necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今までみたいにまとめた記事書くのが難しくなってる。いろんなことを思いすぎて、一記事一テーマ(一応ここ1年くらいそう目指してるのです)にまとめるのに非常に時間がかかる、無理そう、面倒くさい、まあいいや、って。まさに完璧主義の弊害だな、と。

このままじゃ、「うんこ」系記事ばかりたまってしまう。。。。。つまり排出した後、大体ひょんなきっかけで鬱状態脱して、ほとんどの時間元気でいるのにそうなったら絶対書かないから。だから、しばらく日記やってみよう、と今思いついた。

今日は、人に頼んだ仕事に「ありがとう」って言えてないことに気づいた。「次のお願い」や「ミスの指摘」をする前に、やってもらったことに対してきちんとお礼を言わないと。言えてると思ってたのに、自分のことで頭がいっぱいだと、無意識に「やってもらって当たり前」になってた。つまり、余裕が必要。

立場が上の人とのミーティングがあった。人間的器の大きい人とミーティングさせてもらうのは、本当に幸せなこと。行く前は緊張するけど、終わると不明点-不安の素-が取り除かれて元気になってる。なんで、できる人ってのはリラックスしてるんだろう。その人がリラックスしてるだけじゃなく、さらに他の人の緊張もほぐしてくれるし、私がバカで価値のない存在だという気持ちにさせない。

精神的余裕、、、どうやったら育てていける?年上でも余裕ない人は余裕がない。

自分を大切にできてない。自分に無理かけるのは全然平気だし当たり前に思う。だけどそういう態度が、無意識に人の時間も粗末に扱う態度につながっていることに気づいて愕然とした。他人のことを自分より上に見て、卑屈に生きてるはずの私が、人の時間に侵入してる。時間を大切にするってことが分からないから。幸い、時間管理の上手な先輩が身近にいるので、見習えばいいか。

残業は1時間ちょい。本当はしなくていいのに、時間管理がむちゃくちゃだから終わらない。久々にブックオフに寄る。ブライアン・ワイスの魂の伴侶(ソウルメイト)を読み始めたら面白かったので100円で買う。正直図書館でいいレベルの本だけど、スピリチュアルブームでかなりの予約待ちだろうから。小説感覚だ。こういう本、今読むと面白いけど違和感を覚えるところがある。ほかにCD3枚とヒプノのCDブック。

関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。