necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
昨日、私はぷっつんした、みたい。

昨日の昼、だるくて嫌だったけど、彼に会えるから外に出た。ロフトに行く用事があった。ロフトは人がいっぱいで、ただそこにいるだけで辛かった。

待ち合わせ場所に来ない彼に電話すると、素人バンドの演奏を聴いていると言う。そこへ来いと。騒音。轟音。喧騒。おじさんロッカー達が。。。ハモれてない。微妙な不協和音が響き渡ってる。

ねえ、私、歌が入ってる曲、聴けないって言ってなかったっけ!?好きなカーペンターズのCDでさえ聴けないって言ってなかったっけ!

私の中の何かがキレちゃった。心が凶暴化したみたいだった。叫び声を上げたくなる。ぶつかった人に殴りかかりたくなる。下りエスカレータに立っていると下の人を突き落としたくなる。全部理性で押しとどめてたけど、そういう考えが自分の中から出てくること自体ショックで、「人のいないところへ行きたい」「人のいないところへ行きたい!」と彼に訴えたのに、そういう時頼りになる人ではない。そう、彼は女性的で優しい人。どちらかというと、私のほうが男性役なのだ。

だから、家に帰りたい、連れて帰って、と頼んで、雨の中、家に一緒に来てもらった。歩きながら奇声をあげたら、少しすっきりした気がした。誰も知ってる人がいないだろうというところでしか、変なことをできない。理性が残ってるのが逆にイタい私。彼は知らないフリして歩く。

私が疲れ果てて寝ている間、彼は買い物へ行って鍋を作ってくれた。彼が帰った後も、ずっとずっと眠った。何時間かごとに目を覚ましつつ、合計17時間、寝た。何もやる気がせず、横になっていたかった。

今起きて、これを書いている理由は、自分の想像の醜さに耐えられないから。今までこんなことなかったのに。たとえば、猫の肉球を思い浮かべようとすると、ウジ虫みたいのが湧いている。その猫が勝手に動く。蛇をつかまえてきてその蛇に首を絞められる・・・・

目を閉じると、そういうグロテスクな映像ばかり広がって、とても横になっていられない。前、私ってキ・レ・イ (笑)というエントリで取り上げた本に載っていた。「美しくなるには、美しい空間に身を置くこと」ゴミ屋敷に住んでいるから、そんな醜い想像しかできなくなるんじゃないか。でも何もやる気がしない。どうすればいいのか。
関連記事

icon 

> 頭に血が上る
ああ、まさにそういう状態だったんです。

> 昨日はnecoxさんの心の中にも雨が降ったんですね。
優しい言葉ありがとうございます。やっぱり、調子悪いときは無理して外出ないほうがいいですね。人にも迷惑かけるし。ちょっと学習しました。

2006.06.13 12:38 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

自分も頭に血が上るとそういうこと考えることがあります。親でさえ「殴ってやりたい」とか、話に夢中になりながら歩いている人がいると「目の前に人がいんのよ!ちゃんと見て歩きなさいよ!」って叫びたくなったりします。私も今は大きな音とかあんまり聞けないから、突然そんなところに連れて行かれたら機嫌が悪くなるかも・・・。

昨日はnecoxさんの心の中にも雨が降ったんですね。しかも雷雨かな・・・。雨が晴れるまでしんどいと思いますが、晴れるまで、ゆっくり休んでください。

2006.06.12 22:04 URL | YUVA #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。