necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
「笑顔を振り撒く」 vs. 「ただ微笑んでいる」

「笑顔を振り撒く」が私がこれまでやってきたこと。対象に向けてのサービスとしての笑顔。気に入ってもらうための、嫌われないための、よく思われるための。これからその笑顔を使わないとは言わないけど、あまり綺麗な動機からくるものではない、ということは意識していよう。

これから心がけるのは「ただ微笑んでいる」ことだ。何の理由もなくても、誰に見せるためでもなく、自然発生的にいつも微笑んでるような状態にしたいな。

You Can Heal Your LifeのDVD見て良かったと思うのは、最初の方で大きな花束持った超幸せそうなおばちゃんが歩いてくる映像があって、そのおばちゃんの姿がなぜか目に焼きついたこと。(DVDそのものはね・・・私はよくわかんない。なぜそんなに絶賛されてるのか。時間をおいてまた見てみるつもり)

見てからずいぶん時間経ったけど、気づくとそのおばちゃんが私のお手本になっていた。
関連記事

印刷してだなんて恥ずかしいです・・・なんだか余計なことがいっぱい書いてあるような。。。でも活用してくださって嬉しいです。

「私は、精神障害者です。」と自己紹介しちゃうのは面白いですね。開き直れることは素晴らしいと思います。気が小さい私は、それで被るだろうデメリット考えると私は躊躇しちゃいます・・・。

うつ病への認識が広まったおかげで大きな声では差別的な言葉が言われることはなくなったけど、相変わらず影ではいろいろ言われてるのを聞きますから、、、

2009.06.21 23:45 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

I have never been to me の歌詞と翻訳ありがとうございました。
印刷して歌詞を、おぼえています。

私が読み始めた雑誌は、当事者の方のコメントが多く勉強になります。
そのなかのひとつに、「私は、精神障害者です。」と自己紹介するという方が、おられました。
そしてそれにたいする、みんなの反応は、避けるというより興味をもって質問してくる。意外と避けられないというのが、その方の感想でした。
 
ためしてがってんで、うつ病の特集があったり、なんか少しずつ社会も変わってきているのかとおもいました。

2009.06.19 19:39 URL | jun #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。