necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
前回のリバーシングから6週間、あまりふりかえる余裕もなく、どんどん、変わった。

彼と一緒に実家の両親に会いに行ったし、理想どおりの部屋みつけて、契約して、彼が先に引っ越すの手伝って、そして、会社に「やめる」といった、、、実際は二足のわらじをさせてもらえることになりそうなのだけど。

両親と会ったあとは、久々にうつ状態になった。欠点をみつけて、「あなたのために」アドバイスしてくるのは彼らの性質なんだけど、見事にひっかかってしまった。それについては最近素晴らしい記事をみつけたので、今後の指針にしたいと思ってる。
http://neetstep.blog72.fc2.com/blog-entry-190.html

仕事についても、奇妙なタイミングが重なって、最悪の状況にならなかった。清水の大舞台から飛び降りたらセーフティーネットが張ってあった、というかんじ。

今回のテーマはsurrenderだったわけだけど、委ねて、飛び込んで、ああ、こうやって続けていけばいいのかな。

今日はこれから、リバーシングの最終回。10回目。リバーシングを受けはじめた頃、わたし元彼と別れたばかりで、今の彼にほのかな恋心を抱いていた。リバーシングの回を重ねるごとに、恋は進み、いつのまにか、パートナーとして対等な関係を気づいていく過程に入っていった(結婚じゃないよ)。本来のパワーを取り戻した、という実感。

そう、りょうこさんのところでリバーシングをうけてよかったことのひとつに、book club kaiにも定期的に通えたことがある。毎回、新しい出会いがある。前回のリバーシングの帰りによったときは、成田かず子さんの小冊子に出会った。その後何冊か取り寄せて読んでみて、「波動の法則」知って以来気になりはじめた波動とか、気とかいうものが、より身近なものとして感じられるようになった。

結局はみんな同じようなことを言ってるんだけどね、そのとき気になって手に取る本は、そのときの自分にとって一番ヒットするかたちで書かれているから、吸収できるし、実行できるし、変われる。book club kaiさんは、いまわたしにとって、とてもだいじな触媒。

これからもたまにいけたらいいな。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。