necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
ピザで無理やり、胃袋にもう何も入らない状態を作り出したら、どうにか不安で動けない状態から抜け出した。お腹は完全に壊れてるぅ・・・

ブレーンストーミング中・・・

今考えてるのは、最初は、感謝している、「完璧な」母親だったよね、と持ち上げる方から入って、でもそれは裏返すと、子供の自由を奪ってることでもあったよね、ともってく。

恐怖

ずっと家の中に居場所がなかった。

お母さんが怖くてたまらなかったけど、そんなそぶりは見せられなかった。

お母さんを喜ばせるために、無邪気な子供のフリをしていた。幼稚園の頃からその記憶がある。

お母さんは、外では優しい顔をしているくせに、家ではいつも人の悪口をいっていた。

お父さんの前ではお父さんのことをたてる癖に、いかにも汚らしいものを触るかのような顔をしてお父さんの体を触ったり。誰に対しても否定的なことを言った。

何か変われば、私も悪口の対象になってしまうのではないかと恐れた。お母さんに好かれる自信が持てなかった。


不安

部屋のドアを閉めて独りでいる時だけが落ち着いた。

すべてにルールが決められていて、「遊び」の部分がなかった。

家の中は見張られていて、息苦しかった。

私の行動で、お母さんの気分が左右された。

お母さんが笑ってくれるように、いい子を頑張るようになった。

私はお母さんの精神安定剤みたいだった。

お父さんは、いるかいないか分からなかった。

自信喪失

小さい頃は、何もかもできるお母さんを尊敬していた。お母さんみたいになりたかった。

お母さんは何もかも、頼まなくてもやってくれた。言い換えれば、自分の裁量で物事を決めることがまったく許されてなかった。

私の意見はあってないようなものだった。たとえば、ご飯おかわりいるか?と聞かれて、「いらない」と答えても、気づくと盛ってある。

お母さんの趣味に合わないものを好きになると怒られた、否定された。趣味の押しつけ。

お母さんの好きなものを、好きでないとは怖くて言えなかった。お母さんの機嫌が悪くなるよりも、好きでないモノを使うほうが良かった。

自分の思うことはいつも間違っている、他人はいつも正しいという価値観を持つようになった。

「好きなようにやっていい」という安心感がなかった。

好きなようにやることに恐怖感を覚えた。お母さんの意見を聞かないと不安だった。

お母さんの基準(趣味)は私には分からないから、いつも怒られるかびくびくして不安だった。でも、1つだけ確実に分かったのは、成績が良かったり表彰されたりすると喜ぶってことだった。私が勉強する理由はそれだけだった。

勉強以外においては、私が自分の意見を否定すれば(=お母さんの意見に従えば)、お母さんは喜ぶんだと思った。(実際そうだった)

そのうち、自分で何かをしたいという意欲もわいてこなくなった。

私はいつも顔色をうかがっていなければならなかった。

私はお母さんのペットみたいだった。

いつも見張られていて、信頼されている感じがしなかった。

断絶

私の言っていることを、表面的なことしか受け入れてもらえなかった。

「あなたのため」「あなたが心配だから」などの優しい言葉で、真綿で首をしめるように私を縛った。

今まで↑を訴えても、「そんなことは覚えていない」私の記憶違いのように言われた。
関連記事

共感してもらって嬉しいです。
私も、この記事を書いたとき、私だけじゃないんだ、って知って救われる思いをしました。

今の関係がずっと続くってことはありえないから、必ず変わっていくものだから、少しでもいい方へ変わることを祈っています。

2006.11.28 18:43 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

状況の程度は違いますが、気持ちはものすごく分かります・・・。

ってもう解決できたみたいですね。
お疲れ様でした。

2006.08.14 21:51 URL | はむ #I9hX1OkI [ 編集 ]

icon 

お言葉に甘えて。

>necoxさんの意気込みに・・・水を差すようで申し訳ないですが・・・僕の親も過保護で・・・necoxさんがある意味謝罪を求める気持ちも分かるのですが・・・・

最初、記事を読んでご両親にある意味、非があったことを認めてほしいように憶測したのですが、そうではなくこれから干渉してほしくないということでしたね。↓は反応の予想部分の復元です。

>「そういう風に思ってたんだー私は一生懸命育てたつもりだったんだけどねー」(最初は反省してるモード)
「がんばってきたのにねーそう思われてたとは悲しいよ・・」(悲しんでるようで罪悪感を子に与えようとする)そして、罪悪感を感じされられたところで、
「そんなことより仕事は・・」(すぐ忘却)もしくは「じゃあ、全部私がいけなかったっていうの!」(反撃)
・・・正直、僕には親が非を認める姿は想像できません。あったとしても、すぐ忘却か反撃のような気がします。

あとは、勝手に過失を見つけて干渉を正当化すること、干渉を拒否することに罪悪感を覚えさせることを得意としてらっしゃるのではないでしょうか。

ともかく、necoxさんのご両親のアイデンティティとしてnecoxさんのためを思って干渉してきたというのがあるので、それが否定されることは、受け入れられない、目を背けたくなるというか・・・・以上憶測です。

僕は親を少しでも否定するような本音を話したときのポジティブな記憶がありません。そんな僕の偏った一意見として、参考にしていただければ幸いです。

2006.08.13 13:22 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集 ]

icon 

> むつきさん
お久しぶりです~。
> すべてを祖母や両親に決められてように生きてきたからだと思います。
わぁ、似てる気がします。
高校2年までっていうとかなりの部分が眠ってることになりますね。
親への不満は罪悪感と隣り合わせですね。直接的な不満・間接的な不満、どちらにしても、親を自分の心の中から追い出すことは難しいのではないかと感じます。母親は、私のココロにとって「支配者」「侵入者」でしかありませんでした。「庇護者」と感じたことはありません。だから、追い出すべき者なのです、母親は。

> あなたのほうから母親に近づこうとするのはすごいことだと思います。
うーん、それも微妙なんですよねえ。
今年も帰るつもりは全然なかったんですよ。でも母親が「こんなにあなたのためを思ってるのにどうして避けられてるのかまったく分からない、一度本音で話したい」って言うので、そうするんです。でも本音で・・・って言うけれど、今まで何度か本音は話そうとしてるんですよ。それでも逆ギレされたり、記憶にないって言われたりで、もう嫌気がさしてるんです。

↓でayuuさんがおっしゃってくれているように、いくら母親が感情的になっても、ムキーってなったら駄目なんですよね。今までは確かに私がムキーッ、彼女がムキーッ、お父さんが突然ドカン、って感じで、まるで話し合いになってなかったです。だから、今日はせいいっぱいムキーッを我慢して、和平を取り結んできたいです。

------------------------------------------------------------

> ぶらうざさん
すいません、食べ過ぎ・飲み過ぎで爆睡しておりまして・・・
一応メール通知で最初の方だけ読めてます。結果は悲観的だろう、というコメントですよね。それはすごく貴重なコメントだと思うんですよ。嫌な気分だなんて、とんでもありません。もし控えをとってらっしゃったら、再投稿を切に希望します!!

当事者の私はもう、キャパオーバーぎりぎりで、あまり冷静に結果を想像できないので。
ぶらうざさんもある意味似た境遇であるならば、ぶらうざさんの予想と、私の実際の結果(明日には分かる?)を見比べるのも、何かの役には立つかもしれませんし。

------------------------------------------------------------

> ayuuさん
ありがとうございます。ayuuさんのおかげで箇条書き、できました^^
こないだの
> 相手を、潰そうと思っては駄目。あくまでも、仲を、溝を、埋めるために。

> 「今日は冷静にお話し合いができなそうだから、また明日、ゆっくり話す時間を作りたい」と、ここも冷静に伝えてください。
とを合わせて、やるべきことの方向が見えてきた気がします。

実家にいることが苦しいので、もし話が決裂したら、即座に帰ってこようと思ってたんです。でも、とにかく話が「どこか」に行き着くまで、実家にいないともったいないですね。あ、その「どこか」が見えてないのが問題か。

別に謝ってほしいわけじゃない。今更謝られたって、もう私の子供時代は戻ってこない。
私がほしい結果は。。。今後、一切干渉してほしくない!価値観を押しつけてほしくない、はっきり言って、もう関わり合いになりたくない!

あああああ、でも、↑が私の求める成果だとすれば、向こうにとってみれば「潰そうとしている」ことになりますよね。溝を広げようとしてるってことですよね。うううううううん。
向こうがやってることと本質的には一緒で、私も私の意見を押しつけてるだけ、なんですよね。じゃあ、向こうの意見を飲めばいいのかというと、それは私が潰されることになる。分からない。。。。。。。

> 今まで、全く反抗しなかった私が、大声を出したとき、母は、ショックで自殺しかけました。
話してくれてありがとうございます。そっか、、、、私がやろうとしていることは、そんなに重大なことなんだ、と初めて認識しました。

> でも、私は母が大好きです。今は仲良しです。辛かったけど、大喧嘩して、今は、よかったんだと、思えます。
その言葉が聞けて良かったです。母親と仲良しな関係なんて想像できないけれど、いつかはいつか来るかもしれないという希望が持てました。

悪者探しは、もうやめたいです。
どっちが悪いとかじゃなくて、ただ、「私はこう思ってた」を素直に淡々と伝えることを目標にしていってきます。リラックスして行くために、ひきこもってから使ってないmp3プレーヤーにこれから曲を入れます。。。。。。
本当に本当にありがとうございました。

------------------------------------------------------------

> りーひまわりさん
> この世で一番気を使う相手、それは母親だったりします。
私もそうです。なんだか、分かって下さる方がこんなにいらっしゃることが嬉しいです。

> うまく話せなくても、気持ちは伝わるとおもうので、落ち着いて思っていることを伝えてきてくださいね^^
そうですね。そうですね、気持ちを伝えにいくんですもんね。ありがとうございます、リラックスして、久々の実家の空気を楽しんでくるつもりで、いってこようとおもいます♪

2006.08.13 09:28 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

necoxさん、おはようございます。
お母さんとの間に溝ができてしまっているんですね。
私も同じです。この世で一番気を使う相手、それは母親だったりします。
でもきちんと話し合おうとするなんて
すごいです。とても勇気がいることだと思います。
うまく話せなくても、気持ちは伝わるとおもうので、落ち着いて思っていることを伝えてきてくださいね^^

2006.08.13 08:13 URL | りーひまわり #- [ 編集 ]

お盆がきちゃったね。
本の名前、結局思い出せなくて、役に立たなくて、ごめんなさい。
YUVAさんがおっしゃるように、どうしても苦しくなっちゃったら、置手紙でもいいのかもしれない。「ちゃんと読んでね」と念を押して。私は、何も言わずに置手紙して、“ママへ”とも書いてなかったから、読んだのかどうか、不明。(多分読んでない)その時はまだ、ちゃんと私の中で、覚悟ができてなかったから、読まれるの本当は怖かったのかもしれないな。
先日も私の経験談をお話しましたが、ムキーってなったら駄目。向こうが感情的になっても、necoxさんは冷静を保つように努力してみてください。どうしても、お母様が感情的になってしまって、necoxさんの言う事を聞いてくれず、手に負えなくなったら、「今日は冷静にお話し合いができなそうだから、また明日、ゆっくり話す時間を作りたい」と、ここも冷静に伝えてください。(この部分、前回書いてなかったですね)

こんなこと言ってますが、私は、最後の最後に、熱くなってしまったんです。大声を出してしまったんです。今まで、全く反抗しなかった私が、大声を出したとき、母は、ショックで自殺しかけました。思いとどまって、泣きながら私を抱きしめてくれました。
今も、思い出すと辛いです。実際、今、泣きながら書いてるんで、よく見えない・・・

でも、私は母が大好きです。今は仲良しです。辛かったけど、大喧嘩して、今は、よかったんだと、思えます。

大丈夫。ゆっくり深呼吸して、リラックスして。大丈夫。

2006.08.13 01:01 URL | ayuu #- [ 編集 ]

icon 

先ほどのコメントもし読まれて、嫌な気分にさせてしまっていたらごめんなさい。
後から読み返すと僕の憶測で書いてた部分もあるし、あまり残す意味のないメッセージかもしれなかったです。削除します。

---コメント削除---

2006.08.12 23:54 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集 ]

お久しぶりです。むつきです。
ようやく仕事地獄から抜け出せました。って、仕事大好きなんですけどね。

幼稚園からの記憶があるんですね、すごい。私は高校2年までの記憶がありません。すべてを祖母や両親に決められてように生きてきたからだと思います。記憶がないほうが、楽ですね。直接的な不満がないから。でも、一時期はひどく両親、祖母を恨んでいました。今は・・・わかりません。

あなたのほうから母親に近づこうとするのはすごいことだと思います。私にはできません。うまくわかってくれるといいですが・・・。

祈っています。

2006.08.12 23:53 URL | むつき #65fpICiI [ 編集 ]

icon 

> yuvaさん

> ほんの少しでも、親子で笑いあえる
> 時間が持てたら良いですね。
そっか、そうですよね。なんだか、言い負かすようなことばっかり考えていたような・・・。
優しい気持ちになるコメント、ありがとうございます☆

> gajiさん
そうですよね。リラックス、リラックス♪
もう十分うじうじ悩んだので、リラックスしていってきたいと思います。ありがとうございます^^

2006.08.12 23:44 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

おこんばんわ♪

うまいこと言えないし、口下手だからコメントしていいか迷ったんですが、

リラックス、リラックス~ヽ(  ´  ∇  `  )ノ

肩の力抜かないと言いたい事も言えないですよ。
嫌な事のあとには必ず良い事があります!
(自分にも言い聞かせてますw)

これ終わったらまた彼氏さんとのデート話でも聞かせてくださいよ~ぅw


しっかしnecoxさんのお母さん、うちのばぁちゃんと似て・・・

2006.08.12 23:10 URL | gaji #JUGsyThY [ 編集 ]

icon 

こんばんは。

ここに書いたこと、明日、お母さんに
伝えられると良いですね。

このまま、ここに書いたnecoxさんの
気持ちを全部、手紙にして渡すと
いいのかな…。

「お願いだから、後ででも良いから、
捨てないで、読んでください」って。

娘は、お母さんが大好きなはずです。

大好きだけど、怖かったこと、
大好きなお母さんに
怒られたくなくて、必死だったこと

「今は、私は私で、「私」の毎日を
ちゃんと過ごしてるよ」ってこと…

急に明日、全部伝わらなくてもいいから
ほんの少しでも、親子で笑いあえる
時間が持てたら良いですね。

今、緊張で一杯だと思います。
ゆっくり深呼吸して、目を閉じて…
今日、ちゃんと眠れますように…

気をつけて、行ってきてくださいね。

2006.08.12 23:00 URL | YUVA #- [ 編集 ]

icon 

> びびさん
ありがとうございます。長々と書いたけど、「違いを認めてもらえなかった」という単純な話だと、びびさんの言葉で気付かされました。

実際、過去の話なんですよね。今はもう認めてもらおうなんて思ってなくて、ただほっといてほしいだけで。

でもあえて行くのは・・・・・・どこか接点を見つけるため。違いを好きでいること、それを理想とすれば、明日、笑って行ってこられるような気がしてきました。

救われました。ほんとにありがとうございます。

2006.08.12 22:32 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

Necoxさん、お辛かったですね・・・。読んでいて、私の様なものがコメントして良いかどうか分からなかったのですが、このまま通り過ぎても、Necoxさんに何も残せないと思い、コメントさせていただきました。人の感性や、考えを押し付けられることは、不快ですし、たとえ親子でも傷を残してしまいます。事情を良く知らない私が色々言えないと思いますが、これだけは・・・Necoxさんの空のお写真は、優しくて好きです。とても広く、深い。Necoxさんは私の写真をお褒めくださいますが、私には切り取ることの出来ない空間を、Necoxさんは切り取ることが出来る。違いとはそういうことなのではないでしょうか。その違いをお互いに好きでいられたら、それはとても素敵な事。もしもお母様にNecoxさんのお気持ちがうまく伝わらなくても、私はここで待っていますよ。この限られたネットの世界でも、貴女の平穏を祈っている人間がいます。安心して下さい。
*押し付けがましい感じがしましたらごめんなさい。ただ、本当にそう思ったので。

2006.08.12 22:04 URL | びび #09RKPC3U [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。