necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
iPod nanoを今日受け取った。首掛けにできて、audibleが聴けるMP3プレーヤ(その経緯も書きたいが端折る)が必要で、でも今の新製品はどれもこれもピンとこなくて。2年くらいの消耗品と考えることにして、Apple StoreのiPod整備済製品を買った。旧モデルのiPod nano (2GB)が1万円。

iTunesは、以前Windows Media Playerから乗り換えてしばらく使ってたものの、使い物にならないくらい動きが重くて、Media Playerに舞い戻った経緯があった。その頃に比べハードディスクをかなり増設したからか、今久しぶりに立ち上げたら、重いは重いけどちゃんと動く。

それよりも便利さに感心しきり。スマートプレイリストって何これ、賢すぎ。前使ってたときはこんな機能に気づかなかった。iPodと同期するリストもあらかじめセットできるってことは、かなりの部分が自動化できる。便利だ。

iPodなんか買うものかと思ってたけど、売れてる理由が分かった気がした。2年間くらいのつなぎで、って思ってたけど、次もiPodを買ってしまいそうだ。というか、この便利さを一度味わって、しかもリストだなんだとカスタマイズしまくった暁には、そうそう別の会社に乗り換えられなくなるだろう。どうやら、2時間でAppleの術中にはまってしまったらしい。
スポンサーサイト
ヨガで、「逆転のポーズ」ができてしまって、めちゃめちゃびっくりした。

実はこれとまったく同じポーズが、小学校の運動会の組立て体操?の振り付けにあった。できないとすごーく目立つこのポーズ、家でもすごく練習して、それでも失敗確率高かった。そんないわく付きのポーズだから、大人になってお尻もさらに重くなった私にできるはずがないと思ってた。

先生が廻ってくる間、とりあえず頑張ってるフリだけしようと思って腰を支えたら、すっと上がってしまった自分に自分で唖然。なんで?

そういえば、今日使ったロッカーが偶然111番だったから、何か冴えてたのかも。家に帰ると、ニッポン放送から「必然巻き」が届いてた。あー、こういうの、欲しかったんだよね、、、、!?
最近ちょくちょく1人で酒を飲む。お酒強くないくせに甘いお酒が嫌い、冷たいものは何であれ飲みたくない、ていうワガママのせいで、結構飲むものに困る。梅酒とかは元々好きなんだけど、安いのは変に甘すぎて。だから、最近は辛口のワインを適当に買ってくる。

ふと思いついて、マグカップに生姜チューブをひねり、白ワインとお湯を注いでみた。もはやワインとは言えないけれど、葡萄風味のカラダがあったまる飲料のできあがり。普通においしい。これ、他にもいろんなお酒でできそう。
今朝、下半身に身につけるものが「ない」ことに気づいて唖然とした。

先週末から冬用のコートを着るようになった。それまでずっと、カーディガン+マフラーだけで通勤してた。薄手のコートとか持ってなかったから、、、、、、

冬用のコートを着るようになって、スカートの生地が夏もので、どうしてもコートに合わないってことに、初めて気づいた。会社の人が「衣替えした?」とか1ヶ月前くらいに話してたのはこのことだったのか、とやっと気づいた次第。夏に買ったアウター服って、冬着られないのか・・・。これまで、考えたことなかった。。。。。。私は去年まで一体何してたんだろう?うん、今着てるみたいなちゃんとした?服、着てなかったんだった。カジュアルっていえば聞こえはいいけど、だらしない格好ずっとしてたんだっけ。

今日は、唯一の冬物スカート(昨日と同じ)をとりあえず着ていった。帰りにルミネに行って、ハーフパンツ、ついでにセーターを買った。それだけで1万5千円くらい。別にブランドだとか何も興味がないのに、ただ「ちゃんとした」格好するだけでなんてお金がかかるんだろう。まだ、鞄も靴も「ちゃんと」してないんだけど。。。。。。名刺入れも「ちゃんと」しなきゃなんだけど。。。。。。やっぱり、「ちゃんと」週末外出しなきゃ。アウトレットに行くだけでも随分違うのに。
家が汚いのは今に始まったことじゃない、休日動けないのも今に始まったことじゃない、どころか、昔に較べたら、ずっと綺麗だし、動けてると思う。

今、家のことを掃き溜めだとか、そんな家にいる自分を腐敗しているとか思うのは、思えるのは、外の明るさの中で目をしっかり開けていられるようになったから。ふりかえると、家があまりに暗く、重く、澱んで見える。実際、気が滞ってるのは分かってる。私のエネルギーを奪ってるのも分かってる。でも、昔は、そんな家でさえ、ソトでの痛みに較べればマシだった。
仮に、結果には何の意味もない、すべては過程を経験するためにあるんだと考えてみると?

金土日の三連休の私のハイライトは、灯油販売車を呼びとめて灯油を買えたことと、点と線というドラマを二夜見れたこと、何ヶ月もやりかけになってた繕いものを仕上げたことの3つ。普段、私はこういうハイライトをブログに記録する。「できたこと」だけを振り返る価値があるものとして。何十時間の布団の中で横たわってる時間は、なかったものにしてる。でも、、、、、、あ、だめだ、論理破綻。

週末の部屋のキーワード: 掃き溜め、腐敗臭

月曜の朝、やっとのことで外へでると、泥沼から這い出たかのような、清々しさを感じた。
最近のキーワード。友達が必要かもしれない、って、私らしくないことを、最近思うようになってた。友達がいない、ということを恥とは思っても、友達がほしいとは思えなかった。面倒くさくて。

今は、人に会うことでエネルギーを充電するっていうパターンを会社で教わったから、週末、会いに行ける友達でもいたら、いいだろうな、って思ったりする。カラオケとか、クラシックのコンサートとか、、、彼が嫌がる私がしたいこと、に一緒に行って楽しめる彼以外の人がいたらいいなって。

最近、予定のない空白の週末が怖い。どうせ、布団の中でほとんどの時間過ごす。月曜の朝の重苦しさは、週末布団の中にいる時間に比例するような気がする。

今日、英会話のレッスン(といってもファミレス)で、宿題をやってなかったから、やけくそで、週末何してたか馬鹿正直に話してみた。布団にずっといました、気づいたら夕方でした、ソトに出るべきと思っても出られなかった、etc.....一応、じいちゃん先生にも鬱カミングアウトしてあるから。

友達を作るべきだと言われた。やっぱり、友達か、って、すでに自分の中にあったけど、あまりに自分らしくないアイデアをサポートされてしまって戸惑ってる。
明日からは怖い怖い「予定のない3連休」。わたしは、自分から動くことできるのかな。明日起きられるのかな。月曜日は会社に行けるんだろうか。

ここ3週間くらいずっと調子良かったのに、今週、欝の影がちらつきはじめてる。妙な食欲。会社を出たとたんに穴があいた風船みたいに、動けなくなる感じ。昨日はジムで運動もせずに爆睡して終電になっちゃったし。今日の帰りは、とうとう、家に着くまで欝気分が抜けなかった。

ある方のすすめで、「西の魔女が死んだ」(梨木 香歩)を読んだ。とても好きなタイプのお話。なのに、頭で読む癖が抜けない自分にがっかり。スピリチュアル的(しかもかなり真っ当な!)キーワードが満載なので、ここ数年で仕入れた様々な知識といちいち照らし合わせて読む自分が嫌。

最後は身震い&涙したけれど、この本を読んで「私は何を思ったのか」、それが今のところ掴めてない。私はいつもそうだ。人に言われた言葉で自分がどう思ったのかも、すぐには把握できない。たぶん、2、3日後、1週間後には分かるだろう。

とかいいつつ、今お風呂の中で、同じ作者の「裏庭」も読みはじめてしまった。こちらのほうがもっと好み。身震いする仕掛けも多数。そういう風に、単純に楽しめばいいのかもしれない。

小説もっともっと読み続ければ、昔のように、その世界に入り込んで、読めるようになるだろうか。
昨日の本のおかげで、超前向き。生きる気力がわいてきた。生まれてきて良かったとか、思い始めちゃったじゃないか。そういう意味で、本屋の精神世界コーナーに並んでる本のどれよりも、「スピリチュアルな」本かもしれない。

さて、今日は点と線が繋がった、かもしれない。「新聞」ってキーワードが、これまでもチラチラ出てきてたんだけど、新聞を読み続けられた試しのない私、最初から諦めていた。どう頑張ったって、私はニュースってものに、社会情勢ってものに、興味がわかない。

でも、言葉を採取するっていう方向性なら、、、、もしかして、って気づいた。書いてある内容に興味なくても、新聞記者が使ってる日本語には興味は(かろうじて)ある。いくら興味ない文章だろうと、現代ビジネス日本語を絶えず頭に流し込むことは、「ビジネス×言語」を仕事にする以上、必須だろう。それに気づかせてくれた先日のRさんの指摘、今日のIさんとの会話に感謝。
今、梅田(モッチー)さんの新刊を読んでるわけです。(自分の本について書かれた記事は全部読むという彼が、こんなつまんない記事を無駄にチェックしなくてすむようにあえてぼかす)

今2つの道に揺れてる。
A. 会社に毎日行けてるだけで十分すごいよ、あんまり頑張りすぎるとまた堕ちるから、無理しちゃだめだよ。
B. 毎日どうにかしのいでるだけでは、どこにも行き着かないよ。勉強しようよ、やれるだけやってみようよ!

結局A. を選んでるわけだけど、こういう本読んでると、B. の道へ走り出したくなってくる。そして、私には、走り出そうとも、どこにも行きたいところがないことに気づく。好奇心のなさ、興味の薄さ、怠惰、無気力、、、、、そういう自分には、キッツイ本だ。

たぶん、近道はないんだろうね。「好き」の再発見から始めるしかないんだろう。

すごく遠回りに思えるけど、昔好き「だった」ものを振り返ることにした。昔はまった本を買って読んでいこうかな。一体何が子どもだった私の心を捕らえたのか。本棚から怪しいスピリチュアル本を一掃して、好きな本で埋め尽くす、そんな日がいつか来たらいいな。
悩みはつきない。

ああ、だから、私は、ニンゲンなんだなって思う。

ニンゲンとして生きていく覚悟、みたいなのが、やっと生まれつつある。

第一章の終わり。

敷かれているはずのレールを探す(みつからない!)人生から、開拓する人生へ。

結局、「能力」じゃなくて、「人間性」を磨くために生まれてる。

炊事洗濯ができないとか、ちゃんとしゃべれないとか、ほとんど関係ないから。

その事実をどう捉え、考え、どうこれから行動してくかっていうことが重要だから。
今のエッセンスのブレンドに変えてからの安定感はすごい。死にたいとかほとんど思わないし。

でもいざ生存の危機?から脱してみると、やれ欠乏への恐れだとか、週末にずっと寝てるだとか、汚部屋だとか、料理しないだとか、そういうことで罪悪感を感じてくる。

結局、いくら進歩しても、自分を貶す材料には事欠かないわけで、私はいつ自分であることに満足するんだろう。。。。。。まさにスターチッスル、「十分でない」。
1個前の記事は、書いてたときから違和感があって、時間が経つにつれ、あー、嘘書いた、嘘書いた、って後味悪くなってきた。今日はその補足。

スターチッスルを読んで、「わたしのことだ!」って思ったのは、他人の都合で自分のお金が減るのは嫌!っていう心の狭さと共鳴したからだった。

わたし、記念日が苦手だ。誕生日がなぜ嬉しいのか、なぜお祝いすべきなのか、いまいち分からない。いや、自分がもらえるなら遠慮なくもらうけど。ほしいものならね。だから、サプライズプレゼントなんていらない。喜べないことで、傷つけたことがある。

彼がほしいものを買って、彼が喜んでくれるなら、それはとても嬉しいことだと思う。あげたいと思う。でも、彼が自分でそれを買っても同じくらい嬉しいなら、自分で買えばいいじゃない?って思う。

それは彼を大切に思わないってことではなく(結果的にはそうかもしれないけど)、すべてにおいて、モノ、カネが自分から出て行くときに、不安を覚えるということ。

その割りに、お金を出すことで「何か」を手に入れたい、手に入れられるはず、っていう気持ちは強くて、必要だと思えば、「湯水のように」お金を遣う。。節約はしない。だって、足りないってことを再確認するようで、もっと不安になるから。カードを使うのも、お金をおろすのが面倒くさいってう以上に、現金が出ていくときの不安と直面したくないから。

スターチッスル:
魂の奥深いところで寛容さ、分かち合いの心に欠けていると感じる人に効果を発揮するエッセンスです。深いレベルでの「欠乏に対する恐れ」「十分でない」という感情が隠されており、これは母親との愛情に深い関連があるもので、その不足の思いを補うために物質的なものを追い求めそこに安心感を得ようとする傾向が生じるようです。(後略)
さっきトイレで、ふっと思い浮かんできたのが「スターチッスル」という言葉。FESのエッセンスにあったことは覚えてるけど、特性は知らず。なぜいきなり、わいてきたのか分からない。今ぐぐってみたら、ずばり、これ、メッセージかも。。。。。。

彼の誕生日祝いを今週末にする予定なのだけど、何をあげる?ご飯はどっかおいしいとこ予約する??みたいな。

そういえば、わたしは、お金を出すことでしか愛情(たぶんまだその感情を知らないので愛着というほうが適当)を表現できない、ていう自覚があって、それが自分で嫌だったんだっけ。モノ、カネ、そのほうが確実と思ってしまう。両親がくれたと、私側が認識してるのは、それだけだったから。本当はそれも私の思いこみでしかなかったのだ。。。。。。「私が」見えてないだけ。

世の中って、なんて複雑にできてるんだろう。1人の人間ごときがそれ全部を把握するのはもとから不可能。ならば、逆に、自分固有の世界をしっかり作り上げていけばいいだけか。そして、もし、誰かと重なる部分があれば、it's beautifulってことか。
昨日、今日と連続でジム行ってきた。昨日はヨガとサーキット・トレーニング、今日は、初水中ウォーキング、初アクアビクス、初自律訓練法。

アクアビクス、侮れない。簡単な動きが、水の中でやるってだけで、あそこまで負荷がかかるようになるとは。ついてくのに必死で、頭が真っ白になり、それもまた、リフレッシュにつながったみたい。会社のことなんか、綺麗さっぱり忘れた!それに、負荷が高いためか、その後に泳いだら楽に泳げて気持ちよかった!

自律訓練法って、鬱対策の1つとして耳にはしてたけど、中身を知らなくて。今日受けてみたら、実体は、私にとってはすごーく馴染みの深いテクニックで呆然・・・。小学校の時、先生が教えてくれたのは、コレだったのか!その後催眠CDとかでやったりしたものの、習慣にはなってない。今後、CDか何かで練習して、自分のものにしたいな、という気になった。

ヨガの影響で、ストレッチも最近はまってる。もう何年も動かしたことのなかったような筋肉が、ここ数週間で突然使われ始めてびっくりしてる感じ。その反応が、辛いというよりも逆に面白い。わたしは立って床に手がつかないくらい体が硬いし、腹筋もできないんだけど、それが今後どこまで変わるか楽しみ。

毎日しっぱなしにしてる指輪が、ゆるくなって、外れるようになったことに気づいた。その指輪、去年は太って入らなかったのに!こないだ、つけられるようになった、って喜んだ気がするのに。もしかしてわたし11号じゃなくなった??指輪をするようになって初めてだ。。。
今日は、いつの間にか会社終わってた。たぶん、良い日だったんだろう。

帰りの電車で、ずっとだらだらつまらなくて気が狂いそうだった「愛の流刑地」が、下巻の途中で急展開して、改札口のところで、最後まで一気に(って気づいたら1時間くらい!)読んでしまった。

先輩から借りたから読まなきゃと思っても、あまりにも単調で読むのが苦痛で、2週間くらい経ってしまってた。いくら無意味にエロくても、興味のない小説読むのって拷問だ。電車の中で恥ずかしいし。

最後の1時間だけは、別世界に連れて行ってくれたから良しとしようか。といっても、結局、最後まで主人公に共感できず。ああ、とにかく、人から借りた本、読み終わることができて良かった。何か感想言わなきゃな、どうしようかな。
先週SenseiSagasu.com経由でメールした1人の人に、デニーズでトライアル・レッスンを受けてきた。プロフィールに(恐らく)嘘偽りなしの、経験豊富なおじいちゃん先生で、2週間に1回、会うことに決めた。

ていっても。会話が続かない私、ほとんど聞き役。。。。。。すんごいお金もったいない。けど、日本語でも会話続かないんだから、英語で続くはずないわけで。次回からはネタを持参して、私がほとんどしゃべるようにするのだけど、ネタ探しも苦痛。。。。。

なんで英会話を習うのかは、自分の中ではっきりしてきた。20代と30代で求められる仕事のレベルが全然違うのを目の当たりにしてる今、自分の弱点をつぶしておきたいんだな。、苦しくても、やっとかなきゃ、後でジリ貧になることは目に見えてる。

日本語なら、雑談的なものはまともに続かないとはいえ、表面的な会話や実務上の会話なら不自由はしないもんな。英語でもそういう誤魔化しさえできればいいと思うんだけど、メンタリティの違いで、そうもいかなさそう。話さなきゃ身に付かないけど、自分を開示するのは嫌、そのジレンマ。

英会話を習おうなんて人は、大体、話し好きとか旅行好きとか好奇心旺盛な人ばっかり。私みたいに興味も意志も薄弱な人なんてほとんどいなくて。なんだか、自分が生ける屍みたいな気になってくる。今は、これが私と開き直ってるけど、、、、、、久々にこの種の疎外感を思い出した。
今日は朝からいやな感じだった。
睡眠はたっぷりとってるから眠くはない、無気力でもない、ただ「怖い」外が。人が。

ミムラス
カリフォルニアワイルドローズ
マウンテンペニロイヤル
どれも舌にビリビリきたけど、決め手にはならず。

TFTの本を引っ張り出してきて、不安にたいするアルゴリズム
あまりに久々で手順を読むのに気を取られて、時間も気になって、うまく問題にフォーカスできず。

家をでる間際に、そっか、胸だ!と気づき、

ファイブフラワークリームを胸にすりこむ
ハートスピリット

それで外へ出れたけど、今思えば今一番必要なのはY.E.S.だ。たぶん、間違いない。ガードが弱くなってる、そういう感じ。アンジェリカのブレンドがあるからなんとか今日これでもちますように。

それにしても、おととしの今頃、毎日朝がこんな感じだったとは。すっかり忘れていた。良い方向に変化があると、あっと言う間にそれが普通になって、以前の苦しさを忘れてしまう。これに対抗する何の手だても持たなかった以前に比べれば、今はなんて楽なことだろう。

香りはベルガモットとラベンダーをコットンで持ってきた。ラベンダーは余計だったかな。あまりまったりしたくない。
筋肉率には全然興味がなかったんだけど、ジムに行きはじめたってことで、ノートに記録がある分をはてなのグラフに入力してみた。今まさに、体脂肪率と筋肉率が拮抗してるらしく、なんか面白い。

necoxの筋肉率とnecoxの体脂肪

52kg台の今、10年ぶりくらいに経験する体重にいることになる。身軽って嬉しい。動くのが楽だと、心も軽くなる気がするから。

口に入れるものには気をつけてるつもりだけど、外食や弁当ばかりで、お世辞にも健康的とは言えない食生活。なぜ、体重が減っていくのか、本当に不思議。

基礎代謝は、ジムの検査で標準値以上、痩せやすい状態ですっていわれてびっくりした。(はてなに載せてる数値は起き抜けに測ってるせいか、機械のせいなのか、それより随分低いけど)。確かに、汗をかく体質に変わったのはある。たぶん、お湯をたくさん飲む習慣&毎日の半身浴のせいだと思う。

いや、やはりそれよりも、脂肪っていう鎧で身を守る必要、なくなってきたのが大きいんだろう。わざと魅力ない格好をする必要がなくなってきた。自分に合う色、服、メイクも習って、少しだけだけど、外見で自己表現できるようになってきた。今は、「あの人の格好やばいよね」って私に言ってくる人がいる。たぶん、私は、前の会社ではそう陰口を叩かれるほうの人だったのに。

こないだジムで測ってもらった私の理想数値をメモしておく。

適正体重:50.5kg
体脂肪率:17:0~26.9
基礎代謝:1240

これをもし、達成したら、私、今までにない、新しいステージに突入することになる。ただ、これを、達成すべき目標としては使いたくない。体重などの数値も、私の心の状態を把握するための貴重な1手段だから。(TOEICみたいなもの。TOEIC用の勉強はしたくない。気づいたら点数が上がってた、ってのが嬉しい。)
昨日ジムのサウナに合計30分も入ることになったのは、ある人に結構厳しい指摘を受けたからだった。私は、厳しい指摘を受けること自体は歓迎する方なんだけど(だってそれがないと進歩できないもん!)、つい先週、びっくりするくらい親切にしてくださった方が、一転、冷水を浴びせかけるような理不尽な非難をしてきたから、また別の意味でびっくりして、その言葉が頭から消えなかった。

今日、そのことをちらっと先輩に話したら(というよりも先輩から聞き出してくれた)、あの人は躁鬱病だから、薬も飲んでるらしいからって。え。私と同じ病ですか。単なる噂らしいけど。。。。。。ものすごく複雑な気分だった。

気分の問題なら、人格とは関係ないからな、ってのは思う。
でも、仕事の場でそれをコントロールできないのは、どうかと思う。
とはいえ、私自身も、コントロールできてないじゃないか、と思う。
だからこそ病気なんだもんな、と思う。

私は、主治医にも躁がほとんど目立たない躁鬱って言われてて、逆に軽躁状態に保つのを治療目標にしてたくらいだから、人に迷惑をかけないタイプなのだ・・・・・・だから、人に気づかれないのか?いや、気づかれてるのか?ま、どっちでもいいか、と思う。

そして、気づかれてても、仕事自体ができれば、会社内のポジションは保てるのか・・・ということを救いに思う。
ヨガ2回目。なんと、途中一瞬(たぶん)眠ってしまった。。。逆転のポーズができるようになりたいなあ。

帰りの電車でおとつい放送の「幸せのレッスン」聞いてたら、自分の投稿が採用されてた!(また今度ちゃんと記事書く)必然巻き?楽しみ♪♪
今日は珍しく精神的に安定した一日だったと思う。
「ニンゲン」って怖くないんだなぁ。
「ニンゲン」という漠然とした、実体のない集合として見ると怖いかも。
1人1人にきちんと目は合わせれば、合わせられれば、かえって楽みたいだ。
話すことがなくても、相手が冷めた目をしていても、いいじゃない。

今日突然、海外出張の話が持ち上がった。まだ決まったわけじゃないけど、これは、ますます英会話どうにかしないとやばいぞ、ってことで、帰宅してから行動を起こす。SenseiSagasu.comで入手した連絡先5人のうち、2人にメールしただけなんだけど。(今の会社の先輩で、きれいなイギリス英語を話す人がいるんだけど、このサイトで見つけた先生に英語を鍛えられたらしく。)といっても、あまり当てにしてなかったりする。体験レッスンまでいったら面白いかな。こういのって、直感の働かせ甲斐があるよね。

それにしても、雑談が日本語でも苦手な私には、個人レッスンって一体何話すんだ、っていう疑問がぬぐえないしw
昨日テレビで田中麗奈さんが紹介してたのを今飲んでみた。中国では一般的?な飲み方なんだとか。意外においしい。あったまる。砂糖入れすぎた紅茶みたいな味。

1. 鍋にコーラを入れて沸騰させる
2. すり下ろし生姜を入れる。

以上。今回は飲み残しのペプシNEX+生姜チューブで。

ちょっと前、佐伯チズさんの本に影響されてジンジャエール+すりおろし生姜ってのをやったことがある。そんなに生姜好きでもない私には、冷たい炭酸+生姜はきつく感じた。今回は、コーラの味が濃いせいか、それとも温かいせいなのか、生姜沢山入れてもまろやか~な感じ。ジンジャエールもホットならいけるかも?
彼を待っていたのですが、どうも横浜とまらない湘南ライナーで藤沢までいってしまったみたいなのでwもう1件。

評価されることが当たり前ってのは、何か、私の背負っている今世の課題の一つなのだろう。生きる気力がわかないのと関係あるかもしれない。

高校で進学校に行っても、そう努力せずにずば抜けてできるってのは、珍しいらしい。(以前主治医が言ってた。「いい子」は大体高校で挫折するって。)合ってるのが当たり前で間違えるとうれしい(自分の現在位置が確認できるから)ってのは、その頃のメンタリティがそのまま続いてるんだ、ってふと思った。

モチベーションというものが私に備わっていて、得意な分野を極めていたら、今頃かなりのレベルにいってたはず。同じ時間で別のレッスンをこなしてきた自負はあるから、それを悔やむ気持ちはまったくないんだけど、不思議な気持ち。なんで今わたしはここにいるんだろうって。今の会社は、本当に精神的に大人な人ばかりで、人間としての気持ちを取り戻す?(もともとあるのか?)のに絶好の環境。なんでみんなこんなに私なんかを助けてくれるのか不思議。みんな親切すぎ。優しすぎ。そして、私の磨かれてない能力でもやっていける仕事内容。まさに私のために用意されたかのような環境。

心が揺り動かされて、もしも人生にコミットしていく気になれたら、人生まるきり変わってしまうんじゃないか、そんな予感。。。。。。わたし、いまハイテンションだな、きっとそうに違いない。
いつもの精神的なんちゃらじゃなく、普通に疲れてます。。。生理で体調悪いっちゅうのに、それどころじゃないくらい怒濤のように仕事が来て、対人恐怖も挙動不審もなりふり構わず、人つかまえて仕事進めた。結果、今日の最後の案件だけ、ダメだった。。。。。。力不足を実感。スピードが足らない。時間に限りがある中で一定レベル以上の成果が出せるようにならなくちゃ。練習しなきゃ。

わたし、悔しかった。全力出しても期待に沿えられなかったことが。
ってことは、、、、、やった!これで、わたしは、努力するモチベーションを手に入れた気がする。
「評価されなかった」ことが、本当にありがたい。
前の会社に行けなくなって以来休んでる教室、復帰しよう。
数日前に、先生に久々にメールしてまだ復帰できなさそうと書いたばかりだけど。

コメント、トラックバック、ありがとうございます。
今ミスドだったりするので、、、明日かあさってにはお返事します。
ジムで初ヨガ。カラダに血液じゃないものがすんごい勢いで流れた感じ。最後は気持ちよくて眠りそうだった。

ヨガが終わって10分後には、先日カウンセリングしてもらったインストラクタのAさんに、プールの「歩き方」を教えてもらう約束をしてた。(この人は私の「鬱」を知ってる。カミングアウト(2)と題して書くつもりだったのだけど^^)急いで水着に着替えた後、お腹の調子がおかしかったので、トイレに入ったらなんと生理がきてた。予想外。。。。。。ほんの数十分前に、すれ違ったAさんに「今日はよろしくお願いしまーす」って挨拶してたのにもかかわらず、ドタキャン。一番の楽しみだった温泉も入れず、ショックだった。

まあ、偶然ってのはないとすると、きっと、プールに行かないほうがいい何らかの理由があったんだろうなー、と楽天的に考える。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。