necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
一歩抜け出したと書いたけど、、、だからこそ、まだ辛い。

人との関係の中で生きてるっていうことが、おぼろげながら理解できるようになりつつあって、見える世界が変わってきてる。その見える世界のおぞましいこと。

自分のやったことがそのまま自分に返ってくるだけだ、ということは理解した。自分が変わればいいだけなんだったら、ポジティブになれそうじゃん?ところがそれが難しい。

今は自分の未熟さゆえに、人に毒を(今までの習慣で)投げつけてしまい、それがそのまま返される。仕返しされる。それだけじゃなく、私は今までみたいにオドオドしてばかりじゃなく、はっきり思ったことを言ってしまったりする。人は、恨みを持った人は本当に怖い。なんでそんなことするんだろうということを、する。今までは私は部外者だったから、人がそれをするのを傍観してただけだった。今は自分も攻撃対象にされる。人間がまた別の意味で怖くなりつつある。

それでも、それはただ自分の問題が投影されているだけで自分が変わればなくなること、、、、という視点を持っているから、人を恨まずにすめることは幸いだけど・・・・・・やっぱりすべてを許すのは難しいし、まだ、時間がかかる。その場ですべてを受け止められたら本当にラクになると思うんだけど・・・


ただ、本当にオトナな人(という言葉はおかしいけど)は、こんな私にも優しい。それだけは本当にそう。私みたいな未熟者に対して、みじめな気持ちにさせるような言動は絶対しないし、逆に重要感を持たせてくれる。私もいつかそっちの側に立ちたい。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。