necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
せっかく親の話を「聞き流す」という技を覚えたのに、昨日失敗してしまった。スキルレベルがまだ足りないらしい。

「ロクでもない男だけにはひっかかるな、あんたは1回大失敗してるんだから」という母の一言からバトルは始まった。

失敗?私は自分の結婚&離婚を失敗と定義したことは一度もなかったのに、なぜ勝手に失敗と決めつけるの?元旦那をロクでもない男だったと言い張る母。理由は結婚して1年経たないうちに鬱病で会社を辞めたから。「我慢が足りない」「無責任」だって。我慢が足りないから、弱いから鬱病になるって、いまだにそう思ってるんだね。だから、私は本当のことなんか言えないんだよ!

「親子なのに本音が言えない関係なんて普通じゃない」と母は言う。どうも携帯電話のCMでやってるような親子関係に憧れているらしい。言っておくけど、私はホームシックになったことなんて一度もない。一人暮しを初めてしたときはあの監獄のような家から逃れられた開放感でいっぱいだった。今でも電話がかかってくるだけで鬱がひどくなるんだよ!

若くて世間体的にもまだ汚点がなかった頃は、母は私を否定しなかった。世間体が良くなるように、あんたの期待に応えるように必死に頑張ったことをあんたは気づいているんだろうか。

離婚すると相談したとき、最初に言われた言葉が「親戚になんって言ったらいいの?」だったことは忘れない。

いまだに「あんたのことが心配だから」「今後のことをどう考えてるの」ってガンガン電話かけてくるね。でも昨日つい本音が出たね。「親戚が集まったとき、necoxは何してるのって聞かれる、その時、今どんな仕事をしているかも言えないのでは肩身が狭い」って。

私は「聞き流す」スキルをマスターするまで、あなたには嘘をつき続けるよ。自分の心を守るにはそうするしかないんだよ。
関連記事

icon 

> ぶらうざさん
「強権的」っていう言葉、うちにもぴったりです。
ぶらうざさんも、1人暮らしできる状況でラッキーでしたね。
私も大学を口実に家を出て以来、「実家に絶対帰りたくない」、というのが働くためのいいモチベーションになってくれています。

それでも、いまだに親の言葉で気分を左右されてしまうということは、自分も親離れできていない証拠のような気がするのです。とりあえずの目標は馬耳東風です^^

>yuvaさん
親って、何の権利があって、子供の人格を否定するようなことばかり、言い続けられるのでしょうね。
子供を世間から守らずに、世間体を気にして子供を攻撃する親。。。本人はそれが正しい態度だと思っているから始末が悪いですね。

親とは別の人格だから、自分の身は自分で守らねばですね、親からも。
yuvaさんのほうは暴力もあるのですか。尚更、家から離れられるといいのでしょうけど・・・・・・

2006.05.09 21:53 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

>我慢が足りないから、弱いから鬱病になる

私も、こんなことばかり、いつも言われています。
「バカ」「お前も障害者だ」「ガキじゃねえんだ」
「いい年して」「早く治せ」「お前はなんのために生きてる」「負け犬」・・・

・・・言いたい放題。聞き流しても「なんか言え」って
言ってくるし、言えばすべて否定されて、ひどいときには殴ってくるし・・・

私の付き添いには一度たりとも来たことがないです。
ODして救急車で運ばれた次の日、やっとついてきた
だけです。ろくに医者の話も聞かないくせに、
テレビとか新聞とかに載ってる、一般論のようなこと
ばかり情報として仕入れてきて、それを押し付ける。

・・・ほんとに、親って勝手です。上からものを言える
立場なのをいいことに、好き勝手言ってきて、ただでさえむしゃくしゃしてる胸の中を引っ掻き回して・・・
こっちは距離を置きたくても、向こうから無理やり
近寄ってくることもあるし。

世間体とか、周りの目とか気にするよりも、今目の前にある一日を生きるために精一杯踏ん張っている自分の娘の姿から目をそらさないで欲しいですね・・・

2006.05.09 20:19 URL | yuva #- [ 編集 ]

このブログにコメントを書くのは、はじめましてです。

>私は失敗と定義したことは一度もなかったのに、なぜ勝手に失敗と決めつけるの?

ここがすごく自分にひっかかったのでつい書き込んでしまいました。

 僕も親が成功とか、失敗とか行動の価値を勝手に判断することを煩わしく思っています。確かに生きてる年数が僕より多いことは変えられない事実で、後から考えると親の考え方が正しかったということもあります。

 だけど僕と親は別の人格で、生きてる世界観も価値観も違います。親が定義する僕の幸せと、僕が定義する幸せは違う。そういうことを親が意識していないように感じます。

 自分にとって普通のことでも、親の世界観では失敗だと勝手に咎められる。親の価値観に沿うように生きると余計な労力を使う。それが嫌で、大学進学を言い訳に僕も1人暮らしをはじめました。

 necox さんの場合、さらに親が世間体を意識して言っているので尚更不快になるのでしょう。

 親の世界と自分の世界、溝を埋めるのは難しいですね・・・

2006.05.09 17:45 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。