necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |

何度も何度も思い出すから、切り捨てるために書こう。ずっと、なんというか、胸の奥に小骨が刺さっているような感じで痛いから・・・。この記事で前にも一度吐き出してるけど、同じ日の話。

飲み会の席で、自分が死んだら墓に埋葬してほしいかというような話をしていた。私は、別に何もしてほしくない、お墓にも入らなくていい、どっかにまくなりなんなりしてほしい、と言った。

先生は「誰がまいてくれるんですか」って。

私が一瞬絶句し、「じゃあまいてもらわなくていいです」って言った後、先生は、先生か奥さんが亡くなったら、どこどこの海に巻く手はずになってるんだっていう話を。

なんでこんな悲しいんだろうな。人とまともな関係を築けない自分について指摘されるのは本当に本当に傷つく。痛い。

別に本気でまいてほしいわけじゃなかった。ただ、自分の肉体なんてどうでもいいといいたかった。そういう精神がきっとカンに触ったんじゃないかと思う。向こうには攻撃した自覚もないかもしれない。そんな些細なことに深く傷ついた、ってことに3ヶ月も経ってから気づく私ってなんなんだろう。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。