necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今朝も「外怖い」状態で起きるのが大変だった。もう着替えないと遅刻する時間なのに、また布団にもぐりこもうとする私に「ミムラス飲んでから」「布団に戻ってもいいけど、ミムラス飲んでから」っていう言葉が聞こえた、というと怪しいから、思い浮かんだ。ふらふらとエッセンス置き場まで行き、舌下に垂らすと、ものすごい勢いでビリビリ!と全身に電気が走るような刺激。それとともに胸のあたりにあった重い石がパーっと散っていく感じ。

本当に、そのときにベストなボトルを選択すると、エッセンスが働いてるってことを即座に実感できる。これが「共鳴」なのかーって思う。

何100種類あったって、どれもこれも同じ単なるブランデー水じゃん!そんなものを信じちゃってるわたし、、、、、って思うときもあるけれど、実際これだけの反応、それによる精神的安定を経験してしまうと、物質的には計れなくても、それぞれの種類のボトルに何らかのエネルギーが詰まってるって、信じざるを得ないよな、と思う。

いつのまにか約40本も買い集めてしまったけれど、このボトルはこういうエネルギーよね、こういうとき使うと効果絶大だよねっていうイメージがぱっと思い浮かぶ、、、、、、人間でいうと「顔と名前が一致する?」、、、、、なのは、一部のボトルだけ。ミムラスもその1つ。

たぶん、そういう感覚は、使い続ける中で分かってくるものなんだと思う。とはいえ、何回使ってもピンとこないボトルっていうのもある。それは、今の私には必要ない、ていうことなんだろうな。
関連記事
2008.10.07 23:17 | フラワーエッセンス | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。