necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
会社での生活がほんとうに楽になった。

地面にしっかりと足を下ろした感覚を持てると、緊張する対象(100%男の人ね)が近くにいても、あまり震えたり、赤面したりしなくてすむ。挙動不審になることぐっと減ったし、何より会話するのがもっと楽になった。思ったこといえる。素直な気持ちが言葉となって出てくるくらいに、ある程度自分が何思ってるかその場で把握できるようにもなったし。

まだ向こうから来る人と目合わすのはちょっと難しいけど。。。会釈してごまかす。下向いてることで相手がどう思うかとか余計なこと考えなくなった。私は何があっても自分を責めない。ほんと、最近私はいっつもニコニコしてる。

それと、このときの失敗以来、なるべくメールで話をすませないで、口頭でも伝えるようにしてる。会って話すとどうも、言葉そのもの以上に何か共有されるものがどうもあるらしいのだ・・・。

人と話をする機会があったら、あえて感情を(把握できる範囲で)言葉で表現するようにもしてる。感謝の気持ちはオーバーなくらいに伝えるようにも。分からないことは分かったふりをせずに謙虚に聞く。メールの正しい書き方なんかよりも、結構そういうことが重要だったみたいで。

至らないことがあったら(たくさんある!)、素直に謝る。(えーーそんなこと気にするの?って内心思っても)すかさず「ごめんなさい」っていったら許してくれる。それで雰囲気が逆によくなったりする。実際やってみるとびっくりする。

私はまだ会話のキャッチボールがうまくできないから、やっぱり笑顔でごまかす。言葉出てこなくても、とりあえずニコニコしてれば悪い方には取られないのが、口頭での会話でのマジック。

そうやってコミュニケーションに近いものを無理のない範囲でとりつつ楽に過ごしてたら、自分の会社での役割というものが、なんとなく見えてきたから不思議。

不得意なことはやっぱりあるし、隠しても他人はそれを十分分かってるけど、私が思うより問題だと思ってないこと。隠す必要すらないこと。何かしてしまったら謝ればいいこと。誰も自分に完璧なんて期待してない。社長ですらまったく完璧でないのに、なぜ自分が完璧でないのが問題なの?だから、何があっても、何ができなくても、何をしてしまっても、もう絶対自分を責めることはしない。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。