necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
先日、「自己分析で自己を確立する」(オーラの泉での美輪さんの話)が腑に落ちない、と書いた。その件に関して、思考の途中経過をメモ。

今のところ、私はなぜ生きているか分からない。やりたいこともない。このまま死んでしまえばいいとすら思っている。苦しいのや痛いのがいやだから死なないけれど。積極的に生きる気にはまだなれていない。

「私」はなんのために生きているのか知っているはず

私が理論としてスピリチュアリズムを理解したところによると、「この時代の、日本の、この地域に、女として、こういう顔立ちで、こういう家族の中に、私は生まれてきたい!」と強く思わなかったならば、今の私は存在しない。

つまり、「私の人生」はnecoxだけのものじゃなくて、無数の前世の私の思いが込められているわけだ。「生まれ変わったらこうなりたい!」と強く思った、ウン百人分(?)の人生の結果が今の「私」なのだ。

今まで自分の前世や来世は、自分とは全然関係ないことのように思っていた。自分を肉体だけの存在と考えるとそういうことになる。でも自分を魂の存在と考えると、前世も来世も「私」の一部だ。necoxの肉体はいつか死ぬけど、それでも魂はなくならない。今私が自ら命を絶ったところで、来世の私がまた同じ課題を乗り越えなければならない。だから、自殺には全然意味がない。今私がやるべきは、死を考えることでも、無気力でひきこもっていることでもなく、necoxとして生まれてきた目的を果たすことだ。

主体性のない私

上記は今のところ机上の空論である。実際は、「なぜ生きなくちゃならないの?」「何もやりたくないよ」と思っている私が今ここにいる。「主体性がない」という言葉こそ、今の私を最も的確に表す言葉だと思う。(美輪さんの”自己の未確立”と、私の中では同義)

「主体性がない」今を創ったのは私、necoxである。もし私が先天的に主体性を持たないならば、そもそも生まれてきていないから。つまり「主体性のなさ」は、necoxが学習して身につけた、後天的なものでしかない。確かに親の躾けは私の主体性を奪うやり方だった。でも、その親をわざわざ私自身が選んで生まれてきたんだから、すべて私の責任である。

27年間、「主体性なく」生きてきた。そのおかげで、主体性を持たない(=自分を持たない)ことの苦しみがよく分かった。だからこそ、人目を気にして外面を作り上げている人の苦しみを理解することができる。簡単に人に「もっと自信持ちなさいよ」とか言わない自信がある(笑)もう充分分かったから、私はこの「主体性のなさ」を卒業したい。

自分をみつめる

じゃあ、どうすればいいか?それには、美輪さんの言うように自己分析しかない、とあらためて思う。「自分らしさ」とは何なのか。

江原さんは人生を料理にたとえていた。素材が「宿命」で、持って生まれたもので変えられないけれど、調理法である「運命」は自分次第でどんな料理にでもできると。おいしい料理をつくるには、まず、じっくり「素材」を観察しなければ駄目。

私は外ばかり見ていたような気がする。たとえば自分は大根だとして、かぼちゃの甘さだとか、トマトの派手さに劣等感を感じ、それを目指そうと、すっごく頑張った。「色鮮やかな野菜って素敵♪」なんて情報が耳に入ってくれば、もう表面に赤い着色料とか塗っちゃって、人参を装う勢いで。だから、自分がなんなのか、分からなくなってしまったんだ。それが「自己が確立されてない」ってことだし、「自分を愛せない」ってことでもある。

もう一度、自分の本来の姿を「思い出す」ことが必要だ。人に聞いても、本を読んでも答えはない。着色料とか香料とか染料とか、自分が塗りたくったものを剥がしていけば、自分の中から「私はもともとこうなの」「○○をしたくて生まれてきたの」っていう答えが出てくるはずなのだ。

美輪さんがおっしゃっていた「自己分析」って、そういうことだったのかな、と思う。

さて、具体的な方法は?思考継続中。
関連記事

おぉ、すごく丁寧に説明してくださって、ありがとうございます。イメージがわきました。

面白いですね。「自信喪失の要因」=「周りの声だったり、不安やプレッシャーがあったり、トラウマがあったり、過去の失敗経験だったり、コンプレックスがあったり・・・」が変えられない客観的事実ではなくて、自分の思考が創り出しているもの、であり、「考えない」という選択肢がある、ということですよね。(そうだとしたら)それに完全に同意します。

ぶらうざさんの「自信喪失の要因」を「ネガティブな感情」と言い換えても差し支えありませんか?

私は今、自分について「自己が確立していない」と思っています。社会の中で、あるがままに振る舞うことができないからです。これは私に関してですが、そうなった原因には「ネガティブな感情」特に「恐れ」が重要な役割を果たしているように思えます。

でも私は”先天的に”「ネガティブな感情」に支配されているわけではないと思うのですよね。躾けや自分の経験から学習していったものだと思っています。だから、ぶらうざさんと同じく、「ネガティブな感情」を減ずる、いや、捨て去る、ことで、残る、”先天的な”自己を獲得したいと思っているのです。

仮に「ネガティブな感情」をすべて捨て去ったとすると、そこには「愛」という感情しか残らないそうです。<これは私の考えではありません。でも最近読んだ本は全部そう言うのです・・・。>

だから、私が獲得したい自己は「愛」だとも言えるでしょう。でもね、私は「自己が確立していない」状況である以上、「愛」という言葉が指すものが一体どういう状態なのか全然分からないんですよね。だから、私の言葉はすべて、小学生が「ダイガクってとこ行くと、楽しいこといっぱいあるんだってさー」って言っているようなものだと思っていただいて構いません^^

2006.11.09 20:39 URL | necox #- [ 編集 ]

>まず、こういう抽象的な言葉って、人によってイメージするものが全然違うから、言葉で思いを共有するのって難しいと思います。

本当にそうだと思います。僕も言葉の定義でボタンの掛け違いを心配ながら書きました。そういう意図を読み取っていただいて幸いです。

>あ、それと、「自己を確立できない要因を減らす、とりあえず意識の上ではしがらみを減らすように」がうまくイメージできなかったので、もし補足していただけたら嬉しいです。

話が少しずれるかもしれませんが、書きやすくするため「自信」の話としてみます。

揺らぎない自信を持つのは難しいと思うんですよ。周りの声だったり、不安やプレッシャーがあったり、トラウマがあったり、過去の失敗経験だったり、コンプレックスがあったり・・・

ちょっと強引だけど、それらを「自信喪失の要因」とまとめちゃいます。さらに無理に数値化すると、

『自信(100)<「自信喪失の要因」(150)』
↑が自信を喪失する場合としますね。

これを克服するために自信(100)を倍にする、200にするのは難しい気がするんです。
『自信(200)>「自信喪失の要因」(150)』
劣等感も周りの声もプレッシャーもすべて跳ね返すような強靭な精神力を持つイメージですね。

こうじゃなくて
『自信(100)>「自信喪失の要因」(75)』
「自信」は(100)のままでも「自信喪失の要因」を半分にするほうがやりやすいんじゃないでしょうか。劣等感やトラウマやプレッシャーをあまり考えないように・・考えないように意識しすぎると考えてしまうけど、うまく関心を外せないかな、と思うんですね。

「自己・自我」で書こうとすると難しかったので「自信」の話にしてしまいましたが、「自己」の場合もこの「自信」の話をスライドさせたような考えで、
>、「自己を確立できない要因を減らす、とりあえず意識の上ではしがらみを減らすように」
と書きました。現実問題、変えられない環境もあると思うんで、”とりあえず意識の上”と添えたんですよ。

>私が、今記事でイメージした自己は、うまく言えないけど、少し違うのものだったんです。そう、「エゴ」とは違う意味の、自己だと思うんです。。。。。。

僕は読んでないので確証はないですが、それは「神との対話」の記事で書かれていた「愛」と近いイメージでしょうか?

2006.11.09 17:51 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集 ]

意見シェアしていただいてありがとうございます。

まず、こういう抽象的な言葉って、人によってイメージするものが全然違うから、言葉で思いを共有するのって難しいと思います。(だからこそ、ぶらうざさんは「違ってたらごめんなさい」と謝ってらっしゃるんですよね。でも謝る必要は全然ないです。言葉というツールの、当然の限界なんだと思います。)

「自己を確立する」という言葉でイメージするものって、人によってすごく違う気がします。「自己」=「自我」→「我を通す」という表現もありますしね、それがぶらうざさん&前記事での私がイメージした「自己の確立」という感じがします。

私が、今記事でイメージした自己は、うまく言えないけど、少し違うのものだったんです。そう、「エゴ」とは違う意味の、自己だと思うんです。。。。。。

自分では分かっていたつもりだったのに、書いてるうちに分からなくなってきました^^
考え直すきっかけを与えてくださってありがとうございます。また時間をおいてお返事させてください。

あ、それと、「自己を確立できない要因を減らす、とりあえず意識の上ではしがらみを減らすように」がうまくイメージできなかったので、もし補足していただけたら嬉しいです。

2006.11.09 16:37 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

「自己を確立する」僕にはちょっと難しい表現でした。「確固たる自己を持つ」このようなニュアンスの意味でしょうか?

「自己を確立した人」というのは、周りに流されず自分を貫く・・・とイメージを持ちました(違ってたらごめんなさい)

最近思うのは、周りを跳ね返すような強い自己を持つ・・・強く自分を持つ、押し通すことは(僕には)難しくて、それよりは、自己を確立できない要因を減らす、とりあえず意識の上ではしがらみを減らすように・・・やったほうがやりやすいのかな、と。
思いましたよ。

2006.11.09 03:46 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。