necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
黒字:私 青字:先生
すいていたためか、実際は30分くらい?話に付き合ってくれた。覚えている分だけ書き起こす。

昼夜逆転の治し方について

この2週間、良くもなく、悪くもなく、という感じです。最近結構前向きです。昼夜逆転を治そうと何度も試みるんですが失敗し続けてます。夜眠るために前日徹夜をして、朝起きようとするんですが、起きたら夕方だったり・・・
昼夜逆転を治すには、体内時計のこと考えてやるんだよ。体内時計はね、早めるのは1時間、遅らすのは2時間が限度。5,6時間のずれを一気に治そうと思ってもそれは無理。だから地道に、2時間ずつ遅らせていくしかないよ。

睡眠時間が12時間以上とかザラなんですけど・・・。
睡眠時間が不規則だから、質のいい眠りが取れてなくて、それを時間でカバーしてるのかもしれない。本来熟睡できるはずの時間に寝ていないから、4時間寝て、やっと熟睡できる時間になったから7時間熟睡して・・・みたいになっている可能性もある。

その熟睡できる7時間を、1日2時間ずつずらしていくんだよ。


っていうことは、例えば睡眠時間9時間!って決めて強引に目覚まし時計で起きる、というよりは、自然に起きれる時間まで寝ててもいいってこと?
そうだね。でも二度寝はダメ。最初に起きた時点で、就寝後6時間以上経っていたら、そこで起きること。

はい。
necoxさんの場合、夜9時就寝→朝4(または5)時頃起床というパターンで固定したら、かなり気分的に安定すると思うよ。うん、そんな気がする。

えっ、でも仕事始めたら夜9時就寝って難しくないですか?
そりゃあ、「仕事始めたら」ね^^でも、仕事してたら朝は固定されるじゃん?

そっか、そうですね。

無気力と対人緊張について

質問があります。躁鬱の問題がこの先治った、としても、「何もしたくない」「人が怖い」っていう問題は残るんです。「対人恐怖」っていう言葉があるけど、ネットとかで見てると「私は○年前から、(何かのきっかけで)対人恐怖になった」っていう風に使われる言葉みたいです。でも、私は、物心ついたときから、人が怖かったんです。っていうことは、これは病気じゃないですよね(性格なんですよね)?もう治らないんでしょうか?
うん、難しい。人の性格は半分は生まれ持ったもの、半分は環境で作られる、と言われている。「三つ子の魂百まで」って言うように、3歳頃までに人格はできてしまう。その自我がガーッて芽生えてくる時期に、親が不安定だったり、人格を否定されるような言葉を言われたり、ひどく傷つく体験をしたり・・・一言で言えば「愛されている」と実感できないと、そういうのを性格の一部として取り込んでしまう。逆に、その時期に愛されて、きちんと自我が形成されると、健全な社会性が身に付きやすい、と言われている。とはいっても、すべての面で二重丸つけられるような人格の人なんてほとんどいないんだけどね。

幼児期に自我がうまく形成されないと「生きにくい」と感じながら生きていくことになる。


そうです、まさに「生きにくい」んです!
性格の一部として取り込んだものを変えるのは、非常に難しい。だから、「生きにくい」ということを自覚して、自分にとって「生きやすい」道を創っていくのが現実的な方法だよ。

ほとんどの人が、そういう風に職業を選択してるんだよ。人と関わるのが好きな人は営業でバリバリ働いてるかもしれない。逆に「自分は人付き合いが苦手だから」って技術者や工場労働者になって、黙々と単純作業を続けてる人もいる。自分にとって「生きやすい」職業は何か、っていうことをもっとシビアに考えたほうがいい。これまで人付き合いで消耗するっていうのをくり返してきたのなら、なるべく消耗しない職種・職場を選ぶことを真剣に考えたほうがいい。生きにくくても、働いて、食べていかなければならないんだから。

難関の資格を取るのもいい方法だ。弁護士とか会計士とか、人付き合いを最低限にしても食いあぶれない強力な資格。同じ人付き合いでも、自分に主導権があれば、必要なときだけ会話すればいい、そういう職種もある。

芸術家なんて人付き合いが苦手な人が多い。食べれるようにさえなれちゃったら、もうこっちのものだ。

とにかくいろんな仕事がある。選択肢は広すぎるくらいあるよ。


たとえば、ショック療法的に、営業職に就いて頑張るっていうのはどうですか?
う、それはおすすめしない。10代後半くらいからこういう状態になった、っていうような人ならそれでうまくいく場合もある。暴露療法とかいろんな呼び方をするよ。でも、necoxさんみたいに、幼い頃からずっとそういう問題を抱えている人は・・・やめといたほうがいい。

最後にもう一つ質問です。普通、こういう病気で再就職する人って、鬱病で会社辞めましたとか療養してましたとかって言うものでしょうか?
言いません!絶対に落とされるから。みんな内緒にして就職していくよ。何かうまい言い訳を考えておいたほうがいいね。

<感想>
生きにくいこと、自分のやりたいことが分からないこと、雑談が怖くて苦しいこと、人目が怖いこと・・・・・・これはもう自分の大切な大切な一部分だから、変えようとか、消そうとか足掻くんじゃなくて、受け入れなければならないんだね。

私は、上記の欠点(と私が見なしているもの)にこだわりすぎていたのかもしれない。欠点がなくなったら、うまく働ける、なんて夢見てた。馬鹿だったな。欠点を抱えながら、欠点とうまくつきあいながら働いていくものなんだ。みんなそうしてるんだ。それが「生きる」ってことなんだ。

仕事について、もっと本気で考えてみようと思った。
関連記事
タグ: 通院記録

なぜそう思うんですか?
もしよろしければもう少し詳しく説明していただけると嬉しいです☆

2006.12.20 20:31 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

希望を捨てよう!
なにもかもあきらめよう!

2006.12.20 16:10 URL | 1る #- [ 編集 ]

icon 

nonさんへ
> 私も対人恐怖はありますが、あえてそれを克服するために人との関わりのある仕事ばかりを選んでいたような気がします。
すごく分かる気がします。私も最初の就職はそれでした。全然無駄じゃなかったと思います!
この記事に書いたことは、あくまで私の場合の、私の主治医の個人的な意見だし。nonさんの主治医は、また別のことをおっしゃるかもしれませんよ!?

私も、いつか人付き合いが楽しくできるようになりたい、っていう夢を捨てたくないから、「自分が消耗しない」ことを第一条件にして職選びを今後するかどうかはまだ決めかねています。

> 簡単な仕事はそれでも受かりましたが、きちんとした職は全滅でした。。。
そうだったんですか・・・私は今まで隠して就職してきたんですけど、今回は、正直に話して就職しようかと、思って、主治医に聞いてみたんですよ。やっぱり、難しいんですね。うまくやっていくしかないのかな・・・。


ayuuさんへ
> うぅ~ん、、、どこまでが性格なのか、つくられたものなのか、自分に合っているものは何なのか、何ができるのか、いろいろ考えてしまいます。
ねぇ、考えてしまいますねー。自分に合っているものが分かって、それを仕事にできたら・・・・・・

そうそう、ayuuさんは、専業主婦っていう「仕事」を今してるんじゃないかなぁって私思います。あんなに、いろいろ創意工夫しながら、おいしくてカラダにいい料理を作る、それってすっごく大事な仕事だと思うな・・・。料理は、もしかしてayuuさんの天職じゃないですか?

旦那さんのご家族との「人付き合い」も頑張ってるし。うん、立派な仕事ですよ!パートも「仕事」だけど、今も、ayuuさんは「仕事」、頑張ってると思いますよ~。

(家事全部苦手・嫌い!・・・な私にとっては、専業主婦はとてもできません!9月に和田式ダイエットやろうとして実感しました・・・確実に鬱が悪化します。だから、ayuuさんのこと尊敬してますよ♪)

2006.12.17 18:48 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

うぅ~ん、、、どこまでが性格なのか、つくられたものなのか、自分に合っているものは何なのか、何ができるのか、いろいろ考えてしまいます。私の場合、自分のキャパが分かっていない、基準もわかっていない、という問題があります。出来る範囲でいい、と言われると、どこまでもやらなきゃ気がすまないんです。今は専業主婦にどっぷり浸かっていますが、うまく人と付き合って、パートをするというのもまだ諦めてはいないんです。いつかはきっと。そのためには、まず、「自分」とうまく付き合っていくことが大切なんですね。

2006.12.17 10:06 URL | ayuu #- [ 編集 ]

icon 

私も対人恐怖はありますが、あえてそれを克服するために人との関わりのある仕事ばかりを選んでいたような気がします。それって、本当は逆だったんですかね?しかも、就職するとき、馬鹿正直にうつ病になったこともきちんと 面接で話してましたよ・・・。
簡単な仕事はそれでも受かりましたが、きちんとした職は全滅でした。。。本気で就職するためには、そこもうまくやっていかないといけなかったんですね~。かなり参考になりました!!ありがとうございます!!
おつかれさまでした。

2006.12.16 20:43 URL | non #- [ 編集 ]

こんなに長いものを読んでいただいてありがとうございます☆
「うーん」と唸られましたか、私もです。いつもは病院の後、気分が軽くなっているのですけれど、今日は、ヘヴィーな気持ちがずっと続いています。(悪い意味ではなく)いろいろ考えさせられました。

> やはり、性格を変えるのではなく、「付き合っていく」という選択が必要なのですね・・・。
・・・ですねえ。。。私も覚悟を決めたいと思います。

でも!考え方だとか、口癖だとか、行動だとか、これから自分の裁量で変えられるものはたくさんあるんだって、今も思っています。それは「性格」とは言わないのかもしれないけれど、そもそも、どこまでが「性格」なのか、っていう線引きも曖昧ですし。

診察から半日経った今、「私はいつかなりたい自分になる、でもそのためには、”今”の自分をそのまま受け入れることがまず必要」・・・そんなことを思っています。

2006.12.16 01:17 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

こんばんは。読ませて頂きながら、「う~ん」と唸ってしまいました(*´・ω・`*) 私も色々と問題を抱えていますが、半分は持って生まれた性格なんですね・・・。相当困りました(苦笑)。元々は非常に内向的な性格なのに、成長過程において「人とうまく関わっていく事」を否が応でもしなければならなかったので、私は非常に極端な場合が多いです(´・ω・`)バランスが取れないという事が、こんなに過酷な物だとは想像していませんでした。やはり、性格を変えるのではなく、「付き合っていく」という選択が必要なのですね・・・。真剣に自分と向き合ってみる良い機会を与えて頂きました。ありがとうございます。

2006.12.15 23:28 URL | びび #09RKPC3U [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。