necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
私はイクラやウニが好きだ。身近にイクラが嫌いだとか言う人がいたら、内心小躍りして、でも控えめに「もらっていい?」と上目遣いで聞いてしまう。(もちろん、嫌いな人は喜んで私にくれる。)

間違っても、「イクラやウニを食べないなんて、生きている意味がない!最初はまずいのが当たり前、頑張って食べなきゃだめじゃないか!」と説教したりはしない。だって、私が食べたいんだもん。

思うに、ニートを糾弾する人は、本当は働くのがいやなんじゃないか?働くのが好きでたまらないなら、働かない人を見て、内心「人生損してるのね♪」と思いつつも、何も言わずにほっとくんじゃないか。だって、そんなに楽しいこと、奪われたらたまらないもんね?

ニートに対して怒ってる人は、、、、、、暇人!??

でも世間の人達は僕らを槍玉に挙げて不満をぶつけようとしているんだ。
政治の不満を逸らす為に、敵を外部に見つけるか、それとも内部に見つけるか。
あまりどこの国も変わらないのかも知れない。

そっか、ニートはスケープゴートだったのか。ていうか、他に怒ることがないなんて、なんて平和な世の中なんだ。人は平和や楽しみだけでは生きていけないらしい・・・。

勝ち負けなんでどうでもいいじゃない。
食べたくないなら、食べなくていいじゃない?
スポンサーサイト
昼夜逆転気味。。。17日(日)に躁転して約1週間、睡眠時間平均6時間くらいできてたのに、26日(月)にかけて子供の頃のこと思い出して以来、12時間くらい寝るようになった。それも昼間に。だるくて本も読めない。

でも、寝る前にこれだけは書いておきたくて。

ハーゲンダッツのソルベ トロピカルパッションフルーツはうまい!
ハーゲンダッツ
ハーゲンダッツなのにシャーベット♪
シャーベットなのにハーゲンダッツ♪

>>ハーゲンダッツジャパンの新製品情報
今日のオーラの泉のゲストは宮本亜門さんだった。亜門さんは、高校時代の2年間不登校だったらしい。仏像や茶道に興味があった亜門さんは、同級生と話題が合わない。気を遣って必死に合わせる、疲れる、行きたくないな、というのが積もり積もって、家から出られなくなったそうだ。

ひきこもりから立ち直った時、亜門さんは本当の意味で現世に生まれ、演出家としての今につながる、人生のスタートを切ったとのこと。

不登校から立ち直ったきっかけの話がとても面白かった。
ある日、父が酔って修羅場になった。どうしようか、と一人、家の外に出たら母がついてきて言った。
「なんで学校いかないの・・・・・・?」
「とにかく、もう行かなくていいわ。」
そんなことを言われたのは初めてだった。ありがとう、と言ったら、
「そのかわり、お願いがあるの。病院へいって」

それで精神科に行った。これがすごく楽しかったらしい。コミュニケーションが面白くてたまらない。何を言っても否定されない。すべて「あ、いいんじゃない?いいんじゃない?」て言われているうちに、ウワァーって盛り上がってきて、その勢いですぐ学校行ってしまったと。

それからは、演劇とも出会い、学校が「自分の場所」みたいな感じにどんどん変わっていった。

自分の出し方が分かった。
これに関しては興奮していいんだ!
隠さなくていいんだ!
全部オモテに出しちゃっていいんだ!


だから演出をやっていても楽しい。

その話を受けて、太一くんが、不登校の子供達へのメッセージを、一言でまとめようとしたら、テレビらしくない良心的な結論になって、感激した。この人たちは、本当に問題を分かってる、って思った。
太一くん:その子達に何かメッセージが言えるとしたら、自分をアピールできるものを探したりとかするということも大事だ、ってことなんですかね?

亜門さん:僕は、・・・・・・これはもう、ケースバイケースっていうか、人によって違うと思うんですよ。総括でいっちゃうととても危険・・・

美輪さん:まさにそうよ。全部ひとそれぞれ。容姿も顔も姿も、生活環境も、健康状態も、才能も、家族関係、仕事場、おうちの職業・・・、何から何まで全部違うのよ、人間は。だから、ひきこもりだからって、全部が同じ引き籠もりの状態じゃないのよ。みーんな、違うの。だからそれを一括してこうっていうのはちょっとね・・・

亜門さん:ホントそうなんですよ。かえって危険で、それぞれのヒモの結び目をとっていく方法があると思うから、これが、っていう言い方は僕はかえって。僕は偶然こうだった。

そうなの!この苦しみを分からない人ほど、解決策を単純化したがると思ってた。
そうなの!人は皆違うの、だから、人それぞれでいいのよ。。。。。。

この番組を見て受け取るメッセージもまた、見る人のバックグラウンドによって様々だと思う。私が受け取ったメッセージは、相違点より共通点に着目していこう、ってこと。10%でも20%でも、他人と自分との共通点を見つけて、共感しあっていくことで、少しずつ自分を出せるようになっていくんじゃないかな。。。

ひきこもっていた時間を亜門さんが「すごく大切な時間だった」と表現されてたのが、印象的だった。

宮本亜門さんの自伝が出てるみたい。読んでみたくなった。

ALIVE―僕が生きる意味をみつけるまで
ALIVE―僕が生きる意味をみつけるまで
  • 発売元: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2001/11
『かわいく見られたい』
女なら当然持っている (という) その気持ち
本当のところ、よく分からない
自分に手入れすることに 喜びを感じられない
自分を大切にすることに 罪悪感

母の愛は 幼い私には届かなかった
怖くて 怖くて
どうして 怒鳴られるのか分からなくて
怒鳴られないために どうすればいいか 必死で考えた

わたしの中から わきあがる 感情は 表現してはならない
わたしは もう 何も思いません
何も言いません
何もしません
お母さんが 喜びそうなこと以外は


小学生だった ある年の七夕祭りの夜
おこづかいを 2千円もらいました
友達とはしゃいで
友達は 好き好きに買っていたけど
私は 自分のほしいものが 分からない子供になっていました
自分のためにお金をつかうことに 罪悪感

お母さん。
あなたの喜ぶ顔が見たくて 
2千円全部使って バッグを買いました
パートへ行くときの かばんがほしいと 言ってましたね


あなたは それを見るなり
なに こんな安物!
こんなもの
こんなもの
どこへも持っていけやしない!
せっかくあげたお小遣いを こんなものにつかって!
もったいない!

怒られて 怒鳴られて 泣きました
ちゃんと 母を喜ばすことのできない
自分の不甲斐なさに 泣けました

かわいそうに
あなたのせいじゃないと
あの頃の自分を 今 抱きしめる

-------------------------
今は無気力なので、何も思いません。心、開いてばかりいたら壊れちゃうから、閉じちゃったんだと思う。26日朝、ノートに書いていたものを、淡々と書き写してみました。
芽のアップ画像今朝、サンセベリアの土がカサカサなのに気づいて水をあげたら、新芽発見!!

もう半年以上前かな、近くのキャンドゥ(100円ショップ)で買って植えたもの。全然おっきくならない、って内心不満に思ってたのが恥ずかしい。私がちゃんと見てないだけだった。

大きすぎたはずの鉢が今ちょうどいいってことは、知らない間に成長してたんだね。少しずつ、少しずつ。そして、こんなかわいい芽を出してたのに、私全然気づかなかった。

ちょうど昨日書いた記事で、人の成長を植物にたとえたばかりだったというのに。

私にもこの子と同じように新芽が出てきてるだろうか?そうなら嬉しい。ちゃんと見つけて褒めてあげよう。

サンセベリアの芽
百式の名前サーチを読んで、ふと思い立って自分の本名をググってみた。エゴサーチというらしい。前に検索したのはもう5,6年前じゃないだろうか。

その頃は1件だけ私のデータがあったけど、もうなくなっていて嬉しかった。そのかわりに、料理研究家とアスリートの同姓同名がいることが分かった。2人とも、超有名、というわけではないけれど、講演会をしたり、本を出したり、頑張ってるみたい。

自分とまったく同じ名前の人が、頑張って生きてるって思うと、元気になった。

それにしても、その人達にいくら興味がわいたとしても、ここに紹介するのは気が引ける(笑)。本名が自分のブログに載ってるっていうのは落ち着かないよ。
2006.06.27 02:38 | web | トラックバック(0) | コメント(0) | edit |
子供の頃の話にいっぱいコメントいただいて、どうもありがとうございます。お返事は少し時間がかかるかもしれませんが、本当に感謝しています。


連鎖反応的に、子供の頃のことをたくさん思い出してきました。心の中にどす黒い澱がわき出して来るみたい。

* * *

今朝、犬の話と同じくらいの頃の、母との思い出を、紙のノートに書きました。(→「お母さん、大好きだった」としてアップしました)

書くの、辛かったけど、泣きながら、何かにつきうごかされるように書きました。最後に思い浮かんだ言葉が、「かわいそうに」でした。小さい頃の自分に「かわいそうに」と言えました。泣いているのは、今の私ではなく、少女だった私だってことが分かりました。彼女を抱きしめてあげたいと思いました。初めての感情でした。

5年ほど前に読んだアダルトチルドレン関連の本に毒されてるのかもしれない。知識として知っていたから、心の準備が整った今、自然とそれができたのかな。どっちか分からないし、どうでもいい。

記憶は、私が受け入れる準備ができるまで、隠れていてくれた。ちゃんと思い出せるようになったのは、きっと強くなった証拠。

* * *

もし5年前、AC信奉者だった医者に「医療として」こういうセラピーをされていたら、一足飛びに今の状態へ来れただろうか??

私にはそうは思えない。植物に、肥料を一気にたくさんあげれば大きく育つわけじゃないのに似てるかな。その人に合った栄養を、タイミングを見計らって、適量あげる、くらいしか、まわりの人にはできないと思う。お医者さんやまわりの人達が与えてくれる愛に、自分で気づいて吸収していくんだと思う。そしてそれには時間がかかるんだ。
今回の講義では、動物虐待などの問題行動を起こす子どもは、何らかのシグナルを周りの人間に発しているのではないでしょうか?
それは、子どもに限ることではなく、老若男女、すべてにおいて、問題行動という変化で助けを求めているのです。

私たちは、そのシグナルを勘違いせず、的確に、見落とさない努力が必要なのだなと思いました。

ふぅさんの記事を読んで、ずっと隠していた過去のことを書きたいと思った。書くことで自分のした罪が消えるわけじゃないと分かってはいるけれど。

小学校の頃、飼い犬を虐待してた。

Mちゃん。今も、あなたの写真を正視することができない。あなたのかわいさと自分の醜さから目を背けたくなる。毎日毎日リードでぶってたね。あなたの辛そうな顔を見るために。お母さんも笑ってた。楽しい遊びのつもりだった・・・・・・友達にも先生にも得意気に話してた。

Mちゃんのことかわいくて、かわいくて、大好きだったのに。本当にかわいがってるつもりだったのに!

先生はやさしく「一人っ子は親御さんの関心が集中するから辛いよなぁ」「今までお母さんにガミガミ言われるだけだったのが、自分より下の者ができて、うっぷんを発散してるんだね」みたいなことを言うだけで。。。私にやめなさいと言わなかった。。。その時は、意味を理解してなかったけど、ものすごく優しい目で見てくれていたことが、今なら分かる。

そんなある日、友達の犬にも同じことをした。かわいがってあげる、くらいのつもりで。。。友達は大泣きしてしまって、私は戸惑った。どうして彼女が泣くのか全然分からなかった。でも、それが初めてぶつことに、罪悪感を感じた瞬間でした。

* * *

このことを動物虐待だと認識できたのは、Mちゃんが死んで何年も経ってからでした。

こんなに暴力が嫌いなのに、どうして、この私がそんなことをできたのか、そしてどうして、それに気づかずにいられたのか、分からない。

見たくないものは見えない?

綺麗な心を持ちたいと強く思うけど、自分の心の醜さは自分が一番良く知っている。

だから、私は子供を産むのが怖い。私が子供のためを思ってする行動が、子供を深く傷つけてしまうかもしれない。かつて犬をぶつことで愛を表現したつもりになっていたように。

結論がそれかよ、って感じですが、涙が止まらなくて、まとまらない。初めてこのこととまともに向き合った気がする。
最近暗いエントリーが続いたので気分転換に。
こんな辛い世の中にも、こんな美しい音楽があるのかと思うと救われます・・・。



http://www.youtube.com/watch?v=HkV8ZIeXm3w

フジ子・ヘミングの「愛の夢」。オーラの泉の番組の冒頭で流れたもの。(アナウンスが少しうざったい)

数年前の私だったら、フジ子の音楽を美しいと思えたかどうか怪しい。「うまい」ピアノだけに価値があるんじゃない、そう気づけただけでも、年をとるのって案外悪くないかも。
普段ニュースを読んでも何も思わない私だが、哀しい!悲しい!という気持ちが心から溢れてきて苦しくて途中から読むのが辛かった。
 奈良県田原本町(たわらもとちょう)の医師(47)宅が全焼し母子3人が死亡した事件で、奈良県警に現住建造物等放火、殺人容疑で逮捕された高校1年の長男(16)が、県警捜査本部の調べに対して、英語の試験の点数が低かったのに父親に「できた」と伝えており、「学年保護者会で母親が成績表を受け取るとうそがばれると思った」と供述していることがわかった。捜査本部は、父親へのうその発覚を恐れたことが、事件を起こす直接のきっかけになったとみて調べている。

(報道されているこの子の言葉が本当だとしたら・・・・・)
親の期待に、すでに心をほとんど殺されていた。法律では、心を殺しても裁けないんだよね。肉体殺したら殺人者として一生生きていかなきゃいけない。かわいそうに。

なんて残酷な家!のび太君がジャイアンと暮らしていたようなものだ。自分の思い通りにならないと殴る父親。ジャイアンはジャイアンでも、卑怯なジャイアンだ。教育という大義名分のもと、人の目に届かないところで、逃げ場を断ち、いじめ続けた。お母さんもまた、ジャイアンの味方だった。お母さんは黙っていたことがばれて、自分が殴られるのが怖かったんでしょう?守るべき者を逆に自分の盾に使った母親もまた加害者だと思う。

すべてのお父さん、お母さんにお願いします。
子供が自分の期待に満たないことで怒らないで!
親の期待に応えたいと思わない子供なんていないよ。
子供を恐怖と罪悪感で支配しないで!


怒る前に少し考えてみて。娘・息子がランクの低い学校に進むことで傷つけられるのはあなたのプライドなんでしょう?外でいい顔したい?あなたにとって、子供の心と自分の体面、どちらが大切?子供は、あなたの期待に応えるために生まれてきたんじゃないんだよ。

私も「父親に試験結果を知られるのが嫌だった」から殺す気持ち、分かってしまう。今までうちの親の肉体が殺されてないのは、大学で上京できたおかげだと本気で思う。距離を置けたことで、嘘という逃げ場ができた。「仕事頑張ってる?」「(家にひきこもりながら)頑張ってる頑張ってる」「そう、頑張ってるならいいけど」で丸くおさまるようになった。

あなたの期待を押しつけるのなら、せめて子供が嘘をつくのを怒らないでね。なぜ嘘をつくのかまず考えて。嘘をつかなければ、あなたに心を殺されちゃうから嘘をつくんだよ。嘘なんて本当はつきたくないんだ。

人一倍、親思いな子供だったんだろうに。かわいそうに。

(注:感情を表現する練習のために書きました。なぜなら、私もまた、自分の本当の感情を抑えこむように躾けられてきたからです。)
顔では笑いながら、どこへ行っても心の中は恐怖でいっぱい。私にとって生きることとは


そしていつか、その恐怖に心が押し潰され、家にひきこもる。
今の私
怖くない。苦しくない。楽しくもない。

本当は楽しく生きたいんだ!外に出て働いて自分の力で生きたい!
どうやったら、この恐怖がなくなるの?

本当は矢なんて飛んできてないこと、頭では理解してる。温かい手をさしのべてくれる人がたくさんいたことも。

でも、私の心が感じるのは恐怖だけなんだ!幼い頃から、人がいる社会に、恐怖しか感じたことがないんだよ。。。。。。
目太郎さんがトラバしてくださった「生きないか死なないか」という記事に共感した。
僕はただ死にたくないだけ。
生きるのは嫌だけど死ぬのはもっと嫌だ。
私もそうだ。

積極的に生きるのが当然と思っている人(Aとする)と、消極的に生きている私の最大の違いは、生きることを苦とみるか楽と見るか、にあると思った。

Aの人生観は、水戸黄門の「人生楽ありゃ苦もあるさ~」に代表されると思う。苦労もするけど、その先に楽しみがあるから頑張るのだろう。そうでなければ、長生きしたいなんて思うはずがない。

私にとって、生きるのは苦しいだけ。楽しいと思ったことがない。できるなら早く死にたい。自殺とは楽になることだと思う。究極の逃げだと思う。不老不死や長寿を望む気持ちなんて、到底理解できない。

何をするにも、怖いものがあまりにも多すぎる。たぶん、Aの人は、道を歩くとき、会社でトイレ行くとき、レジに行く時、怖くないんじゃないかと想像する。何をするにも四六時中、恐怖に怯えながらの生活に楽しみなんて見出せるわけがないと、自分でも思う。

その先に楽しみがあれば我慢できるかもしれない。でも、私には楽しいという感情がよく分からないんだ・・・たとえばサッカー。人とボールが動くのを見て何が楽しいのか分からない。なぜ勝ちたいのかも分からない。私の心は凍ってるのかもしれない。何も楽しみにしていることがない。だから私にとって生きるのは苦しいだけ。

苦しいのはもう嫌!

家を一歩外に出れば、あまりに苦しいことばかりだから、今ひきこもってる。自殺が究極の逃げだとすると、今はプチ自殺状態だと思う。でも、本当に死ぬのはもっと苦しいんだと直感的に分かってる。だから生きるしかない。どちらに行っても苦しい。 

でも、本当は私だって楽しい人生を生きたい!幸せになりたいんだ!

生まれたからには生き抜いてやる。絶対いつか、この恐怖を克服して、生きるのが楽しいという感情を味わえるようになってみせる。どれだけ時間がかかっても。それを、私の生きる目的にしよう。
以前、セロトニンの分泌を高めるには?という記事で、寝る前にハチミツ入り牛乳を飲むと鬱やPMSにいいらしい、と書いた。

ものぐさな私は、ハチミツを入れたグラスに冷たい牛乳を入れてスプーンでかき混ぜるだけだったのだけど、yuvaさんが「ハチミツ牛乳」の新発見!その2でシェイクにアレンジしてくださいました。

ちょうど空腹でイライラしていたので早速試してみた。
牛乳とハチミツ 牛乳ハチミツシェイク
シェイカーに蜂蜜と牛乳を入れて振ると→シェイクに!

おいしい!確かに、クラッシュアイス入れて振ればシェイクだ。よく混ざるので、蜂蜜の量の割りに甘みを強く感じます。つまり、ダイエットにイイ!

欝で過食する方、食べる前にハチミツ牛乳シェイクw

ペパーミントエッセンスを一振りするとさらにイイ!とのことだけど、まだ入手していないので、今度スーパー行って物色してみようと思います^^

料理音痴の私には、全然思いつかなかったアイデアでした。こういう風に刺激しあえるからブログって面白い!どうもありがとう^^
今日は、一言でいうと”情報処理能力が高い”日だった。RSSリーダーに溜まっていた記事を全部チェックできた。(英語カテゴリー以外w)アロマの本を読んでもすっと頭に入ってきた。

しばらく、Socialtunesを使って蔵書整理をしようと思っている。

熱しやすく冷めやすい性格のおかげで、二度と読まないような本が結構ある。一度お金を出して手に入れたものだけに、ただ処分するのは「もったいない」ので、レビューを書いてから処分していこうと思う。ここ数年の自分をふりかえることにもなるし。

・・・
いくつかレビューしたが、結構頭を使う。どっと疲れが・・・
は、ハチミツ牛乳が飲みたい・・・牛乳買いに行こうかな。

私的備忘録

・昨日から、紙のノートを復活させました。感情を吐き出す場所として、これからはまず紙を使います。紙のいいところは、心を忠実に書き写せるところ。心は左から右へ、上から下へと同じ大きさで詰めていけるようなものじゃない!

・7月から、ラジオ英会話を復活させられるように心の準備をします。

・8月には就職活動、9月から就職するために、働き方について考えます。

・洗脳から脱するための方法を調べることが、今の自分に役立つのではないかという件
彼
そっくりw
煙草と缶コーヒーをあげると喜びます。

engadget japaneseで見かけた某社のマスコットキャラクターを拉致してきました。22Mooさんごめんなさい。>

静かだ。ひとりで朝になるまでなにしてたんだろう。不思議な夜だった。なにがわたしを導いているのか分からないけど、悪い力じゃないことは確か。

あんな変なことがあったのに、心が安定しすぎててかえって自分じゃないみたい。私まで感情をなくしてしまったの?そんな馬鹿な。。。。心が何も感じてくれない。

しょうがないから頭で考える。このことは、私に何かを教えようとしているはず。何に気づけばいいんだろう。大切なことってなんだったんだろう?そもそも彼女は誰だったんだろう。

キーワードは死と愛だ。なんで人が死ぬのが悲しいのか分からない。生きているのってそんなにいいことなの?どうやら、私には根本的に欠けているものがある。
心療内科に持って行くノート今回から、見開き1ヶ月のスケジュール帳に、気分、睡眠時間、生理日、体温などをメモして先生に見せることにした。(出がけにブログから書き写したんだけど^^)



今までは口頭で報告していたのだが、これを見せながら説明することで、いつもよりも短時間で詳しく伝えられた気がする。見開き1ヶ月だから、気分の変調が見やすい。

私の気分の上下に「規則性は特にない」という結論に。薬をパキシルからルボックスに変えることになった。「眠気が強い人にはルボックス~」と独り言のように言いながら。

パキシルとルボックスは兄弟のように似た薬だけど、時々別の反応をする人がいるんだって。薬を増やしていくのではなく、やめるときのことをいつも考慮して処方してくださることに感謝。

ルボックス錠 25mg 朝夕1錠ずつ。

ノートがもっと見やすくなるように、かわいいスケジュール・シールを探してみようかな。やっぱりポイントは色づかいよねえ。
鬱で音楽聴けなくなる人って多いのかな?私がそうです。そんな私でも聴けた洋楽オムニバスに感動したので紹介します。(Socialtunesでもレビューしましたが^^)

ワーナーのHPで試聴できます!(yuvaさん情報ありがとう☆)

ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~
ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~
  • アーチスト: オムニバス
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/05/24


私の場合は、強いビートなどの音が苦手になるようです。好きなアーティストのCDであっても、少なくとも1曲はそういう曲が入っているので、結果的にヒーリング音楽のCDしか聴けなくなります・・・

科学的にも、音楽に心をコントロールする力があるというのは実証されていること。これを活用しないテはないのですが、そもそも聴ける音楽が限られてしまうという点が問題でした。そういう点で、このようなCDが出たことは私にとって画期的なことです。

ちょっと長いけど美輪さんの本から引用します。
人間の体は、70%は水でできています。その水に音波を与えると、刺激を受けて水は揺らぎます。その音波が悪い波動だったら、どうでしょう?人間の体には悪い影響が出てしまいます。目には見えないので気づきませんが、実は音には人間の精神状態をも左右する、すごいパワーがあるのです。
第二次世界大戦中、ナチスがアウシュビッツ収容所で、極悪非道の人体実験をユダヤ人に課したことがありました。強制的に超高音を3日間ほど聞かせ続けたのです。その結果、ほとんどの人間が正気を失ってしまったそうです。
また、オウム真理教が信者に絶対服従させるため、音を活用したという報道もありました。3日間睡眠も食事もとらせずに、低音で単調に続くマントラを聞かせ続け、マインドコントロールしたというのです。
(中略・・)
音というものはこんなふうに、人の心をどうにでも操ることのできる、不思議なもの。だからこそ、日々の暮らしの中から不快な音はなるべく排除してください。快く美しい、叙情的でロマンティックな音だけを厳選して、生活に取り入れるべきなのです。


美輪さんは「エルヴィス・プレスリー以降の音楽は、フォークソングを除いたすべてが、ノイズのような代物なのです(p55)」と言い切ってらっしゃいますが、私はそうは思いません。音楽の好みもまた個性なのですから、自分が聞いて心地いいと思う音楽を聴きたい、だからこのCDに出逢えてよかった!
睡眠時間8時間(3-11)。体温36.8℃。久々に36℃台に戻った、にもかかわらず、今日は昨日とは違ってだるい。起きられたけどそれだけ。何にも集中できない。魔法きれちゃったのかな。胸のざわざわ、焦燥感。猫になったつもりで布団に体をこすりつけると少し落ち着く。

そうだ、甘えたいんだ。

日曜の夜、彼はワールドカップを見にウチに来た。うん、ワールドカップだけを見に。

彼の胸に顔をぐりぐりこすりつけたかったのに、私は眼中になくて。彼にとって私は環境?空気?みたいだったから、彼が居心地いい環境を作るためにいろいろ世話を焼いて、私はそれで満足だと思ってた。でも違う。その時、私は甘えたかったんだった。さみしかったんだった。

「愛されることよりも愛することを」は私にはまだ難しいみたい。
これは、持ちたくない感情を持ってしまう自分を許すための記事。
Social Tunes

LOVE IS DESIGNさんのところで見かけて気になっていたSocialtunesに登録してみた。

Socialtunesがどんなものかと言うと、
* 興味のあるモノ(Amazonの商品)をチェックすると、その商品にペタっと自分の足跡がついて、自分のページに「ぺた」した一覧が表示されます。
* 「ぺた」したモノは、ぺた管理で「もちぺた(持っているモノ)」「ほしぺた(欲しいモノ)」「なうぺた(ナウい?モノ)」「れびゅぺた(レビュー)」に分けて公開することができます。
* 「ぺた」したそれぞれの商品にラベル(タグ)を付け分類をすることもできます。


こういう場所がほしかった!というわけで、気になったモノをぺたぺたしていくつもり。
 →necoxのぺた


2006.06.19 23:58 | web | トラックバック(0) | コメント(6) | edit |
昨日の睡眠時間は8時間程度。体温37.2℃。生理ほぼ終わり。

躁状態と鬱状態の大きな違いは、ぼーっと寝転がっている時間がなくなることだ。頭に浮かんだアイデアをほとんど葛藤無しに行動に移すことができるから、結果としてじっとしていない。でもその場でやりたくなったことを次々にやり始めるから、とりとめがない。

行方不明だった基礎体温計がみつかったのを機に、明日から基礎体温をつけてみようかと思ったり思わなかったり。午前中はグラフを簡単につける方法など調べながら過ぎた。(結局決めてない)

午後はアロマの本を辞書を引きながら読んだ。周辺情報にひっかかりすぎてなかなか本題に入れなかったけど、本の雰囲気には入り込めたので成果はあったかな。
母から勧められて作ってみました。

バナナ酢の作り方

バナナ 1本
黒砂糖 100g
黒酢  200g

バナナ酢1耐熱容器に全部入れ、蓋をしないで、電子レンジ600Wで30秒


バナナ酢21晩常温でおいてかきまぜて出来上がり。その後は冷蔵庫に保管。


※電子レンジを使わない場合は2週間ほど常温で放置するらしい。
※酢もなんでもいいみたい。黒酢と黒砂糖の組み合わせが一番健康にいいんだとか。私は米酢で代用。バナナも多めに入れました。

1日あたり大さじ2杯くらい摂ればいいらしい。

感想

ミネラルウォーター+大さじ1杯→スッキリ。どっかで飲んだ健康飲料の味?
牛乳+大さじ1杯→甘くておいしい♪

どちらかというとお酢が苦手な私でも難なく飲めました。ちなみに、ダイエットや生理痛、PMSの緩和にも役立つんだそうです。
黒糖を使ったバナナ酢の作り方 ダイエット、便秘の悩みに・・・・が分かりやすかったです。

これに入れるとおいしい、というのがあれば、是非教えてくださいませませ。

以下は6/19追記

酵素ジュースの味!!

最初に舐めた時からどっかで飲んだことがある味だと思っていたんだけど、ようやく記憶がつながって今興奮状態。

7年くらい前通販で買ったダイエット食品の「酵素ジュース」の味そっくり!!!酵素ジュースの方がもっと濃厚で甘かったけど。キャップに1杯を水とかで薄めて飲んでた。
毎日の食事とカロリー記録してアドバイザーに月1回電話で報告とかしてたな、、、、、、その会話が苦痛で苦痛で。結局続けられなくて、10万円以上ドブに捨てたんだ。

あーあ。。。変なこと思い出しちゃった。

20%の繋がり


人とのつながり何か縁が合って通じ合えた人との共通点って20%くらいって考えておくと、楽だなぁと思いつきました。ブログだけでなく、リアルでも。

ゲシュタルトの祈りじゃないけど、自分が書きたいことを書きたいように書いて、「それで偶然 気持ちが通じ合えたなら 素敵じゃないか 」というスタンス。その繋がりあいも良くて20%だと。もしたまたま50%くらい通じ合える人がいたとしたら、それは奇跡!くらいに思っておくと、人付き合いが楽しくなりそうです。

ブログのカテゴリーとか病名とかっていうのは、その20%の繋がりを見つけやすくするための手段だと思っています。「カテゴリー」や「名前」は、区別するためじゃなく、つながるために使いたいものです。

グレーゾーン

一言で言うのに便利なので、うちのブログには躁だの鬱だのという表現が頻発しますが、私自身は、精神的な病気(または障害)の名前には、それほど意味がないと考えています。
健常者とメンヘラーの間には、広大なグレーゾーンが広がっている、ただそれだけです。

「目の健康」を例にとれば、視力がいいと悪いのグレーゾーンがあります。見えにくいけどメガネをかけたことがない人もいれば、同じくらいの視力でもメガネやコンタクトをしている人もいるかもしれません。同様に、視力トレーニングを自力で頑張ってる人もいれば、お金をかけて病院なり教室に通う人もいるでしょう。

そういったグレーゾーンの中で線引きや対立をすることに、それほど意味があるとは思えません。

視力の場合ではあまり考えられないことですが、精神的な問題の場合、グレーゾーンの内外で区別しあったりすることがあります。病院に行ってるか行ってないか、○○という診断を受けているかいないか、など。(グレーゾーンから何らかの明らかな精神疾患の持ち主までを含めてメンヘラーという言葉を使うとして)メンヘラーの間で、この人はメンヘラーじゃない、「本物じゃない」などの話が出るのは悲しいです。

客観的な診断なんてものはありません。医者はコンピュータじゃないのですから。

私は、ひょんなきっかけで、ADD/ADHD(注意欠陥障害・注意欠陥多動性障害)の専門医院にセカンドオピニオンを求めるべきかどうか、現在の主治医に聞いてみたことがあります。主治医は、「現時点でADDと診断されても、有効な治療方法が確立されているわけではない、あなたの場合、病名を得ることによって得られるメリットはあまりないと思うので、診断を受ける必要はないと思いますよ」と言いました。

それでも診断名が気になる人へ

自分は症状が軽いから鬱病じゃなくて怠けなんじゃないか、自分はADDじゃなくて単なるだらしない人間なんじゃないか、自分はアスペルガーじゃなくて・・・・・などと思い悩む気持ちは私もすごく分かりますが、それを悩んでも状態を改善することにはつながりません。状態が良い方に向かうかどうかが一番大切なんではないでしょうか。

それに、正確な診断名をつけることが必ずいい治療につながるか?というとそうでない例もあるようです。(以下の本に載ってました)
人は自分を「癒す力」を持っている―ある心療内科医のカルテから 人は自分を「癒す力」を持っている―ある心療内科医のカルテから
黒丸 尊治 (1998/04)
ダイヤモンド社
この商品の詳細を見る
この本を読んで、上記のような思いが一層強まりました。心療内科医さんが書かれた本で、病気の「原因」は本当に必要か?幼少期の原因に気づけば病気は治る?診断が先か、治療が先か、など、、、、を具体的な患者さんの例で詳しく考察されています。

病院に通っていて、自分の診断名に不安があるとしたら、それは主治医を信頼できていない、ということだと私は思います。信頼できる医者のもとで快方に向かっているなら、それにこしたことはないと思うのです。


もし今後、私がグレーゾーン内をいい方向に移動していって、メンタルな問題を通して共通点が見つかりにくくなったら、このブログのカテゴリーを変えるときが来るかもしれません。だからといって、それまでの繋がりあい(文字通りリンク、か。)をなくすことにはならないと思います。
どうやら躁状態です。昨日の睡眠時間0時間。久々にキタかもです。1日で終わる可能性もあるけど。夜中、ゲシュタルトの祈りをみつけて興奮したあたりからやばかった。

朝、「そうじ力」であなたが輝く! / 舛田 光洋を何気なくめくったら、ビビビ!とくる言葉の連続で、いても立ってもいられなくなり、バタンと本を閉じて掃除を始めた。鬱の時読んでも全然ビビビと来なかったのに、躁の私はこの本と波長が合ったみたいだ。

先日「片づけ方が分からない… 」の記事でぶらうざさんとはむさんに「捨てる」ススメをいただいた。この本では、捨てる基準として順番に
①「もったいない」を捨てる、
②過去の「栄光や思い出」を捨てる、
③未来の「いつか必要」を捨てる、
④現在の「あなたのレベルを下げるもの」を捨てる、
の4つをそれぞれ具体的な例を出しながら説明していて、とても分かりやすかった。

小さい頃から刷り込まれた「もったいない」思考から脱皮する時だとばかりに、着ない(着れないともいう...w)服を捨てまくった!ちょうど可燃ゴミの日だったので、クローゼットが一気にスッキリ。捨てるのって快感かも・・・・♪

「そうじ力」であなたが輝く! 「そうじ力」であなたが輝く!
舛田 光洋 (2006/02)
総合法令出版
この商品の詳細を見る


捨て終わった後、無性にお風呂に入りたくなり、3時間くらい入ってた。途中冷めたのでもう一度溜め直してw その後、父の日の買い物のために、いつも電車でいくところを往復歩いた。合計5時間以上歩いてた。。。
私をもしかしたら変えてくれるかもしれない言葉と出会えた。ゲシュタルト療法の創始者、フリッツ・バールズ(Fritz Perls)による「ゲシュタルトの祈り」。(ていうかゲシュタルト療法ってナニって感じですが^^)

ゲシュタルトの祈り

僕は僕 君は君 自分の人生を生きよう
僕が生きるのは 君の期待に応えるためじゃないし、
君が生きるのも 僕の期待に応えるためじゃない
ひとはひと 自分は自分
それで偶然 気持ちが通じ合えたなら 素敵じゃないか
通じ合えなかったら それはしょうがないさ

Gestalt prayer

I do my thing and you do your thing.
I am not in this world to live up to your expectations,
And you are not in this world to live up to mine.
You are you, and I am I,
And if by chance we find each other, it's beautiful.
If not, it can't be helped.

英文はWikipediaより。(原文は独語かも)
翻訳は私necox。しっくりくるのがなかったのでトライしてみた。日本語変かな。こうしたらもっと良くなる、というご意見いただけると助かります^^

* * *

最後の一文には癒された。私が誰かに評価されなかったとしても、好かれなかったとしても、それはやむを得ないこと。良く見せようと頑張る必要はない。なぜなら、その誰かのために生きているんじゃなくて、自分のために生きるんだから。自分を偽るのはやめよう。自分の人生を生きていれば、いつか偶然、魂が響き合う人とめぐりあえるかも!

・・・・・・・私の人生を生きたいように生きていいってことは分かった。じゃあ、私はどう生きたいんだろう??それが問題、大問題だw
父の日・母の日はここ10年くらい無視してきたのだが、今年の母の日に突然花を贈った。

ちょっとは電話される頻度が減るかなぁという下心からだったのだが、これが予想以上の効果だった。どうも「うちの娘もしっかりやってる」という幻想を抱いてくれたよう♪(狙い通り!)

そうなると父の日も何か贈らないと、というわけで、今日あわてて買って送ってきた。明日には間に合わないけど、1日くらい勘弁。

はむさんのブログ経由で見たFlashが、土曜の人混みにわざわざ出掛ける勇気をくれた。

「ありがとう」って言いそびれたヤツいる? (音が出ます)

久々に悪夢で飛び起きた。男の人の顔が近づいてきたその瞬間、ものすごい恐怖を感じて叫びながら飛び起きたけど、あの気配はホンモノだった。思わずオーラの泉を思い出して「退散せよ!」って叫んだ自分に、笑った。人に聞こえてたらかなり恥ずかしい。。。

* * *

今日はずっとずっと寝てた。合計18時間も寝たみたい。上に書いた悪夢の他にもたっくさん夢を見た。目が覚めてからも夢の余韻に浸ってぼーっとしてた。今日も37.4度。昨日よりずっと熱が高い気がするのに。

* * *

夢の中でMくんに会った。高校の時、大好きだった人。入学してすぐ好きになって3年かけて何度も告白したけどフラレ続けた人。(といっても奥手な私はほとんど会話をしたことがなかった(爆))私はバカで、すぐ態度に出ちゃったから、その人の友人達からすれ違うたびに笑いものにされていたっけ。

東京の大学を選んだのは、この人から遠ざかりたかった、というのもあった。

夢の中で、私は植物関係の学校へ入学した。誰も知ってる人がいないはずの校庭で、M君と目が合った。高校時代そのままの顔でこっちを見ていた。
私はあわてて目を逸らし、見なかったことにして別の方向へ歩き出した。彼のいない方へ、いない方へと歩きながらも、偶然また会うのを期待してた・・・

現実と同様、もう会うことはなかったわけですが。

大学1年のお盆に帰省した時、M君から実家に電話がかかってきた。「今から会えないか」って。電話をするような関係ではなかったので、何か企みがあるって直感した。性格がゆがんだところのある人だったから。まぁそこが好きだったんだけど。大学生活、楽しんでます!と嘘をついて電話を切って、泣いた。

今どうしているだろうか。高校時代の友人とは音信不通だし、もし連絡取ったとしても、彼がどうしてるかなんて恥ずかしくて聞けない。

ただ幸せな生活を送っていることを祈ろうと思った。いつか、私が同窓会に出られるくらいまで自信を持てたら、会えるかな?もう好きになることは、たぶんないけど、友達になれたら面白そうな、波長の合いそうな、人。
あるブロガーさんとの行き違い(というか私の勝手な勘違い)が解消したのが素直に嬉しい。

言葉は諸刃の剣だということをあらためて実感した。文字だけで相手の感情まで100%理解することは不可能だから、読むという行為にもっと謙虚になりたいと思った。

じゃあ、書く側として、私のブログを書く姿勢が定まったかというと、いまだ悩み中だ。

そこまで読者を意識して書く必要はないのではないかと思ったりもする。その理由は、「なんで私はブログを書くのだろう」でyuvaさんにコメントいただいたとおり、不特定多数の人がこれを読む以上、読んだ100%の人に良く思ってもらうことは不可能だからだ。

人に良い感情を抱かせるためにブログをやっているのではない、ということをはっきりさせておかないと、もともと八方美人な私は、好きなことを書けなくなってしまう気がする。だから、今後も、書きたいことを書きたいように書きたい時に書いていくと思う。

同時に、他の人が書きたいように書いたことを、できるだけそのまま、頭じゃなくて心で、受け入れられるようになりたいと思う。

昨日は9時間睡眠くらいかな。睡眠時間が少なくなってきた。体温は37.4度。

日中は、胸のざわつきがあり、寝逃げしようともしたけど寝られなかった。その代わり大きな黒砂糖の固まりを食べた(汗)ハーブティに黒砂糖を入れるのに最近はまっている。

生理2日目の割には、痛みに呻いている時間はそんなに長くなかった。私の経験則どおり、出血多量の時は痛みが少ない♪

アロマの本を少しずつ読み進めようとしているのだけど、集中とまではいかない。
先日、鬱病だったか何か精神系の病気を持っている人が激しい胃痛で病院に駆け込んだら、飲んでいる薬の名前を言った途端、「心因的な問題でしょう」と軽くあしらわれて、検査さえしてもらえなかった、という話をどこかで読んだ。これはその医者が胃痛という症状の原因を「心」だと決めつけたことに問題があると思う。

でもふと、その医者と似たようなことを私も自分に対してやってないかな、って思った。

「心因性」とか「心の風邪」とか言うけれど、鬱病などは「心」の病気ではなく、「体」の病気として治療されている。(参考: To 励ます or not to 励ます, that is the question. #2基礎編←うつ病の人を励ましてはいけない理由を、現役の精神科医さんがすごく分かりやすく説明してくれている記事)

私が双極性感情障害として診断されたということは、気分の上下が脳内の物質のバランス異常の結果起こる症状として医者に認められたということだ。(実際パキシルは効いている実感有り)

最近、私は無気力な状態になっても自分を責めなくなった。「あ、セロトニン不足ね」と軽く流している。果たしてこれはいいことなのかどうか。それは本当にセロトニンのせいなのか?

私は生まれた時からずっと、「気力に満ち溢れている」状態になんて一度もなったことがない気がする。小さい頃から怠け者の性格だと責め続けてきたのに、病気という免罪符をもらったからといって、甘やかして、本当にいいの?

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。