necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |

プロフィール


双極性感情障害(つまり躁鬱病)として、傷病手当金をいただきながら1人暮らし中。9月には働いていたい。。。。(まだ自信ない。。。)

幼い頃から、自分の居場所を見つけるのが下手だった。学校ではのけ者にされないように気を遣い、家に帰れば天真爛漫な一人っ子の役割を演じた。毎日、朝が来るのが怖かった。

生まれて一番嬉しかったことは、大学で1人暮らしを始めたこと。やっと「居場所」を手に入れたと思った!誰にも監視されない私だけの場所。。。「人と会わずにすめばいいのに…!」という長年の願いが叶った。大学にもほとんど行けなくなった。

なんとか就職だけはしたものの、1年で会社に行けなくなった。大学時代から私のひきこもり生活を助けてくれた男性と結婚した。

結婚生活は、典型的な「共依存」だった。私は彼に依存したし、彼も私に依存した。私は気分に波がある。躁と鬱。躁の時私は夢を語り、鬱になると放棄する。彼はそういう私に振り回され続けた。疲れ果てた彼は、私を狼少年扱いした。私は、夢を否定されることに我慢がならなかった。離婚した。

今思えば、彼のように繊細な人に、私を守れるはずがなかった。罪悪感は感じるけど、私は後悔しない。彼も後悔していないといいんだけど。お母さんみたいな包容力のある女性に出会って、男前に育ててもらってるといいんだけど。

離婚が、私の人生の本当の始まりのような気がしている。


ブログ・ポリシー

リンク・コメント・トラックバックなどはお気軽にどうぞ。事前・事後の連絡一切必要ありません。ただし、不適切な内容の時は削除することがあります。

私も気軽にリンク・コメント・トラックバックさせていただきますが、何分「空気が読めない」奴です。。。もしも、私のコメント等でご迷惑をおかけした場合、削除してください。あなたを傷つけたり、悩ましたりすることは私の意図ではありません。どうかお気になさらぬよう。

当ブログのリンクリストについて

サイドバーに表示されているリンクリストは BlogPeople を利用して、新しく更新されたブログが上に表示されるようになっています。そうでない方、以下のいずれかのアドレスに ping を飛ばす設定をしていただけると喜びます(*_ _)人(任意)
http://www.weblogs.com/
http://ping.blogger.jp/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

Eメールアドレス

MAIL

>>プロフィール (1) 2006年6月5日へ
関連記事

お返事ありがとうございました
一度、通院先の先生に相談してみます
自立支援制度の利用も教えて下さったり
親切な先生だったので今とても信頼している先生です。でも躁鬱病って一生薬を飲みつづけるんですかね?
なんか、疲れてきますね・・・

2007.11.09 13:30 URL | シルバー #- [ 編集 ]

辛い時期に、何かのお役に立ちたいと思うのですが、私もとても制度の話に弱いのです。。。分かる範囲で書きますね。

シルバーさんが通ってらっしゃる病院(通ってらっしゃいますよね?)にアドバイスをいただくのが一番いいと思います。私は主治医のアドバイスで申請しました。

あと、「傷病手当」と「傷病手当金」はベツモノらしいです。私が受けた「傷病手当金」に関して言えば、これは、会社で加入している「健康保険」から出るものです。会社を通して申請します。

何かの参考になればいいのですが。

2007.11.08 23:15 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

私も躁鬱病と戦っています。
かれこれ1年になりますが・・
季節の変わり目は特にコロコロ変動して
今の時期が一番つらいです。
仕事も何とか無理を言って勤務させてもらってますがそろそろ限界です。
傷病手当ってあるんですね。
自治体によって違うんでしょうか?
前、保険所の人に聞いたら
「そんなのないよ」と言われました。
でも、あるって言う人もいるし・・・
教えていただけるとありがたいです。

2007.11.08 16:44 URL | シルバー #- [ 編集 ]

icon 

> dolphinさん
前のコメントでは生意気言ってしまってごめんなさいね。dolphinさんが楽に生きられるように、祈ってます♪

2006.10.25 12:42 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

そうですね、頭では解っているのだけれど実行するのは難しいです。急には無理だと思うので徐々に手を離して行こうと思います。
子供を自立させるのが、親の最終目標ですものね。

2006.10.25 00:07 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

icon 

> dolphinさん
難しい問題ですね。私の母親も同じことを言いそうな気がします。ただ違うのは、彼女の場合、自分が散らかりに耐えられないからといって(自分の都合で)掃除機をかけにくることを、母親のやるべきことだと思いこそすれ、罪悪感など感じたこともないだろうということです。

> 勉強してもらいたいから、勉強できるように机の上も片付けなければならなくなります。

が気になりました。勉強してもらわないとdolphinさんが困るのですか??どうして?息子さんの人生なのに。

息子さんが30代、40代になっても、息子さんがきちんと仕事できるようにって、会社までいって机を片づけることができますか?もしそうでないなら、自分で片づけることを学ばせることが親の愛ではないでしょうか??

正直に思ったことを書かせていただきましたが、どうすればいいのかは私も解りません。専門のカウンセラーなどに相談できれば、何か手がかりが見つかるかもしれませんね。

自分の人生を生きられるように、少しずつ進んでいきましょうね!

2006.10.24 08:54 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

necoxさん、こんばんは。
ご自身の事を書いて下さって、本当にありがとう。あなたの息苦しさ、良く解ります。あなたはもう、気づいていらっしゃるのですね。そうです、私もそう思います。私の息子は大人になっても片付けられない人間のままだと思います。
彼は、いくら片付けるように言っても、片付けない。2週間もすれば、彼の部屋の中は足の踏み場もない位。ほこりも目に付いてきます。そうなると、私は耐えられないのです。片付けて掃除機をかけなければならなくなるのです。そうでなくても捜し物を頼まれれば、片付いていなければ、捜せない。テスト前になれば、勉強してもらいたいから、勉強できるように机の上も片付けなければならなくなります。
私は片付けたくて片付けているのではないのです。私は、他人をコントロールしようとしている訳でもないのです。
私が片付け続けている限り、彼はいつまで経っても片付けられない人間なのです。それは、私がイネイブラーだからです。元夫がアルコールを飲み続けていても、普通の人のように生活できていたのも、私が共依存症でイネイブラーだったからです。そして今、私は息子のイネイブラーなのかもしれません。
私はどうすれば良いのか解りません。この先、私はどうなるのかも解りません。あなたと同じように、自分の人生を生きたいです。
もし、ブログを始める事になったら、アドレスを連絡しますね。時々、お話を聞いてもらいたくなると思います。

2006.10.23 23:34 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

icon 

> dolphinさん

やっぱりdolphinさんはたくさんの本を読まれてきたのですね。だから、今のご自身の状況を解ってらっしゃるのですね。ブログ、もし始められたらぜひアドレス教えてくださいね。

dolphinさんの今回のお話を聞いて、私の母親を思い出しました。いまだに母親との関係はうまくいってないので、少しきつい言葉になってしまうかもしれませんが聞いていただけますか?

私の母親も、人の世話をすることでいつも忙しい人です。私や父が散らかしたものを片っ端から片づけてまわります。素晴らしい家事遂行能力を娘として尊敬しています。しかし、おかげで私は見事に「片づけられない女」になりましたよ!!

「片づけられない」それ自体が悪いというのではありません。そうではなく、「片づける」って自分のすみかを作ることだと思うんです。つまり、自己表現の機会だと思うのです。私は、自分の居場所を自分が居心地のいいように作る機会をずっと奪われていました。

実家にいても「母の家」に居候している気分でした。自分が家に対して手を加えられる余地がないんですから。少しでも彼女のやり方と違うことをすると、すぐ怒られました。(その代わり、捜しものを頼めば、家中ひっくり返してでも探してきてくれましたが。)まったく自分の居場所という感じがしませんでした。そんな家は私にとって監獄のようで、早く家を出たくて仕方ありませんでした。

やっと1人暮らしできることになった時、母親が家財一切を細々としたものまですべて選んで、お膳立てしました。彼女に言わせれば「心配だったから」でしょう。その時は私も初めての1人暮らしで不安だったのでそうしてもらってありがたいと思ったのです。。でも、、、、、今思えば、せっかく1人暮らしを始めたのに、「母の家」に住んだのでした!

それから7年経って、痛んだフライパンを買い換えた時、自分が使いやすいフライパンをお店で選ぶのって何と楽しいんだろう!って初めて気づきました。自分で選んだものを使っていいんだ、という当たり前のことに気づきました。やっと「自分の家」という感じがしました。

私はいまだに、「自分の人生を生きている」という実感があまりありません。何もかも他人任せ、他人が作ったレールの上を動いてるだけ、という感じが抜けません。すべてが母親の過干渉のせいとは言いませんが、大きく関係があると思います。

今、片づけができる女になろうと努力している最中です。自分の部屋を自分で作りたいんです。自分の人生を生きたいんです。

これは私の考えなので、dolphinさんに当てはまるかどうか分かりません。でも、人の分のタスクまで請け負ってしまうことで、その人の生きる力を奪ってしまうこともある、という1つの例として読んでいただけると嬉しいです。生意気いってごめんなさい。

2006.10.23 00:57 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

「生きづらさ」を抱えていても「負の連鎖」は断ち切れるものですよね。だって、私達はそれが何であるか解っているから。私も何冊もの本を読みました。私の心の中にある事がそのまま書かれていたりして、本当にビックリしました。友達同士の会話ではわかり合えない事が。ホッとしたのを覚えています。
私はまだ、そんなにパソコンを使いこなしていないのですが、暇を見つけてブログを始めたいと思っています。自分の思っている事を書いて、読んでくれる人がいるって、とても癒されます。すぐには、始められないと思いますが。
そう、私は今も人の世話をする事が生きがいでとても忙しいのです。必要とされる事を必要とする人間なのです。だから、とてもしんどい。家族は皆、私に頼り切っています。私は家族全員の片付けに毎日追われています。自分で片付ず、自分であまり捜さず、私を呼んで自分の捜し物を私に捜させます。そんな毎日です。
片付けのできない女が有名ですが、私がいなければ、私以外の家族は皆、片付けられない人間なのです。私に責任があるのかも知れません。でも、この役割を辞めたくても、辞めさせてはくれないのです。捜し物をすぐに捜さなければ、怒られるし。この状況から逃げ出したいです。

2006.10.22 23:26 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

こんばんは。dolphinさん、思いを伝えてくださってありがとうございます。共依存症ということに気づかれたことだけでもすごいのに、実際に離婚というアクションを起こせた、行動力のある方だなぁ、と思いました。dolphinさんがスゴイと書いてくださいましたが、dolphinさんもスゴイ!!です。自分では同じような相手を選んでしまうことが分かっているから、人に選んでもらう、ってなかなかできることじゃないですよ!!ほんとにスゴイです。

そんなdolphinさんですから、今の旦那様との関係も、もつれた糸を解きほぐすことが、いつかきっとできるだろうな、と私は思いますよ。それはもう確信に近いです^^

過去は変えられないけど(今からジョディフォスターみたいになるのは無理だけど^^)未来はこれから作っていけばいいじゃないですか。親から受けた負の連鎖、一緒に断ち切りましょうよ^^大事な息子さん、娘さんのためにも!

・・・と張り切ってみても、私もdolphinさん同様、解決方法が分からなくて、彷徨っているところです。このブログもそのためのものです。書くこと、読んでいただくことはすごく大きな癒しになっています。dolphinさんも、家の中で隠している想いをブログに綴ってみては??おすすめですよ~。

2006.10.22 00:46 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

>necoxさん
お返事ありがとうございました。
「外側をいくら変えても幸せにはなれない、なぜなら自由になる鍵は自分の心の中にあるのだから」 その通りですね。あなたは本当にスゴイ!
私の話をもう少し、させてください。
私は「飲まない依存症」(アルコール依存症の妻の病気。共依存症。)なのです。
相手の世話をする事でコントロールすると云う。だから、家事も必死でやり、離婚すると決めても、世話をしていたのです。
そんな便利な妻を簡単に手放す訳もなく、なかなか離婚してくれず、苦労しました。
再婚するときも、自分では世話をする相手を捜してしまうのが分かっていたので、知人に勧められた人と結婚しました。一応「飲む、打つ、買う」はダメという条件はクリアしていたので。私はその中の、酒癖が悪いと云う1つの事にも耐えられなかった人間ですので。
家には元夫との息子と今の夫との娘がいますが、難しい。当たり前の事ですが、今の夫は娘をかわいがります。離婚したときは零歳児だった息子も、今はもう中三です。あと、数年で家を出て行くかも知れません。そうなれば、私も夫の顔色を伺わなくても済むかもしれません。
私は、映画女優のジョディー・フォスターのような生き方がしたかったな。夫なしで子供2人っていう生活。かなりの経済力がないと無理だけど。息子の為にも、母子家庭のままの方が良かったかも知れないと、何度も思っているから。

2006.10.22 00:39 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

> dolphinさん
こんにちは。前回のコメントでは気づきませんでした。dolphinさんも「生きづらさ」を抱えているお仲間なのですね。苦しみを打ち明けてくださって嬉しいです。母親が怖かったこと、それによる顔色をうかがう癖、もちろん程度の差はあるでしょうが、私も抱えている問題です。

ご自分を責めないでくださいね。だって、子供にとって”初めての人間関係”である親子の関係が「一方的な命令に服従すること」や「否定的な言葉を投げつけられ耐えること」(←私の場合)だったわけで、その後の人間関係でも同じ役割を自分で選んでしまうのはしょうがないですよ。

> 離婚して、再婚しても、やっぱり私は自由になれない!
というdolphinさんの言葉に、不覚にも"I'VE NEVER BEEN TO ME" を思い出しました。私は、あの歌のメッセージをこう受け取ってます。”外側(家庭・仕事・家・ステータス・・などなど)をいくら変えても幸せにはなれない、なぜなら自由になる鍵は自分の心の中にあるのだから・・・・・”

私も、離婚したけど自由にはなれなかったし、実家と疎遠にしても自由にはなれなかったし・・・。私の心の中に、もう幼い頃からの恐怖が棲みついてしまっているから。恐怖は私の一部なんです。でもね、きっと、その恐怖を追い出す方法があるはずなんです。傷を受けたのは幼い頃。今じゃない。だから何かそれを乗り越える方法があるはず。

だから絶望しないで。一緒に乗り越える方法を探していきましょうよ!

2006.10.21 12:31 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

私の元夫はアルコール依存症でした。うつ病でした。
私が耐えられなくて、無理やり離婚してもらったので、
幸せになっていて欲しいと思います。
結婚している間は、私の人生を狂わせられたと恨んでいましたが、
今は元夫の人生を変えてしまったようなので。
でも、私も共依存症です。子供の頃から母親が怖くて、顔色を伺っていました。
今も、人の顔色を伺ってしまいます。
一体いつになったら、自由になれるのでしょうか?
離婚した事は、後悔していません。5年近く悩んで出した結論なので。
(だから、「愛はかげろうのように」は私にとって最悪なのです。
 あんなひどい結婚生活に我慢するように言われているようで。)
離婚して、再婚しても、やっぱり私は自由になれない!
どうしても、人のご機嫌を伺ってしまいます。
これは、アダルト・チルドレンの宿命なのでしょうか?

2006.10.20 23:30 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

icon 

> 2apさん
はじめまして。人の選択に向かって「もったいない」なんて失礼な話ですよね。
「やりたいこと」順調に進んでますか?

私もいつか、すべてを投げ打ってでも夢中になれるような「やりたいこと」と出会えたらいいなと思っています。

2006.09.13 20:04 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

はじめまして。
大学を出て新卒で中学校の教員をしていました。

やりたいことがあったので、1年半でやめました。
担任していた生徒は今でも大切に思っています。

「なかなかなれないのに、もったいない」
とたくさんの人に言われました。

でも、自分のやりたいことの価値のほうが遥かに大きかった。

世間では異端児かもしれない。
でも、自分の人生だから自分で選びました。

あなたという人は
他にはいません。

「みんな違って みんないい。」

2006.09.13 17:43 URL | 2ap #- [ 編集 ]

icon 

> soraさん
根腐れってとても上手なたとえですね。

超繊細な人ほど、虚勢張って強くみせてたり。若いとそれが分からなかったり。

> そういうのって、何か、自分が大きくなるためのものかもしれない・・・。

嬉しい言葉ありがとうございます。そういう風にもっていけたらいいな・・・。私が彼につけた傷も、いつか、時間が癒してくれると信じて。

2006.07.02 01:03 URL | necox #f4tt5Cxo [ 編集 ]

icon 

繊細すぎて、壊れてしまう事って多々ありますよね・・・。大切にしすぎて、根腐れしたりとか・・・。
そういうのって、何か、自分が大きくなるためのものかもしれない・・・。私は、そう想います。だから、necoxさんの言うとおり、離婚が出発点になっていると、想いますよ。

2006.07.01 23:45 URL | sora #qFOAt1D2 [ 編集 ]

icon 

> りおさん
大ざっぱな人もいいですよ~。今の彼、暖簾に腕押し、糠に釘ですからー♪

こんな感じ。
http://necox.blog48.fc2.com/blog-entry-330.html

=============================
> びびさん
ジェットコースター。私も言われたことがあります。周りにいる方はさぞ大変だと思うのです。

> 打ち込まれる孤独な言葉を2人で分け合う時間は、私を不思議な気持ちにさせます。

文字を通して心がつながるとき、リアルのつきあいよりも、濃厚で、深いところに届くことがありますよね。

びびさんは、その彼の心の支えになってるのでしょうね。なんだかうらやましい関係です^^

これからもよろしくです^^

2006.07.01 22:53 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

こんばんは。コメント残していただいてありがとうございました。躁鬱という辛い時を過ごされているのですね。私にも、鬱の友達が居りますが、とても繊細な方です。淋しがり屋で、楽しいお話の途中で「淋しい・・・」とよくつぶやきます。具合が悪くなると、お薬を飲みすぎてしまって、思考がまとまらなくなることもありました。そんな彼の話を聞いていると、ジェットコースターに乗っているようです。インターネットのみのお付き合いではありますが、そんな時には「大丈夫」と背中を擦ってあげたくなります。私は、彼の事を友達としてとても好きです。うまく言えませんが、彼が「淋しい」という時、そういう気持ちを一緒になって感じる相手として、私を居させてくれる。そんな風に思っています。打ち込まれる孤独な言葉を2人で分け合う時間は、私を不思議な気持ちにさせます。それはきっと私も彼と同じように、日々の中で感じている物だからかも知れません。なので、私は時折彼が見せるそのデリケートな波に心を委ねたりしています。
長文失礼いたしました。

2006.07.01 21:27 URL | びび #09RKPC3U [ 編集 ]

icon 

私の元夫も、とても繊細な男性でした。
お付き合いをするなら、大雑把な人の方がいいのかな…?とも考えます。
でもジャイアンでは困ります(笑)。

2006.07.01 19:15 URL | 一ノ瀬りお #P0vgGwAM [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。