necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
朝、駅まで急ぎながら、幼稚園の頃から何も変わってない、心の重さを思う。
どう振る舞ったらいいか分からずに、妥当な行動を想像し、演じた。
いつも人の顔色をうかがって、演技が妥当だったかを確認する。
今も。
何も変わってない。

ああ、私だけが何をすべきか知らないのだと思う。
私だけが分からないのだと。

私にはできることがあった。
私にだけできる、ことは優越感を満たしてくれた。

私は今も軽んじられる。
今も影が薄い存在。
今も自分が「機能」を果たすことで存在を確かめようとする。
幼稚園の頃から変わってない。

他の人は、仕事をする「機能」である以前に、感情を持つ「人間」であるらしい。
だから、私もそう見えるように、「笑う」というコマンドを出す。
たまに、笑うべきときに笑えず、笑うべきでないときにニッコリしてしまう。
でいて人の反応を伺ってないフリをする。
わたしは、うまくニンゲンやってるだろうか、という疑問なんて持たないフリをする。

ちゃんと人間の感情を持ってる人たちが、いろんな人間関係の悩みにもだえ苦しんでることは、知識として知ってる。
わたしは取り残された寂しさと虚しさだけを感じる。
悩みはない。ただ虚しいだけ。すべてが虚しい。
スポンサーサイト
今日、久しぶりに実家から電話があった。

8月に帰省してから約2ヶ月間、電話も、メールも、一切なかったのだ。私が10年前に実家を出てから、初めてこんなに長くほっといてくれた。

最近は数日に1回、あれ?そういえば実家からまだ連絡ないな、でも、ま、いっか。を繰り返してた。連絡するな、って言っておいて、まったくないとそれはそれで気になるもの。

だから、父の声を聞いて正直ちょっとほっとした。要件は、○○(実家の地域しか売ってないインスタント食品)買ったから送ろうか、と父が母の代理で。いかにも電話をするためにわざわざ作ったような要件。(いつもは最近どうやー?って聞くだけで、私も、別に、って答えるだけ)遠慮せずに送ってもらうことにする。
ほら、対人恐怖者って自分を特別だと思ってる。大概そう。で、「普通の人」は言う。「全然そう見えないよ」「考えすぎじゃない?」「誰でもあることだよ」って。

じゃあ、生きる虚しさを誰が共感してくれた?物心ついた頃から、生きるのが苦しかったのに。ずっと「ふりをして」生きてきたのに。本当のことを言っていいの?どこまで?どこまでなら、本当のことを言っても受け入れられるの?普通の人のフリしてるから受け入れてくれてるんでしょ?

自分が思いこんでいたよりもずっと、大概のニンゲンは懐の深いものだってことが分かってきた。会社の人見てると、私だったらちょっと驚いて引いちゃうような変わった人にも、皆免疫があって、「そういう人もいるよね~」レベルで流してる。

だから、ほんとは、萎縮してることなんてないのだろう。変わった人として、演技しないで生きていけばいい。ずっとその方が楽だろう。でも、また見捨てられるんじゃないか、ていう不安。また?私は誰にも見捨てられたコトなんてないはずなのに。現世の記憶では。
タグ: 対人恐怖
この世界に生きていることに違和感を感じるのだ。普通の人の悲喜こもごもの日常よりも、人の心を持たないなどと非難される犯罪者のほうに、より共感したりする。でもそういう「異常な」心にすべて、共感できるほどの暗黒面も持ち合わせていない。疎外感。。。

わたし、親が死んだら悲しめるのかな。
もし、自分が不治の病と申告されたら、喜ばないでいられるのかな。

生まれて来たくなかった。なんで動物に生まれなかったのだろう。猫なら、生きても20年、もう今頃死んでいられたのに。はいはい、シューティングスター、ワイルドローズ。
20071025231218
っていってもお風呂だけ。
ここに入会したのは当たりだった。
ベストな広さ、深さ、温度の水風呂!!!!!!気に入った!

サウナの後水風呂に入って、深呼吸を繰り返すと、条件がそろえば、世界が突然カラフルになって、、、、とにかく見え方がガラッと変わる。躁転の瞬間を人為的に起こすようなもので、私はこれが大好き。

入浴施設にいくたびにトライしてたけど、ここまで見事に変わったのは、、、前はいつだったかも思い出せないほど昔のこと。

実は風邪気味だったのでお風呂迷ったんだけど入ってよかった。喉が通るようになった。冷えずに家にたどりつけるといいな。ちゃんとした防寒具が必要だな。。。
スポーツクラブのオリエンテーションまで時間があるので、ネットカフェに来ました。
初めて来たんだけど、いいかも、ワイプ(WIP)

・フリードリンクに「水&お湯」サーバーがある!(私がよく1人カラオケに行く店にはないのだ)コーヒーとか紅茶とか清涼飲料とかメロンシェイクとか!飲みたくない私にはとてもありがたい。ハーブティーもある。

・笑笑から出前が取れる。(モンテローザグループなのだ)居酒屋メニューが食べたいけど1人じゃあなー、っていうときにいいかも。もちろん、酒類も出前可能(今日は頼めなくて残念)
個室でひとり居酒屋気分、高速インターネット使いつつw



具沢山コブサラダを頼んだ。味濃いぃ・・・てかドレッシングかけすぎ。
お酒のつまみだってこと忘れてたw
20071025125142
久々に「おいしい!」っていう感じがわかったー!!甘さと辛み以外の「おいしさ」を感じるのはひさしぶり。

ていっても、ナチュラルローソンのスープパスタなんだけど。冷静に考えればコンビニ弁当(でもたぶんファミレスよりはおいしい)、だから、単に私の味覚の問題だってことがわかりやすい。今イタリア料理屋でパスタ食べたら感激するかも。

果物が食べたい、って思って買った、食べた。おいしい。うれしい。
何かを食べたいと思えるのが、本当に久しぶり。
料理できる日も近いかも。
書くのめんどくさいんだけど、これはメモしとかねば、ってことで。

実は、この3日間アロマで人体実験をやってた。

The Fragrant Mind(日本語版: フレグラント・マインド)って本がある。メンタルヘルスのためのアロマセラピーを詳しく解説した分厚い本で、ありとあらゆる症状別にレシピが載ってる。

「鬱」も症状別にタイプ分けされてて、そのうちの1つにLethargic Depression(無気力をともなう鬱)への処方があった。LIGHT, MODERATE, DEEPLYの3種類のブレンドから成り、まずLIGHTのブレンドを3日間使って、効果がなければMODERATEに進んで、、、って感じに使うように指示があった。

正直言ってかなーり半信半疑だったが、LIGHTのブレンドを、月、火、水と使ってみた。(コットンに1滴垂らして会社に持っていき、デスクの上に置いていただけ。)ブレンドはグレープフルーツ、ローズマリー、ユーカリ・レモンの3種類を使うもので、ちょっといい香りとは言い難い、草臭くて、刺激が強い香り。

日曜日に作ったとき、嗅いだだけで気力が湧いてくるような「いい香り」じゃなかったので、ますます半信半疑だったけど、3日間っていう指示にとりあえず従ってみた。

1日目: 激鬱。こんな刺激的な香りを嗅いでも眠気強い。が、16時頃いきなり軽くなる。
2日目: 本調子にはほど遠いが、1日目よりはずっといい。17時頃から少し元気になる。
3日目: 朝は辛かったが、会社に着いてみたら久々に仕事に集中できた。午後からは特に軽かった!

てな感じで、効果はあったのかもしれないし、なかったのかもしれない。わたしの気分は気まぐれだから、この人体実験をやらなくても、今くらいに元気になった可能性は十分ある。スポーツクラブ入会っていうでっかい刺激を与えたりしたしね。

とりあえず、人体実験は今日で終わりにして、また堕ちたら試してみよう。次回も持ち上がったら、もう少し信じられるかも。

フレグラント・マインド
発売元: フレグランスジャーナル社
価格: ¥ 3,150
発売日: 1998/09
タグ: アロマ
さっき、発作的にスポーツクラブに入会してきた。

会社の近くのスポーツクラブは、なんと温泉つき。昨日思いついて、今日、資料だけもらうつもりで行ったら見学させてくれて、想像以上に設備と雰囲気が良かったので、即決。ここなら続けられる「かも」って、20%くらいの確率ね。それでもいいから、ダメモトで賭けてみよう、と思った。

昨日の自分も驚く急展開。というか、運動したいなんていまだに思ってない。エアロビクスが鬱にいいらしいので、それは頭にあるんだけど。

これは、会社に行き続けるための投資。会社帰りに温泉ってのが、会社へ行くモチベーションを少しでも上げてくれるなら。エアロビなんてしなくてもいいとすら思ってる。

あさってから。
朝から鬱状態で、例によって吐き気をこらえながら出勤。会社に着けば表向きはなんとかなるが、頭がぼーっとして働かないのには参ってしまった。気づくと「死にたい」ってタイプしてて消す、その繰り返し。でも、16時頃いきなり軽くなった。これがずっと続けばいいのに。

今日もPCつけずにすぐ寝ます。コメントの返信は明日以降します。ありがとう。
まったく、やばい。何もする気がおきなかった。(過去形がポイント)

会社にいってるのでなければ、今日はずっと布団の中にいたと思うけど、明日着ていくものがないので、洗濯は絶対しなきゃいけない。(ストッキングは買い足してしのいだし、ブラは2回つけた!)本当は昨日したけど干せなかったから、もう1回まわした。それを干すのがしんどい。

で、フランキンセンス(乳香)。ストレスを癒すアロマテラピーガイドの説明によれば、私のココロの状態にベストマッチな精油のはずで、店に行くたびに嗅いではいたけど、どうもピンとこなかった。それが、こないだ生活の木で嗅いでみて「あれ?」って思った。心に直接作用してくる感じ、楽になる感じがある。

たまたま生活の木の乳香(オリバナムっていう名前で売ってる)が私に合ったのか、今のムードがそうなのか分からないけど、どうやら、私の場合、呼吸を楽にさせてくれるみたい。無気力で動けないときって、胸が圧迫されて、押し潰されるような感じ、うまく空気を採り入れられてない感じなんだけど、フランキンセンスを嗅ぐと強制深呼吸させられるような・・・・・・結構な即効性。

心に効く精油っていうと、クラリセージとかラベンダーが定番だけど、あれはリラックスしすぎて動く気をさらになくしてしまうことがある。逆に、ローズマリーみたいな活力系は、きつすぎて心が拒否反応を示してしまうことが多い。フランキンセンスは、香りの印象はリラックスに見せかけておいて、強壮作用も合わせ持つってことで、対無気力にすごく使える精油かもしれない。まだ手に入れたばかりなので、これからブレンドもいろいろ試してみよう。

ていうわけで、洗濯物干し終わった!

ストレスを癒すアロマテラピーガイド
発売元: フレグランスジャーナル社
価格: ¥ 1,050
発売日: 1997/02

↑「ストレスを癒すアロマテラピー」というテーマには、もっと詳しくて多面的でいい本がある。でも、分厚い専門書は、本当にストレスにやられちゃってるときは、読むのが困難なものだ。手っ取り早く、今のココロの症状に合う精油を知りたい、っていう向きにはいい本。薄くて小さいから持ち歩きも便利。
タグ: アロマ
今頃デニーズにいる自分に呆れる。すぐ帰るつもりだったのに、クーラーで冷え切った大型書店で、寒くて動くのが面倒で、、、、、、そして今も、家に帰るのが面倒で、、、、、、

軽く前向きになるのと、重く沈み込む気分とが、短い間隔で入れ替わってる。躁鬱か。あーあ。気分のコントロールできるようになったと思ったのにな。といっても、装備が手薄すぎなのだ。今会社用に持って行ってるアロマスプレーは風邪除け仕様だし、エッセンスは、時間管理をターゲットにしてる(爆)常備してるマウンテンペニロイヤルは、確かに気分を少しだけ軽くしてくれるけど、エッセンスにはもっと、鬱状態そのものをターゲットにしてるものがあるわけで。私は持ってないけど。。。。。。今の私はちょうど良い実験台だから、近いうちに注文しよう。

それでだめだったら、、、そのときこそ、病院へ行こう。
胸のあたりに漬け物石のっけてるみたいで、吐き気がして、ぼーっとして、仕事にならないので早退しようかと真剣に考えた。半年前まで通ってた心療内科に午後行こうかと思った。でも、電話してみたら幸か不幸か主治医はお休みの日で、そうこうしてるうちに仕事がどうにかできるレベルまで頭が働くようになったので、今こうしてる。がんばろ。
早いとこ、レトルト、お弁当、外食生活から脱出したいんだけど、鬱気味のところに無理させられないから、自分の機嫌を伺ってる感じ。鬱っぽいと、まずスーパーでの買い物が難しいのだ・・・。とにかく、今日は久々に少しだけ料理をした。

気づけば、ここ数週間、炭水化物(スナック菓子)ばっかり食べてた。ご飯代わりにチップス食べたり。味は分かるようになったけど、正直何食べてもおいしくなく、味の濃いスナック菓子を欲してしまう。前は生野菜を何もつけずに食べておいしいと思ったのに、今はまずくて食べる気がしない。

これってもしかすると、冬季鬱のサインと考えたほうがいいんじゃないか。そういえば、私は会社行けなくなる前甘い物を食べ続けていたような。。。今まで特に意識しなくても自然と野菜を体が欲してくれてたのに、今、私が欲するものは甘いものと炭水化物ばかり。でもそんな欲求に従っていたら、太るっていう以上に、本格的な鬱に突入してしまうかもしれない。太ってもいいけど、ホンモノの鬱に堕ちるのだけは絶対にいやだ!!

明日から、野菜メインの食生活に強引に戻そうと思う。働き続けるためなら、それくらいやらないと。今が頑張りどき。料理しなくていいから、総菜でも外食でもなんでも使って、食生活を変えよう。。。いやしかし、鬱に効く食生活ってそもそもどんなだろう?野菜だけでいいわけないよな。こんなに計画的に鬱の予防に立ち向かうの初めてだから、何していいか分からない。
外での1人ご飯は、この季節すでに肌寒い。鳩たちも丸まってじっとしてる。

今朝は久々にはっきりした夢を見たというのに、メモを取らなかった。どうせペンも紙も見つからないだろうと思って探す前からあきらめた。今睡眠過多の時期ならなおさら夢からヒントを得られる可能性が高いのにもったいないことをした。帰ったら床の上だけでも片づけよう。

夢の中で:
某スピリチュアル系ブロガーさんがしゃべってた。すごく長いこと。話の中身はナンセンスで、その人のブログとは違う、一発でエセスピリチュアルとわかる内容。江原さんが出てきた。それがすごいリアルで、朝電車の中で「誰かのために」(江原さんの歌)聴いたら気恥ずかしくなったほど。

スピリチュアル系のブログを目にする度に、この人は信頼できるかどうかジャッジする癖がついてる。all or nothingじゃなくパーセンテージなんだけど、60%以上信頼できるのはわずか。そのジャッジするものさしだって借り物で、毎日揺れ動く。夢の中でもわたし、人をジャッジしてたな。
生活の木のブレンド「空気清浄」は、以前店で嗅いで以来気になってた。このブレンド、なんとケンコーコムにレシピが載っている。サイプレス25%、ティートゥリー25%、ラバンディン40%、ペパーミント10%。

これなら自分で作れるじゃん、と思って、2週間前くらいに、ラバンディンを真正ラベンダーで代用してやってみた。香りとしては悪くないけど、店で嗅いだ時にビビビときた、どぎつくないギリギリのところでのすっきり感、とはほど遠いものになってしまった。甘すぎる。リラックスなのかリフレッシュなのかはっきりしろよ、と思う中途半端さ。

やはり真正ラベンダー40%じゃそうなるよな、ってことで昨日、生活の木でラバンディンを買った。家で開けると、なんとイワシみたいな香りがする。なぜだ。店で試香したときとは全然違うじゃないか。それでも。今、アロマライトの上皿を洗うのが面倒くさかったから、数日前の結構いろいろ混ぜたブレンド(シトロネラを虫除け以外に初めて使った。1滴でもすごい威力w)がうっすら残ってるところに、真正ラベンダーの”空気清浄もどき”を足して、さらにそこにラバンディンを足した。

すると、信じられないことに、ものすごーく楽になってしまったのだ。ハートの重さみたいなのが、軽くなって、まさに、抗不安剤(だっけ?すぐ効くやつ)みたいな効果。なんだこれ。いっぱいブレンドしすぎててどれが効いてるのかさっぱり分からないけど、安心して、前向きで、さらに眠くなってきた。おやすみなさい。
タグ: アロマ
1週間で一番辛いのが日曜の夜と月曜の朝だ。

前はいつも溺れかけてアップアップして、時々海水を大量に飲み込んだりして、今にも沈みそうだったけど、今は顔を水面に出してられる時間が長くなった。 」って書いたことを、今わたし溺れてるよーって思うときに決まって思い出す。

家に1人でいるときはほとんど溺れてる。このままじゃ、そのままゴボゴボと溺れていくんじゃないか、明日になっても浮上できないんじゃないか、っていう不安がすごくあって、最近は週末が辛い。休めるっていう安堵よりも、それをきっかけに鬱堕ちする不安のほうが強い。

今、わたしの部屋はものすごく汚い。鬱のときの汚さそのもの。何もしたくないんだもの。基本的な家事(皿洗いとか掃除とか)がまずできてないし、その上に、夢の残骸っていうのかな、行動を起こしたものの、途中でそのまま放り出したものがあまりにたくさん。ほつけたのを直しかけの服、ファイリングしかけのメモ用紙、昨日使ったままの状態の化粧品、作りかけのネックレス、ぶっちゃけてそのままになった水晶ビーズ、食べ終わった皿、読みかけの本、昨日持っていったまんまの服、、、1つ1つは前向きな思いが付着しているモノも、まとまってゴミと化し、私の気力を奪う。

今日は起きたのが16時だった。寝て気力がわいてくるんならいくらでも寝たいものだが、そうはいかない。辛すぎ。少しでも片づけるか、明日のために。そう思って腰を上げられるなら、苦労はないのに。吐くような思いを、、、握りつぶし、、、働くロボットになれたら、楽なのに。
今日は最初に決めた4回のレッスンの最後の回だった。また通いそうな予感だけど、一応のひとくぎり。

今日は、ほんとはメイクレッスンの続きのところを、わがまま言って服選びに変更していただいた。普段会社にきていっている服を全部持っていってアドバイスをもらった。体型が変わったせいで、秋冬ものはほとんどない。今ある夏服を活用して何を買い足せばいいのか、と、どれとどれが合う/合わないが、はっきり分かって良かった。

そして、持参した通販雑誌で、服を選んでもらった。似合う、使える、と言われたアイテムはほとんど買うつもり。もちろん金銭的に一気には無理だし、似たようなものを実店舗でとかもあり。とりあえずはアドバイスどおり着て、そういう自分に慣れたい。うん、ただ、慣れたい。綺麗になりたいってまだ自発的に思えてるわけじゃない。けど、似合う(らしい)服を着てるときのほうが、少々のことでへこたれない気がするから。本当はお洒落って教わってそのとおりするもんじゃないんだろうけど、お洒落なんか正直どーでもいいとしか思えない私にとっては、貴重な指針。

結局、わたしは、病院で薬をもらう代わりに、働いて得たお金で気分を買っているのだろう。カウンセリングって安いものじゃない。フラワーエッセンスのカウンセリングもそう。それにかけるお金で化粧品(エッセンスのボトル)買えばさぞかし、いいものをたくさん揃えられる、、、、、、でも、人と会って何かすることにお金をかけるのって、モノにお金を遣うのとはまた違った価値がある、、、ことがやっと分かってきた。それってすごい変化。わたしは独学しか無理な性格かと思ってた。グループレッスン形式の習い事は、人が怖くて雑談が苦しくてすべてリタイヤしてきたから。でも、個人レッスンなら、できるじゃんって気づいた!!

近いうちに英会話の個人レッスンにとうとう手を出すつもり。日本語でも会話したくないのに外国人と会話するわけなく、ラジオ講座の架空の会話で身につけた英語を仕事でも使っちゃってる(実際あれは使える)わたし、やっと、やっと、リアルな会話をする気になってきた。

まあ、日本語での会話をする気になってきたのが大きいのだ。雑談が苦しくなくなったというよりも。沈黙してもいいじゃんとか、自分だけ有名人知らなかったり、超基本的な社会情勢知らなかったり、冗談が理解できてなくても、それはそれでお得じゃん(他の人にささやかな優越感を感じさせてあげられるから)、というような変化。

それにしても、自由になるお金があるってありがたい。働けるって、本当にありがたい。
どうやら遅刻せずにすみそう。。。
今日はカラーカウンセラーの方に服の買い物アドバイスをもらう。

スーパーで食材選ばなきゃいけないと思うだけで途方に暮れる今、服を選びに行くなんて不可能ではないけど、つらすぎる。いっそのこと、ご飯も食べずにすめばいいのに。服も着ないですめばいいのに。。。。。ていう精神状態。

でも、ベースメイクだけは毎日するようになり、外見だけはとりあえずまともだわ、っていう感覚が気力を底上げしてることもまた事実。

仕事だけに一点集中で気力をつぎ込んで、ほかがガタガタだ。先生に助けてほしい、だから、今日もありえない寝坊をしたのに、ベースメイクだけして15分で出てこれた。
すごく久しぶりに味が分かった。
先輩に昼ご飯誘われたので断れず・・・でも、おいしかったのでびっくり。
すごく久しぶりに鬱じゃない状態で帰って来れた。
人と会話する機会が多いほど、実は、鬱堕ちしない??
(要実験。それなら、多少無理してでも人とお昼ご飯食べたほうが良いことになる)

それにしても鬱じゃないのってなんて楽なんだ。。。。。
ただ、体力的にかなり疲れてるらしいので今日は早く寝ます。
先のコメントで思い出したんだけど、今まさに、ADD的傾向の緩和に、フラワーエッセンスで取り組んでるんだった。具体的には、時間管理能力に焦点。

(まだ勉強中なので自信ないけど)バッチのクレマチス、FESのローズマリー、マディア、チェストナットバッド、ラビットブラッシュとかがADDに関係しそう。今私が摂っているのはクレマチスとローズマリー。遅刻しないように、残業せずに帰れるように。そして締め切りに間に合うように。。。。。長期的なスパンで、変わっていきたい。

関係ないけど、味が分からない(食欲がない)件については、ローズマリーやカリフォルニアワイルドローズやディルが効きそう。ローズマリーは実際、味覚障害に効果を上げた事例があるらしい(?)
味は、まったくしないわけじゃない。どっちかというと、おかしいのは食欲のほうなのかな。普通の食べ物に食欲がわかないのが。今日のお昼も、そばがおいしく感じられなくて、半分も食べられず・・・

ってことで、今おいしいと思うもの。

・昨日、彼と一緒に食べた”甘エビの唐揚げ”(お総菜)はおいしいと思った!
・普段買わない甘酒を買ってきてみた。レンジで温めて飲んだら最高だった。
・養命酒も、最近買ったんだけど、あれ、温まるし、かなりいい。
・こないだのプリン「朝採りたまごの焼きプリン」は絶品だった。
・あとおいしいと思ったのはペプシNEX。

まとめると、甘いモノor甘辛いもの。てか、普段炭酸が苦手なワタシが前にペプシNEXを美味しいと思ったのはまだ働く前の鬱状態の頃だった。鬱だとうまいのか?

普通の食べ物をおいしいとか、食べたいとか、思えないのは結構辛いけど、新しい味覚を発見する楽しみはある、か・・・・・・
養命酒キャップ1杯
インスタントスープ
インスタントピザ
チョコレート

以上

どうせ味がほとんど分からないし、何かを作ろうとかそういう気が起こらない。お腹だけはすくから、すぐ食べられるものを食べるだけ。。。。。。

味、数日前よりは、分かるようになった。昨日、紅茶についてきたカットレモンをそのままかじってみた。全然平気なのは、味覚が落ちてるってことだろう。ジャンクフードは味が結構分かるから、食べたいと思う。野菜はほとんど味が分からないから、食べる気も作る気もしない。

お腹すいたからコンビニいく?・・・とか考えてる。太りはじめた頃の食生活に真っ逆さま??
「朝採りたまごの焼きプリン」、感動的においしかった。甘いものは味が分かるけど、菓子パンとかチョコとか食べたら気持ち悪くなりそうだったのでほんとに助かった!
ここ1週間くらい味がほとんどわからない。そんなはずない、味付けが薄いだけとか、思って気にしないようにしてたけど、味がしてないの事実みたい。ここはおいしいイタリアンのお店なはずなのに、味が薄いっていうか、味がしない。触感は楽しめるけど、、、

おなかはちゃんとすくんだけど、何かを食べたいって気持ちがわかない。昨日は夜食べ忘れた。

これ、鬱状態の症状でよくあったけど、今は鬱じゃないはずなのに。そんなにストレス??

においは分かるみたい。今朝もベチバーのお風呂入って気持ちよかったもの。
雑談はいまだにうまくできないけど、それ自体は何の問題もない。自分はできるはずっていう「プライド」を下げればいいだけの話。冷静に考えると、話が続かないことが人にそれほど迷惑かけるとは思えない。

それよりも、わたしの人間性。。。自己中、自分のことばかり考えて人の都合まで気が回らない、優しさがない、、、のほうが、よっぽど大きい問題。

でも、そんな根本的なこと一朝一夕に変えられるはずなく、みっともない自分(そうとらえる時点で自分のことしか考えていないのだが)をさらして生きるしかない。

いま、人間関係その他のことを、お金をいただきながら学ばせていただけること、本当に、ありがたく思う。学ぶって、目に見える何かを覚えるのではなく、ただ毎日そこに居続ける練習。どのくらい壊滅的に不完全でも、自分がこの場に(この世に)存在していいのだと、思えるようになるためのステップ。

(あと、仕事上で至急にどうにかしなきゃなのは時間管理能力、、、それはまたいずれ。)

(そういえば「みっともない」は母の口癖だった。世間体がすべての基準で、「みっともない」ことは絶対避けなければならないものだと思いこんでいた、わたし。。。。。。どんだけ自主性がないんだ?ああ、母のせいだけじゃないや。私自身の芯が空洞だわ。逆に言えば、これから作ればいいだけで、別にそれはそれでOKなんだけど。)
昨日は久々に家から一歩も出ない週末だったせいで、今朝のつらさはいつも以上だった。月曜日の朝は毎週毎週、吐き気との闘いだ。行ってしまえばこっちのものだけど。

わたしは、家が特に好きなわけじゃないらしい。ただ、外よりマシっていうだけ。だから、家から仕事に出かけるのもそりゃあ億劫だけど、仕事から家に帰るのも億劫。

どこかを(さしあたっては家を)、自分の居場所っていう風に思えるようになれたらいいな。いつか、「早く家に帰ってリラックスしたい」なーんて、思えるようになりたいな。そしたら、家に「手をかける」こと、自然にできるはず。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。