necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
イメージする→現実化

のフローが望ましいという言説。

今日帰り道ですれ違った野良猫は、めちゃくちゃ真剣に、周りを伺いながら、ホフクゼンシンしてた。明日のことなんて絶対何も考えてないって顔して。

朝が怖いとか考えないんだろうな。理想の猫像に向かって頑張ることもなく、ただその日その日を生きる。今日何しようとか計画立てない。来週から忙しくなるから、今週中にあれしなきゃ、なんて小細工しない。

今したいことをし、今行きたいところへ行き、ボス猫が向こうから歩いてきたら顔を背け、、、、、、一体そのことは猫にとってどのくらい屈辱なんだろう?いつか自分も強く立派なボスになってやるぜとか思わない?ただ存在してるだけで完全で、その日が来たら消え去るだけ。人間だって、生き物としての基本は同じはずなのに、なんでこんなに過酷なんだ。

過酷と思うのはネガティブな捉え方で、人間は思い次第で世界を変えられる特権を持つと?特権?本当に猫には思いがない?猫だって思いの力持ってるんじゃないの?私は何かを混同してる?

日だまりの猫みたいに平和な心で、前向きの変化を起こして行けたらそれが理想だ、なんて考える私は、やっぱりニンゲンのようだ。。。
関連記事


> 障害を持たない人間である方々でも、私達ほど強く「変わらなきゃ!自分を変えなきゃ!」と思ってらっしゃらない方、沢山いらっしゃいますし。
> 真面目な話、実際に、施設の利用者さんの間でも、理想論を巡って喧嘩が起こったり、してるみたいですしね。

あああ、そっか、そう言われてみると本当にそうですね。ただそういう性質だっていうことですね。自分は人と何か違う、てことが変に気になるとか、本質的に同じものなんでしょうね。

> ただ、犬や猫や脳機能に「障害」のある方に、「性格を変えろ」と強く要求(行き過ぎると「強制」なんでしょうが)する他者や状況が、相対的に少ない事が多い、
そうですね、幼い頃からの環境や文化がすごく大きい気がします。「わたしはOK」っていう基準が世間体の方に置かれてると、本当の意味の自尊心が育たなくて、、、、、、とか。

あとは、分かりやすい障害がなく「生きづらさ」を感じてる人間の場合、なんとか働いて食べてかなきゃいけない、っていうプレッシャーも大きいですよね。他の人は辛いと言いながらもちゃんと働いてるのに、この世界と折り合えないのは自分が悪いんだ、変わらなきゃって。。。。。。私のことですが^^

2008.02.11 22:52 URL | necox #Ce4OzjO2 [ 編集 ]

icon 

確かに、面倒ですよね(苦笑)。

>”高機能”だと、その持って生まれた性質だとかを、受け入れる前にまず「変えなきゃ!」って思うから、悩むのかな。なまじ変える力がああるから

どうなんでしょうねぇ…
「高機能」だと「変える力があるから」悩む、んではなくて、それはもっと性格の問題じゃないでしょうか…。
障害を持たない人間である方々でも、私達ほど強く「変わらなきゃ!自分を変えなきゃ!」と思ってらっしゃらない方、沢山いらっしゃいますし。
真面目な話、実際に、施設の利用者さんの間でも、理想論を巡って喧嘩が起こったり、してるみたいですしね。

ただ、犬や猫や脳機能に「障害」のある方に、「性格を変えろ」と強く要求(行き過ぎると「強制」なんでしょうが)する他者や状況が、相対的に少ない事が多い、という現実も、影響あるかもしれませんね。

私自身、その施設に通い出して以来ずっと、「脳の各機能」と「人格/性格形成」の関連について、興味深く考えています。

2008.02.10 00:49 URL | 笑 #- [ 編集 ]

icon 

けいさん
こんにちは。犬との生活、うらやましいです。というか、私が犬に生まれたかった・・・(汗)野良犬じゃなくて、ちゃんとご飯をくれ、可愛がってくれるご主人のもとで。でも、人間に生まれちゃったんですよね。可愛がる方としてすべきことがあるんでしょうね・・・・・・

笑さん
こんにちは。

> 「世界はどういうものだと把握しているか」というベースの価値観の像に合致した出来事や事象(つまり、世界)が引きつけられる
その解釈、まさに、私の今経験してることとマッチします。

知的ハンデがあったり、猫だったり、犬だったりしても、小さい頃からいじめられたり、悪意を浴び続けたら、「そういうものだ」と思うようになり、、、、、、その力がどっちの方向へ使われるかは、種とは関係なく、個々の環境(や持って生まれたサガ)によって決まるんでしょうね。

でも、知的ハンデがある人などにくらべて”高機能”(かなり語弊がありますが)だと、その持って生まれた性質だとかを、受け入れる前にまず「変えなきゃ!」って思うから、悩むのかな。なまじ変える力がああるから・・・・・・

変えるべき、働きかける対象だと思うからこそ執着する、ますます変わらない・・・・・・面倒なシステムですね・・・

2008.02.09 22:12 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

語弊があるかもしれませんが、ここ1年程知的障害者の方々と接していて、同じことを思います。

「センタリング」、「臨在」とは正にこういうことなんだろうなと思います。彼らには随分大きなことを教わっています。

イメージ→現実化へのフロー。
個別に何かを思い浮かべて、それを現実のものとする、というよりも、「世界はどういうものだと把握しているか」というベースの価値観の像に合致した出来事や事象(つまり、世界)が引きつけられるんだと解釈しています。

そう思うと結局、「世界はこのようなものだ」と捉えている「自分自身(の価値観)」を、正直に「受け入れるか否か」だけがキィであり、どれだけそこに素直であれるかが始まりである、というような気がします。

猫が感じているかもしれない「屈辱」、知的障害者の方々が感じる「怖れ」や「怒り」と、私達のそれらに、全く違いはなくて、ただそれに「執着するかしないか」だけが違いのポイントであるように見えるからです。

2008.02.06 14:26 URL | 笑 #- [ 編集 ]

うちのちわわをみてると本当にそう思います。多少の悪賢さはあるけど、嬉しい・楽しい・嫌だ・ごはん・おねだり・眠る…みーんな自然体です。
ダーリンに甘えるのなんて私より数段上でまるでキャバ嬢のようw(♂なんですけどね)
愛玩動物なのでだいぶ野生に欠けていますがそれでも自然体です。
なにより働かなくてもいいですしね~って私も同じくなのですが…

2008.02.06 10:01 URL | けい #SFo5/nok [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。