necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、10回目の記録(最終回)。

気分はすっかり卒業式、とても楽しいセッションになった。

最初にいつものように前回のセッションから今日までに起こったことを報告して。。。もう何も問題ありませんねーそうですねー悩み、ないですねーー、と。

仕事のこともそうだけど、物事が勝手に起きていくから、目の前にあることをやるだけ、余計なこと考えない、、、それでいいんだって。

最初の頃に比べて「どっしりした」(地に足が付いてぶれないという意味)と言ってくださった。この激動の10ヶ月間、そういう視点で継続してわたしのことをみてくださっていたのはりょうこさんだけなので、そういう言葉が嬉しかった。なんか、通信簿みたい。

呼吸は、ご褒美的なものにしましょう、と「ハートに入る」呼吸に。両手を胸に当てて鼻呼吸。。。。。。。最近眠ってしまうことが多かったので、眠るまいとしっかり目を見開いていたら笑われたw 目を閉じて呼吸に集中してしばらくすると、手足がしびれこわばる感覚がきて、あ、今日は入れる!あとは、思い浮かぶイメージに身を任せた。

元彼、、、わたしはいま幸せだけど、元彼は幸せなのだろうか?とふと思うことが最近よくあった。別れた季節が近づいているからかな。

呼吸の中で、わたしは、理屈ではなく、無償の愛を注がれていたことに気づいた。愛されていた。元彼だけじゃなく、わたしは最初から、すべてのものに愛されていた。わたしは何も勝ち取る必要なく、何からも身を守る必要がなかった。受け取ってよかったんだ。受け取って、今度はわたしが出す番。

りょうこさんにそう言うと、出そうとしなくても、愛の中にいれば勝手に出てきますから、溢れてきますから、と。たしかに。これからどんどんそうなるんだろう。

最後の最後に、元彼への罪悪感めいた感情から、解放された。そういえば、最初の頃のリバーシングで、元旦那への罪悪感を手放した。結局、わたしがリバーシングに導かれた最大のテーマはパートナーシップだったのかな。まあ、ぜんぶつながっているのだけど。

りょうこさんのリバーシングを受けて本当によかった。別人になった気分。。。

そう、まるで別人のように「自分以外の者になろうとしなくなった」。世界への対峙の仕方は別人だけど、結局わたしは何も変わっていないし、それでいい。この感覚、一生モノだと思う。
スポンサーサイト
前回のリバーシングから6週間、あまりふりかえる余裕もなく、どんどん、変わった。

彼と一緒に実家の両親に会いに行ったし、理想どおりの部屋みつけて、契約して、彼が先に引っ越すの手伝って、そして、会社に「やめる」といった、、、実際は二足のわらじをさせてもらえることになりそうなのだけど。

両親と会ったあとは、久々にうつ状態になった。欠点をみつけて、「あなたのために」アドバイスしてくるのは彼らの性質なんだけど、見事にひっかかってしまった。それについては最近素晴らしい記事をみつけたので、今後の指針にしたいと思ってる。
http://neetstep.blog72.fc2.com/blog-entry-190.html

仕事についても、奇妙なタイミングが重なって、最悪の状況にならなかった。清水の大舞台から飛び降りたらセーフティーネットが張ってあった、というかんじ。

今回のテーマはsurrenderだったわけだけど、委ねて、飛び込んで、ああ、こうやって続けていけばいいのかな。

今日はこれから、リバーシングの最終回。10回目。リバーシングを受けはじめた頃、わたし元彼と別れたばかりで、今の彼にほのかな恋心を抱いていた。リバーシングの回を重ねるごとに、恋は進み、いつのまにか、パートナーとして対等な関係を気づいていく過程に入っていった(結婚じゃないよ)。本来のパワーを取り戻した、という実感。

そう、りょうこさんのところでリバーシングをうけてよかったことのひとつに、book club kaiにも定期的に通えたことがある。毎回、新しい出会いがある。前回のリバーシングの帰りによったときは、成田かず子さんの小冊子に出会った。その後何冊か取り寄せて読んでみて、「波動の法則」知って以来気になりはじめた波動とか、気とかいうものが、より身近なものとして感じられるようになった。

結局はみんな同じようなことを言ってるんだけどね、そのとき気になって手に取る本は、そのときの自分にとって一番ヒットするかたちで書かれているから、吸収できるし、実行できるし、変われる。book club kaiさんは、いまわたしにとって、とてもだいじな触媒。

これからもたまにいけたらいいな。
ずいぶん時間が経ってしまったけど、りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、9回目の記録。

リバーシング(8) (2010.10.2) からの変化に書いた内容を報告。気学占いで彼との関係がコロッと変わってしまったところで、、、さらに、仕事についても、あれ、私、実は翻訳以外でも(人とがっつり関わる仕事でも)いけるんじゃない?って思いはじめたところだった。気学占いの影響、すごい受けてる。自分の頭だけ考えては出てこないような選択肢がポンッと入ってくるのが新鮮で。

リバーシング自体は、入れなかった。寝不足でもないのに、すーっと眠りに入ってしまう。強い抵抗。

気学で今の私は"着ぐるみをかぶった虎" (あれオオカミだったっけ)と言われたんだけど、りょうこさんから見ても当たってるらしい。。。。。。。最後に残ったこの着ぐるみだけは離さないぞ!!ってしがみついているような(苦笑)ここまできたら、明け渡すほうが楽だよと。

能力を隠すことは罪。

エゴ。

私がやることは、ただ中心にいることだけ。つながっていること。

守らなければならないものは何もない。

何も侵されるものなどない。

仕事をするのは私ではない。

エネルギーは私のものではない。

何も考えないこと。

私は常に頭で考えすぎる癖があって、それがじゃましてるらしい。

もっと気ままになっていい。

考えないこと、自分を明け渡すこと、今それを実地訓練中。
あっという間の1ヶ月だった。

恋愛

彼との関係が劇的に良くなったのが一番嬉しい変化。きっかけは、10月の半ばに一緒に行った気学占い。これだけで1記事でも書ききれないほど・・・一言でいうと、お互いの役割がはっきりした、迷いがなくなった、という変化。

気学的に見ると、私と彼の性格は完全に男女逆転しているそうで。それまでの私は、上原愛加さんの本の影響もあって、無理に男の人についていこうとしてたけど、私に合わないなら・・・・と、きっぱりやめることにした。

先日は彼の両親に対面したし、近いうちに実家にも行く予定・・・。

職業

その気学占いには、私は3~4年ほど前にも行ったことがあって、そのときにも言われたことだけど、、、営業や販売の仕事が向いているって。そのときは、、、だって、会社やめてひきこもっていた時期だから、とんでもない!と思ってたけど、、、、、、今、1回試してみる、方向で検討中。

表現

表現したい欲求は、ジェネシス・ウェイで一応かなえられて、結局忙しくてその後絵を書いていないけれど、描くことへの抵抗をほとんど感じないので、いつでもまた描ける気分。また、近いうちに、「自由に声を出す」系のワークショップにも行く予定。

先延ばし癖

久々にフリーの仕事を受けて、また懲りもせずに先延ばしして苦しんで、そしたら風邪をひいたりして、最近はほんとてんやわんや。

でも、極意を見つけた気がするのだ。ただ始めること。淡々と手を動かすこと。無心になれれば、進んでいく。

今までのわたしは、余計な思考が多すぎた。

完璧主義

それから、自分の今の仕事に対する役割を発見した。そりゃ完璧なアウトプットができるにこしたことはないけれど、今「完璧でない私」に仕事が回ってくるのは、私だから貢献できる部分があるからなわけで。全部求められてない、一部分だけでいいのだ。そこを不得意な人がいるから、私に仕事がある。逆に、そのポイントさえ押さえれば、後は完璧であろうとすること自体をバッサリ切り捨てたっていい、と考えたら、仕事に取り組むのが非常に楽になった。

習慣

今やりたいことが本当にたくさんある。絵を描きたいし、石アクセ作りもやりたいし、仕事の勉強もしたいし、週3回ひまし油もやりたいし、オイルマッサージもしたいし、サンゲイジングもやりたいし、ローフード的な食生活をしたいし、、、、、、習慣にしたい「良いこと」がたくさんある。

でも、基本的に無気力な態度は変わっていないから、無心に動けばいいと分かっていてもまだ、動き始めるのがまだ本当に、本当に、大変。そのせいで、時間管理だとかいうレベルにまだ達していないどころか、何もできない日もすごく多い。

今の悩みは、やりたいことに対して、できていないことがたくさんあること!!!

でも、いまカレンダーを眺めてみると(Google CalendarにLifelogというのを作って、やったことを記入するようにしてる。iPadのさいすけ使用)、穴だらけだけどやってるんだよね、オイルマッサージも、ひまし油も、サンゲイジングも。ひまし油とか、結構しばりがきつくて、週3日連続して、なるべく同じ時間に、、、、とか。だから続けられないならやらないっ、って前の私はオールオアナッシングだったように思う。でも穴ぼこでも、トライしてる、それは、結構大きい変化なのではないだろうか?

前よりずっと、やりたいことができてるみたい。

あとは、予定に圧倒されるような気分(これ不快)をどうにかしたいなぁ・・・・・・ひとたび圧倒されると、何もしたくない、、、、、、って前みたいに布団にもぐりこんでしまうんだもの。
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、8回目の記録。

最初のカウンセリングでは、『リバーシング(7) (2010.9.4) からの変化』に書いたこと(りょうこさんはその記事をセッション前に読んでくださっていたのだけど)そのままを話した。

りょうこさんと話すと、いつも思いがけない視点、、、自分の中にはない視点に気づかせてもらえる。言われてみるとなるほどそうだな、というような。

「スーパーエゴ」という言葉を教えてもらった。すごーく正しいことを言う人で、すべてをコントロールしようとする人。そういう偉い方の人格が弱くなったから、「何もしたくない」弱い人格が出てこれるようになった、という状態。でも本来、どちらも必要ないもの。つまり、偉い人格と駄目な人格はワンセットだった・・・。

その弱い人格は、前会社行けなくなってひきこもってたとき出てきてたけど、そのときとは何か違う・・・のは、その高圧的な人格に攻撃を受けないってところが、違う。今は、「~でなければならない!」とつぶしてくる存在がいない。あれ、ここにいていいんだ・・・と。

前回のセッションで、実はとても大きい変化が起こったのだと、りょうこさんが言った。前回の記事にはリバーシングそのものについて一言も書かなかったくらいで、それは呼吸にはうまく入れなかったから、ほとんどカウンセリングになっちゃったせい、、、それもあって何かが大きく変わったという実感はなかったんだけど、確かに、あのときの気づきは、ここ数年の私の方向性をひっくり返した!

変わり身の早さというか、急ブレーキ踏んで正反対にハンドル切るとか、私結構得意かもしれない。。。

かといってこれまでの取り組みが無駄だったわけではまったくない。ルイーズさんのアファーメーション、"I LOVE MYSELF." は完全に私の一部となって残った!私はこれから一生、自分を大切にしていく!それってすごいことだ。。。。。。

で、今。偉い方の人格も、駄目な方の人格も本当の自分じゃないとしたら、本当の自分はなんなのか、まだよくわからなくて、どっちへいけばいいのか迷走中。。。。。。ではあるけれど、そこはうまくできていて、絵を描いたり、アクセサリー作ったり、、、「自由に表現すること」に興味が出てきてるのだ。そのことについて少し話をしていて、「うまくやる」ことにとらわれずに絵を描いたり、歌ったり、ダンスしたり、、、、、、それは殻を破って、本当の自分を生きられるようになる過程ですごく効果的だと、そういう経験があるって教えてもらった。

一歩先を指し示してもらえるって本当に嬉しいし、勇気づけられること。りょうこさんに継続セッションを受けることにして一番良かったと思うのが、その点かもしれない。1人で本読んでるだけじゃ難しいこと。

***

セッション後半では、水中でのリバーシングを初めて体験した。特に何かを思い出したりはしなかったけれど、とてもとても気持ちよかった。水の中なのに眠ってしまいそうになったほど。

是非家でもやりたい!!とスポーツ用品店にシュノーケルを買いにいったら、「季節が秋のため・・・」置いてないとのこと(笑)。近々ネットで買おうと思ってる。
今月何があったのか、よくわからない。

前半は、ただただ至福~という中で過ぎていった気がする。天気も晴れの日が異様に多くて、毎日サンゲイジングしてた。フラワーエッセンスがなんだかすごく神々しかったのもいい思い出。

9月下旬の連休に暴飲暴食を始め、一度、自分を見失いかけた。いや、今でも見失っている途中かもしれない。

いまどこにいるのか、どこへ向かっているのか、、、、、、今なんだかとてもぼんやりしている。

かと思うと、新しいこと始めてみたり。ときどき、霧が晴れるのだ。


前回のリバーシングからのメンタル面での大きな変化は、そうだ、「アファーメーションを一旦やめてみた」だった!やっと思い出した。

うれしい驚きだったのは、I LOVE MYSELF.私は自分が大好きです。そういう、根本的なアファーメーションが、想像した以上に自分の一部になってたこと。それは別になくしたり否定したりする必要ないところだと思った。(あえてしつこくやる必要もなくなったかなとも思うけど。)

そうではなく、「欲」や「願望」がからんでいるようなアファーメーション、仕事やお金や美しさに関連するような。集中してやってたんだよね、ここ数ヶ月。それをきっぱりやめた。意外と簡単にやめられた。

それでかな、しばらくたってふと気づいたら、どこへ向かっているかわからなくなった。なんか、コンパスがぐるぐるぐるぐるまわり続けているような感じ。

今までいかに、「~ねばならない」に突き動かされていたかに気づいちゃった。「~ねばならない」を取っ払ったら、中から「何もしたくない」わたしが出てきた。何もかも面倒くさい、生きてることって面倒くさい。久々に無気力なわたし。でも、なんで面倒くさいって思うんだろうね?って突き詰めていったら、たくさんの「~ねばならない」を抱え込んでいるせいだとわかった。ぐるぐる。

そっか、これは、私をがんじがらめに縛っていたさまざまなSHOULDが、ほどけていく、その過程にいるのかも!!!(ここまで書いて初めて気づいた~。最近ほんとうにぼんやりしてて、書くのも面倒くさくて、、、、、でも書くとやっぱり気づきがあるからいいね)

以前と変わらず、そのとき必要な気づきは、必要なときに与えられ、導かれている。だから、迷っているのとも違うみたい。先が全然見えないのに。ただただ眠くて、食べて寝てばかりいる。信じていることはただ、Everything is working in divine order.、、、すべてはうまくいっているということだけで、あとはただ、なんか、進んでいくのだ。

気づきのアンテナに引っかかってきたことで、やってみたいと思ったことは素直にやるようにしてる。ものすごく久々に絵を描いたし、アクセサリー作りも久々にやった。アイロンがけがうまくなった。彼と一緒に住むことを現実的に考え始めてる。リアルな夢をよく見る。仕事を変えようと思ってる。もうすぐ霧が晴れそう。
生きていてもいい、と普通に思える状態がこんなに安定して続いているのは、生まれて初めてだ。なんせ、幼稚園の頃から「いつ死ねるんだろう」って思ってたくらいだもの。

今こうなれたのは、りょうこさんに言われたように多くの取り組みを同時に行った相乗効果でもあるけれど、「リバーシング」ならではの効果だな、と特に思うことがある。

それは、癒されている人の心の状態を「肉体的な感覚として」経験できたこと。

水の中を泳げるという感覚を一度も味わったことのない人が、いくら泳ぎ方の本を読んで頭にたたきこんでも実際には泳げるようにはならないのと同じように、「生きていていい」という感覚を持ったことのない私がそうなるには、すごく高い壁があった。

でも1回、あー泳ぐってこんな感じなのか!と水の中で体の感覚でつかめたら、あとは簡単!・・・わたし泳げる!泳げるってこういうことなのか!まさにそのような感じで、私の「生きていていい」っていう感覚は育った。

いったん感覚で分かるようになったら、たまにバランスを失っても、あまり時間がかからずにそこに戻ってこれるようになった。

今までだって、温泉に浸かったときなどに、気持ちいい~って感覚を一時的に味わうことはあった。でも今では、温泉のような特別な場所でなくても、何かのきっかけでハートが軽くなって、自分がこの世界に溶け出して、もう至福としか表現できないような状態になったりする。。。。。。。ちょっとしたことで深い感謝や、深い幸せを得られるようになってきている(現在進行形)。

毎日ちょっとしたことで癒しが起こるから、突然、エネルギー源が100倍くらいに増えた感じ。エネルギーが漏れるようなことも最小限に抑えられるようになった。以前大きな悩みだった「無気力」はもう問題じゃなくなった。(まあ、たまにあるけどね「何もしたくない」って、そうなったときは、自分を責めずにできる限り徹底的に休む。)

昔、心の持ち方の問題だと思ってたこと(「無気力」っていう状態)って、多分に肉体的な感覚でもあったんじゃないかと思う。あのころ、生きるのは今より格段に「重かった」。

それを、"心"からの働きかけだけでやろうとすると、心 対 心 だから難しいかもしれない。(あーだから薬物は効くのか)

肉体から働きかける方法・・・薬物は別として、ヨガその他のボディワークなどなど他にもたくさんあるだろうけど、それを誰もが無意識に毎日やってる「呼吸」という取っつきやすい方法でやってしまうのが、リバーシングのすごいところ、、、、だと思った。
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、7回目の記録。

前の記事に書いたような、「目に見える」変化が起こり始めたことを報告。(急にピントがあった!)

りょうこさんに言われて初めて気づいたのは、3つのレベルで同時に働きかけていたということ。

1. リバーシングによるグラウンディング、インナーチャイルドの癒し
2. サンゲイジングによる気づき
3. 恋愛によるハートの癒し
それに加えて、カフェコロンやひまし油パックによる肉体のクレンジングも、、、

すべて同時進行で進めた結果、当初の課題であったグラウンディングは、もう問題ではなくなっていた。。。。。。だなんて、自分では気づいていなかった。だって、いったん自分の問題だと理解して取り組み始めたことについて、その問題解決しちゃいましたって、簡単には言えない。特にこういう見えないレベルの問題の場合。

でも逆に、見えない問題だからこそ、上の人(前を歩いている人)に、もうその問題なくなってるよ、って言われただけで、そうなのか!って納得して一気にその気になっちゃうのも事実。

そこで、りょうこさんから新しい問題提起。

願いって叶うんだ!とわかってきたら、今度はそれを超える時期がくる。。。

その概念についてとても難しく感じたので、何度も何度も聞き返して教えてもらって、やっと理解した、ような気がする。

今わたしは、愛の道へ進むか、魔術(パワー)の道に進むかの岐路にいると、りょうこさんは言う。

日常生活が問題なくこなせるようになってきて、生きる気力も出てきて、さあ、これからは仕事の面やお金の面で願望実現だ!!!と当然のように思っていた私に、突然の問題提起だった。

願望を持つのは、自我。エゴ。私が、私がという意識であり、マインド。

願望実現テクニックは確かに効くし、私はそれを実体験してきたし、これからもそれを用いて幸せになっていくんだって疑ってなかった。

でも、願望を持つ→叶う→さらに上の願望を持つ→叶う......の繰り返しで、私が本当に望んでいるものは得られるんだろうか、、、、、、実は、ルイーズさんの本で何か物足りないと感じてた部分は、そこだと気付いた。アファーメーションするには、先に願望をマインドで設定する必要があるわけだけど、お金にしてもパートナー関連にしても、私が思い付ける幸せって限られてる。"My income is constantly increasing!" ー私の収入は増え続けていますー本当に私はそんなこと望んでいるんだろうか?わからないのに、叶い始めた願望、楽しくて、とりあえず打ち上げとけ、ってなってた部分もあった。本当はお金がうなるほどあったって心の平安は得られないって薄々感じてるのに。

これは別の気づきだけど、最近お金や仕事関連のアファーメーションやりはじめた背景には「デモンストレーション」欲があったことに気付いた。お金に興味があるのは、私よりもむしろおつき合いしている彼の方。彼はスピリチュアルなことを否定はしない人だけど、私がそれを見せてくれるなら信じるよ、というスタンス。しかも、目に見えることしか評価しない傾向がある人。じゃあ、見せてあげるよ!ビジョンを現実化できるってことを、そのパワーがあるってことを、証明したくなっていた。うん、彼に認められたかったし、上に立ちたかったかな……

そうなると、アファーメーションといっても、完全に「パワー」「魔術」の領域だ。たとえ人を傷つけないとしてもね。だって、魔法のように効くって経験上知ってるテクニックを、自分の願望を満たすために使うってことだもの。

インナーチャイルドの癒しや個の確立の過程で、願望を満たすことは必要だとりょうこさんも言っていた。そのためにアファーメーションは効果的なテクニックだって。

でも、その先がある。。。。。。今日初めて私はそのドアを開いて、戸惑ってる。でも、なんとなくわかる。これまで積み重ねてきたことは間違いじゃなかった。でもこれからやるつもりだったことは、いったんリセット。

キーワードは、真我。神聖な存在。今ここにいること、満たされていることにフォーカス。
前回のリバーシングで明らかになったテーマは「自立」だった。

それから1ヶ月。まさに自立に向けての、非常に分かりやすい変化が多方面で起こった。(やっぱり、目に見える変化が起きると嬉しいもの^^)

といっても、劇的に何かが変わった!というわけではない。日々洗濯ができること、掃除ができること、そういう「地に足が着く」方向への地道な変化が今までずっと続いてきた中で、その結果がやっと、目に見える形(自分でも評価できるようなかたちで)現れた、ということ。

具体的には、
・家が劇的にきれいになった。"何が入っているか分からない段ボール"とかが基本的になくなった。
・水回りがきれいに保たれるようになった
・洗濯する頻度がかなり上がった。(肌触が好きな素材のもので取り囲むようにしたら、それをきれいに保ちたいという気持ちが出てきたらしい)
・先延ばしをあまりしなくなってきた。
・医療保険について調べた(調べ中)。
・自分のお金のフローについて関心が出てきた。(お金の動きが具体的にイメージできるようになったし、そうすることに興味と意味を見いだせるようになった)
・フリーランスとしての仕事を、もう一度ほしいと思った。新規開拓に取り組み始めたら、別のチャンスもやってきた。


それにしても、家がきれいになった、とかお金に関心が出てきたとかってほんと、何度書いてきたことだろう!!!それでも今「変化」と認識しているのは、気持ちの面で大きく変わった実感があるから。自分の力が及ぶ範囲として手をかけられるようになったから。(あーそれも何度も書いている気がするけど・・・そのレベルが・・・。)

***

ここ2ヶ月ほど続けてやっているアファーメーションは、
「私は、大好きな仕事をして、たくさんのお金を稼いでいます」
「私は、最高のタイミングで今の会社を卒業します」
「私が大好きで、うまくできて、楽しんでできる仕事がたくさん入ってきます」
(文の細かいところは気分で変わるんだけど)
みたいな、ほんと、お金、仕事のこと。

なんだかんだいって、起きてる時間の大半をそこに注いでいるんだもの。具体的にどのような現実を作っていくのかまだ見えてはいないけど、方向性はそこ。これからが楽しみ!
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、6回目の記録。

久々のリバーシング、実は、前みたいに寝てしまわないか少し心配だった。

内心、眠くはならないことに安堵しつつ呼吸を続けていたところ、りょうこさんから上半身を起こすよううながされる。足と手の痛みはあるんだけど、なかなか入っていけない。。。。。(というのは、りょうさんに指摘されるからわかるのであって、自分ではちゃんと呼吸できてるつもり。なぜか自分では抵抗していることに気づけない。)

足に向かって、その痛みはなんですか、何がじゃましていますか?という問いを投げかけて、(かなり長い時間の、何度かの試行錯誤の後)ようやくたどり着いたのが「パワー」という言葉。

「もっとパワフルになるのが怖い」

私は、リバーシングを始めてからずいぶんパワフルになった。一方で、それ以上パワフルになるのを自分に許せていないことでひずみが出てきていた。

今まで長い間、「私には力がない」という前提で人や社会と接してきて、それでうまく廻していた。「弱者」として振る舞うことで得ていたものが実はたくさんあった。パワフルになることと引き替えに、それを失うのが怖いのだった・・・。ここ数週間仕事を辞めようと本気で考えていたのも、そういうことか、と腑に落ちた。

りょうこさんにうながされ、パワフルになってもよい、というイメージで呼吸していると、前回と同じような「至福」状態に入った。

体全体、特に足がベッドに縛り付けられているかのように、重く、絶対に自分の意志では動かせないような感覚で、かなり長い間"手術"を受けた。本当に本当に気持ちよかった。

***

ここ数ヶ月のわたし、自分ではそう大して変わっていないように思っていたけれど、りょうこさんからは、グラウンディングができてきたからそう思うのであって、本当はすごい変化なのだと指摘を受けた。

そうかもしれない。日常的なこと(洗濯とか掃除とか風呂に入るとか・・・)をするのがあまり苦でなくなった。それは、生きるのに興味ない私としては、ずっとできなかったこと、今みたいな生活って、数年前からすると夢のようなのだ。気づいたら(そうすべて「気づいたら」だ!)朝、目覚ましをかけなくなっていた。早朝自然に目が覚めて、しかも起き出して、晴れていたらサンゲイジングまでやってしまう。ケイシー療法のオイルパックやろうと思えば、ちゃんと週3日セットを繰り返しできてしまう・・・。最近は、週末の朝ジョギングすることだってあって、そういうのって、「無気力」時代の私だったら考えられなかった。

以前は、ブログにも、こんな変化があった、あんな変化があった、とよく書いていた。それは、地に足が着いていない、軸足がないために、少しの変化で根底から自分が揺らいでしまう、という面もあったみたい。

今の私に起こってる変化を、もし以前のテンションでここに書こうとしたら、書ききれないほど・・・なのかもしれないけど、なんか、あまりにも自然に、「気づいたらそうなってた」という感じで過ごしているため、たいしたことがないように思ってしまう。書くほどのハイテンションになれない・・・。

これも、「地に足が着く」1つの過程らしい。
今回はちょっと時間があいた。
ブログ書くのも、なんだかそういう雰囲気じゃなく、ほとんど記録らしい記録をとらずに過ぎてしまった。

久々のリバーシングにいく今日、いつものようにまとめようと思っても、何かいていいかわからない状況。

6月末は辛い時期だったと思う。でもそのおかげで、もがいて、You can heal your lifeのアファーメーション、サンゲイジング、ケイシー療法(ひまし油湿布とコーヒエネマとオイルマッサージと、、、)のようなことを日常的にやる生活に。

その効果か、最近は前回のリバーシングで味わったような「至福」を日常生活でも瞬間的にだけど味わえるようになってきた。

6月から7月中旬にかけてあらためて取り組んだのは、自己肯定について。その後、夢を描くことに興味がでてきて、夢をリストアップした。その中で、仕事、豊かさが今現在のテーマ。

あと大きな変化といえば、今までの写真、音楽すべて入っているハードディスクを失ってしまったこと。それで、モノに関する執着が深いレベルで削ぎ落とされた。写真なんかなくても、だいじなことは、そのときの心の動きは、思い出せる。失ったら怖いものなんてそうそうないのかも。

断捨離がますます進む予感。。。



一方でipadを買って、散乱してた本当に必要な日常的な情報が外に記録しておけるようになった。今まで、A5ノートに書いたりしてたけど整理が苦手な私は、すぐどこかへやってしまうので、結局頭で覚えておくことが多かった。情報のありかを心配しなくなったら大げさでなく、心が軽くなった気がする。

そしてできた余裕で、そろそろ、仕事とか現実について動いていこうというところ!






りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、5回目の記録。

最初は、また眠ってしまった。何度やってもつい夢の中にひきずられていってしまう。

目を覚ましてりょうこさんと少し話す。「なんか小さくまとまろうとしてる。」「結構変容してきたし、これくらいでいっか、てなってない?」と聞かれ、ドキッと。

その前に”生きるの面倒くさい”という話をしたから、そのこと気になるねって。どうして面倒くさいんだろうね。そこには願掛けしないの?と焚きつけられ(笑)

「面倒くささ」についてフォーカスしながらまた呼吸に戻る。

かなり時間が経ったのかな、手足に強烈な痛み!!!今までにないくらいの痛さだった。

でも痛みはあっという間にひいた。それとともに、いつもリバーシングの最後の方に聞こえるの同じ「サー」っていう音が頭の中で響く。

痛みが引いたあと、また呼吸を続けた。ときどきりょうこさんのガイダンスに従って・・・。(りょうこさんはベッドの右側にいるはずなのに、左側、左上?から声聞こえてた。なんとなく、この声りょうこさんじゃないかも?って思いつつ、そんなことどうでもよくって、うなずいたり、従ったりしてた。後から聞いたら、りょうこさん何も言ってないって。そして、りょうこさんもその存在感じてたって)

ガイダンスに従いながらも、「面倒くさい」に関する問いは続けてた。すると、問いへの答えがすぐに返ってくるって確信できる状態(うまく言えないけど、回路がつながった!みたいな)になって、「どうして面倒くさいんですか。答えを見せてください」→「知る必要はありません。必要なことはすべて体験するから」のようなメッセージを得た、と同時にハートのあたりに風が入ったような感覚。

体が浮きあがって、ありえないくらい軽くなって・・・・あ、これは何かされてる、手術っぽい?これは身を任せていれば、いいようにしてくれるらしい・・・・ってこんなこと初めてなのに確信できた。だって、本当に気持ちいいんだもの。

まさに「至福」。それが、ずっと、ずっと、ずっと、続いた。言葉で表現できない。幽体離脱ってこんな感じなのかな?あー、今なら望めば空飛べるかも、って普通に思っちゃうくらい、浮世離れした気持よさだった。

からだの力はすべて抜けてしまっているけれど、意識ははっきりしたままだったので、最後の方、ここぞとばかりに思いつく限りのアファーメーションをしてみたw最近手帳に貼っている理想体型の女優さんをイメージして、自分のイメージと重ねてみたりだとか(笑)もう叶わないはずないって思ったw

******

終わったあと、鏡を見てびっくり。目がキラキラ、別人みたいな顔に!(残念ながら今はフツーに戻っちゃったわけだけど)

そのあとりょうこさんから話を聞いたところによると、大量に光が入った、のだそう。ちょうど私がハートに風を感じたときだと思うんだけど、ハートのあたりに光の柱が立ってたって。そして、チャクラから何かがスポッスポッって抜けていくのが見えたとか・・・。まさに「オペ」だったって。りょうこさんは、虹色のマスターを感じたそう。
リバーシングといっても、前回は眠りこけてしまったわけだけれど。2週間経ったんだ。

何やってたのかな。なんだか、目の前にあることをぎりぎりで片付けるうちに終わってしまった感じだ。天気のせいもあるのか、うつに落ちやすい時期でもあった。でも何もできないほど落ちるわけじゃなく。

流されている。

あ、Joshua Treeはとても効果を感じた。どう変わったとは一言で言えないけど、すごく効いてくれた感じ。

***

仕事について、「やる気」が出てきた。言い方悪いけど、二流で甘んじてるのやめるわ、という覚悟をしつつある。

今までは、対人恐怖との闘いが最優先課題だったので、仕事のための勉強とかにはエネルギーをさけない事情があった。たまたま、仕事をなあなあにしてても収入を得られる能力があったのは恵まれてたと思う。。。。。。でも、だんだん心が楽になってくるにつれ、現実的なこと考える余裕が出てきて、なんで自分、こんないい加減な仕事やってるんだろ、って・・・。気持ち悪くなってきた。

あらためて貯金をカウントしてみたら、このくらいあったら独立考えられるのにな、っていうラインをちょうど達成してたことに気づいた。(「こうなったらいいな」って思うだけでほんとにそうなるんだよ・・・。願望さえもてたら。)

金銭的なことが一応クリアされてしまったので、あらためて、1年後に独立っていう目標を立ててみた。フリーになるには、実力と時間管理(先延ばし癖)がネックなので、それをこれからクリアする。

***

彼とは順調、かな。一緒にいるのが当たり前になってきた・・・あ、それじゃやばいじゃん!一緒にいてくれることにたくさんの感謝。私は思ったより早く、自分の素を見せられるようになってしまった。それでも受け入れてくれる・・・・・奇跡じゃないかと思う。

私にこう変わって欲しい、とか、コントロール欲を感じることがある。そういうとき、彼は私の鏡なんだと思う。それは私がそれを手放す必要があると教えてくれているだけ。

ただ今は、私が変わりたい方向と同じなら、遠慮なく手を貸してもらってる。だから、家がどんどん綺麗に、機能的になっていく(笑)そしてそれは恥ずかしいけど嬉しいこと。これがこのまま続いていくのかどうかは分からない。お互いの「境界」というものがどのあたりで落ち着くのか。どうなるのかな??

***

ルイーズさんに最近原点回帰しつつある。You Can Heal Your Lifeのワークの続き、再開しようかな。

前回のキネシ以降、身のこなしとか、ウォーキングとか、マナーとか、日常生活での”美”を教えてくれる教室を探してた。最近、やっと良さそうなところ見つけた。来月くらいに体験だけでもしてみようかなと。




・・・・・・気分下がっててうつ状態に片足突っ込んでる状態なのに、これだもんね。

今日のリバーシングでは何を手放せるだろう?楽しみ!
かなり遅くなってしまったけれど、りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、4回目の記録。

両親との海外旅行から帰って4日目、ようやく時差ぼけが治ったかな、というところでのリバーシング日だった。今思えば、目標設定もできないくらい疲れてた・・・と思う。

でもまさか、セッション時間中、ベッドの上で眠りこけてしまうとは!!!呼吸3回するかしないかで意識失ってたって(汗)

セッション中にうとうとしたことはこれまで何度もあったけど、大体声かけてもらえば軌道修正できてたのに、今回は無理だった、、、、、、何度も声かけてもらったの覚えてるけど、、、、、眠り続けてセッション終了(笑)

***

前にも教えてもらったけれど、眠ってしまうのは、抵抗なんだとか。以前のアイデンティティ、、、闇の部分の私が引っ張っる。私がしがみついてるみたい。そういう自覚がなかっただけに驚いた。

旅行だってなんとかこなしてきた。彼とのつきあいも順調。仕事もなんとかやってる。ちゃんとやることやってるし、変化を止めているつもりなんてないのに、私の中にそこまでの抵抗があったとは。

りょうこさんからは、頭で考えすぎてるのでは、ハートでありのままを受け止めて感じて、というメッセージ。

今の目標として「綺麗になりたい」っていうのがあるんだけど(前からの目標でもあるけど彼と付き合い始めてからさらにリクエストもあり・・・)、それも頭で考えてるでしょ、という鋭い指摘。たしかに、「~すべき」先行だ。どうなりたいってまだイメージがないもの。

願いがほんとに叶うのに嬉しくなっちゃって、その願望実現のプロセスそのものにはまってるところがあったかも。。。。。。私が心底きれい!って思って心ときめくものって??私にとっての「美しさ」の再検討が必要。
りょうこさん(Twitter: @puahinaleela)によるリバーシング、3回目の記録。

苦しみの中でのリバーシング日になった。初めて携帯メールがあった日から毎日メールしてたのに、彼からの連絡がなくなってた。思い当たることはあった。「すべての出来事は私への最高のプレゼント」って言い聞かせても、すぐに不安が頭をもたげてしまう。こんな気持ち、初めてだった。今までの私だったら、そういう不安は相手にすぐぶつけてた。相手を大事にしたいと、思えば思うほど、何もできなくなるなんて。

リバーシングに向かう前、考えに考えて、ようやく気づいた。私は、恋愛に関して、次の願いを打ち上げていなかった。だから、止まってるのは当然なんだ・・・。

付き合いたいといまだに思えていないこと。彼は怖いと言っていた。私も怖い。彼を傷つけるのが。私のこれまでのやり方じゃ、彼を傷つけてしまうだろう。上澄みのいいとこだけ見せるのも、自分でも目を背けるようなヘドロをさらけ出すのも、どちらも不健全。

***

そんな状況でのリバーシング開始・・・出てきたのは、深い罪悪感だった。

呼吸をかなり長いこと続けていると、足がつったようになり痛みはじめた。りょうこさんに「足はなんて言っていますか?」って聞かれた。予想外の質問。足が言いたいこと???最初は何も浮かばなかったけど、しばらく体に意識を集中していると光景が浮かんできた。ぼんやりとした、空気感、雰囲気、外、春、神社、、、これは結婚前、お互いの両親の顔合わせをした後、一緒に大きな神社へ行ったときの感じだ。あのときの不安と期待と緊張が入り交じったような雰囲気を追体験してた。

同時に、それを思い出している意味を自然に理解した。「ずっと一緒にいる覚悟がないなら、コミットしちゃいけなかったんだよ、って言っています。その覚悟がないなら、関係を始めちゃいけなかったって。卑怯だって」

りょうこさんに「責めてるのは誰ですか?」と聞かれる。しばらく考えるけど、よくわからない。親かと思ったけどそうじゃない。自分だ。「自分は自分なんだけど、少し距離がある・・・自分の内側からではない感じ?」と言うと「そう、マインドが言ってるの」とりょうこさん。

自分を許す呼吸。

自分を許します、、、、、、、と言っているうちに、義父母の顔が頭をちらついて集中できなくなった。「私が私を許しても、義父母は私を許さない・・・。」私のせいで、息子を台無しにされた。私は、彼らの信頼を裏切った。私みたいな女に引っかかったせいで、大事な息子の経歴に傷がついた。。。。。。

りょうこさんからいただいた問いは「どう言ってほしかったですか?」最初は義父母に、次は実母に・・・・・・この質問の意味が、全然わからなかった。。。。。。私はその当時全然本音を話していなかったし、私が言ってほしかったことを言ってもらうのは100%不可能でした、とりょうこさんに力説してしまった。

それはマインドで考えてるって、今聞いてるのはここ、ハート、ってりょうこさんが胸に手をあててくれた。母が実際にそれを言ってくれたかどうかじゃなくて、誰でもいいの、誰かになんて言ってほしかった?すごく胸の部分がじんわり熱くなってきて、、、、、元彼の顔が浮かんだ。あ!彼がいつも私に言ってくれていたこと「そのままでいいんだよ」って・・・・・・。

そのままでいい、という呼吸。
私は完全に許されてる。
どんな過去があったとしても、私はイノセントで、すべての経験はパーフェクト・・・

しばらくその呼吸を続けて、やっと理解した。それはセッション前にりょうこさんからアドバイスいただいたことからヒントを得たものでもあったんだけど。「私がコミットすることで、彼は傷つくかもしれないけど、もし傷ついたとしたらそれは彼の問題で、私がそこまで引き受ける必要はない。私は私が最善と思う行動をすればいいだけ」

***

その後、どのくらい時間がたったのだろう?また足が痛んでいた。もう一度同じ質問。今一番痛い部分(太ももだった)はなんと言っていますか?

???また桜が見える。花びらが散っている、、、春、、、、あれ?アジサイ?6歳くらいまで暮らした家のそばにあったアジサイで、私は両親が留守の間、隣の家の年上の女の子のとこに預けられて、あれ?つらい、面倒がられてる自分を感じてる、いじめられてる?幼稚園に入ったらそういうことはなくなって、、、、、、でもそれは別の意味でとても不安。。。。。。連想ゲームみたいに続いていって、、、、、

わかった。「春は新しい人間関係が始まる季節、だから、とても緊張してしまう」って言ってるんだ。

謎解きみたい。でも実際、、、、、幼稚園入園してちょうど今くらい、5月くらいから、私はいくつかの病気を立て続けにして幼稚園を休んだんだって。その病気が治っても熱が下がらなくて、結局数ヶ月?幼稚園に行けずにいたって・・・

そのころの記憶はほとんどないんだけど、、、、、、体がそれを覚えてるんだね。。。。。そしてこの季節になると無意識に思い出して不安になるのかな。そういえば、今の会社に入ったのもこの季節だった。さらに最近会社での立場が変わり、新しい関係を築いていかなくちゃいけない時期に入っていて・・・

アファーメーション(うろ覚え)
私は楽な人間関係を作ることができます。
人と関わることは楽しい。
私は周りの人に深く愛されています。
私は新しい恋愛をエンジョイすることを自分に許します。
大きな変化が起こりそうな予感が的中したみたい。たった1ヶ月間の間に起こったこととは思えないほどたくさんのことが起こった。でも、すべてがあまりに自然に、当たり前のことのように起こっている。あえてこうやって振り返る機会を作らなければ、変化したことに気付きさえしなかったかもしれない。正直いって、今こう書いているのも面倒くさく感じるくらい、テンションは上がっていない(笑)

流されているような・・・漂っているような・・・変化を促進しようとする努力など何もしてないし、できない。かろうじて、その変化を止めようとすることはしていないだけ。なのに進んで行く。1回起こり始めた変化は、化学反応のように勝手に進んでいくんだろうか。

感じたことのない感情。おかれたことのない立場や状況。いくら嬉しいことでも、ずっと願っていたことでも、初めてのことって心細い。まったく予想外のことだって起こる。そんなときも、逃げ出さずに漂っていられるのは「信じる」力がついたおかげ。すべては最善の方向へ向かっていることを私は信じる。ただ、ただ信じる。いくら苦しくて、悲しくて、やりきれない状況でも、今のわたしはそれがすべて最高の結果のために必要で起こってることだと信じられる。

家族との関係

・実家に弾丸帰省
・5月下旬に家族旅行の予定
・父母の幼い頃の話を聞いた
・父と目を合わせてしゃべった
・母と冷静に話せるようになった
・実家の自分の部屋を断捨離した
・うちの実家(家系)はろくでもないけど、そんなに悪くもないな、という気づき。

恋愛

・好きな人と楽しく話せるようになった
・携帯メールするようになった
・電話もするようになった
・デートもした

人間関係

・以前の同僚とひょんなことから連絡をとるようになった

内面

・美しくなりたい、と本気で思うようになった
・会話テクニックの本を何冊か読んで参考にした
・美容院にいって、楽しく会話できてしまった
・会話が多くの人とスムーズに楽しく長く続くようになった
・たぶん、もう対人恐怖とはいえない。

仕事

・昇進、昇給
・大きなプロジェクトが無事完了
・在宅の仕事は、、、、、、、最近依頼がない。やっつけ仕事が続いたので自業自得か?

明日リバーシングにいくんだけど、、、、、、次のテーマ、どうしたいんだろう、わたし。今心のなかにものすごいモヤモヤがある。それだけはたしか。だけど、はっきりしないんだ。ま、必要なことが起こるわけだから、大丈夫。お風呂入って気持ちよくなって眠ってしまおう・・・♪
りょうこさんによるリバーシング、2回目の記録。

最初に、前回のリバーシングからの変化を報告。その後、今日はどんなことをテーマにしたい?って聞かれて、思い浮かんだのはやはり恋愛関係。最近、男性は私にとってUtilityでしかなかった、っていうことに気づいた。2010.04.09 味をしめるの後半に書いたように、「ロマンチックな関係」って一体どういうことなのかわからない。想像もつかない。テーマは父親との関係に決定。

リバーシングが始まり、前回同様、りょうこさんが絶妙な「問い」をくださる。途中、今思い浮かんでいることはありますか?って聞かれてはっきり思い浮かんだ言葉があった。

「掃き溜めに鶴」

私がいつも子どもの頃から両親に言われていた言葉。どうしてこんなできる子が生まれてきたんだろうね。掃き溜めに鶴、鳶が鷹を産む、ってこういうことを言うんだろうね、、、なんど聞かされたことか。どんなに距離を感じたことか。両親は私の「できるところ」しか見てくれない。。。。。。

Q. それについて、お父さんとお母さん、どっちが思い浮かぶ?
圧倒的にお母さん。でもお父さんも、私の肩書き部分だけ、会社の人に自慢とかしてるらしい、しかも今でも。そういうのキモイ。

Q. できるところしか見てくれない、ってことに関してお父さんにどうしてほしかった?
????父は・・・・・・それをしてない??できるところもなにも・・・見てすら・・・いない?母から、私の成績について聞かされてすごいじゃん、とは言うけど、、、面と向かって・・・褒められたことが・・・ない(涙で言葉が出ない)。向きあってもらったことが・・・ない・・・。

向きあってほしかったね。

アファーメーション:お父さんとお母さんは、ありのままの私を愛しています。

感情が乗らない!単なるセリフでしかない。抵抗がある。そのことを意識して呼吸。

***

父自身が子どもだから、私を愛するなんて無理だったんです。父の口癖は「necoxはこんなこともできないのか!」「こんなことも知らないのか!」だもの。ものすごく嬉しそうな顔をして。私がちょっと知らないこととかあると鬼の首を取ったように喜ぶ!それは今でも。

Q. お父さんのインナーチャイルド見えますか?なんて言ってますか?
分かって欲しい、愛してほしい、あーそうですね、ありのままを受け入れて欲しいのは、父の方なんですね。母はよく父のありのままを受け入れてると思いますよ。あんな人とよく結婚生活続けてられるなと思う。あの人に生理的嫌悪感を抱かずにいられるなんて・・・・・・あ!父は、母を、奪わない?

父から私は、何かを、エネルギーを、奪われる、怖い!怖い!ばらばらにされる。父は私からエネルギーを吸い取る気がする。だから目を合わせたくない、触られたくない、近づきたくない・・・(涙)

呼吸
恐怖を手放します(吐く)、エネルギー(パワー)が満ちてきます(吸う)

***

リバーシングが終わった後、またサーっていう音が耳で響いていた。前ほど大きい音ではなかったけれど。

その後のりょうこさんからいただいた気づきが大きかった。父は、見えないレベルで私に強力なプレッシャーを与えていたのでは?という。何かを言ったり、直接的にするわけじゃなく、見えないレベルで力を行使してた。外でバカにされている分、自分より弱いものに対してバカにした。それは本人も気づいてないかもしれない。

私が小さいころはそれで良かったかもしれないけど、私ができる子になってしまって、そりゃ、居心地悪いよな・・・。

そして、前回言っていた「男の人は私を助けてくれる」という信念・・・それって、男の人に自分を明け渡しちゃうってこと・・・。無力なものとして。今までの男性関係がすべて腑に落ちた瞬間だった。

男性と付き合うっていうことは、男の人に自分の力をすべて明け渡すことだと思ってたんだ。そうすると、男の人は喜ぶんだって思ってた。すべてあなたにあげてるんだから、私は一人では何もできないの、だからこれをやってよ、あれをやってよ、私の言うとおり動いてよ!っていう意味でのUtility・・・。ライフライン。私はそれを要求するのは当たり前って思ってた。私につかまった男の人はしょうがないなぁっていう感じで動いてくれたけど、内心搾り取られているような感じだったのでは。

そりゃあ、ロマンチックとは程遠いはずだよね・・・。

ロマンチックは日々の喜びから見つけていく、というりょうこさんのアドバイスが貴重だった。自分をお姫様扱い。服も音楽も食事も、大好きなものを自分に与えて、毎日を楽しむ・・・そしてその楽しみを誰かと分かち合いたいと思うとき、それがロマンチックな関係になる(っていうこと?まだよく想像できない)それは最近の上原愛加さんの本のメッセージと完全に一致していて、そうなんだ、この方向でいいんだ・・・って。愛加さんの本、実はこの本買ったのはたぶん1年くらい前。ずっと積ん読してあって、こないだの断捨離でも捨てなくて、このタイミングではまるのは、そういうことだったんだ。

必要なものや気づきはどんな形でも与えられる。いつも守られていることを実感したリバーシングだった。
昨日りょうこさんから受けたリバーシング(2回目)では、ものすごく大きな気づきがあった。あまりに大きすぎて、まだ消化できてないらしい・・・。ノートにはとってあるし、記事にするつもりだけど、よし書くぞ!ってなるまでにまだ少し時間がかかりそう。

「抵抗しないこと」ってキーワードかも。それくらい大きな変化がこれから起こりそうな予感。

今回選んでいただいたフラワーエッセンスも(これもまた後日記事にするけど)、ちょっと今までにないくらい飲むのに覚悟が必要。だからこそ、意識して摂るようにしてる。

ただいま副業の仕事を絶賛先延ばし中でもあり、、、今日はそっちに集中しようと思います。
前回リバーシングを受けたMICAさんからご紹介いただいた、すがわらりょうこさんのセッションを受けてきました。とても相性が良く感じたので、これから10回通うことに決めました。これは1回目の記録です。

すがわらりょうこさんのHP: ヒーリングサロン MALLIKA
http://web.me.com/chantiksclaw/puahina/

セッションの流れはMICAさんのときと同じで、まず最初にカウンセリング。

タイミング的に、やはり恋愛が主題に。先月彼と別れたばかりなのに、もう失恋までしてるんだもん(笑)。恋愛って、両親同士の関係がどうだったか、というのと密接な関連があるから、それをよーく思い出してみるといいよってアドバイスを受ける。そういえばわたし、父 対 母の関係が分からない、ということに初めて気づく。私がいないとき、彼らはどうコミュニケーションとってたっけ?思い出せなくても、それを体全体で覚えてて、再現してるものだって。だから、ちょっとポイントとしてこれから考えていきたい。

「男の人はいつも私を助けてくれる」って信念があるってのは、最近の気づきだった。それっていい信念だと思ってたんだけど、それは男の人より自分の方が下だという前提だって指摘を受けて、目からウロコだった。助けてもらって、元気になって、はいさようなら、、、って?あれっ、男性と対等な関係として支え合っていくっていう概念が私にない・・・?(親の世代にはそういうの、ほとんどないんだって)

とにかくりょうこさんは、絶妙なタイミングで絶妙な問いをくださり、それについて考えているうちに気づきが!という感じ。すごく面白いセッションだった。

そして、リバーシング。

******

Q. 元彼に伝えたいことはありますか?
・・・最後の日、「ずっと優しくしてくれてありがとう」って言ったら、「necoxが優しかったから優しくなれたんだよ」って言ってくれたのが今の私の支えになってる。ありがとう。

(感謝の呼吸)

Q. お父さんに言いたいことはありますか?
ニヤニヤ笑わないでほしい。怒ってほしかった。

Q. それはどういうこと?
私の機嫌取ろうと、ニヤニヤかわいがるだけじゃなくて、生き方を教えてほしかった。怒られたことほとんどないし。1回だけ怒られたときは、なぜ怒られるのか全然分からなかったし・・・。

(ここでその怒られたときのエピソードをわざわざ話すべきかどうか迷ったんだけど、りょうこさんが黙って聴いてくださっていたので話すことにした)

小学校のとき、学校で生命保険のこと知って、学校から帰って母に「生命保険ってお父さんが死んだらお金がもらえるってことでしょ?」って言ったら怒られた。それは昼間のこと。
夜、父が帰宅後、母が父に「necoxが、お父さんが死んだらお金がもらえるって言ってたよ」って報告。父が見たこともない怖い形相で激怒して、私を殴ろうとしてきた。逃げようとすると母が父に飛び掛って押さえてくれた。

・・・お父さん、私のためには怒ってくれないのに、自分のためならそんなに怒るんだ。。。
・・・私は学校で学んだことを言っただけ。褒められたかっただけ。だって、事実じゃん。「無邪気な子供を装う」っていうパターンの一環だったかもしれない。父に死んでほしい、なんて意味のこと言ったつもりはこれっぽっちもなかった。母にそれを説明できてたかどうかは分からないけど・・・。
・・・母は、父がそういうことで怒るって分かってるなら、昼間に私が言ったときにちゃんと教えてくれればいいだけ。なのに父に言いつけるなんて。それでいざ父が怒ったら、止めに入って私を守るフリをするなんてずるい!!!!そう仕向けたのはお母さんじゃない!!!!!!!(号泣)

りょうこさんが、そうだよね、そうだよねって言ってくれて、いっぱい泣いて、ハートのあたりで爆発が起こったような感じに熱く熱くなった・・・。

(りょうこさんの誘導で、その傷ついた子どものnecoxを抱きしめて、分かってるよ、私は味方だよっていうイメージで呼吸)

この後は記憶が曖昧なのだけど、手足にものすごい痛みを感じて、気づくと手が上に上がってた。でも痛みはすぐおさまった。

最後にアファーメーションをした。
・私を傷つけた人たちを許します。
・私は自分を許します。

何かいいたいアファーメーションありますか?と聞いてくださったので、
・私は自分を深く愛しています。
・私は愛されています。

そのころから、ラジオのチューニングが合ってないときのようなサーっていう音(もっと高い音。昔のエレクトーンの”ストリングス”に近い感じ)が頭の中でずっと響いてた。しばらく眠った。ふと気づくとまだサーッといっているので、りょうこさんにCDの音でないことを確認。たまにあるらしい。呼吸で酸素を大量に脳に送り込むので、脳にダイレクトに作用するんだって。

高いところ上ったときみたな両耳の間の圧迫感、頭の上のほう全体の感覚がいつもと違って、すべての音が響いて聞こえる・・・という状態が、起きてからもしばらく続いていた。決して嫌な感じではなかった。

***

今回出てきた記憶、別に忘れてたわけじゃなくて、フツーに事実として覚えてたもので、そのときそこまでショックを受けたつもりはなかったんだけどな。でもりょうこさんによると、私が号泣したとき、体全体が一気に真っ赤!になったんだって。よっぽど抑え込んでたんだねって。そうなのか・・・。

まだ、これが何につながるのかよくは分からないけど、リバーシングは、そのとき必要なことが起こるんだって。私もそのプロセスを信頼してる。これから起こることが本当に楽しみ。
昨日、リバーシングを受けてきた。先月、スゴすぎ!リバーシングの記事でMICAさんのことを知りとても気になって、来日するのならぜひ!と直感で申し込んでしまったのだけど。。。良かった。初めてのリバーシングをMICAさんから受けることができて本当に良かった。

最初はカウンセリングみたいな感じで、久々に自分の半生を振り返り、話をした。さらっと話しただけなのに、「もし私が日本に住んでたら10回通ってください」っていうケースです、って言われてびっくり。別に問題が複雑だからじゃなくて、ただ私が生身の人間として「生きてない」からだった。まず、肉体に入らないことには経験、成長しようがないって・・・なんか、ものすごく納得。

生きてる実感がない。いなくなりたい。この世から逃げ出したくなる気持ち、私から言ってないのに看破された。その感覚を分かってくれるというだけで驚きなのに。

そのカウンセリングでテーマを選ぶみたいで、私の時はまず両親から、ということに。

ベッドに仰向けに寝て、MICAさんの誘導にしたがって、大きく息を胸に吸って、吐く、というのを繰り返した。ただそれだけ。それだけなのに、気づいたら、手足が硬直してものすごい痛み。筋肉痛と金縛りが一緒になったみたいな。自分で動かすこともできない。MICAさんの優しい声が、今まで押し込めていた痛みが解放されてきてるんですよ(違うかも^^)って言われて、あ、そうかとそれなら我慢できる気がした。

両親に言いたいことは?と聞かれて、最初に出てきたのは「ごめんなさい」だった。親の求めるような自分でなくてごめんなさい。でも少しずつ(途中の詳しいやりとりは忘れてしまったのだけど)親への怒り、悲しみに。「物心ついたときからお母さんを喜ばせようと思って演技してた。無邪気なことを計算して言ってた。お母さんを騙すのは簡単だった。」そのときMICAさんが、「気づいてほしかったね」「嘘でしょ、って見破ってほしかったね」「誰にも理解してもらえないんだって思って、さみしかったね」「一人ぼっちだったね」って・・・・・・。涙が出た。

私、そのとき、生まれて初めて、「寂しい」とか「孤独」という感情の意味が分かった気がした。私、ずっとずっと孤独だったのか、、、、、、あまりにも当たり前の感覚すぎて、それを孤独という風に捉えたことがなかった。

気づいたら手の感覚がおかしくなってて、握ってるんだか開いてるんだかもわからない、手が腫れてありえないくらい大きくなった?ような感じに。触感が全然違って、空気を触ってるんじゃなく、手全体が力強い塊なの。「あれ?今手開いてます?」とか不思議がってると、目に見えないエネルギー体を感じてるんだってMICAさんが説明してくれた。

しばらくその状態が続いたあと、知らないうちに呼吸を忘れてて、気づいたら手も普通に戻って、体の硬直もほどけてた。今どんな感じですか?って聞かれて、、、、答えようとするんだけど、その状態を表現する言葉が見つからなくて「なんともいえない」って言ったらMICAさんに笑われた。私も最初「I don't know」っていったんだよって。今までに味わったことのない状態だから言葉がみつからないわけで、何度もやっていくと、だんだんなじみのある状態になるって。

なんなんだろう。瞑想でなる恍惚状態とも全然違う、そんな気持ちいいものじゃないのに、なんだかあったかくて、あ、ここにいていいんだ、というようなやさしい状態だった。

***

セッション後のお話で、以前のMICAさんが今の私と近い感じだったのだと聞き、びっくりするやら嬉しいやら。だって、私と同じ課題を持ってる人と出会うことだってほとんどないのに、それを乗り越えられた方を目の前にしてしまったわけです。

興味深くて希望の持てる話を聞けた。私の劣等感の1つ「世間や他人に興味がないこと」・・・これも、意識が地上に降りてこれば、社会に興味持てるようになるって!生身の自分って意外とつまらない、というか「普通」だったとおっしゃっていたのがとても印象的だった。自分が普通だと思える日が来るなら、、、私は10回でも喜んで通う!日本在住のリバーサーの方をご紹介いただいたので、コンタクトを取ってみる予定。

今回はインナーチャイルドワークみたいな感じになったけど、これまでインナーチャイルドをイメージするのが苦手でどうもよそよそしくて終わってしまう私が、1回のリバーシングで今まで関知できてなかった気づきに到達してた。しかも、ちゃんと自分自身で感情を体験して、手放してる。すごくパワフルだと思う。

MICAさんのブログ:
MICAの霊的通信 http://micalrc.cocolog-nifty.com/blog/

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。