necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
聴くべきして聴いてしまった。フェルデンクライスの創始者、Moshe Feldenkraisのレクチャ。

YouTube - Moshe Feldenkrais about correcting and his method (part one)
YouTube - Moshe Feldenkrais about correcting and his method (part 2)
YouTube - Moshe Feldenkrais about correcting and his method (part 3)

私の根深い思い込み (Belief) の1つに"Something is wrong with me."というのがあるんだけど、それがなぜ荒唐無稽な思い込みなのか、この話を聴いてようやく腑に落ちた。

この世に絶対に正しいものは存在しない。だから、間違ってるものも存在するはずがないんだ。

「私のやり方が正しい、あなたは間違ってる」というメッセージを”良かれと思って”言い続ける両親に育てられた結果、「私は間違ってる」「自分以外のものは正しい」と信じるようになってしまったけれど、そんな理にかなってない思い込みなんかもう捨てていい。

そのかわり、私が他人の間違いを指摘することも、良かれと思ってのことだとしても、単に自分の尺度に相手をあてはめようとする傲慢な行為だということを、肝に銘じよう。"Complaint Free World" 最近ダレ気味だったけれど、もう一度、少なくとも、人を批判しない、ということを実践しようと思う。

本当に最近怖いくらい求めている情報が入ってくる。
関連記事

コメントありがとうございます。ちょうどcloudさんが考えてらっしゃることとと重なったんですね。

いくら意識していても、無意識に親から受け継いだパターンで行動してしまうことって、どうしてもありますよね。親の立場でしたらなおさらですね。

私、もし今子どもができたら子どもに母と同じことをしてしまう、となかば確信に近いくらいに思っていたりします。

だからといって自分を責めなくてもいいんだと最近思うようになりました。子どもも親を選んで生まれてくるらしいですから・・・。

一緒に脱”苦しくなる思考パターン”、がんばりましょう^^

2009.09.09 22:46 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

こんにちは。
“傲慢な行為”、本当にそうですね。
私の両親もまさにそういう感じで、成長してそれに気付いてからは自分に戒めているつもりです。
でも・・・親の立場になってみると、
ふとしたときに似たようなことを
してしまっている自分にはっとしたり・・・
なかなかに自己嫌悪に陥ったりしています。

今朝ADHD傾向の次女が、
宿題を終えられなかったことから
自らパニックの渦にはまってしまい、
大遅刻して登校していきました。
パニックになる前にうまく対処して
あげられなくて、それって私が無意識に
自分の価値観というか倫理観を
押しつけてることも一因かな・・・などと
考えているところでしたので、
大変つぼにはまるメッセージを頂いた
気がしました。

落ち込んでも立ち直り、反省と試行錯誤を
忘れずに頑張ります!

いつも身の上ぐちぐちというトーンで
申し訳ありません。
けれども、ときどき拝読しては
励まされております。

2009.09.09 11:12 URL | cloud #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。