necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
だんだん些細なことが気にならなくなってきた、その結果?今日も一日穏やかに幸せな気分だった。

前だったら落ち込んでたかもしれないことだってたくさん起こってる、ような気がする。でも、ネガティブな方に意識がいかないし、今わざわざそれにフォーカスして書き出そうとも思わない。

昨日の記事に、好きな人に冷めちゃったかもと書いたけど、そしたら早速、その人からたくさんの視線や優しい関わり。そういうのって、先日書いた高校時代の辛い片思いの繰り返しと見ることもできる。今までの私だったら、また「気をもたせよう」としてる、だから男の人って嫌なんだ・・・・って辛くなってたと思う。

でも今日はなんだかそういういかにも男子っぽい行動が可愛いらしく感じてしまい、まったく腹が立たなかった。たぶん、本能なんだよね。おそらく無意識。なんかそういう不完全なとこも含めて私はその人が好きだと思った。

それと同じレベルで、自分の失言、失敗、不適切な態度、そういうのも全部可愛いって思えるようにだんだんなってきてる気がする。こういうのが「愛」なのかもしれない。

昨日からアンジェラ・アキの「たしかに」をヘビーローテーションしてる。今、まさにこの歌の気分。「ここにも、今日にも、君にも、誰にも、たしかに愛はある♪」


Angela Aki - たしかに / TODAY

関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。