necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
6/20に表参道であった石ともさんのローフードの講演会にいってきた(→石ともさんのブログ)。

これは本当に行ってよかった。笑いながら、「そっか!」と手を打つような、薄々思ってたけど言葉になってなかった新しい視点をたくさん(ほんとうにあちこちに話が飛ばれて盛りだくさん!)ヒントをいただけた。

いくつかをあげると
(1)自分の人生の課題をうっちゃっておいてまで健康を追究するのは健康的ではない。健康になるのは、自分の人生の課題に取り組めるようになるため。
(2)最も消化に悪い組み合わせ(炭水化物と動物性たんぱく質を一緒に食べる)がなぜ、世界中で定番食なのか→「飢えたくなかった」から。ローフードに変えるのは勇気がいる。でも「飢えると思ったら飢えなかった!」→生きるのが怖くなくなる
(3)「ストーリーを壊す」。人はストーリーの中で生きている。小さい頃いじめられて「私は傷つけられる運命にある女」→ずっとそのストーリーの中で生き続ける。アダルトチルドレンの自助グループでワークをし続けたとして、そのストーリーを手放すには傷ついた年月の倍の時間が必要といわれている。石ともさんの実感では、ローフードにするとあっという間に変わっていく。

(3)はまさにタイムリーな話で。私はここ数ヶ月ずっと古い思考パターン(ストーリー)の解放に取り組んでるつもりだけど、幼稚園時代や小学校時代の心象風景がふとした瞬間に蘇っては、「ずっとそうなんだから、昔も今もそうなんだから、これからもそうなんだよ・・・」という諦めのような感情を抱くことが多くなっていたから。

初めて知ったんだけど、石ともさんはアダルトチルドレンの自助グループを何年も経験された方だった。方法はなんにせよ(これは必ずしもローフードじゃなくてもいけると思うのね、石ともさんもこだわってないと思う)、古いパターンを脱して、生きたいように生きれるようになった、という人を間近で見て、話を聞けるだけで、貴重な体験だった。

ローフードの技術的なことを知りたかった人たちにはもしかしたら期待はずれだったのかもしれないけど、人生の乗りきり方のヒントをいただきにいった私にはこれ以上ない講演会だった。

石ともさんは写真より綺麗で嬉しかった。何より嬉しかったのは、会場の人に「別に着飾っているわけじゃないけど綺麗」な人が多かったこと。年齢層はあまり若い人はいなくて、30代~くらい、ほぼ100%女性。あーこういう路線でいきたいんだよなー、と目標にしたいような外見の人が多くて、馴染めそうな感じが嬉しかった。(天然素材の服着てる人の率が高かった、つい最近そういうとこ見てしまう。)
スポンサーサイト
今日は朝から加熱食が食べたい衝動が強くて、サラダ多めに食べたり、サラダの上にコーンビーフ乗っけたり、ドレッシングをカレー味にしたりしてなんとか乗り切ろうとしたんだけど、私が食べたいのはこんなんじゃない!って体が文句言うので、インスタントカレーうどんを食べた。

食べた途端、カーッと内側から熱くなるような感じ。結果的には心も体も大満足、らしい。こないだラーメン食べたときは体が重くなって「失敗した!」って思ったんだけどなあ。

そういえばこないだ会社で、手作りクッキー1枚もらって食べたときも、食べた途端に体が急に熱くなって驚いた。うどんみたいにそれ自体熱いわけじゃないのに、異様な温まり方。足の先までぽかぽかに。

やっぱりローフードは体温下げるの?でも逆に、基礎体温は最近上がってるんだよね。基礎体温はかりはじめたばかりなので、どこまでがバイオリズム的なものなのかわからないけど。

ドレッシングのために玉ねぎすったりするようになったら、確かに、ミキサーとかいろいろほしくなってきた。ミキサー、どれがいいのかかなり迷い中・・・
先週末とかは、ローフードと称して果物やたっぷりの野菜サラダを食べた後に、通常の加熱食を1人前以上食べてた!ピザのLサイズを半分以上とか!マックのポテトを追加注文したりとか!

胃はもう食べたくないというのに、脳が食べろというの。サラダの時点でお腹いっぱいになっているはずなのに、ジャンクフード食べだすととまらないの。おかげで胃を荒らして、後で苦しくてたまらなかった。

でも我慢することは考えなかった。だって脳が食べなきゃって思いこんでるのに、我慢したってストレスためるだけ。私ができることは衝動にしたがって食べて、胃の痛みを味わうことだけだった。

でもそしたら、だんだん胃の声が大きくなってきた。脳もさすがにもう唐揚げは食べたくない、食べれない、ってなる。ラーメンなんて想像するのも嫌だとか。ああこれって単に胃が弱ってるだけかもしれない。

おかげで今日は90%ローフード。(10%はサラダの上に乗ってたお肉とか)
最近はまってるのが先週の記事のコメント欄でしまねこさんに教えてもらったローフード。

ローフードとは何ぞや、という話は、これもしまねこさんから教えていただいたブログ、「ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの」を参照。

まだ数日やっただけだけど、かなりいいかも~。料理する気力とかなくてもすぐ始められる気軽さ&自由度がすごくいい。果物は常備しておいて、夜はスーパーで大きいパックサラダと、あと一品好きな惣菜(ローに限らず)を買ってきて、「なんちゃってロー」。だからコンビニ弁当や外食とほとんど手間変わらない。昼は自由にしてる。

野菜大好きなので食べてると幸せだし、たくさんの量食べられるし、お金も外食と大体同じくらいかな。サラダ自分で作ればもっと安くあがるんだけど、それはまたいずれもっと余裕が出てから。

汚い話、ローを始めてから、朝から晩まで「大」が出まくっています・・・。尋常じゃない。だから、痩せることにはフォーカスしてないけれど、たぶん痩せると思う。面白いのでいつもより頻繁に体重測る予定。

脂肪と一緒にいろんな不要物を脱ぎ捨てられるといいなあ。ぜひ続けたいので、「ローフード」カテゴリも作成。

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。