necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今週、特に役立ってると感じるのは「幸運体質になれる瞑想CDブック」のp66に載ってる「オーラを広げる」エクササイズ。その最後にポジティブな言葉を言うんだけど、その言葉が強力。

本に書いてあるのそのままじゃないんだけど、「光、愛、平和(←その時の気分でいろいろ)だけが私の中と周囲(←オーラのイメージ)に存在できます。すべての恐れ、不安、心の中の暗闇(←その時の気分でいろいろ)は祝福され、癒され、宇宙に解き放たれます」みたいなの。会社で対人恐怖に捉われそうになると、心の中でこれ唱える。

最初これ読んだとき、光?愛?平和?そんな嘘くさいこと言っても意味ないんじゃと思ったんだけど、とにかく書いてあるとおりにやってみてその効果にびっくりした。

人に会いそうな場所に行くとき、心の中で「怖くない、怖くない」と言い聞かせるのが癖になってるけど、それってアファーメーション的にもNG。恐怖を恐れながら、恐怖のことしか考えてない。それほどまで関心を向けてる対象が、頭から消えるはずないじゃない?

だから、恐怖を和らげるには、恐怖にフォーカスするんじゃなく、自分の中にあってほしい感情をイメージするといいみたい。とはいっても、恐怖に捉われながら恐怖以外のものをイメージするのは本当に難しい。だから、嘘くさくても「白い光」や「愛」や「平和」や「調和」や「喜び」が、自分の中に存在するって言葉で表現してみる。言葉にするとイメージできる。イメージできると、自然と怖さが消えていく。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。