necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日のオーラの泉で、美輪さんと江原さんが口を揃えておっしゃっていたのが、「生きる力のない人は、望まれない人」ということ。生きる力が出てこない人(←これはまさに私のことだ!)は、自分という存在が、誰にも求められていない人だというのだ。。。。。。

20061220スピリチュアル・メッセージ

私に当てはめて考えると、確かにそうだと思う。ずっと夢見てた・・・人と関わりのない安全な世界・・・一人きりで・・・楽ちんで・・・それなのに、私は「辛い」「辛い」と言いながら、何もしたくなくて寝転がっている。私の1日の中で、人のために使う時間なんてまったくない。だから起きているのが辛いのか?

実際には、役に立たない人間なんていないらしい。「自分が誰かの役に立てる」という事実に気づいて、人のために生きるようになったとき、人から求められるようになる。すると、自分のためだけに生きるより、数倍パワーが出てくるんだって。確かに、彼が訪ねてきたときは、家事がいつもよりずっと楽にできたりするな・・・彼のために、っていうパワーが出てくるからかもしれない。

私は外が怖い。外に出たくない。それはつまり、自分のことばかり守ろうとして、結局自分のことしか考えていない、ってこと。生きているのが辛いって言ってるのって、ものすごく自己中心的な証拠なんだな、って恥ずかしくなった。

私は人のために何ができるだろうか。

以下、02:42 追記 ******************
そっか!些細なことでいいんだ。
常に笑顔でいるだけでも。

「働く」ことで、もっともっと人の役に立つ機会が増えるんだ。
「働く」のは、自分がお金をもらうだけじゃなく、
人の役に立つことをメインだと考えればいいんだ!
人の役に立つことって、喜びだよね!

働くためには、まず、私はカラダを治さなきゃいけない。
自分のためにじゃなく。
もし私が働いていたとしたら、何かしてあげられたかもしれない人達のために。

11月は、ちょっと怪しげな匂いのするスピリチュアル情報に頭の中をかき回されてた感じだった。オーラの泉も、「当たり前のことばっかり」に思えてつまらなかったし。

今日の番組に心を動かされたのは、番組も良かったけど、自分の本来のアンテナ(ちゃんと地に足がついたもの)が戻ってきた証拠じゃないかな、と思った。
関連記事

icon 

結構前に書かれた記事のようですが、思うことがあったので、コメントを書かせて頂きます。
この記事を読んで"人のために生きる人が一番強い"という言葉に救われました。
私は今学生なのですが、中学生の時生きることがどうでも良いと思うようになり、両親や周りの人にすごく迷惑を掛けてしまったことがありました。友人など周りの人、特に両親に支えられ、回復することができ、そこから、恩を少しでも返したいという気持ちから、勉強ばかりするようになり、就職をしてそれから今まで私を育ててきた分を少しでも何かに役に立てば、と思うようになりました。けれども、それはそう思いながらいなければいられないという自己満足が含まれていることを自覚していたし、そのことを知られれば逆に「自分の幸せだけ考えてくれればいい」と悲しまれることも分かっているので、今までずっとひた隠してこれからも絶対にこのことを口にすることはないです。このような毎日でも本当に幸せだと感じていています。でも、心の中では割り切っていても時々どうしても無性に心が苦しくなってしまうことがあり、記事を読んで少しでも心が強くあれたら良いなと思いました。このような長文を書いてしまい、また私語ばかり書いてしまい本当に申し訳ありません。

2013.09.07 03:59 URL | リオン #- [ 編集 ]

dolphinさんのおっしゃるように、振り回されるのは、結局人生「守りに入っている」ということなんでしょうね。私の場合は、自分で勝手に想像した恐怖から身を守っているのかな。

私もゲームを終わりにしたいです。絶対いつか楽になれますよ!そのためには、今もってる考えを手放さないとですね。私は小さい頃に思いこんでしまった間違った考え(人は怖いとか、そのままの自分には価値がない、とか)を一回リセットしたいんですよね。「思い癖」っていうのかな・・・・・・今、脱皮の最中です!

2007.01.03 19:14 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

解って頂けて、本当に嬉しいです。
私も小さな頃から母親の顔色を伺って生きて来たので、
自分の気持ちより人の気持ちを推測する事に必死で。
自分の気持ちが今でも解らないのです。
これは癖のようなものでしょうかね?
自分の気持ちに蓋をしてしまうのですよね。
でも、ストレスが溜まると言うか、落ち着かないと言うか、
いつも緊張しているのですよね。
そのせいか、いつもすごく肩がこっているのですよ。

私が他人に振り回されると言うのは、他人に邪魔をされたくないから
必死で逃げている状況でもあるのです。
私は私の自由を必死で守っているのです。
自分のやりたい事を押し通しても邪魔されるので、
回り道をしたり、順番を入れ替えたり、
そんな事ばっかりやっています。
でも、とても疲れます。
私のような種類の人間はそういう事を求めるらしいのです。
そういうゲームをする相手を無意識に捜してしまうのだそうです。
邪魔をされながらもゴールを狙うサッカーをしているようです。
毎日毎日この状況が楽になる事を願ってはいるのですよ。
もう、ゲームは終わりにして楽になりたいです。

2007.01.01 00:05 URL | dolphin #SMThlAj2 [ 編集 ]

コメントありがとうございます。おっしゃること分かりますよ。私も母の価値観に振り回されて生きてきて、自分が何を思っているかも分からなくなってしまっています。これを克服したいとどれほど切望していることか!

dolphinさんは「人のために生きる=他人に振り回される」と考えていらっしゃるんですよね。でも私はそうは思いません。

私の場合、確かに他人に振り回されてはいたけれども、自分のためにしか、生きてきませんでした。他人に振り回されているのは、自分の意志を押し殺しているからそう思うんですよね。ではなぜ自分を押し殺すのでしょうか?自分のためでした。「人にいい人と思われたい」とか「いじめられたくない」とか「傷つきたくない」とか・・・・。

私はいつか、「人のために生きる」人になりたいです。自分の意志として、人のために命さえ捧げられるような人になりたいです。でも、まずそのためには、自分が何を考えているか分かるようにならないと、と思います。だから、dolphinさんのおっしゃるように、まず自分のやりたいことをやれるようになることが先なんだと思います。

確固とした自己があってこそ、本当に人のために生きられるのではないでしょうか?

2006.12.30 01:01 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

「人のために生きる人が一番強い」
こんな言葉、初めて聞きました。
私はいつも他人に振り回されてばかりいる人間なので、
自分のやりたい事、自分がどう思っているのか、
そういうことがわからなくなる事が多いので。
マイペースで生きていられる人が羨ましいし、
見習いたいとさえいつも思っています。
マイペースで生きていられる人が一番強いと思います。
会社でも生き残っているのはそういう人です。
人に迷惑をかけても大して気にせず、
自分のやりたい事をやり遂げる、
自分の言いたい事は我慢せずあまり考えずに言う、
そういう人が成果を上げていたりします。
人の事よりも、自分の事を大事にする、そういうことができる強さ、
私も身に付けたいと思っているのです。
なんか、このブログと正反対の事を書いてしまいましたが、
これは結構昔から私が思っている事です。

2006.12.30 00:24 URL | dolphin #SMThlAj2 [ 編集 ]

マザーテレサ!そうですね、詳しくは知りませんが、「人のために生きる人が一番強い」ことの象徴のような生き方のように感じます。

横道に逸れますが、尊敬する人、を挙げられるびびさんは素敵ですね。私、尊敬する人がいません、思いつきません・・・これも今まで自分のことしか見えていなかったためではないかと、ふと、そんな気がしました。

> 「一番大切なものは?」と聞かれた時に、自分ではない他者の姿を思い浮かべることが出来たら、人はどこまでも強くなれるのかも知れませんね。
本当にそうですね。びびさん、いつもながら、すごく良い言葉・・・私、単に「良い言葉」だけで終わらせないように気をつけねばなりません。(そういう嫌いがあるのです)
いつかそうなれるように、方向はそっちだよ、って、自分に言い聞かせなければなりません。あまりにも長いこと内を向いて生きてきたので。

2006.12.21 02:54 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

こんばんは^^「人のために生きる人が一番強い」というのは、本当にそうかもしれませんね。その人の事を想い、大切にしたいと思う心には計算がない分だけ強さが生まれるのでしょうか。私が尊敬する人の中に、「マザーテレサ」がおりますが、彼女はキリスト教という宗教の中で活動してはいましたが、「神様の為」ではなく「目の前にいる人の為」に生きたのではないかと思います。それは「人助け」と言うにはあまりにも過酷で、「宗教」というにはあまりにも美しい姿だったように記憶しております。「一番大切なものは?」と聞かれた時に、自分ではない他者の姿を思い浮かべることが出来たら、人はどこまでも強くなれるのかも知れませんね。

2006.12.21 02:37 URL | びび #09RKPC3U [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。