necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
You Can Heal Your Lifeの第4章を終えて。

アファーメーション:
Truth is the unchangeable part of me.


ゆっくりこつこつ行こうと思ってたけど、あんまりゆっくりやってると、このうつ期の中にどっぷりつかることになるから、ほどほどに進める。

もう乗り越えたはずだったたくさんのネガティブな「思い込み」が、最近また意識に上ってきて、世の中はまた怖いことだらけになってしまった。

世の中は怖いとか、本当の自分を出すと嫌われるとか、誰も本当の私を受け入れてくれないとか、私がやることはいつも間違ってるとか、、、、、そういうのは単なる「思い込み」だと分かってるんだけど、怖くて体が動かなくなる。

今日会社休んだ。明日行けば、行ったでなんとかなるだろう。でも、疲れてしまって、なんでこんなにがんばらなくちゃいけないのか、、、、、、恐怖と闘う意味が見出せない。あきらめてしまいたい。

この章では、ネガティブな言葉を口にしたことに気づいたら、途中で言葉を打ち切る(または別の言葉に言い換える)ように薦めてる。

なのに、それを知識としては知ってるのに、先週末から私はネガティブな言葉を言いまくってる(らしい、ほとんど無意識)。言わないと辛いんだもの。愚痴や文句ならいくらでも出てくる。それを止める気力はどこから?

***

章末のアファーメーションのこの文がとても好き。
"I am in the right place at the right time, doing the right thing."
そう心から思えるようになれたらどんなにいいだろう。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。