necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日のカウンセリングの話で興味深かったこと。

納期までに少しずつ計画的にやっていくことが苦手で、「まだ大丈夫、まだ大丈夫」って言っている間にギリギリになって、わーっとやって間に合わすことならなんとかできる、と話したら。


「まだ大丈夫」って言っている間って、実は内面的には追い立てられている状態なんじゃないかって。その焦りを無意識に打ち消そうとして「まだ大丈夫」って考えているんじゃないかって。完璧主義的、強迫的な面の裏返しでは?とのこと。

↑で、こういう見方が森田療法的視点なのだといわれた。
(発達障害だとすると、もともと認知の仕方の時点で問題があるという話で、全然見方が変わる)


私も半分そうかもって思うけど、そんなに追い立てられている実感はないし・・・よく分からない。

早く大学病院の検査結果が出てほしい。なんだか発達障害であってほしいような変な気持ち。やっぱりパーソナリティに問題があると言われるのは不愉快だ、という感情が自分の中にある。パーソナリティの問題だとしたら・・・治したいんだろうか、自分は。。。

関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。