necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
飲んだらメモっておこうと思う。昼休憩が終わる頃、不安で?しっちゃかめっちゃかだったから。

そしたら元気になったのか、雑談もでき、仕事にも集中できるようになり、22時半まで仕事をしてしまった、、、、、、もう、あほかとバカかと、、、、

誰もいなくなった会社は、人目も雑音もなくてすごく集中できて、時間があっと言う間にすぎた。誰もいない会社、最高。ああ、これに味をシメちゃダメ、どっちかといえば、朝早く行くようにしよう。明日も「はじめて」を体験する。。。。。。
スポンサーサイト
今日も家を出られた。ぎりぎり。

シシュンキってここまで辛いものなのか?これはこじらせた風邪みたいなもの?それとも、外は怖いところっていう長年の思いこみを捨てられないまま、未知の変化を起こそうとしてるから、両方のエネルギーで体がちぎれそうなのか?

何もかも捨てて、どっか遠いところへいきたい。もしも働かないで食べていける場所があるのなら。
これ、cherryさんのところで見かけた今日のキーワード。
私の精神年齢はたぶん思春期…の中にある。


「見守ってもらいながら自分の好きな事ができる」という経験を
親子関係では体験させてもらえる機会に恵まれていなかったため

心の成長っていう意味ではほんとに幼い。

自分で考えて悩んで
周囲の人の助けを借りながら
さらに自分で考えて悩んで
さらに周囲の人の助けを借りながら
問題を乗り越えていく

…っていうことが
実際の体験としてよくわかってない。

ああ、まさにそのとおり、そのまま私に置き換えられる。cherryさんがそれを思春期と表現するなら、私も思春期だな、と思った。「自分で考えて悩んで 周囲の人の助けを借りながら」ってまさに今私が会社でやらせてもらってることと同じ。

私の母は、何事も私にまかせておけなくて、すぐにへたくそだとか、危ないだとか言って、取り上げてしまった。。。。。今の会社の人は、先輩がやれば10倍うまく10倍速くできるだろうことも、私がおっかなびっくりやるのを、黙って見守ってくれる。明らかに私が困ってしまったり、私からアドバイスを求めれば、そこではじめて口を出してくれる。こんな環境が、ありうるのかと、心底びっくり。。。。。。

こういう環境で育てられた人もたくさんいるのか、と思うと、、、、、悔しいんじゃない、うらやましいんでもない、ただ、、、、、、そういう世界が外に広がっていることを知らなかった、過去の子供だった自分が、かわいそうになる。失敗する機会を奪われたあなたは、「恵まれて」なんかなかった。

リアル年齢の思春期、私は、ただぼんやりしていた。(ちなみに反抗期もなかったらしい。)いつ死ねるのだろう、って思いつつ、生きるという時間が無事過ぎ去るのを待っていただけ。毎日の苦しみにただただ耐えていただけ。「今が一番いい時期よ」なんて大人の言葉がさらに恐怖を煽った。もう、これ以上苦しくなるなんて考えられない。絶望。いつ死ねるんだろう・・・

でも、それは大きな誤解だった。子供だった私へ・・・・・・あなたは、生きるってことを完全に誤解してる。仮面をかぶって、敷かれたレールから足を踏み外さないようにずっと緊張して、先の見えない細い道を歩いていくこと、、、、、、そんなの、生きるって言わないんだよ。

成長するってことは、体当たりで、失敗もして、その誤解を「自分で」1つ1つ解消していくことだった。やらされてる人生から「自分の人生」へ発想を変えていく・・・つまり、わたしは文字通り、「思春期」にいるらしい。

と思ったら、笑さんの境界例とスピリチュアル: 信仰とか、ブログの意義とか…etc.でも、「思春期還り」について触れられてるし。

思春期っていったら第二の誕生?とか頭に出てきて、うろ覚えなので検索してみた
第二の誕生、second birthとは、自分で自分を産み直すこと、今までは親から生まれて疑問もなく育って、生きてきたが、自分の人生をこれからどう生きようか自覚してとらえ直すことを言います。
うわーまさにこれだ。すごいな。これ、もしも、もしも、乗り越えたら、いったいどんな世界が待ってるんだ?わくわくしてきたぞ。どう考えても、一旦膿が出始めた「思春期」がこのまま永遠に続くなんてありえないし。
20080129191639
今日は早退して、とうとう、禁断の(笑)精神科の先生のところに行った。敗北を認めます、セルフヘルプは諦めます、なーんてわけないんだけど。逆。フラワーエッセンスを始めとしてたくさんセルフコントロールの選択肢が広がってきたけど、そのうちの一つに「精神科の薬」を加えようと思った。。。。。。私としてはそれだけ。

意地になって自然療法だけで立ち直ろうなんて思わない。これからが変化の正念場。今までみたいに会社から逃げ出すかどうかの瀬戸際だから。今の会社の環境は人間として成長するチャンスをいっぱい与えてくれるから、できるなら行き続けたい、そのチャンスを体と心が拒否するんなら、薬だって、なんだって使うよ、ってこと。明らかに未知のものへの恐れなんだもの。これを超えたら変わるって分かってるんだもの。いまだけのこと。

ドグマチール 50mg
ワイパックス 0.5mg 各1錠
ほんとに朝怖くて家出れないようなときの非常手段として。

今ファミレスにてイチゴパフェを食べた。一度やってみたかったのだ、会社帰りにパフェ。早速、薬も試す。30分くらいしか経ってないけど、今のところ悪くないかも。強制ゆったり気分発動って感じ。この直接的な効き方、、、、、、久々だな。フラワーエッセンスの効き方と全然違う。あとは特性が分かれば使い分けるだけ。
来てしまった。。。。。。怖い。
仕事、終わってほんとに良かった。今日はやばい。ほんとにやばい。気が上がってるっていう言葉ってこういう状態を言うのかな?(違うかも)とにかく胸がばくばくして、心臓痛い、頭痛い、手足が震えて、ずっと緊張状態で倒れそうだった。やらなきゃいけないことあったから逆に助かったのかも。とにかく余裕なくて。朝だってもう間に合わない時間まで逃げて、家出れないところだったけど、昨日泊まってくれた彼がとにかく行きな、遅刻するのも経験だよ、と背中を押してくれて助かった。

まあ、やばいっていっても、久しぶりだから辛いだけで、今までの会社の末期っていつもこんなだったけど、、、、、って、だめじゃん、末期にしちゃだめ。どうしたらリラックスさせられる?頭では、できない自分でOKと分かってるのに、心がついていけてない。

今日をふりかえると、リラックスしなきゃって頭で命令出しまくった割に、全然休憩とってない。午後トイレ我慢できず1回行ったけど、駆け足に近かった。だって人とすれ違うの怖くて!挙動不審な歩き方になってる自覚があって恥ずかしくて!仕事間に合わないと思って!アホだな。エッセンスも当然飲んでない。「行動」を介さないと、心の状態は、頭だけでは変えられない、ってこと、身を持って体験した。明日は意識して休憩入れよう。

先輩が、なぜ今このタイミングでそんなことを言う?と私でも思うジョークで笑わせようとしたのも、お菓子をくれたのも、今思えばわたしの様子に感づいていたからに違いない。なのに、お菓子に手をつけもしなかった。バカだな、わたし。笑ったふりはうまくしたつもりだったがそんなんじゃ。。。。。。でも、会社で人に恵まれていることに心から感謝。
木、金とテンパってダメダメさをさらけ出したせいで、私、萎縮してるらしい。また無駄なことを。

元々苦手なことにトライしてできなかったんだから、当たり前なんだから、堂々としてればいいのだ。罪悪感なんてなんの足しにもならない。
こうやって1日家で無為に過ごすのって、気力をわざと漏れ出させているような感じ。辛いな。本当に会社いやだ。ニンゲン、怖い。私がいやだ。でも、いかなくちゃ。

昨日久々に会った習い事の先生は「ずいぶん自信ついたんじゃないですか。もう大丈夫だね。」とか「目がキラキラしてる」とか言ってくれた。私は、うまくいってるフリはできるから、本当の自分がどうなのか、自分で分からない。ただ、分かってるのは、自信なんてないよ!!ってこと。

ADHD Daysのカオル子さんが最近書いてる『「こんな私にチャンスを与えてくれてありがたい」とう気持ちと、「辞めたい、この会社から消えたい」という気持ちのせめぎ合い』って言葉、私もまさに、その微妙なバランスでこの9ヶ月サバイバルしてきたと思う。ほんの少しのきっかけでどうなるか分からない。いつ限界が来るか、怖い。

「あなたはもう大丈夫」だなんて、言われると、私のこと分かってねーな、って思ってしまう。私の「いずれ電池切れするに違いない」っていう確信こそ、単なる過去への囚われ・思い込みに過ぎないのだろう(と頭では分かるんだけど)。私は変わりたいんだか、変わりたくないんだか。大丈夫になりたいんだか、不安定のままでいたいのか。

フラワーエッセンスならラーチとか?そっち系のアファーメーションとか?、、、、、、そういうのも面倒くさく感じる私はやっぱり変わりたくない?変わるのが怖い?てか、もう、疲れた。変わりたいけど、疲れた。休みたい。

そんなときに、これ、いい感じ。プラネタリウムで使われてる曲らしく、宙に浮くような感覚。疲れが取れる。

暗やみの色
アーチスト: レイ・ハラカミ feat.原田郁子
発売日: 2006/07/12


iTMSで1,050円でダウンロードした。iTunesがインストールされてれば以下のリンクから試聴可能。

レイ・ハラカミ feat. 原田郁子 - 暗やみの色
人と極力接しなくていい人生が理想だと思ってた頃があった。でも、どうやら仕事ってのは(人生ってのは)人と接してして悩んだり、傷ついたり、たまに喜んだりするためにあるらしい。そして。誰もがそれぞれのレベルで発展途上で、うまく立ち回れないからといって萎縮するなんて、まったく意味がないことだとわかってきた。そんなことで気を揉む時間と労力を今できることに向けよう。真っ当に成熟した大人なら、経験不足とかでできないことを責めたりしないから、何も怖がらなくていい。逆に、責める人はどこか自立していず、不安定な、かわいそうな人だ。自分がそのかわいそうな人にならないようにだけ、気をつければ、あとはどうにでもなる。

「いつもと違う」ことばかりの週で、もう既に疲れ果ててるんだけど、明日から2日間が「いつもと違う」の真骨頂。んで、金曜の夜には会社の飲み会。土曜は、ある習い事に1年以上ぶりに復帰したいと先生に伝えてあるんだけど、、、、、、わたし、大丈夫なんだろうか。頭がクラクラする。休みたい。でも自分で選んだ。

飲み会だって欠席を選べたけど、普段、自然と雑談を発生させて?交流を深めたりができない私だからこそ、そういうところに顔出して、得られるものは大きいんじゃないかと。。。。。。たった2時間我慢するだけじゃない、と、、、、、、

ほんと、精神的に余裕なくて、なんで、私みたいな駄目な奴が雇われたのか不思議。つらい。でも、まだ辞めさせられてないってことは、自分の見方と人の見方はどうも違うってことで、「自分なんかここにいては申し訳ない」というような何の足しにもならない思いはぶっ飛ばしておいたほうがいいらしい。結局自分が「やれる」と思わないことには、できるものもできなくなる。

私は、私を、まったく信頼できないから、信頼してまかされてしまうことに、すごく違和感を感じる。ほんとに、私は注意力もなく、忘れっぽく、短期的視野でしか考えられず、自信がなく、自分本位で、コミュニケーション能力がなくて最悪だと思うのだが。結局、そんなに高いレベルは求められてないってことか。それとも「コミュニケートしたい、でもうまくできない」っていう誠意が伝わってて、それはそれでOK、長い目で見ようってことになってるんだろうか。上の人の考えることは分からない。

私の感覚では、もうすでにキャパオーバー。私が自分のキャパシティはこれだけ、って決めてた部分より多くを求められてて、しかもそれが最近ずっと続いてるから、もう、取り繕うのとかどうでもよくなりつつある。気に病んでもなるようにしかならない。つまり、なるようになる。心臓がばくばくしようと、吐きそうだろうと、とにかく会社を休まない!行きさえすれば何とかなる。これ続けていけば、いつか新しい境地にいける??
ありがたいな、と思う、生きられること。
でも、おめでとう、って思う、誰かが死んだと聞くと。
漂いまくりだなあ。。。。。。

疲れてしまったみたい。うまく休むことを今週の目標ににしよう。私ごときが根詰めても会社への貢献なんて大したことない。誰のためにもならない。

優先順位を整理して考えることができたらうまく手を抜けるのか。頭がぐちゃぐちゃだから全部同じくらいのパワーを注ぐ。疲れ果てる。
何もしたくない、動かないからさらに何もしたくなくなって、疲れるっていう最悪の土日を送ってしまった。

いま仕事上で勉強することが山ほどあって、だから、「早寝早起きして、土曜日は図書館行って勉強しよう」とか考えてたら、逆にそれから逃げるように、iTunesの設定やネットサーフィンで、一切休まずものすごい集中力で徹夜してしてしまった。前からやりたかったことなんだったらいいんだよ?でもそんなこと、全然重要なことでもなんでもないのに、ただ、目の前のことに直面したくないから、ずっとずっと、10時間以上、2日あわせて20時間近く?わき目も振らずやり続けたの、自分のことながら、信じられない馬鹿だと思う。大学時代に、論文書かずにゲームやり続けてたのと同じ。

体も頭も疲労困憊してるのに、やるべきことも、やりたいことも、一切何もやれてないっていう最悪の状態。てか、金曜から軽いうつ状態だった。金曜は、取り憑かれたように仕事をして、ほとんど休まなくて、残業して、周りが帰っていく時間になって、それでも足りなくて、だから、土曜日も休まないで仕事しなきゃって思ってたんだった。でも会社出たら、思ったよりも疲れてて、一歩動くのも億劫で、レール見つめて、これで飛び込んだら楽になるだろうか、いや、それによって大勢の人が被る迷惑を考えると、私にはそれだけの影響を与えられる価値(権利)はない、とか考えてた(すごく冷静)。その私に、土曜も働かせようとした時点で間違いだと、なんで気づかなかったのか。もうアホとしか言いようがない。わたしは、きちんと休むこともできないのか。仕事もできないのに。

でも今思い出した。欝ってのは、「休むことを自分に許せない」状態だったってこと。休むのに罪悪感感じるのは危険信号なのだ。そんな状態で、いざ働いても生産性あがらない。もう、今日は、「ねばならない」ことするのは綺麗さっぱりあきらめよう。心身休ませることだけを考えよう。って考えたら、今、すごく楽になった。吐き出してよかった。。。。。。。(本当は今から駆け込みでものすごくたくさんのことをしなければならないと思い込んでいたから。土日にあれやろう、これやろう、って思いすぎなのも考えものだ。)

******

来週スーツ着なきゃいけない。8年前くらいのリクルートスーツを着たら上半身がぶかぶかでびっくり。私的には何の問題も感じないんだけど、どうせ私は普通の女性の感覚とずれてる。何がみっともないとか全然分からない。

こないだ、パーマをかけた翌日に、寝癖にしか見えないって言われた。私は寝癖とパーマの違いが全然分からないから、櫛でとかしてストレートっぽくしてる。こないだは、社長に、1人だけ寒そうじゃないか、夏の格好じゃないか、と笑われて、なぜ冬服が足りてないことがばれたんだろう?って不思議だったけど、よーく考えたらそのジャケットは春モノだった。私はジャケット着てるだけで冬仕様のつもりだったから、季節外れな印象を与えるなんて思ってもいなくて、気づかされて、情けなくなってしまった。ああもう、・・・・・・服着たり、髪をどうにかしたりってのが面倒くさくてたまらない!!

とにかく、こんなに外見に疎い私が「こんなスーツ着てる人いないよな」って薄々思うくらいなら、他の人から見たら、ありえないスーツ姿になってしまうだろう。そしたら会社の印象悪くしちゃうから、安くてもちゃんと見えるスーツ、見に行こう、と思ってた、のに、それは土曜にするつもりだったのに、まだ、風呂にも入れてない。洗濯物も干せてない、スーツどころか、来週着る服ない。

だから、スーツはあきらめようと思う。明日の夜、サティとかで見てみよう。きっと、サティの安物スーツは、たぶん、8年前のデパートのスーツよりましなんだよね??

洗濯物だけ干そう。明日1日くらいはどうにかなるから、あさってまでに乾けば大丈夫だろう。
あまりに眠く、あまりにだるいので帰ったらすぐ寝るから今電車の中で書く。

先々週エッセンスのカウンセラーの人と話してて、英会話、US出張終わったらやめようと思ってるんです、ってなぜか口をついて出てきた。薄々思ってたけどあまり真剣に考えていなくて、それっきり忘れてたのに、なんと、今日、向こうから言ってきた。来月から数ヶ月USに帰るらしい。でもそれも方便かもしれない。私は一対一の会話はもう合格と。教会、クラブ、バー、、、などなど、外国人のいるところで、シャイにならず、ただ使うだけだと。分かってる、いや本当は最初から分かってた、あえて避けた。複数人での雑談っていう、対人恐怖的に怖い状況を避けて通りたかった。

ということで英会話は突然、今日で終了。

こないだまで必要だったけど不要になった杖、容赦なく取り上げられた感じ。まさにnecoxカリキュラムが組まれてるって思う。課題やご褒美がジャストタイミングで与えられたり取りあげられたり、怖いほど。そこに何かの意志を感じずにはおれない。

ま、とにかく私の人生だ。次の手段を自分で考えよう。私は英語が不自由なくしゃべれるようになりたい。モチベーションあげるための目標も考えたい。

ふと思ったんだけど、雑談を避けるということは、寂しい人生を自分で選ぶこと、みたいだね。なんか、今日、一瞬、素で雑談できた、、、、、、自分の気持ちにリアルタイムでアクセスできれば(アグリモニー)、確かに、楽にはなせるかも。人生はきっと、これから楽しくなるばかりだろうね。いつか私も、友達って言える人を作れるまでになるだろう。
なんなんだろうね。テンション上げる文章書くことは、今やろうと思えばできる。向こうにいたとき、ネットもつなげなくて、とにかく手帳に言葉を吐き出した。そこから、ポジティブな言葉拾って書けばそれはそれで、いい感じの文章になるはず、でも今そんなの書いても、奇麗事にしか思えない。

向こうにいたとき、毎晩泣いて、泣いて、黒いドロドロを押し流して、、、早く帰りたかった。(最後の1日だけ例外)「これ、どうしたらいいんだろう?」の連続から、帰ったら楽になれると思ってたけど、結局、明日から本格的に始まる会社の日々が本当に怖い。これからの仕事、どうしたらいいのか分からないことばかり。実際、できないんだから、経験不足なんだから、分かりません、助けてくださいって言えばいい。それだけなのにねえ・・・・・・

これは、過去に逃げたツケだと思う。この年なら普通(=何年も引きこもらないでちゃんと仕事してたなら)、すでに経験してて当たり前の「初めて」なのに。他の人がもう気を揉まない部分で、ものすごく気を揉む。

そういう未熟な私だということも含めて等身大に評価された上で、それでもチャンスが与えられたってことは分かってて、恵まれてるってことも分かってるのに、心は逃げ出したい気持ちでいっぱい。でも、今逃げたら、また何年後?もっともっと辛いかたちで直面するってはっきり分かるから、逃げないで明日からも会社行くと思う。

結局、目の前の山を乗り越えることでしか、前に進めない。出張っていう山は越えたのに、もっとうず高い山が控えていて、ああ、たぶん今月末ころには、少しは目処が経ってるだろうか?楽になってるだろうか?

・・・・・・なんだか、「普通の人」みたいな悩みじゃないか(笑)

本当のところ、対人恐怖は変わってない。相変わらず、人と接するというだけでストレスでプレッシャー。ただ、それが「最大の」問題じゃなくなっただけ。自分がそういうタイプの人間である以上、会社に行って人と接してるっていうだけで、自分をちゃんと褒めてあげるべきだと思う。まったく、何が悔しいって、人が息抜きに感じるらしい雑談が、私には試練だってこと!でもそれが私なんだからしょうがない!
さて、US出張から帰ってきました。「上」から見守られていることを確信した旅だった。サインがあまりにも多すぎ、奇跡としかいいようがない。。。。。。いったいどれだけ恵まれているんだか。。。。。。

人生変えるくらいのインパクトを受けたと、、、、、いや、それは後になってから分かることだろうけど。

しばらくしたら、ここの環境に慣れて、日常の惰性に飲み込まれて、一見、元に戻ってしまうんだと思う。でも私という人間の深いところに影響した。今までわからなかったことが、感覚として理解できた。今はうまく書けない。忘れないうちにちゃんと書きたい。
新年だからといって何の実感もない、と思ってた。でも明らかに流れが変わってる。嫌でも私も変わらなくちゃ。出勤できた、とか言ってる場合じゃなかった…。

今年は「どうなるんだろう」を禁句にしよう。「どうしよう」はまあOK。see what's happening から make it happen のスタンスにいかないと、会社で辛い立場になりそうだ。。。。。。

これまでの私の人生へのスタンス。。。。。したいことがない。ビジョンない。誰かに決めてもらう。
すると、やりがいは、誰かにほめてもらうことにしかない。認められた、認められない、って無駄に疲れる。自分で自分に褒美を与えるシステムは?

あぁ、起きることでさえ億劫なのに。。。。。。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。