necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
ベネビスの展示即売会(?)が今年もあるみたい。東京は2/19(木)-21(土)。いきたいな。
http://www.bellemaison.jp/category/goods/benebis/benebis_info.html

パンプスが履けるようになったのは、ベネビスのおかげなんだな。

いつもいつも、どんなに試し履きしても、どういう形のやつだって、「ヒールがある靴は痛くてはけない!」っていう頑固な思い込みを解消してくれたことにとても感謝してる。今は売ってないけど、かなり安いストラップパンプス(4000円くらいだったような?)が、おろして1日目から靴擦れも痛みもなかった。こんな私でも痛くないパンプスがあるのか!って嬉しくなって、ベネビスで買うようになった。

実は、その後ベネビスで買った中で、痛くて履けなかった靴が何足もある。失敗してでも買うことができたのはベネビスの安さと、その1足目が「(ベネビスだったら)私にも履けるパンプスがある」っていう自信をつけてくれたおかげ。とても感謝してる。

そして、その失敗を通して、自分の足がどういう形なのか、どういう靴なら痛くならずに履けるのかが理解できた。だから今ではデパートとかに入ってる普通の靴屋で買い物できるようになったし、こないだ買った靴は6.5cmヒールだったりする。

ベネビスのこのイベントは去年行ったんだけど、足のサイズを立体的に計測してくれる機械がとても良かった。足のワイズが正確に分かって、だからこういう靴は選んじゃだめなんだ!というのがすんなり理解できたから。

私の場合、ワイズが狭い(D~E)なので、幅広靴は選んじゃだめだったのね・・・。でも昔は、楽な靴=幅広って思い込んでて、わざわざ靴擦れする靴選んでたんだから、「知らない」ってことはほんとうに罪だと思う。
スポンサーサイト
こないだ風邪で寝込んだときにAudibleのコインで買ったオーディオブックなんだけど、ほんとうに素晴らしい。

ルイーズ・ヘイさん(著者)自身が朗読してるんだけど、、、、私はルイーズ・ヘイさんの話し方が大好きだ!!あったかい声。すごく聞きやすい発音。生き生きした表現。上品な話し方。そして練りに練られたと思われる優しくて分かりやすくて丁寧な内容。ほんとうに買って良かったと思えるオーディオブック。

You Can Heal Your Life
発売元: Hay House Audio


あまりオーディオブックを繰り返し聞くことはしないんだけど、これはこの数週間でもう何度聞いたかわからないほど。かけっぱなしなので、途中聞き逃してたりするんだけど。やっぱり、全体の構成を掴んで実践するためには紙の本も欲しいと思った。本買って、ちゃんとワークもやりたいな。ほんとうに、このオーディオブックにはすごく大きな影響受けてる。これからも。

あえて難点をあげるなら、カセットテープ時代の音源なのであまり音が良くない点と、時代がかったシンセサイザー(?)BGMが唐突に入ってくる点かな。

日本語版も評判よさげ。
カイシャは働くところなんだなあ、と実感してる。

だから、多少無視されようと、必要なことは伝えなければならないし、シェアしなければならないし、それは割り切らなければならない。それは無視している方だって同じ。仕事だもん。そういう「機能的」な人間関係って、私みたいなものにはとても楽だ。役割で行動し、役割で言葉を話すのだから。(これが学生だと「役割」は授業中しかないものだから、その他の時間が結構地獄よね・・・社会人はそういう意味で楽だ。)

でも、そんなのが決して居心地がいいはずがない。カイシャだけを生活の中心にしていたら、自分が壊れちゃうだろうな、と思う。何かカイシャ以外に打ち込めること、生活の核を早く見つけたい。

今年の目標追加。「仕事とは関係ない、心地よい人間関係を作る。」

でも、人との関係で消耗し、疲弊してしまう私、やはり、一人だけでできる何かを見つけるほうがいいんじゃないかとも思う・・・
昨晩からコルテの「ピンクイルカ」エッセンスを使っています。先日ひょんなことから安くゲットしたもの。希釈して使用。(今まで約3週間モーニングスターのソウルズの希釈ボトルを飲んでた。)

ピンクイルカのコンセプト、いまいちよく理解できていないのですが、舌下に垂らしたときや、スプレーで浴びたときのダイナミックな透明感?はすごいものがあります。昨夜寝るときに服用したら、重かった胸の周りに冷たい風が吹き抜けるような感じになった。

強力なエッセンスで、かつ浄化系なのは間違いないみたい。

そういえば以前、同じコルテのイルカ(デルフ)のエッセンスを使ったことがあった。まだまだフラワーエッセンスの経験も浅かった2年前。いまいちあれがなんだったのか分からないまま飲みきってしまった・・・いや、そういえば、あのビン、スポイト部分が劣化しててゴム臭くって、それが嫌だったんだった!今だから書けること。あのときはまだ、初めての個人輸入で、しかも初コルテで、こんなものなのかなぁ、と思ってしまった。今だったらすぐクレームだけど。。。それもちゃんと2年分の経験積んだからこそなんだよね。

ピンクイルカエッセンス 15ml
発売元: ネイチャーワールド
今回の問題でのキーワードの1つは「嫉妬」だと思うのね。

今までもその人たちから嫉妬を感じることが多かった。昇給の件ではないのだけど(それは内緒)、あーこれがあの人たちに分かったら嫉妬される、どうしよう、でもどうしたら反感買わないですむのかわからない、、、(でも自信ついてきたことだし)堂々としていよう、ってやってみて、どっかで地雷踏んだ感じ。

そういえば、子どもの頃からなぜかいつも人より恵まれてて、嫉妬を受けることが多かった。わたしは嫉妬されるのがたまらなく嫌。じっとりした視線とか寒気がする。だから成功するのが怖い?だから「駄目な自分」でいようとする?痩せたくないのも、綺麗になるのに抵抗があるのも、それ???

そうだ、私は「成功したら嫉妬される」って頑なに思い込んでる。それで、その思い込みを現実化しちゃったんだ。

・・・ということはそのイメージをぶっ壊せばいいんだよね?自分も上に上がっていって、周りにも祝福されているイメージをもてるようになればいいわけだよね?(・・・・・・ものすごく嘘っぽいのでもう少し練る必要)

---------------------
もう1つ、「承認要求」っていうのもキーワードだと思う。私は嫉妬を嫌がる一方で、成功をひけらかすこともしてきた。「すごい」といわれたくて。。。自分にほんとに自信がつけば、そんなことしなくてよくなるよね。他人に不快感を与えずに幸せを手に入れるための鍵ってその辺にありそうだ。
今日はずっと考えてる。

会社の同じグループの人たちに今日一日無視された。

それで、自分の心を覗き込んでる。今何を感じてるのか。いつもリアルタイムで自分の感情がわからないのが問題だと思ってたから、ちょうどよい機会だと思ったの。(逃げない練習にも)

今把握できる感情のかけらは「落ち込んだ」「そういう意地悪ができる人たちだったなんてがっかり/びっくり」「これからどうなるんだろう(心配)」「これからどうしようか」くらいかな。。。。あと「負けないぞ」ていう気合、あ、最後のこれが一番強い感情だ!→→→「新しい課題が与えられたことへの興奮」!!

変だよね・・・。もっと強いネガティブな感情を感じてしかるべきだと思うんだけど。怒りとか、悲しみとか、憤り、悔しさとか、そういうのないの?って自分に問いかけてるんだけど、ないのよね・・・。

それよりも罪悪感があるのに気づいた・・・。こうなったのには思い当たる節がある。たぶん、私は無意識のうちに、その人たちのプライドを傷つけたんじゃないかと思う(推測)。

その人たちにいつもとてもお世話になってるのに、感謝を忘れて天狗になってたところがあったのは事実。先日、会社から評価されたのを機に、突然「自己受容」がおこったのね。うまくまとめられなくてブログには書いていなかったけど、1週間前の私とは別人じゃないかと思うくらい「自分が自分であるだけでそれでいい」みたいな風に思えるように今なっていて(いつものことながら、一時的なものの可能性もあるけれどね)、、その内面の変化を反映するように、ものの言い方や態度などを変えていっている真っ最中だった。

その過程で、クソ生意気に受け取られかねない態度を取ったかもしれない。本当に分からないのだ。自分が自分として発言する訓練をこれまで積んできていないので、、、、、、(今までやってきたことは、もっとも受け入れてもらえそうなセリフを吐くことだけだった・・・)私に悪気はなくても、自分の未熟さのせいで人を傷つけた可能性が高い。

そうだとして、じゃあ、どうすればいいのかがまだわからない。↑みたいな分析なんか結局どうでもいいのだ。具体的に自分の何がいけなかったのか?どう修正すればいいのか?

***

今ちょっと笑っちゃったんだけど、わたし、あんまりダメージ受けてない、、、、、どころか、取り組むべき課題が明らかになったことを喜んでいる節すらある。。。
これすごい!最近買って良かったもののベスト3に入る!
脚温器 ぽかぽか足湯
発売元: アイアン

家で仕事するためにフロア生活からデスク生活に戻ったのはいいけど、ちょうど窓の直下なので隙間風が吹き荒れ、足元が冷えて冷えて!でもこれ置いたら冷えとは無縁になった。

*お湯使わないから、何の準備も後片付けも必要ない。ずぼらな私にぴったり。
*お湯じゃないから冷めない。
*ふくらはぎまですっぽり包み込むせいか、ありえないくらいあったかい(温度設定「低」で十分)。
*足が徹底的にあったまると、体全体があったまるので、他の暖房が不要。(ファンヒーター使わなくなった→灯油代節約。)
*60分タイマーでしか動作しないので、切り忘れる心配ない
*60分タイマーが切れると、「あ、もう1時間たった!」って思うから自然に時間を意識できる
*それと、今まで椅子に腰掛けたときに足が床にちゃんとつかなくてすぐ疲れてたんだけど、ちょうどいい高さになった。(フットレスト効果。何気にかなり嬉しい)

唯一の難点はでかいこと。でも、考えてみるとこれの暖かさって「こたつ」のあったかさそのもの。一人用のこたつと考えればかなりの省スペースかも。

ほんと買って良かった。これで生活が変わったもの!自分の家に(自分が居心地いいと思える)居場所が初めてできた・・・。感動。ちなみに、買って良かったものベスト3の残り2つはカシマカスタム(本棚)と無印のアロマディフューザー。それを手に入れることで生活が変わるモノっていいね。自分の生活空間をもっと居心地良くしよう、っていう気持ちがわいてくるもの。
さっきの続き。

わたし、「月々の収入を○万円アップさせる」ってノートに書いたとき、半信半疑というか・・・、そうなったらいいな、くらいの気持ちだったのよね。その頃、まだ副業することなんて現実的には考えもしてなかったし、もちろん会社での昇給なんてありえないと思ってた。

実は、「アバンダンス・プログラムは失敗だった」って今まで思ってた。瞑想はほとんど意味不明、最後までアバンダンス・エンジェルなんて出会えなかったし、結局、最終日はやらないまま放置しちゃった。ワークの中で願いとして書き出したことも、ほとんど忘れてた。プログラムは「失敗」したんだし。

それなのに、書いたことが現実化しちゃったからびっくりしてる。

最近ほんとそう。「これほしい」って強く思うと、しばらくすると手に入っちゃったり、ってことが多すぎる。昔から私はそういうところがあるんだけど。(念が強いというか。)でも最近特に思考が現実化するスピードアップしてるような。

願ったもの勝ち、と思っていいのかな。それなら、また半信半疑でもなんでも、願いを書き出してみようかな。。。

同時に、ネガティブなことは言わないように、その思いに囚われないように気をつけよう・・・
なんと、来月からお給料を○万円アップしてくれることになった。この不景気にまったくの予想外。全社的には下げる方向なのに、特別。(評価してくれてたらしい、よくマネージメントしてるって、信じられん)。。。

さらに恐ろしい(?)ことに、その○万円ていうのは、去年アバンダンスプログラムやってたときにノートに書いた金額そのもの、、、と思い当たっていま寒気がしてる。目標として書いたんだっけ?希望?覚えてないけど。その実現への第一歩として副業始めたのだけど、、、まさか本業のほうでぴったりの金額で叶うとは。

アバンダンスプログラムなにげにすごくない?ほんとに実現するんだ。

てか、つまり、「アファーメーション」のテクニックが本物だってことだよね?知識として知ってるだけじゃなくて、やる気ないとか言ってないで、スピテクでもなんでも実践せよ、ってことだ。。。

これはちょっと強烈な体験。いい加減目を覚ませと、目覚ましベルが大音量で鳴り響いてるみたい。
これじゃいけない、このままじゃいけない、という焦りだけはあるのに、心から変えよう!っていう気にはなれないんだよな。

ふわふわ今を漂っているだけ。。。

意思の力で自分を変えることができるというのに、その権利をみすみす放棄してると思う。「もったいない」って言う言葉が浮かぶ。でもその「もったいない」は他人目線。

たとえば掃除するだとか、自分が変えるべき点はすぐ思いつくけれど、やる気になれない。そんな力を注ぐのは「もったいない」よ、自分ごときに。これは私の心の声。

無価値感。きっと、これは問題なのだろうけど、それをどうにかする気にもなれない。

まあ、責めることない。やりたくないなら、やらなくていいと思う。それが本当に「やりたいこと」になったときに、やればいいのだと思う。

そういえば、今日は午前中に起きられた。休みだといつも夕方まで寝ているのに。そういう小さな変化を褒めてあげるべきなんだと思う。
今日は、初めてオークションへの出品をした。慣れない作業ばかりでものすごく時間かかった。探し物したり、部屋片付けて写真撮ったり、撮った写真編集したり、文章書いたり・・・・・・。もし落札されたらされたで梱包とかすごく面倒くさそう・・・。やること多すぎだし、普段気にしないホコリとかも相手のこと考えると神経質になるし、ずぼらかつ完ぺき主義な私には出品作業が向いてないな、とつくづく思った。

でも、少しずつ、ウチの不用品を順に出品していこうと思う。家が片付いてきたら、もう少し写真撮ったりするのも楽になるでしょう・・・
こんな時間にお腹痛くて目が覚めた。生理開始。鈍感な私でも明らかに生理だとわかるほどの大量出血。いつも、なりはじめ1日くらいは微量でこんなにドカドカ出ないのだが、、、、、、

風邪の治りが予想以上に順調なので、今日からいつもどおり温泉寄って帰ろうと思ってた矢先。

かなりブルーだが、さらに浄化されると思えばいいか、、、、
彼が帰ってもしばらくつけっ放しにしてたラジオから流れてきたのが安藤裕子バージョンの「ぼくらは旅に出る理由」だった。すっかり忘れてた小沢健二のこの曲、今思えば、サビ部分の透明で広がって突き抜けていくような進行がすごく私の好み。




安藤裕子バージョンはこちらに収録されている模様。もう一度ちゃんと聞きたいな・・・
chronicle.(DVD付)
アーチスト: 安藤裕子
発売元: カッティング・エッジ
発売日: 2008/05/21
昨日は布団3枚かぶっても寒くて寒くて、体温測ってみたら熱が39度1分もあり、彼に助けにきてもらい、薬飲んで、寝て、汗かいて、今はかなりよくなった。今日はずっと37度前後。もう大丈夫。

しかし、こんなにしっかり風邪引くのは珍しい。3連休でよかった。食欲すらなくなったのは、ここ数年ずっとなかったこと。

この風邪は何を意味してるんだろう?ってこの3日間考えてるんだけど、まだわからない。
1つわかるのは浄化された感じ。すっきりしてる。

ずっとずっと寝てられて、寝てるしかなくて、なんだかこの3日間すごく幸せだった。ほんと、なーんにも考えず、ひたすら寝てたもの。明日、”シャバ”に無事戻れるかしら・・・

う、あやうく書き忘れるところだった、風邪うつされる危険をかえりみずにヘルプにきてくれた彼に感謝。
トントン拍子?とも書いたけれど、最近妙に冴えているというか、いやに出来すぎた偶然が多い。

昨日から軽い風邪で、今朝起きたら声が出ず、とにかく寝るしかないと寝ていると、杉養蜂園からセールスの電話。先日アカシア蜜(←リンク先はビンだけど実店舗にはポリ容器のがあってそれ買った。めっちゃおいしい)とゆず蜜を買って、ユーザ登録してたんだっけ。体調悪いのにうざいなー、といい加減に返事をして切った後、そういえばハチミツって喉にいいのでは!と気づいて布団から這い出す。

なんとなくひらめいて、らでぃっしゅぼーやの箱をあけてみると、たくさんのミカンにキウイ、大根、ゴボウ、白菜、にんじん、などなど、やたらと風邪によさげなものばかり詰め込まれてる。

大根でひらめいて早速検索してみると、大根はちみつシロップのレシピが山ほど出てきた。密閉容器なんてうちにはないじゃん、と一瞬ひるんだけど、なぜかそれも、偶然目の前にあった。(母が梅酒を送ってきてくれたビンを数ヶ月前に洗ったままおいてあった・・・)

大根を1cm角に切ったものを蓋つきビンに入れて、ひたひたになるまでハチミツを入れて数時間放置すればいいだけ。ハチミツはもったいなかったので「ゆず蜜↓」を使用。

杉養蜂園 ゆず蜜


大根が全部かぶるまでハチミツを入れられなかったんだけど、どんどん水分が出てきて今ではシロップの体積のほうが多いくらいに。ハーブティーに入れて飲んで、しばらく経ったらかなり声出るようになってた!

ゆず蜜にしたのは正解だったみたい。普通にお湯で伸ばすだけでもとてもおいしい。

なんというか、本当に必要なものは与えられる、ってのを地でいってる・・・
お金使いすぎと書いたけれど、その買い物はほとんどが、タイミング良く向こうから現れた、という感じでこれもまた不思議。

これが欲しい、ってしばらく思ってると、普段行かないのにふと立ち寄った店で展示品処分になってたり、普段チェックしてないオークションに安く出品されてるのを偶然見つけたりで。

それも、種類がたくさんあるというのに、定価で探していてもあまりないような、まさに希望どおりのサイズや色が安売りされてたりするので、買えと言われているような気がして、、、、、ほんとに買っちゃって、あとで青ざめると。

だって安売りっていっても、もともと結構なお値段なわけで。それ積み重なったら痛いよね。さっき書いた仕事用のソフトも、普段値下がりなんてしないんだけど、年末に”セール”があり、いつもよりは随分安くなっていたので、めったにないことなので、無理して買ったのだった・・・。
1月末のカード請求額はとんでもない金額になると分かった。

その半分は在宅ワークのための設備投資なので、これから仕事で取り返すつもりなんだけど、まだ行動がともなってない。

ほんとうは、仕事のための買い物だけならまだ良かったのに、なぜか気が大きくなってしまい、浪費モードに突入していろんな普段買わないものも買いまくったし、それがまだ続いてるのがイタイ・・・。たとえばこれまで服の福袋なんて買ったことなかったのに、ネットで買ったりとか。

良くも悪くもこんなにお金を意識する時期が続いているのは人生初かもしれない。

傷病給付金いただいて家にこもってた頃は、今の半分以下の受け取り額で十分飢えず凍えず暮らせてた。そもそもほとんど家を出ないので、「外で使うお金」はほとんど必要なかった。今すぐにだってそういう生活に戻る自信ある。もし外に働きにいかなくていいのなら。

収入が突然途絶えたときに備えて、これまで借金はもちろん、カードもお財布がわりに使うだけで分割払いとかはしてこなかったけれど、今回だけは一番高いやつ(仕事用のソフト)を3分割払いにした・・・。利息って高いんだね・・・。お金を貯めておいて3ヵ月後に計画的に買っていたら払う必要のないものだと思うと、自分の無計画さの代償かなと。

とにかくあと3ヶ月---3月末まで---は絶対自分から会社辞めちゃだめだ。辞めさせられたらそりゃしょうがないけど、、、、、、

それにしても仕事用の経費でも、副業だから、全部自腹ってのはほんとに痛い。ちゃんと活用して、仕事取ってこなくっちゃ。うん。
歯科に行った。今日でおわり。
やっぱり私のズキッは虫歯じゃなくって、気づくとすごい力で噛み締めてる(アゴの疲労で気づく)んだけど、そのせいということに。

子どもの頃から顎関節症で、中学生の頃病院でマウスピース作ってもらったこともあるんだけど、気持ち悪くてすぐやめちゃった。今も口大きくあけるとガクっとするけど、要は大きく口開けなきゃいいわけで。。。特に不便感じてない。

ってことは歯科医には言わなかったけど、結局同じことを指摘されたかたち。

なんでこんなに噛み締めるんだろう?緊張してるからだよねーとか漠然と思ってたけど、昨日の怒りへの気づきと重なって。。。。。。

==================================================
↓↓↓参考になった
いつの間にか噛み締めてます - 教えて!goo
人との会話はいまだに苦手。そんな中でほっとする一時は決まり言葉を言うとき。

「おはようございます」
「お先に失礼します」
「お疲れ様でした」
「ありがとうございます」
「申し訳ありません」

決まり言葉だから、決まってるから、これだけは自信持って発言できる。最近では、「あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします」なんて長文は、自分がちゃんとした人間になったみたいで最高に気持ちよかった・・・・・・。普段そんなに長い間自信もって発言してることないんだもの。

挨拶なら、私は単純に記号だと思ってるし、大概の人もそうだろうから特に良心の呵責なんて感じない。でも「ありがとう」や「ごめんなさい」は・・・・・・。

私が「ありがとうございます」って言うときの、私の目の中は空洞だと思う。表情はそりゃもう、心から感謝してるような顔作ってるけどさ。演技なの。

良心の呵責というわけじゃないな、、、、、、私の頭の中には、相手に失礼と思われないための決まり文句がストックされてて、単純にそれを組み合わせて作文してるだけ。普通の人(って言いたくないけど)は、きっとこんな風に会話してるんじゃないんだろうな、という引け目。
小さい頃から他人との接触で感じていたもやもやが突然、「まともに相手にされてない」感だと気づいた(言葉になった)。

あーこいつに話しても無理だ、という諦めの顔。ほかの(共通言語を話す)人がきたときの安堵の顔。(あれ、具体的にはまだよく表現できないな。)

そして、そういう扱いをする「みんな」に対しての怒り。もっと私を重要人物として扱ってよ・・・!

私の中には、自分でも気づいてなかった怒りがいっぱい溜まってる!!!

今までその発想はなかった。
軽んじられることに腹を立てるなんて格好悪すぎ、みじめすぎだろ、ってところかな。
「どうやったら生きるのを楽しめる?」ってお風呂入りながらひたすら考えてみた。ふと思い浮かんだ言葉が「毎日毎日を感謝して生きることだよ」と。的を得すぎ。

今月のテーマは「感謝」にしよう。
マウントフジの「美しさとダイエット」は昨日で中止して、今日からMorning StarのSoul's Energy (自分の名前で作ってもらったオーダーメイドのエッセンス)を始めた。正直、何飲んでいいかわからなくて、というか何飲んだって何も変わらないだろう、って自暴自棄になってたので。ほかに何もブレンドせず、ただいつものように希釈しただけ。

今日1日でかなり浮上してきたので、これにして良かったと思う。しばらく様子見。

あとさっき、年末のHealing Waters Special Saleで買ったフラワーエッセンスの決済をした。

FES Queen Anne's Lace 1/4 oz : 1 : 7.80
FES Sticky Monkeyflower 1/4 oz : 1 : 7.80
Healing Herbs Mustard 1/4 oz : 1 : 7.80
Healing Herbs Olive 1 oz : 1 : 12.80
Findhorn Eros 30 ml : 1 : 14.75

+手数料(セール特典で送料無料)で$53.45 (USD)。
PayPalの今日のレートで総額5,144円。やっぱり日本で買うより圧倒的に安いよな・・・。

フィンドホーンのエロスが個人的に楽しみ。
ネットオークションでデスクチェアを落札したんだけど、オンライン決済しようと思ったら、ネットバンクのカードがいつものケースに入ってない。ないはずがない!ってことで大捜索開始、必然的に掃除する羽目に。

みつかった・・・。年末にデスク搬入したときに、捨てたらまずそうな「ごみ」を紙袋にまとめて放り込んでたんだった・・・。
何か手がかりがないかと、久々に本屋のスピリチュアルコーナーと心理学コーナー見てきたよ。

人生を好転させたいと本気で願うことができない自分に気づいた。どうして何もかも面倒くさいんだろう。どうしてもヒトゴト、自分の人生って気がしないわ。

とにかく今日は会社行けてよかったー。明日もつらいな。苦しいな。いたたまれないな。早く楽になりたいな。。。

魔法はないって知っちゃったから、自己変革みたいなことに飛びつかなくなってきた。どの道を選択するにしたって、地道に、地を這うように進むしかないって分かるから辛い。
結局大掃除もしなかったから家の中は今日もぐっちゃぐっちゃ。。。家にいる間ずっと寝てたから睡眠時間だけは足りてるけど、、、明日からいったいどうしたらいいのだろう、って会社行くしかないのだが。

こうしている間にも自殺した人はいて、今みたいに何もしたくなく、でも暖かい布団を守るために自分に鞭打って会社に行くような生活を嫌々続けるなら、死んでいるほうがましじゃないかと思ったり。

それでも、どんなにだらしなくても生きてるべきだと思うし、痛いのや苦しいのが嫌だから、お菓子食べまくって感覚マヒさせながら生きてる。

フラワーエッセンスで「やる気」が出る系のをいくつか持っている。それを使えば、すっと軽い風が吹き抜けていくような感じで、動きたくなったりする(うまく合致すれば)とわかっている。なのに、そのスプレーを使うかっていうとそうじゃないんだ。動くのが面倒くさいから、使わないでおこう、っていうことになる。どうやら、眠り続けることをわざわざ選択しているらしい。

ちょうど、掃除嫌いの私が洗剤を買ってきたのに似てる。それを使って掃除すればきれいになるとわかっていても、手に取らない。

いったい何から逃げているのだろう。

マウントフジの「美しさとダイエット」は、12月はずっと飲み続けていたけど、年末とうとう飲む気がしなくなってきた。もうそろそろブレンドを変えたいが、一体何にフォーカスすればいいのやら。

12月の目標は「美しさを意識し続ける」ことだった。「美しさとダイエット」を飲んだのはそのためだったのに、なぜか、父母とのことに気力を集中させることになってしまった。

インナーチャイルドと向き合うことを、もうそろそろやらなくては、という気にもなっているけれど、じゃあどうすればいいのかって皆目検討がつかない。本当はプロの手を借りて、ガンガン膿み出ししたいところだけど、ネットで「インナーチャイルド」を検索しても引っかかってくるのは怪しげなものばかり・・・。

なにはともあれ、とにかく明日会社に行けばいい。ほかの人に刺激されて、こりゃやばいってことになって、きっと現実的な目標立てたくなるだろう。。。受動的すぎるけど、それが私だからしょうがない。
ケイタイからメールで投稿、よくするんだけど、はじめて誤爆してしまった。恥ずかしいものです。

読んでしまった方には、まあ、たまたま昨日の記事に書いたことだったけど、普段こういう風に猫やってます、ってことですね。。。日々リアル生活で晒している「恥」が多すぎるので、まあ、傍目からはイタイ人でしょうが、大丈夫です。

そろそろ本気で猫やめたいな・・・
やっと家に戻れます。帰宅間際、「今日は来てくれてありがとうね」なんていわれたよ。。。なんだか悪いことしてる気分なのはなぜだ。

でも、結構頑張った、わたし。自分の部屋にこもらずなるべく両親といるようにした。テレビがつまらなくてうるさくて気が狂いそうだったけど、長時間そばにいて深いコミュニケーションをはからないですむためにテレビほど強力なツールはないんじゃないだろうか。家族団らん。体裁だけ整えてそれで両親が満足なら、そのほうがいい。

父方も母方も親戚同士の仲が悪く、新年の会みたいなものはもうない。親戚と会わなくてすむのは楽だけど、ほんとに私の育った環境の心の貧しさみたいなものにはあらためてぞっとする。

※愛情表現の方法を教わってない

父母みたいなのはだめだと反発してるだけで、私も、彼らと同じ、できそこない人間に育ってしまい、悪気のない父母に反発する分、もっと悪人であるかのようだ。もがいているだけなのに。ああ、彼らは自分ができそこないだとは思ってない。私は自分の不具合を過剰に意識する。

※「生きさせられてる」感

父は自分が何か知ってること、できること、相手より上に立てることがあると、(良くいえば無邪気に)しつこいほどアピールしてこっちの心のエネルギーを貪っていくタイプだということが一つ分かった。(今まで単なる気持ち悪い存在でまともに分析したことなかった。)ところが、自分が間違ってたことについては、瞬時になかったことになる。自分は関係ないどころか別の人のせいになってたりする。変わり身の早さ。自己保身。全然信用できない。

ああ穢らわしい、醜い、この下卑た存在を脳裏から消し去りたい。そこに自分を見るから。私の醜い部分が100%具現化されたものが父かもしれない。そんな醜い鏡は見たくない。叩き割りたい。

美しくなりたい。でも私の中は醜さでいっぱいだ。。。
また1年が始まってしまった。恥を忍ぶ日々をまた毎日、毎日、繰り返していかなきゃいけない。去年はなんとか耐えたけど今年はどうなるか。。。

久々の実家の年越しは、穏やかに過ぎた。母親はまだ私をペットのように扱うし、父はニタニタ笑って話しかけてくる。母に押しつぶされるような息苦しさと、父への嫌悪感と、私の中の優しさがせめぎ合って、どうしていいかわからない。結局父はぶっきらぼうにあしらって無視し、母と一見仲良くしゃべる。10年前そうだったように。

母と話すのは楽だ。鈍感で、わたしの心を脅かす的を得た言葉なんて言いやしない。
父は存在が怖い。居心地の悪さをごまかせるような上辺の会話が成立しないので余計辛い。性的な嫌悪感。逃げたくなる。目を合わせられない。10年前そうだったように。

。。。何も変わってない気がする。

母のペット扱いは、私が自立すればいいだけのことだ。
なのに私は心の中で自分を「ねこ」と呼ぶ。彼に対してもペットの地位でいたい。だからいまだに自分で望んで、、、、、、問題と分かってるからなんども猫脱出を試みたけど失敗してる。何もせずただ横たわってるとき、大人の人間としてやるべき義務を果たさないとき、自分が猫だと思いこまなきゃ自分への嫌悪感と羞恥心に耐えられないというか。自分の人間としての不完全さを直視できないというか。厄介だけど問題は単純。

父の問題は手がかりがまだない。この嫌悪感はなぜなのか、何かきっかけがあったのか、、、、

今年の目標は、
※男性への自意識過剰の緩和
※最低限一人暮らしできる収入をキープ

まだほかにもありそうだけど、とりあえずこの2つ。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。