necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今日は久々に会社で鬱状態になってしまい、やばかった。あと何時間、あと何時間座ってればいいの、って。そういう自分が給料泥棒みたいで不甲斐なく情けなく。

今日に限って、エッセンスボトル入りのポーチを忘れていってしまい、精油ももちろん忘れ、さらには今日に限って会社の飲み水(白湯)も切れてしまい、手出しできず。(呼吸法、思い出さなかったな)17時過ぎたら少し元気になった。定時に会社から逃げ出した。

「エッセンスのおかげだ!」って思う変化のほとんどは、エッセンスの存在なんて知らなくてもいずれは起こる変化が、「その」タイミングで来るだけだと思ってる。でも、今、この痛みを、この重さをどうにかして!ていうピンチのときに、エッセンスは確かに即効性があると思う。痛みなどがすぐなくなるとかじゃなくても、1人じゃない、っていう感覚、強くなれる。

・・・てことを1日苦しんだ末に考えて、そういう即物的な?効果を思い切り狙ってみるのもいいかも、と、つい今、MorningstarのThe Language EssencesのEnglishを注文してしまった。うーん。ずっと前から気になってて。何度も「くだらない」、「虫が良すぎる」、「怪しげ」と打ち消したんだけど、つい。ま、実際、そんなこと言い始めたらバッチだって十分怪しいんだし、飲んでみないと分からないんだもの。1月のUS出張決まってしまった、でも何もやる気がしないぞ、っていうピンチの時だからこそ、もし効果(があるとしたら)分かりやすいんではないかと思って。

ついでにSoul's Energy Essencesも注文。こちらは、もっと、どうなんだろ・・・って感じ。でもせっかくLynxさんのとこから注文するなら、有名なこのエッセンスも試してみようと思った。非常に私らしくない買い物だけど。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。