのときの感情に気づき、さらに、それを今までとは別の視点から眺めることに成功したので、記録のために書いておこうと思う。

思い出したこと

料理を教えてほしい、と頼んでも、まともに教えてもらえなかった。「そんなことはいいから勉強しなさい」「料理はそのうち自然にできるようになるから」「私だってできるようになったんだから」「私みたいな下手くそが教えても」「料理学校行きなさい」

そのときの感情

母に見放されたような気持ち。

私は、前にも書いたけど、「動きを真似すること」が子供の頃からすごく苦手だった。成績はいいにもかかわらず、行動面において「他人が当たり前にできることが自分だけできない」場面が多くて、それがすごくコンプレックスだった。(necox beta2.0 超簡単な体操法を探しています

今思えば、料理が苦手だということを直感的に知っていて、将来を不安に思い、援助を求めていた。母が私の本当の不安に気づいてくれないのが寂しかった。母は私の表面だけしか見ていないのだと思った。私の内面を全然分かってくれていないと思った。

今思うこと

母には悪気がなかった。
私ができないと悩んでいたことは、母にとっては自然にできるようになったことだったから、その能力をわざわざ「教える」必要があるなんて考えもしなかったのは当然だっただろう。

また、母は自然に勉強ができるタイプではなかったから、私がなにも努力していないとは思いもしなかっただろう。私の関心がまさか成績ではなく、それ以外のできないことばかりに向いているとは、想像もしなかっただろう。

母がいくら頑張ってもできないことが「できる」私が、母が自然にできるようになったことを「できない」なんて、母が思いつくはずがない。娘もこれくらい当然できるはず、って思いこんでいただけ。それは母の、私の能力に対する信頼の証しだったのだと思う。母に悪気はなかったのだ。

「私をもっと注意深く観察すれば、きっと分かったはずなのに!」という思いは確かにある。だけれど、一体どれほどの時間を母と過ごしただろう?私はほとんど昼間学校に行っていて、家にいたときもご飯を食べて(そのときもテレビを見ながらで)、私はすぐ自分の部屋に上がっていってしまっていた。どれほどのコミュニケーションが取れていたというのだろう?

私は学校での出来事をほとんど親に話さなかった。親は、私にとって、余計な干渉をしてくる、うるさい存在だと思っていたから。内面を見せるのを拒絶していたのは私ではなかったか?

確かに、母親の聞き方も下手だった。根掘り葉掘り私の情報を聞き出そうとするような、今思い出すだけで恐怖で心が固まってしまうような、聞き方をするから、私も、何も言いたくなくなってしまうのだ。

でも、母はそういう性格の人なのだ。母に完璧な人格を求めてもしょうがないじゃないか。母が完璧でなかったことを責めている私のほうが、よっぽど傲慢じゃないか。母をそのまま受け入れられように、もっと器の広い人間になりたい。

それから、「してもらえなかったこと」じゃなくて「してもらったこと」を考える方が建設的だよ。お母さんは、毎日早く起きて家族3人分の朝ごはんを作り、高校の時は毎日お弁当作ってくれたじゃない?洗濯も掃除も家事といえるものはすべて完璧だったじゃない?それ以上に何をそんなに求めているの?私こそ、母のことを本当に注意深く観察したら、感謝の気持ちしかわいてこないんじゃないの?何も言わないのに、全部分かってほしい、そんなの甘えでしかないよ。

2006.12.28 母との関係に新たな視点が (2)に続く・・・
関連記事

「とんびが鷹を~」!!!
私もよく言われました。「掃き溜めに鶴」とかも。懐かしいな~(爆)今思えば、うちの親、どんだけ自己卑下してんだよ!って感じですが。

> そんなところ見せられない、って思ってた。
私もです。見せられるはず、ないよね。コミュニケーションを絶ったのも無理ないよね。そのときは、自分を守るために必要だったのよね。

> ~を教えて、って、私は言えなかったよ。
そっか、言えなかったんだ。でも今聞けるようになって、良かったね!私は逆に、今はもう聞かなくなっちゃったよ。どうせ教えてくれないから・・・って。

料理の作り方も、今聞けばまた違うことになるのかな・・・・・・でももう、教わりたいと思わなくなっちゃったな。ちゃんと料理作れなくっても、私はこれでいいや、って思うようになったから^^(ってことは私、完璧主義から脱しつつあるのかしら・・・・・)

> 母にしてもらったこと、たくさんあるもんね。それにちゃんと感謝しなきゃ、ね。necoxさんありがとう。
こちらこそありがとう。自分に言い聞かせるための記事だったから、共感してもらえて、とっても嬉しいです。いろいろディテールは違うけど、目指すところは同じかもね、がんばろっ。

2006.12.27 23:38 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

私もね、コミュニケーションを絶ったのは、私の方からだったと思う。褒めてもらえなかったし、頭ごなしに言われるのが嫌だった。それに、「とんびが鷹を~」なんて、まわりに言っている母の姿を見て、成績がいい、というだけで自慢の娘だったけど、本当は自信が無くて、コンプレックスの塊だった。そんなところ見せられない、って思ってた。~を教えて、って、私は言えなかったよ。もちろん、料理も。だけど今は料理が好きで、々、母に、「これはどうしたらいい?」って、やっと聞けるようになった。
母にしてもらったこと、たくさんあるもんね。それにちゃんと感謝しなきゃ、ね。necoxさんありがとう。

2006.12.27 15:42 URL | ayuu #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。