necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
今、梅田(モッチー)さんの新刊を読んでるわけです。(自分の本について書かれた記事は全部読むという彼が、こんなつまんない記事を無駄にチェックしなくてすむようにあえてぼかす)

今2つの道に揺れてる。
A. 会社に毎日行けてるだけで十分すごいよ、あんまり頑張りすぎるとまた堕ちるから、無理しちゃだめだよ。
B. 毎日どうにかしのいでるだけでは、どこにも行き着かないよ。勉強しようよ、やれるだけやってみようよ!

結局A. を選んでるわけだけど、こういう本読んでると、B. の道へ走り出したくなってくる。そして、私には、走り出そうとも、どこにも行きたいところがないことに気づく。好奇心のなさ、興味の薄さ、怠惰、無気力、、、、、そういう自分には、キッツイ本だ。

たぶん、近道はないんだろうね。「好き」の再発見から始めるしかないんだろう。

すごく遠回りに思えるけど、昔好き「だった」ものを振り返ることにした。昔はまった本を買って読んでいこうかな。一体何が子どもだった私の心を捕らえたのか。本棚から怪しいスピリチュアル本を一掃して、好きな本で埋め尽くす、そんな日がいつか来たらいいな。
関連記事














   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。