necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
「ジェネシス・ウェイ」という、直感を使って描くアートの体験ワークショップに行ってきた。

私は小さい頃、写生は得意だったけど、自由に描く絵はからきしダメで、「想像力(創造力)がない」というコンプレックスがあった・・・だから、こういう、アートなワークショップに自分から行くことになるなんて、想像すらしてなかった!

最初はジェネシス・カード(先生のリアンさんが作られた本当に本当に美しいカード!)で簡単なゲームをして。そのあと、カードを1枚裏のままひいて、自由に絵を描き、そのあとカードを見て、カードの絵と自分が描いた絵を見比べて、さまざまな視点で見て、気づきにしたがって絵を修正したり。

私が描いた絵
20101016_Genesis_Way_Eri_s.jpg
(今までは自分の絵をブログに乗っけるなんて考えられなかったけど、今ならできちゃう・・・というのは、こうやって文章書いてるのと同じだもの。私の文章も、他人様に読んでもらう文章として至らないところはたくさんあるけれど、そのときの自分の心を写し取った表現、という意味では、うまくなくてもそれでOKなのだ、とそう思ってこう、長く書き散らかしてきたわけだし)

このワークショップのたった数時間で、絵を描くっていうってことへの「構え」みたいなのが、取れた気がする。

私は、自分が写真機かスキャナになったように「正しく」「写し取る」ことが絵を描くことだと、ずっと思いこんでいた。

「創造力」ってなんか、特別な人が持っている、特別なスキルだと思ってた。「いい絵」を描くには、先にその特別な「創造力」ってスキルをどっかで手に入れてこなきゃって思ってた。そう!創造力のある人には、頭に何か特別な完成されたイメージが描かれていて、それを写生してるんだと思いこんでたの!!!

でも、私が↑の絵を描く前に、↑のイメージができていたわけではまったくなかったのね。ただただ、自由に紙に色を置いていっただけ。だんだん、色が増えていったら、あ、ここにもっとこの色ほしい、とか、あ、こういう線をのせたい、とか、だんだん出てきて、それが最終的に絵になっただけ。

創造ってそんなんでいいんだ~!!!というのが一番大きな気づき。そんな簡単なことだったんだ。

ジェネシス・ウェイのサイト毎日新聞のネット版マイコミの記事(おもしろい。これ見て参加決めた)
▼追記にジェネシスを知った経緯について
スポンサーサイト
何か、本から受けた気づきをまとめておく場所がほしい、とはずっと思い続けていた。普段、立ち読みも含めると結構な冊数読んでるはずなんだけど、文章にまとめるところまで気力がなくて。

ブクログ - web本棚サービスにiPadアプリが出たのをきっかけにブクログに登録してみたら意外と使いやすいし、「引用」ができるのもいい。今後しばらく、これを使ってみようと思ってる。

あ、これ読みたい、と思った本の備忘録としては、元々、Socialtunes* モノ系ソーシャルを使ってた。でも次第に放置になって、ここ数年はメディアマーカーを使ってた。

メディアマーカーのいいところは、なんといっても、図書館検索と連動してるところ。もちろん図書館は指定できる。数クリックで横浜市立図書館のサイト内で検索してそのまま予約っていう流れが楽で、メディアマーカーを使い始めてから図書館の利用頻度が上がった。

これからもちょっと気になる本や読んでみたい本はメディアマーカーに置いて、印象に残った本をブクログに置こうかなと思う。

私の場合、本のレビューというよりは、そのときの私の、個人的な感想になってしまうので、基本的に本文はブログに、、、と。そんな感じで考えてる。「詳しくはブログに書いてリンクを貼ったり」な使い方OKってブクログ側も言っているし。


2010.10.16 11:30 | web | トラックバック(0) | コメント(0) | edit |
Twitterには書いてたけど
  • 彼と口げんかして、「君はガラパゴス的な人だね」といわれたw 外の影響を受けず、、、人と関わって柔軟になることなく、独自の進化を遂げた感じだとか。たしかに!(笑) posted at 23:47:05
  • 最近、2つのNGワードを言わないことを心がけていた。「~ねばならない」と「でも、」。「~ねばならない」は文末だから比較的避けるのは楽なんだけど、「でも」はつい口走っちゃう。 posted at 23:49:12
  • 何を言っても「でも~」って言うものだから、彼はいつも自分の意見が否定されている気がしていた模様・・・。そこで、これからは「そうだよね」で受ける癖をつけることにした。「~を言わない」より、「~を言う」ほうが簡単。 posted at 23:52:57
  • #quote 人間関係でいちばん大切なのは、 「そうですよね、わかりますよ」という言葉by 斉藤一人 posted at 23:56:53
  • で、斉藤一人さんの講演を抜粋してるブログによると、「これは、口ぐせにしないと、なかなかこの技は使いこなせません。だから、ひまなときに、「そうだよね、わかるよ」とシャドーボクシングのようにね、繰り返して言ってみてください(笑)」って。 posted at 00:00:31
  • ルイーズさんが"I LOVE MYSELF"って、一日最低300回言うようにって、、、、、、そのとおりやってわかった。それは癖にするためだったんだって。癖になれば、その言葉は自分の一部になる。自分にかける言葉だけじゃなく、人にかける言葉も一緒かー。 posted at 00:03:55
  • 言葉がクリエイティブだというのは、そういうことか。 posted at 00:04:14

「そうだよね(そうですよね)」を意識して使うようにしたら、人間関係がめちゃめちゃスムーズにいくようになった・・・。こんなことだけで変わるのか?というくらいに。

アファーメーションやり続けたおかげもあるのだろう。これまで唱えていたのは、「自分を認める」言葉だった。

同じことを、「他の人を認める」言葉でやったら、世界が変わり始めた!でも斉藤一人さんが言うように、普段いわない言葉って口癖にしないと自然には出てこないもの。そこに、アファーメーションのテクニックが応用できる。ルイーズさんから学んだことは、唱え続けた言葉は、自分の一部になるってことだった。

私はいまだに会話が得意ではないけど、「人を認める」ようなリアクションをあらかじめ準備しておくだけで大きく変わるんだ。(そうしないと無意識に出るのは否定する言葉だからね・・・)。これ続けていけば、その優しい言葉がきっと自然に出るようになって、私そのものになるんだよ。言葉って本当に「クリエイティブ」なのだと心から思う。

この一連の気づきのきっかけになったのがこの本。

リズ山崎
サンクチュアリパプリッシング
発売日:2008-08-08


「『でも』を禁句にする」とか、「『すみません』をほかの言葉に言い換える」とか、ちょっとした意識だけでできて、即効果を実感できる生活の知恵がたくさん(こう書くと、ありきたりに聞こえるけど、結構対人恐怖者を念頭において言葉選んでるんじゃないかと思える部分があり、やってみようっていう気になりやすかった)。

私はたまたま「言葉」が取っつきやすいのでそっちに目がいってるけど、「物音を立てずに動く」とか、特に言葉の使い方に限らないアドバイスも多い。
発売と同時に買って、ほぼ積ん読になっていたもの。なぜか今朝目にとまって朝電車の中で読んで驚愕。昨日の気づきの続き、というかなんとなくすっきりしなかった部分への答えが書かれていたから。
”「愛される、喜ばれる、役に立つ、それも立派な生きる目的です。でも、それを支えるとでもいうべき、大きな何かが、植物にはあるのです。そしてそれは、実は人間も同じなのです」” (P29)

働けない人、働いていない人には生きている価値がないのか?っていう問題だよね。役に立っていなくても、人にほめられるようなことできなくても、、、、、、、価値がある、というならそれはなぜか。それは「存在」そのものなんだって。存在してるってことそのものが一番、大切なことなんだって。こう私がまとめてしまうと陳腐だけど。まだこの概念、吸収しようとしてる途中だし(実感ともなってない)。

植物に「根っこ」を見習いなさいって説いてる。そして大地に根差し、土壌から養分を得て成長し、それによって大地を支え水を循環させ、他の生き物を育む。これ、すごく重要なこと言われてるっていう気がするんだけど、残念ながら、まだ私にはまだピンとこない。ただ、第一歩として「自分には、根っこがあるんだ」って認めるだけでいいとのことなので、とりあえず認める練習をしようと思う。

生きているのがイヤだった期間が長いので、結構難しい練習。でも、私が働く意味を見つけたい、って最近思いはじめていながらも迷走している状態を打開する鍵はこのあたりにある気がする。
この本には、人の視線が気になる人への(短いけど深い)アドバイスもあったりして、それもおすすめ。
ブクログに一度書いたものだけど、やはり、本の感想はブログで一括管理したいので、昨日の日付で転載します
----

なぜ働くのか、について大きなヒントをもらった。

幸せには(1)人に愛されること、(2)人にほめられること、(3)人の役に立つこと、(4)人に必要とされることの4つあって、そのうちの(2)と(3)と(4)は働くことによって得られるのだという。家でのんびり楽しくやることが幸せじゃないらしい。

よく考えてみると、私も日々の仕事で(2)、(3)、(4)の幸せをいただいている。少しだけど・・・。少しなのは、自分がそういう方向性で仕事してきてこなかったから。そもそも、今の職業選んだ理由が、人とできるだけ関わらないですむからだもの。。。。。。。

「働かなきゃいけない」のはイヤなことで、「働かなくてもいい」のは素晴らしいことだと思ってた。できるならずっと寝ていたかった。つまり、食べていくために嫌々やってたんだよね。

嫌々仕事してる自分はがんばってる!→人を喜ばすなんて発想出るはずない→感謝されない、必要とされない→仕事がイヤ

の無限ループだったのか・・・。人に必要とされることで自分も幸せになるって、今の私なら、ありかもしれないと思う。これからの仕事探しの方向性が1つ明確になった。
1. CUP OF GOLD 喜びを判断の基準に
2. SPLENDID PALM 楽しむこと、くつろぐことへの罪悪感を落とす
3. LAVA 内からわいてくる創造する力
4. BAMBOO ORCHID セクシュアルなエネルギーに素直になれる
5. SEA TURTLE 人との空間のシェアの仕方を教えてくれる
6. Black Tourmaline 浄化

1 ~ 5. Hawaiian Essences
6. Alaskan Essences

なんだか、すべて私の今の課題(とは必ずしも思わないけれど、もう少しどうにかしたいなあ、と思ってるところ)をケアしてくれそうなブレンド。
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、8回目の記録。

最初のカウンセリングでは、『リバーシング(7) (2010.9.4) からの変化』に書いたこと(りょうこさんはその記事をセッション前に読んでくださっていたのだけど)そのままを話した。

りょうこさんと話すと、いつも思いがけない視点、、、自分の中にはない視点に気づかせてもらえる。言われてみるとなるほどそうだな、というような。

「スーパーエゴ」という言葉を教えてもらった。すごーく正しいことを言う人で、すべてをコントロールしようとする人。そういう偉い方の人格が弱くなったから、「何もしたくない」弱い人格が出てこれるようになった、という状態。でも本来、どちらも必要ないもの。つまり、偉い人格と駄目な人格はワンセットだった・・・。

その弱い人格は、前会社行けなくなってひきこもってたとき出てきてたけど、そのときとは何か違う・・・のは、その高圧的な人格に攻撃を受けないってところが、違う。今は、「~でなければならない!」とつぶしてくる存在がいない。あれ、ここにいていいんだ・・・と。

前回のセッションで、実はとても大きい変化が起こったのだと、りょうこさんが言った。前回の記事にはリバーシングそのものについて一言も書かなかったくらいで、それは呼吸にはうまく入れなかったから、ほとんどカウンセリングになっちゃったせい、、、それもあって何かが大きく変わったという実感はなかったんだけど、確かに、あのときの気づきは、ここ数年の私の方向性をひっくり返した!

変わり身の早さというか、急ブレーキ踏んで正反対にハンドル切るとか、私結構得意かもしれない。。。

かといってこれまでの取り組みが無駄だったわけではまったくない。ルイーズさんのアファーメーション、"I LOVE MYSELF." は完全に私の一部となって残った!私はこれから一生、自分を大切にしていく!それってすごいことだ。。。。。。

で、今。偉い方の人格も、駄目な方の人格も本当の自分じゃないとしたら、本当の自分はなんなのか、まだよくわからなくて、どっちへいけばいいのか迷走中。。。。。。ではあるけれど、そこはうまくできていて、絵を描いたり、アクセサリー作ったり、、、「自由に表現すること」に興味が出てきてるのだ。そのことについて少し話をしていて、「うまくやる」ことにとらわれずに絵を描いたり、歌ったり、ダンスしたり、、、、、、それは殻を破って、本当の自分を生きられるようになる過程ですごく効果的だと、そういう経験があるって教えてもらった。

一歩先を指し示してもらえるって本当に嬉しいし、勇気づけられること。りょうこさんに継続セッションを受けることにして一番良かったと思うのが、その点かもしれない。1人で本読んでるだけじゃ難しいこと。

***

セッション後半では、水中でのリバーシングを初めて体験した。特に何かを思い出したりはしなかったけれど、とてもとても気持ちよかった。水の中なのに眠ってしまいそうになったほど。

是非家でもやりたい!!とスポーツ用品店にシュノーケルを買いにいったら、「季節が秋のため・・・」置いてないとのこと(笑)。近々ネットで買おうと思ってる。
最近あまりブログを書かなくなったのは、いまだに少し残っている「完璧主義」のせいが大きいと思う。

気づきや変化のスピードが本当に早いのだ。「ちゃんと書きたい」から「あとでまとめよう」って思ってると、机に向かう時間ができたときには、もうそれが自分の中でホットな話題じゃなくなってる。

ホットな気づきを投稿するツールとしてTwitterがあるじゃん!って思うけど、わたし、本音では、単純なツイートでもぱっと検索してプルーフとってから書きたいタイプ。ぱっと検索するには出先のWillcomは遅すぎる。

しかし、正しさってなんだ。ブログとか、Tweetとか、書き流して、時間とともに流れていくものなのに。

わたしはずっと正しさにこだわってたけれど、私がアウトプットするものは「情報」である以前に「表現」であり、「正確性」なんてどうでもよかったんだ・・・

これから、もっと気軽に言葉を出していくようにしてみよう。別に間違ったこと書いてもいいじゃん!って、、、今ならなれそう。正しさへのこだわりが、ガラガラと崩れ落ちてきている今なら。
今月何があったのか、よくわからない。

前半は、ただただ至福~という中で過ぎていった気がする。天気も晴れの日が異様に多くて、毎日サンゲイジングしてた。フラワーエッセンスがなんだかすごく神々しかったのもいい思い出。

9月下旬の連休に暴飲暴食を始め、一度、自分を見失いかけた。いや、今でも見失っている途中かもしれない。

いまどこにいるのか、どこへ向かっているのか、、、、、、今なんだかとてもぼんやりしている。

かと思うと、新しいこと始めてみたり。ときどき、霧が晴れるのだ。


前回のリバーシングからのメンタル面での大きな変化は、そうだ、「アファーメーションを一旦やめてみた」だった!やっと思い出した。

うれしい驚きだったのは、I LOVE MYSELF.私は自分が大好きです。そういう、根本的なアファーメーションが、想像した以上に自分の一部になってたこと。それは別になくしたり否定したりする必要ないところだと思った。(あえてしつこくやる必要もなくなったかなとも思うけど。)

そうではなく、「欲」や「願望」がからんでいるようなアファーメーション、仕事やお金や美しさに関連するような。集中してやってたんだよね、ここ数ヶ月。それをきっぱりやめた。意外と簡単にやめられた。

それでかな、しばらくたってふと気づいたら、どこへ向かっているかわからなくなった。なんか、コンパスがぐるぐるぐるぐるまわり続けているような感じ。

今までいかに、「~ねばならない」に突き動かされていたかに気づいちゃった。「~ねばならない」を取っ払ったら、中から「何もしたくない」わたしが出てきた。何もかも面倒くさい、生きてることって面倒くさい。久々に無気力なわたし。でも、なんで面倒くさいって思うんだろうね?って突き詰めていったら、たくさんの「~ねばならない」を抱え込んでいるせいだとわかった。ぐるぐる。

そっか、これは、私をがんじがらめに縛っていたさまざまなSHOULDが、ほどけていく、その過程にいるのかも!!!(ここまで書いて初めて気づいた~。最近ほんとうにぼんやりしてて、書くのも面倒くさくて、、、、、でも書くとやっぱり気づきがあるからいいね)

以前と変わらず、そのとき必要な気づきは、必要なときに与えられ、導かれている。だから、迷っているのとも違うみたい。先が全然見えないのに。ただただ眠くて、食べて寝てばかりいる。信じていることはただ、Everything is working in divine order.、、、すべてはうまくいっているということだけで、あとはただ、なんか、進んでいくのだ。

気づきのアンテナに引っかかってきたことで、やってみたいと思ったことは素直にやるようにしてる。ものすごく久々に絵を描いたし、アクセサリー作りも久々にやった。アイロンがけがうまくなった。彼と一緒に住むことを現実的に考え始めてる。リアルな夢をよく見る。仕事を変えようと思ってる。もうすぐ霧が晴れそう。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。