necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
昨日の記事、書いてる間に面倒くさくなってボツにしたつもりが、間違ってアップされてた・・・。このままだと気持ち悪いので続きを書きます。

昼、別件でロフトのアロマコーナーに寄ったところ、ゼラニウム!ゼラニウム!と心が欲する。ちょうど家でも切らしていたので、別のアロマショップに移動してゼラニウムを購入。GAIAの普通のやつ。

午後、席に戻って早速ティッシュに1滴・・・その途端に、、、、うまく表現する方法がみつからないんだけど、昔の二槽式洗濯機の脱水槽の中蓋!(若い人は分からないだろうな・・・脱水時に中身が暴れださないように押し込むものなんだけど)まさに暴れてる私の心を押さえ込むような感じで、強引なくらいの力が体の中を降りていった。

すごく落ち着いた感じになって。私は私、なんか文句ある?というモードに突入。その後はフラワーエッセンスも効くようになったし、楽になった。

たぶんだけど、肉体症状まで出てきてしまっているときは、精油の方がガツンと効くこともあるみたい。精油使い始めて4年くらい?なにも専門的な勉強はしてないけど、だんだん、心の問題に自分で活用できるようになってきたみたい。

知識はあるにこしたことはないとは思うけど、安全に関わる部分だけおさえたら後は直感まかせでいいんでは。いちいち今日はリコピンが必要だからトマトを食べようとか考えなくても、トマトの恩恵を受けられるのと同じ。とりあえず気になる香りをお店で試して、気に入ったら買って、って香りに親しんでるだけで、そのうち、必要なときに「今どうしてもあの香りを嗅ぎたい!!!」って自分で分かるようになる。

後から↓のスピリチュアル・アロマセラピー的な記事を読んでひどく納得した次第。
スピリチュアルアロマセラピー協会: 精油の解説: ゼラニウム
スピリチュアルアロマセラピー協会: 精油の解説: ゼラニウムの瞑想
関連記事

面白いサイトですよね!サイプレスの瞑想、まんまブッダが解脱したというヴィパッサナー瞑想ですね。(ゼラニウムの瞑想のコンセプトはYou Can Heal Your Lifeそのまんまですw)パクりだといいたいわけではなくて、具体的な組み合わせがとても参考になります。ワークショップに行ってみたいなあ・・・

アロマ勉強されてたのですね!嗅ぎたいという気持ち取り戻されて良かったです。私も効能に惹かれるタイプなもので、習うならNARDにしたいなあと思っていたのですが、高すぎて断念。直感で単品選びはできても複雑なことは全然できず・・・使いこなせてるとはとてもいえません。いつか私も技術的なことを学びたいです^^

2009.07.05 00:43 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 


いいサイト(スピリチュアルアロマセラピー協会)をご紹介していただきました!
あちらの過去記事を読んでいたら、サイプレスの香りが懐かしくなりました。

しまねこは、ちょっとアロマの勉強をしたことがあるのですが、頭でっかちになってしまって効能重視な傾向になっていた頃がありました。それで、ちょっと疲れてしまって距離をおいていました。
(ちなみにフランスは効能重視で、英国は気持ち重視という印象です。)

necoxさんのこの記事を読んで、素直に”あの香りを嗅ぎたい”っていう気持ち、思い出しました。
ありがとう!(^^)v

2009.07.04 21:32 URL | しまねこ #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。