necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
先週、走るといいよ、って教えてもらって、今日からランニングする気まんまんだった。

普段、ジム前は外食することが多いけど、今日は本当に本当にストレスで疲れていたから、何も食べたくなくて、ちょっとお惣菜買って、ジムのラウンジで食べた。普段、人目の気にならない窓向かいの(すべての人に背を向ける)席で食べるのに、今日は、たまにはテレビも見ないと、と普通の席についた。なるべく人の視線を感じないよう、一番遠い席に座ってご飯を食べた。偶然、そこから遠くに、ジムのカウンターが半分だけ見えていたなんて、まったく意識していなかった。

食べ終わって、さあ立ち上がろうかと思ったとき、私は、目を疑った。ジムのカウンターにいるのは、○○さん!!会社で私が一番苦手な人!!!!!!全身が緊張して震えてしまった。今日のストレスはその人と仕事で関わったことがきっかけだから!!!(その人の名誉のためにいうけど、その人は本当に親切で仕事ができて素晴らしい人。私が一方的に「怖い」だけ。なぜか私の対人恐怖的傾向を刺激する人。その人がそばを通るだけで、まじで心臓が飛び上がりそうになる。)

その人は前そのジムに通っていたけど、もうずいぶん前にやめたと聞いていたのに。私が入会して以来、見かけたことなんて一度もなかったのに。嘘だろうと思って、何度も盗み見たけど、間違いなかった。背格好、特徴的な動作、そして決定的なのはさっきまでと同じ服装・・・。カウンターでしばらく何か用紙みたいなの記入したりした後、ジムの中に消えていった。

も、もしかして今日再入会したのかな?それともただ、何か忘れ物でも取りにきただけ?

私は、もちろん、即座にジムから逃げだした!事実は分からないけど、その人がいるかもしれない空間にいるなんてとてもできない。今後も、「もしかしたらその人がいるかもしれない」、と思うだけで、何もできないと思う。もうここは無理。。。。。。

その足で、家の近くのジムに見学にいき、そのまま入会してしまった。ジムの服装持ってたので、マシンの使い方のオリエンテーションまで受けた。そうするしかないと思った。新しい刺激でそらすしか。

。。。。。。柄にもなくセンチメンタルな気分。私は、今初めて気づいたんだけど、今日までいってたジムの”文化”が本当に気に入ってたみたい。だから半年以上続けられたんだな。

新しいジムは大手で、前よりもずっと安いのに、素晴らしく豪華なマシンがいろいろあって、利用者も運動意欲も高そうで、これから本気で運動するなら、ぴったりだと思う。だけど。

親身になっていろいろアドバイスしてくれた支配人さん、、、、、つい先週、計測してもらって、走るといいよと言われ、そう、火曜日はいるから、ぜひきなよ、と言われ、本当は今日予定どおり走りに行ってたら会うはずだったんだっけ、、、、と胸が痛んでしまう。

お風呂だけじゃなくって。好きだったんだなぁ、と思う。あそこで働いてる人や来ている人の感じが。経営者の性格って、ぜったいスタッフに伝播するもので。特に誰ともコミュニケーションとったわけじゃないんだけど。掃除のおばちゃんまですごく温かかった。新しいジムは、何もかもが冷たく感じた。もちろん、対人恐怖には本当はそのほうが楽なんだけどね。けどね。。。。。。。。今日は本当に疲れた。
関連記事
2008.06.18 01:12 | 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。