necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今読んでるのはこれ。

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
発売元: ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格: ¥ 1,512
発売日: 2007/06/15


わたしがこういう本を読むようになるとは。。。この本は、自分自身がっていうよりも、仕事のできる方の先輩たちが、どんな考えで動いてるのか、どういう価値基準で他人を見てるのか、を理解するのにすごく役立つ。あーーー、なるほどね!と思うことしきり。なぜ褒めるのか、とかね。。。

「出世」するのって、そんなえげつないことじゃないんだな、会社という組織の中で仕事してくんなら、出世したほうが楽しいな、ていうのは、私にとって新しい価値観。

すると、シンクロなんだかどうなのか、今日ある大先輩が、なぜか、いろいろ経験をシェアしてくれて、私の専門について「一度ちゃんとした先生について勉強したほうがいい」というアドバイス。前にも言われたことはあるんだけど、先輩が学んだ場所まで出してのさらに具体的なアドバイス。そう言われると私、頑張らなきゃーって思うんだけど。。。。。。目をかけてくれることは光栄。そして、私ももっといろんなことが見えるようになりたい。私のためになるアドバイスしてくれてるのに、まだ、その負荷を自分にかける自信がない。

******

本当に、だらだら残業なんかしてる場合じゃないんだと思う。実際問題、私はこの1年弱でものすごく成長したと思うんだけど、それは体当たりでの対人恐怖的自分の克服の方が大きくて、プロフェッショナルとしてのスキルにはほとんど時間をかけられなかった。定時後に自発的に、計画的に勉強するってことを全然してない。これだと、、、、、、過去の資産を食いつぶしてるだけで、いずれ、仕事にならなくなる。わたし、新聞を読んでないことを今ほど「まずい!」と思ったことはない。習慣を変えないと。習慣を変えて、時間を作ろう。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。