necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
この会社でトイレで泣いたのは初めてじゃないかな。今日は大変な1日だった。油断すると泣いてしまいそうなのに、それを出さないので精一杯。なんでこうなるのか、わけがわからない。本当に人対人のことは、まだ初心者だからつまづいて当然というか、つまづかなきゃいけないのに、辛いものは辛い。

さあ、早く切り替えないと。朝から自分がありえない失敗したから、だめな日は早く帰ろうと思ったのに、心が乱れてると、集中力が使えない。

そういえば今日気づいちゃったんだ、今日私が一番ダメージを受けた人ってうちの母親の性格そっっっくりだってこと。外見まで似てる。つまり、これ、私の今生のテーマってやつ?せっかく実母とのいい距離感が掴めかけてきたのに、ここでまた強制的に課題投入。仕事上嫌でも関わらなきゃいけないもの。で、もうひとつ言うと、私も同じ性格だから、その人も私のことが気に入らない(笑)まったく、大人げないよな。

まあ、こういう視点から捉えられるのはスピリチュアルに興味持って良かったことの一つかも。書いてるうちに涙なんてどっかいっちゃったし。結局こういうすったもんだするために生まれてきたんだもんねー。
スポンサーサイト
今読んでるのはこれ。

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
発売元: ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格: ¥ 1,512
発売日: 2007/06/15


わたしがこういう本を読むようになるとは。。。この本は、自分自身がっていうよりも、仕事のできる方の先輩たちが、どんな考えで動いてるのか、どういう価値基準で他人を見てるのか、を理解するのにすごく役立つ。あーーー、なるほどね!と思うことしきり。なぜ褒めるのか、とかね。。。

「出世」するのって、そんなえげつないことじゃないんだな、会社という組織の中で仕事してくんなら、出世したほうが楽しいな、ていうのは、私にとって新しい価値観。

すると、シンクロなんだかどうなのか、今日ある大先輩が、なぜか、いろいろ経験をシェアしてくれて、私の専門について「一度ちゃんとした先生について勉強したほうがいい」というアドバイス。前にも言われたことはあるんだけど、先輩が学んだ場所まで出してのさらに具体的なアドバイス。そう言われると私、頑張らなきゃーって思うんだけど。。。。。。目をかけてくれることは光栄。そして、私ももっといろんなことが見えるようになりたい。私のためになるアドバイスしてくれてるのに、まだ、その負荷を自分にかける自信がない。

******

本当に、だらだら残業なんかしてる場合じゃないんだと思う。実際問題、私はこの1年弱でものすごく成長したと思うんだけど、それは体当たりでの対人恐怖的自分の克服の方が大きくて、プロフェッショナルとしてのスキルにはほとんど時間をかけられなかった。定時後に自発的に、計画的に勉強するってことを全然してない。これだと、、、、、、過去の資産を食いつぶしてるだけで、いずれ、仕事にならなくなる。わたし、新聞を読んでないことを今ほど「まずい!」と思ったことはない。習慣を変えないと。習慣を変えて、時間を作ろう。
ネタたまりすぎなので一気に書く。

今日気づいてびっくりしたんだけど、そういえば最近、朝、吐き気してない。むしろ、おなかすいてる!しかも、目覚まし鳴る前に目覚めてる。なんじゃこりゃ。いつからなんだろう?

実際、「朝なんてとても食べられない」って思いこんでたから用意もしてなくて、今日まで気づかなかったわけだけど、気づいたからには行動を変えなくちゃね。
Dr.バッチのヒーリング・ハーブス―フラワーレメディー完全ガイドを買った。これまでに何度も迷っては「今は買わない」っていう決断にいっていた本なんだけど、おとつい本屋で見たら写真に目が釘付けになって、手放したくなくなってしまった。写真にピントが合うと胸のあたりの重さがすいこまれるみたいな・・・

これ、写真見るために買ったようなもの。この私が文字は二の次だなんて。でもそれほどまでに息をのむ写真が多い。写真に見とれてると、その横にある文字も目に飛び込んできて、気づくと読んでて、なるほど~みたいな。いつもと完全に逆。

ジュリアン・バーナード、いっぺんで好きになった。彼の作っているバッチ解説DVDもほしい。。。

そういえば、例のチャック・スペザーノの・・・はいまだに受け取れてない。こないだまでペリカン便は不在でもドアの外に置いておいてくれたのに、数週間前からしてくれなくなった。。。。。。明日こそ電話しなくちゃ。
おとつい、会社専用の手帳を買った。これが想像以上の精神安定効果でびっくり。

今までの予定管理は裏紙にTO DOリストを書いてただけ。最近複数プロジェクトが同時進行するようになって、その方法だと流れが見えないから、何か忘れてるんじゃないかとか、常に不安で、頭はぐちゃぐちゃでパニックに。いくら仕事しても、何もした気がしなくて、いつの間にか定時で1人だけ残業、、、、、まずいと本気で思った。

それが、会社用の手帳で一気に解決。昨日は久々に帰り道すっきりした気分で、今日なんか、定時で帰っちゃった!なんて久しぶり!

スケジュール帳としてじゃなく、相変わらずTO DOとして使ってるんだけど、今日中に絶対やらなきゃいけないことだけを今日の欄に書くこと、つまり、今日はここまで、という輪郭線を引くのがポイント。明日でいいことは、明日の欄に書き、今日のリストからは消す。手があいたらやろう、という思いつきなんかは欄外に。すると、一日の終わりにはTO DOが全部消えている状態に。

それだけで、すっきり定時で席を立てるようになった。そして、その手帳は持って帰らない。これもポイントなのね。今までは会社にいても終わった気がしなくて不安だから、資料持って帰ったりしてた。そしてその資料を見なかったことで自分はだめだと思って。

時間の輪郭、区切ろう。

。。。。。。といっても、まさかこんなことができるようになる日が来るとは思ってなかった。そのうち片づけもできるようになったりして??
一時的ではあるけどリーダー役をなんとかこなすために、ものすごい気力と時間と神経を使い、でもメンバーとしてやるべきこともこなす。今日こんな感情を発見した。

こんなに「してあげてる」のに。

瞬間、誰もてめえに頼んでなんかないだろうが、ということに気づく。母親の考え方そのまま実現しちゃってて、そういう自分を責めるという悪循環?いや、まだそこまでいってないか。そういう自分を笑い飛ばす余裕、まだ残ってる

褒められることがエネルギー源のままじゃ、いつか限界が来るだろう。上に行けば、いや、ただ年を取るだけで、褒められる機会は減っていくから。上に立つ人って孤独なんだな。。。どこかで動力源を切り替えないと。そして、周りの人のいいところを見つけてもっと褒めてあげよう。

メモ:
萎縮しないだけじゃ「十分じゃない」
自己主張できて「当たり前」
次のエッセンスからは自分で選ぶので、もうそろそろ基本的なパーツ・・・FESのアンジェリカやセントジョーンズワートとか・・・を購入したいと思いつつ、一旦すべてをリセットしてパシフィックのアバンダンス・プログラムなんかをやりたいっていう気持ちもある。それか、一度も使ったことがないフィンドホーンについて少し勉強をして、やってみようかとか。フィンドホーン、なぜだろう、目にするたびに心が躍るのだ・・・・・・

たぶん、逃避なんだろう。次の課題をしぼりこむっていう作業が重荷。FESで選ぶには、かなり真剣に現在の自己と向き合い、課題を洗い出すことが必要。自分にとって今一番表層にある問題は何なのか。今までと違いすぎる些細な悩みが山ほどあって、どれが重要なのかよくわからない。

で、それを洗い出すために、22日間のアバンダンス・プログラムが役に立つかな、ていう甘い期待があるわけ。

そういえば、「バッチの花療法」に、エッセンスを決められないときはホリーとワイルドオートって書いてあったっけ、と思い、今読み直したら、エネルギッシュなタイプはホリー、受け身なタイプはワイルドオートで様子を見よう、とある。

ホリーほしいけど持ってないからな、来月初めもこの状態ならワイルドオートを飲みながらフラワーエッセンス・レパートリーを精読するってのもありだよな。。。今日久々にレパートリーじっくり読んだら、その疲れること!あまりに当てはまること、考えることが多くて逃げ出したくなる。だからオールインワンで至れり尽くせりなアバンダンスに惹かれるんだな。

どっちを選ぶにしろ、うまくいくってことは分かってる。とりあえず、悩むうちは買わない。そのかわり、Dr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カードというものを注文してみた。Amazonの熱烈なレビューがおかしかったので。今の私のニーズ・・・問題の洗い出し・・・にぴったりかも、とあまり期待せずに考えてる。カード初体験でもあり、楽しみ。
昨日の夜、両親からの誕生日プレゼントのミニコンポを買ってきた。(先月くらいから、両親との関係も劇的に良くなった・・・こういう以前だったら大事件なことも、大変化の連続の中では些細なこと扱いになり、まだ書いてなかったり。。。。。。)

今日はゴミをかきわけてコンポの置き場所を作ろうと思ったのに、Microsoft Expression Webの試用版をダウンロードして、このブログのエッセンスの使用記録を整理するのに使おうとしてた。読みづらい表ができあがった。

わたし、本当に「整理する」ってこととの折り合いがついてない。整理したい、コントロールしたいっていう欲求は強いのに。こんなことやってたら無限の時間が必要だ。整理できないものなんて捨てちゃえばいい、っていう気になってくる。

でも、会社ではそうはいかないよね。他のニンゲンとシェアするために、わかりやすい形で、ああああ。。。。会社に行くのが本当に億劫だ。その億劫さレベルは、前10とすると今3.5くらいで、下がってはいても、億劫なものは億劫なのだ!逃げ出したい!逃げないけど。
さて、今まで寝続けてしまった。10時頃起きて、ヒプノのCDをやったら、また途中で眠ってしまった、それもすごく力が抜けた気持ちいい状態で。

クリアな夢を見た。何年かぶりに高校時代の失恋相手の夢。そのときだけがちゃんと恋したかもしれない。そしてずたずたに傷ついた。それ以降は受け入れてくれる相手ばかりが登場、追いかけるってことをしていない。完全に忘れたつもりでもこうやって浮かび上がってくるってことは、ここから学ぶべきレッスンがあるってことか。

高校1年の春、私はその人を見た途端に懐かしい、一緒にいたい、という何とも言えない感じになって、、、、、、でも拒絶されて3年間追い続けた。自分でももうそれが恋じゃなくて「執着」になってるって分かっていて、その人が存在しない場所へ逃げたかった。その人が地元の大学へ行くって分かったから、東京の大学にした。そういえばそうだった!実家を出たいとか、対人恐怖を治したいとか、と同じくらい、私が今ここに住むきっかけになってたのか。

今日の夢の中では、ほぼリアル年齢での再会。普通に話をして、相変わらず懐かしい感じ。彼が親へ書いた手紙が落ちていて読んでしまう。「3月○日にフィアンセと○○へ旅行へ行ってきます」彼女と書いてある部分もあったけど、このフィアンセという言葉が妙に目立った。彼は親を安心させるためだという。

気づくと彼はサッカーの花形選手になっていた。そういう肩書きにひかれて寄ってくる女を軽蔑してる。なぜか私は「10年間ずっと好きだったのに?」と叫ぶ。彼は私を抱き寄せてきつく抱き合う。その瞬間、失いたくない、という不安な気持ちがわき出てくるのを感じた。

しかし、夢でこういう展開ってはじめてだ。。。。。。なんて都合のいい(笑)まあ、今どこで何をしてるかも知らないのだけど。
仕事大変。得意分野がより生かせる仕事内容になったはずが、なぜか一番苦手なマネージメントっぽいことや予定管理も同時にやっていて、全然本業に時間や能力を集中できない。うおお自分の予定も管理できてないのにチームの予定管理なんて。。。。。。。。でも、時間を管理できるようになるしかないのだ。つべこべ言ってないで自分に合う方法を早く見つけなければ。それこそどこの会社に移っても必要なスキルだしね。。。

人の力を借りたければ、自分がいつまでに、どこまでできるのか、明確じゃなきゃ。頭が整理されてない。私の机の上と一緒。

さっき、桃かなんかの花が満開だった。もうすぐ春が来る。去年の今頃は作業所に行ける行けないで必死だったことを思い出す。まさか1年後こうなるとは思いもしなかった。会社休まず行ってるだけで十分頑張ってる、確かにそうだ。
どうやら風邪じゃない。喉は変なんだけど。今日もストレスのかかりそうな出来事のある日だったんだけど、2月はじめに「初めて」を終わらせてたので2回目。2回目って楽だ。例によって、先の見通しが立ってなくて行き当たりばったりで、まずいな、と思い続けてる。でもそれだけ、後は変な度胸で乗り切ってる。

あーそれにしても人間関係って面倒くさい・・・。まぁ、そう思うこと自体成長なんだけど。「普通の人の毎日も大変だ・・・」と強く思う。対人恐怖と闘ってた頃は、この怖ささえなくなれば楽になるに違いないと思ってた。確かに、前みたいには消耗しなくなった。だけど、前は考えなかったことを考え、気を揉み、行動に移すから、以前よりある意味ずっと大変。

とはいっても、今までみたいに仕事終わったらうつ状態で何もできないとか、そんなんじゃなくなってきて、じゃあその時間どう使うの?って今までの癖で何もしない日々。

今の私は目標もなくて、かといって大きな悩みもなくて、ふらふらしてる。復讐をやり遂げてしまった人みたい。
信じられないことに「楽しみ」になってしまったジム、今日はヨガの日だったけど、明らかに風邪っぽいので荷物だけロッカーにおいてきた。でも本屋寄ってたからこんな時間。デール・カーネギーの「道は開ける」。これは最近図書館で借りたんだけど、気に入ったので、原書と邦訳両方買ってきた。

精神的には元気。でも喉痛く鼻水出て時々こめかみのあたりが圧迫されるような感じ。でもぞろ目を見まくった日。仕事もちゃんとできた。
あとがきで分かったんだけど原題はOnly Love is Realなんだとか。それなら納得。ソウルメイトがテーマじゃないよ。物語の縦糸ではあるけれど、そっちを追ったら見失う、変な方向に行きかねないと思う。ワイスさんはそれを分かってる人で、善意なんだけど、そういう欲求を利用しようともしてる感じ。もちろん日本の出版社は利用するほうが主。

基本的には今を生きる過程で、その仕組みが分かるようになってるはず。催眠という舞台装置が本当に必要なのは少数派で、その人たちを例に霊的真理を説明。つまり、彼の本当に書きたいことはそっちだ。だから、格言などヒントに溢れた本。使える。あとがきで催眠失敗例を入れたのは訳者の配慮だろう。結局単なるツールの一つ。方法はいくらでもある。
今までみたいにまとめた記事書くのが難しくなってる。いろんなことを思いすぎて、一記事一テーマ(一応ここ1年くらいそう目指してるのです)にまとめるのに非常に時間がかかる、無理そう、面倒くさい、まあいいや、って。まさに完璧主義の弊害だな、と。

このままじゃ、「うんこ」系記事ばかりたまってしまう。。。。。つまり排出した後、大体ひょんなきっかけで鬱状態脱して、ほとんどの時間元気でいるのにそうなったら絶対書かないから。だから、しばらく日記やってみよう、と今思いついた。

今日は、人に頼んだ仕事に「ありがとう」って言えてないことに気づいた。「次のお願い」や「ミスの指摘」をする前に、やってもらったことに対してきちんとお礼を言わないと。言えてると思ってたのに、自分のことで頭がいっぱいだと、無意識に「やってもらって当たり前」になってた。つまり、余裕が必要。

立場が上の人とのミーティングがあった。人間的器の大きい人とミーティングさせてもらうのは、本当に幸せなこと。行く前は緊張するけど、終わると不明点-不安の素-が取り除かれて元気になってる。なんで、できる人ってのはリラックスしてるんだろう。その人がリラックスしてるだけじゃなく、さらに他の人の緊張もほぐしてくれるし、私がバカで価値のない存在だという気持ちにさせない。

精神的余裕、、、どうやったら育てていける?年上でも余裕ない人は余裕がない。

自分を大切にできてない。自分に無理かけるのは全然平気だし当たり前に思う。だけどそういう態度が、無意識に人の時間も粗末に扱う態度につながっていることに気づいて愕然とした。他人のことを自分より上に見て、卑屈に生きてるはずの私が、人の時間に侵入してる。時間を大切にするってことが分からないから。幸い、時間管理の上手な先輩が身近にいるので、見習えばいいか。

残業は1時間ちょい。本当はしなくていいのに、時間管理がむちゃくちゃだから終わらない。久々にブックオフに寄る。ブライアン・ワイスの魂の伴侶(ソウルメイト)を読み始めたら面白かったので100円で買う。正直図書館でいいレベルの本だけど、スピリチュアルブームでかなりの予約待ちだろうから。小説感覚だ。こういう本、今読むと面白いけど違和感を覚えるところがある。ほかにCD3枚とヒプノのCDブック。

書きたいことが全然かけてないのもストレスだなんて。
いざ書こうと思っても面倒くさくて
眠いし
食べ過ぎて気持ち悪いし
今日は消耗してる
仕事を始めてもうすぐ10ヶ月です。今の会社に入ってから、「人間って怖くない」ってことがようやく実感できるようになってきました。会社に育ててもらう、会社に癒されるってことは実際にあるんだな、と。

表面だけ見れば、今は”普通の人”と同じようにちゃんと会社に行けてて、世間話も苦痛じゃなくなりました。でもまだそれを当たり前だなんてとても思えなくて、休まずに出勤できただけで、「今週もよくやった!」と思います。吐くような思いで無理やり家を出ている日もいまだに多いので、文字通り「当たり前」じゃないのですが。

会社に行けなかった期間や、人と接することにビクビクしてた長ーい期間があるからこそ、普通の人が「当たり前」と思うことに今感謝できるのだなぁと、、、、、この気持ちをこれからも持ち続けられたらな、と思うのです。

*このブログが初めての方へ*
このブログはこういうところです。
私にとってのブログは 2007年4月29日

*過去のプロフィール*
プロフィール (4) 2007年3月30日
プロフィール (3) 2006年11月16日
プロフィール (2) 2006年7月1日
プロフィール (1) 2006年6月5日

20080214211023
今日は変な日だったな。頭が回転しないというか、超スロー、胸のあたりが固く重く滞ってる感じ。おでこのあたりは霞がかっていて、現実を後追いし、周りとのコミュニケーションもうまくいかない。1時間先に必要なことが分からない、行き当たりばったりの計画性の無さでで周りに迷惑かけた(と思いこみ)、最終的に自己嫌悪でできあがったのが今の私らしい。と、悪趣味にも写真で記録。何かはしたくて今書いてる。

そう、話すの楽になったの。こんな状態でも人と話すのは苦じゃなかったの。(私が人との接触から逃げなくなったら、なぜか人が前より話しかけてくるようになった。)今日みたいな日って、人とすれ違うのも怖いような状態のはずだから、実はすごい進歩なのだ。気づいて良かった。

眠い、のか。帰って寝ようかな。でも動きたくない。
こんな時間まで起きててしまった。調べなくてもいいことをずっと調べてた、、、、、、なぜか気が焦って不安で胸がぐちゃぐちゃで気持ち悪い。この吐き気、どうにかならないかな。おなかも、痛くて、、、、、、気持ち悪い。
出れた!
ミムラス、枕元に常備しとくべき。とにかく会社が怖かった。行けばなんとかなるって分かってるのに。

朝ご飯ってものをずっと食べてない。おいしそうな菓子パン買っといても、吐き気でそれどころじゃない。いつかこういうのともさよならできるのかな。。。。。。
ついふらふらっと注文してしまったE-Conception.org イーコンの福袋を今日受け取った。いちまんえん、するから、後悔するかな、するだろうな、って思ってたんだけど、思ったよりもいろいろ入ってて、かなり満足。

ここのお店の利用自体が初めてなので、お試しセットみたいな感じが嬉しい。精油あり、キャリアオイルあり、フラワーエッセンスあり、、、、、天然石のタンブル(たぶんフローライト)まで入ってた。福袋限定のブレンド精油がとてもいい香りで、それだけで買った甲斐があったような。。。。。。

どうやって使うのか見当のつかない素材(化粧品自分で作る人用の)とかもあるけれど、化粧品作りなんてまったく興味なかったのに、ちょっとやってみようか、っていう気にもなり、自分の世界が広がる感じがいい。(すっかりこのお店の術中にはまってるかも^^)

あと、興味はあったけど二の足踏んでた「布ナプ」も入ってたので、次の生理がひそかに楽しみ・・・・・・
変わった変わったと書きつつ、今日は夜の7時過ぎに彼から電話があるまで爆睡してた。自分でも唖然とした。昼頃1回目は覚ましたんだけど。。。。。。

起きてからも、とにかくだるくて横になってたい。明日も休みってのが救いだ。風呂入れたら入って、もう寝よう。。。。。。
フラワーエッセンス普及協会 | フローリッシュフォーミュラ・シリーズについてからリンクされてるPDFの資料が面白い。ブレンドで買うかどうかはおいておいて、自分でブレンドするときの参考になりそう。Mind-Fullに似たブレンドのスプレーとか、会社用にぜひ作りたいなぁ・・・。

ブレンドには、リサーチエッセンスも含まれてて、その簡単な説明があるのがいい。子供用のブレンドの中にあったリサーチエッセンスの「ダウニーアベンズがかつてADD(注意欠陥障害)を疑ってた私には気になる。
ダウニーアベンズ(Downy Avens)
子供の知力をグラウンディングさせ、心の中心にある感情と力強く調和させることを助ける。ハートやモラルの認識を通じて発達していく思考の力を育てる。注意欠陥(AD)や関連する障害の魂の癒しに。
リサーチエッセンスの説明ってなかなかないし、、、と思ったら、FESの通販サイトに簡単な説明があったのでコピー。
Downy Avens
Geum triflorum

Positive qualities: Intelligence that is integrated in head and heart; enduring wisdom derived from incremental development of soul forces; patient and progressive cultivation of thinking forces with over-all soul identity
Patterns of imbalance: Precocious development of intellectual capacities with lagging emotional development; easily bored or distracted due to lack of heart attention and imagination; tendency to hyperactivity or Attention Deficit Disorder

フラワーエッセンスの試行錯誤記録を公開します。更新するたびに新しい日付でアップします。

内面的変化を渇望していろんなことをしているので^^フラワーエッセンス以外の要素による影響の場合ももちろんあります。
イメージする→現実化

のフローが望ましいという言説。

今日帰り道ですれ違った野良猫は、めちゃくちゃ真剣に、周りを伺いながら、ホフクゼンシンしてた。明日のことなんて絶対何も考えてないって顔して。

朝が怖いとか考えないんだろうな。理想の猫像に向かって頑張ることもなく、ただその日その日を生きる。今日何しようとか計画立てない。来週から忙しくなるから、今週中にあれしなきゃ、なんて小細工しない。

今したいことをし、今行きたいところへ行き、ボス猫が向こうから歩いてきたら顔を背け、、、、、、一体そのことは猫にとってどのくらい屈辱なんだろう?いつか自分も強く立派なボスになってやるぜとか思わない?ただ存在してるだけで完全で、その日が来たら消え去るだけ。人間だって、生き物としての基本は同じはずなのに、なんでこんなに過酷なんだ。

過酷と思うのはネガティブな捉え方で、人間は思い次第で世界を変えられる特権を持つと?特権?本当に猫には思いがない?猫だって思いの力持ってるんじゃないの?私は何かを混同してる?

日だまりの猫みたいに平和な心で、前向きの変化を起こして行けたらそれが理想だ、なんて考える私は、やっぱりニンゲンのようだ。。。
フラワーエッセンスに興味を持った掃除嫌いな人なら誰もが一度は探すんじゃないかな・・・?掃除したくなるフラワーエッセンス。Morningstar Essencesには、そのものズバリ「Clean Up With Ease」っていうブレンドがあるらしいけど、そういうあまりにも現実的で特定用途にしか使えないブレンドにはあまり魅力を感じない。(Englishエッセンスを買っておいて何を言うという感じですがw)

今日、そういう特別なブレンドとか使わないで、自分に掃除させることに成功したらしいのでメモ。たまたま掃除モードだっただけかもしれないけど。。。。。。

クラブアップルを使った浄化スプレーです。私が考えたことではなく、オーラクレンジング系のフラワーエッセンスのスプレーをたくさん噴霧してから掃除に取り掛かると楽ってのをどこかで目にして、ためしにやってみたら効いた。

掃除したくなるスプレー

・無印のガラススプレー容器60ml
・精製水
・少量のエタノール
・レモン、ペパーミント、ベルガモット etc... 全部で10滴ちょい
・バッチのクラブアップル4滴
(精油はスッキリ系なら何でもいいし、フラワーエッセンスも浄化系なら何でもいいと思われる)

これをとにかく部屋中にまいてまいてまきまくった。最初はそれほど「掃除したく」なったわけじゃなかった。部屋の空気は明るくなったけど。トイレとか風呂とかにも撒いてたらすぐ60ml使い切ってしまったので、アロマのブレンドを変えて(2回目のが↑に書いたブレンド)もう1回作って、まくうちに、使い方が分かった。

ここ片付けなきゃな・・・、って思う場所に容赦なくスプレーする。この際、湿気とか気にしない。すると、あれー、なんでこれがここにあるんだろう?って一つ一つ浮かび上がってくる感じで、片付けはじめてしまう。普段、ぐちゃぐちゃなのが当たり前だから見えないことになってるものが、目に入ってくる。よく、掃除し始めて綺麗になってくると、今まで気づかなかった汚れに気づくようになるけど、ちょうどそんな感じ。片付けるべきもの、として見えてくる。

あと、片付けることに対する抵抗感というか・・・ぐちゃぐちゃで意味分からないしぃ、汚らしいから触りたくもない、ていうブロックもなくしてくれるみたい。

そんなわけで、久々に机の白い部分が見えた!
と突然思いついてしまった。なぜかわからない。行けば何かが変わるかも、なーんて甘い年頃は過ぎたはずなのに。なぜフィンドフォーンに惹かれるのかをこれから考えようと思う。本当は何か別のものかもしれない。
失敗するに違いないという確信 - 手放したくない?
自己像のズレ
自己像のズレ 2

を経て、1月に入って始まった(本当はもっと前からか?)激流の向かう先の1つが「自信持て」ってことなのだと気づいた。

私は過剰に自信ない面(A)と自信過剰な面(B)の両方の要素を元からもってるんだけど、Aの底上げ。そして、Bを前向きに使うこと。

US滞在中の1/8の夜手帳に書いたこと。
What I think is always wrong.
What I do is always wrong.
(私の考えはいつも間違っていて、私がすることはいつも場違い。)

これは私が母から刷り込まれた私のベースだった。

1/9にはこうなる。
I like to be "right".
But what's so right about not making a mistake?
(私は「正しい」ことにこだわってるけど、「間違わない」、ってことは、そんなに「正しい」ことなのか?)

最近、自分の考えをいうときに力を込められるようになった。だって間違ってもいいんだもん。そしたら、今までより、意見がスルーされることが少なくなった。以前は、私が言ったのと同じことを後に自信ある人がいって「それいいね!」とか決まることもあって悔しい思いをしてたのに。

チームワークで一番良い成果を出せばいいのなら、自分1人でベストなアイデアに辿りつく必要はなく、ただ自分が思うことをリアルタイムに「自信もって」言えばいいだけ。自分のアイデアが採用されるかどうかは問題じゃなく、チームとして一番いい方向に決まればいいだけだから。

同時に、普段の何気ない雑談がぐっと楽になった。薬を飲まなきゃいけないような精神状態のときは別だけど、普通の精神状態のときは、構えずにリラックスしていられる。びっくりなのだ。

自分のいうことが「間違って」いてもいいなら、上の1/8に書いたような思い込みがまだ生きていても、だからなんだ、ってことになる。これ、アグリモニー効果でもあるんだろうな。
昨日の人事の人のお話で印象的だったのが、○○さんやnecoxさんは大雑把な指示だけすれば、細かいところまで言わなくても指示の意図を汲み取ってやってくれるけど、そうじゃない人もいるんだという話の流れで。「朝時間通りに会社に来るのと一緒でしょう」といつも言うのだと。朝何時までに会社に着くには、ご飯食べて、着替えて、メイクするのにこれくらいかかるから、何時に起きなくちゃいけない、それができるのなら、できるでしょう?っていつも言うのだと。

それって段取りってことですか。私のもっとも苦手とする部類のことなのですが・・・・・・。私の段取り力がOKということになってしまっている。混乱。得意とか不得意とか、本当に基準が分からなくなってきた。

発達障害を疑ってたころの私が、病院の先生に言われて昔納得した(でも最近忘れてた)考え方に戻ると、「できることとできないことの差が非常に激しいため、得意なほうの基準で不得意なことをジャッジすると自分では違和感を大きく感じる。けど、客観的には正常」っていう奴なのか?(→2003年4月の記録と今起こっている変化)

私の基準では「苦手」なことでも、単なる比較問題で他人より勝ってることがあるってこと?コンプレックスがひどくて、本心を人に話さなかったから気づかなかった。それとも、苦手を克服しようと努力してきたことが実ってきたんだろうか。評価の基準が揺らいだ今となっては、もう分からない。

苦手意識もって、おびえながら生活する意味がなくなってしまった。
今日人事の人に仕事振りを褒められて、嬉しかったけど調子が狂う。一体なんなんだろう。私は細かいこと指示しなくても安心して任せられるんだとか。真逆なんですけど。細かいとこまで指示してもらいたいタイプなんですが!(でも今の会社ではそれだといらない人になってしまうので、おっかなびっくり自分の考えで行動してる・・・・・・)

どれだけおっかなびっくりやってるか、っていうの、本当に伝わってないのだろうか。それともあえて自信を持たせようとして褒めるのだろうか。上の人というのは・・・・・・

自己像と、たまに伝わってくる他人の私への評価の開きがありすぎる。いろんな人がそういうと、私の評価のほうが間違っているような気がしてくる。自己像が歪んでるということ?私の「私はできない」は嘘なの?


でも確かに、前、全部細かいところまで指示される会社で私はつぶれたんだよな・・・・・・それはそれで楽なようでいて、私には、本当は、向いていないのかもしれない。
自分の願いごとがはっきり自覚できたら、それにしつこくこだわるんじゃなくて、いったん手放しちゃう。執念深くしない。適わなくてもいいや、くらいにして、目の前にあることに専念する。流れに逆らってなければ、その願いは自動的に、結果的に適う。嘘みたいだけどそれが本当に起こるんだから、笑ってしまう。

自動お願いごと現実化機能みたいなのが、どうも、今の自分には有効になってるらしい。。。。。今だけなんだろうか。いつかまた元通りになるんだろうか。それとも、前もあったけど、気づいてなかっただけなんだろうか。

US出張で得た気づきの種が、今やっと言語化できた。(長くなるのでやめる。いつか、書きたいな・・・)

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。