necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
土曜日、本当に久しぶりに彼と映画館に行った。「硫黄島からの手紙」。LUMBER ROOM: 戦争よりは~を読んで、どうしても観たくなったから。

戦争映画だけど、悪趣味な演出がなくて、私にも最後まで見ることができた。うん、最後まで座って見ることができた!感想はそれにつきる。

でも、内容はよく分からなかった。登場人物の顔の見分けがほとんどついていなかったから・・・。最後の方でやっと顔と名前が一致してきて、その頃には、みんな死んでいってしまった・・・○| ̄|_

後で彼と感想を話し合っていて、私が、ストーリーをちゃんと追えてない、ってことがはっきりしてしまった。えっ、私そんなの見てないよ、えっ、あれがそうだったの!?とか・・・とても同じ映画を観ていたとは思えない^^

そういえば、私、映像(動いているもの)を理解するのが苦手だったんだと、久しぶりに思い出してしまった。最近、のだめカンタービレ楽しんでるけど、のだめは、登場人物が外見も動きも特徴ありすぎだもの。(だから私にも楽しめるのか!)

もともと、私が心療内科という場所を初めて訪れたのは、発達障害を疑ってのことだった。でも、何年か前、発達障害の範疇ではありません、っていう診断がついて、それから忘れることにしたんだった。不得意なこと。

得意なことと不得意なことのバランスが取れていないこと、ものすごく苦痛だったんだっけ。久しぶりに思い出して、今重い気分だ。でも、これはサインだと思おう。自分の得手不得手を、もう一度、棚卸ししてみなさいっていう。これは、得意なことを活かせる仕事に就くための大事なステップかもしれない。
関連記事
タグ: ADD 仕事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。