necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
フラワーエッセンスって、物質的には飲み物だから、なんか普通の薬みたいに、、、摂ってる間は効果を感じていても、いや効果があるからこそ、それを摂らなくなったらその効果が消えてなくなってしまうような気がなんとなくしていた(そういう性質のものじゃないと頭では分かってはいても)。エッセンス使用2年目にして、それが誤解だと実感できたのはトランペットヴァインのおかげ。エッセンスはきっかけとなる刺激を与えてくれるだけで、あとは化学反応が進むように勝手に進行していくようだ。。。

トランペットヴァイン。基本的にはこの記事に書いたとおりなのだけど、今あらためてすごいと思うのは、ここ1ヶ月以上このエッセンスを摂ってないにも関わらず、「トランペットヴァイン」の効果と思われる変化がいまだに進行中なこと。

口から言葉が出るのが軽くなってきている。たとえば人に謝るにしても、今までは「すみません・・・」だけだったのが、「すみません!あー今○○さんいるのにバタンとドア閉めようとしてました(笑)」みたいなどうでもいい言葉がすっと口をついて出てきたりで、自分でもびっくりすることがある。実況中継的な言葉が頭を経由せずに(= この言葉を今言うのは妥当か否かというフィルタリングをせずに)出てくるのはすごいなあ。

で、そういう軽い会話ができるという自信がついてきたせいで、結果的に、人とすれ違ったり、居合わせたりすることへの恐怖も前ほどには感じなくなってる。

こんな風に変わっていくのなら、雑談が楽になる日もいつか本当に来るかもしれない。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。