necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日某アウトドアショップにて。5~6歳くらいの男の子が、棚に並んでるプラスチックボトルに手を伸ばした、と思ったら、1本倒してしまった。後ろにその両親がいるのを知ってた私は緊張で身をすくめた、、、、、怒号が飛んでくるに違いないと思った。なのに何もなかった。お父さんは穏やかな顔で子どもを見守ってる。子どもは何も言われなくても自分で倒したボトルを元に戻してる。。。

私の小さい頃だったら、「売り場のものに手を触れてはだめって言ったでしょう!」とかギャアギャア怒られてたところなのに。。。(そして私が親だったら、同じように叱り付けてるところだ。。。)

些細なことだけど、こういう積み重ねでこうなるんだよなと思う。世界は安全な場所なんだよと、大丈夫なんだと、生きてていいんだよと、自分に言い聞かせよう。たぶんそれが私の使命。子の世代にこの価値観を引き継がせてはならない。
関連記事

ななちゃんさんもなんですね。(もしかしてギフテッドで検索してこられたのでしょうか?1回記事にしたけど、逡巡があり非公開にしてしまったのです)

このゲームに気づけたっていうのは、始まりのような気がするんですよね。いつまでも犠牲者でいる必要ない、と今私は思います。知能使えば、彼らの植えつけた思考パターンから抜け出すことはできるはず。

2009.09.28 23:30 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

まさしくそれです。 
親、親、親・・・平和な空間を与えてくれなかったあの人たち。 いつもいつも「努力しなさい」 しなかったら「後悔するから」と呪文のように言い、しかもとんでもない夫婦喧嘩を繰り返し、暴力をふるって・・・。 
待つことも見守ることもしてくれなかった。 
そんな家庭に育つのも、普通の知能であればそんなに苦にもならなかっただろう。 偶然にも知能が高く、「やれば出来る」から悲劇となったのだ。 そして蜘蛛の糸のように思考を張り巡らせることができてしまうから、なおさら疲労困憊して、無気力は巨大なうねりになって押し寄せる。

いきなりすみません。 思ったことをぶつけさせていただきました。

2009.09.26 17:07 URL | ななちゃん #7RorUgFk [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。