necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
久々にすべきことのない週末で、糸の切れた風船のように手持ち無沙汰な時間を過ごしている。

いや、やるべきことはいっぱいあるのだ。読んだほうがいい本とか、掃除とか。風邪で伏せってる間また無気力に戻ってしまったから、家は荒れ放題だ。台所からは異臭が。冷蔵庫なんて1週間あけてない。昨日きた野菜も玄関においたまま冷蔵庫に入れてない。何もしたくないんだもの。ちょっと本読み始めても興味持てず。生きていることがつまらない。つまらない。

私は、まじめだし、努力家だし、向上心もあるし、忍耐力もあると思う。でもそれは、他人が見ている前で、っていう条件付きだ。1人になると、何もかもどうでもよくなる。

外にいるときは、1人になりたくて、なりたくて、1人の週末を待ち望んでいるのに。家の中に1人・・・・・・それは、私にとってリラックスへの道ではなく、無気力へまっさかさまに落ちることだと、ようやく、分かってきた。

「人といると疲れる」それが私だと思っていたのに、最近おかしい。会社でも、一言もまともな会話をしなかった日より、人と関わる回数が多かった日の方が、疲れない。人と接する方が、疲れないですむってどういうことよ。相変わらず、人が怖いのに、雑談だって緊張するのに、人と接しないと、もっと疲れるだなんて。

何か行動をする気力はないけれど、何もしないのも手持ち無沙汰で、結局ネットサーフィンをして時間をつぶすことになる。ネットにつなぎさえすれば、読み物には困ることはない。ニュースサイトなんかいって、リンクたどっていれば、あっという間に時間は過ぎる。

でもふと、すべてがあまりに他人事でむなしくなる。自分がそこに所属しているという感覚はない。この閉ざされた空間のモニターから、世間の人々の活動を、気配を殺して、覗き見しているだけのような気がして。
関連記事
2008.10.11 22:35 | 無気力 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。