necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
いまさら気づいたんだけど、わたし、イギリスが好きみたい。

最近デパート入れるようになって、時間があると見て回る。何も買わず、ただ自分がどういうのが好き、嫌いっていうのを知って喜んでるだけなんだけど、和風のものが嫌いだった、ということに昨日気づいた。自分の好みだというのに今まで意識してなかった。

そういえば、自分の部屋はどんどん和風からかけ離れていってる。頭では私は畳生活でOKな人と思ってたのに、無意識ではそういうの嫌いってちゃんと分かってたんだ。

デパートで特に目をひいたのが Royal Albert っていうイギリスのブランドのカップ&ソーサー。こういうイギリスっぽい柄が特に好きみたい。

振り返ると、イギリスは子どもの頃から私にとって特別な場所だったみたい。もともと英語を読めるようになりたい(話せるようになりたいなんてこれっぽっちも思ってなかった、納得)って思ったきっかけもイギリスの児童文学だった。アーサー・ランサムのツバメ号とアマゾン号シリーズが大好きで大好きで。内容もだけど挿絵(地図)が心から好きだった。好きすぎて、地図をトレーシングペーパーで写したりしてたもの。私がそんなことした本は他にない。



シリーズ中のどの本だったか、訳者あとがきに原文の表現の豊かさについて触れてる文があって、それでいつか原書で読みたいって思った。最近オーディオブックで叶えたけど(1巻目)・・・オーディオブックは正直期待はずれだった。やっぱり地図がないとこの本の魅力は半減。
関連記事

icon 

こんばんは。skylarkbooksでオーダー出来ました!届くの楽しみです! 

2009.03.06 21:50 URL | non #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。