necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日、金魚が死んだ。特にショックでもない。嫌でもない。むしろ解放された、という気持ちに近いかも。さっき、すべて掃除してしまった。水槽を残して全部明日朝のゴミに出してしまう予定。

3年と3ヶ月一緒に暮らした。金魚がうちに来た頃はまだ、傷病手当金もらって自宅療養してる頃で、体重も今より20kg近く多くって、、、、、、この3年間で外見的にも、内面的にも大きな変化があった。死んで涙が出る、というような種類の愛着はとうとうわかなかったけど、ほとんど世話もしないというのに、こんなに長い間そばで見守っていてくれたことにとても感謝してるのだ。

金魚が来たとき、水の音で癒されるって思ったのを覚えてる(水を循環させる装置の音)。汚部屋真っ盛りだった頃は、積み上げてあるモノに埋もれて水槽が見えなくなってた。最近は一番目立つところに移動して、コミュニケーション?取れるようになってたんだけど、ここ数日急に具合が悪そうになって、もう時間の問題だなと覚悟してた。

不要なものを徹底的に捨てる流れに乗ってる今、これはとても自然なことに思える。「不要」という言葉を使うのは非道いことだと理解はしてるし、決してそれを確信犯的に願ってたわけではないんだけど。1つのフェーズが終わろうとしてる象徴のような気がする。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。