necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
自分の内にあった孤独感を認識し、人とつながりたい、と強く思うようになった一方で、私はひとりじゃないんだ!と確信するようにもなった。怪しいこと書くけど、上からのサポートが半端じゃない。特に、日常的に祈るようになってから。

以前の私は、スピリチュアルなことに興味がありつつも、どこか斜に構えてるところがあった(ドリーン・バーチューさんへの疑問(2006.12.19)の記事とか)。その記事の最近のコメント返しにも書いたけど、心身が弱っているときは依存しやすくなるから、スピリチュアル系の手段に安易に頼るのは危険なことが多い。そういう弱った人を依存させよう、頼らせようと、あの手この手でスピリチュアル「もどき」を語る輩が多いのは事実。だから、その警戒心はその頃の私には妥当で、必要なものだった。

でも、ルイーズさんに出会って、自己肯定のアファーメーションをひたすらやる中で、私は情報の真偽を見分ける自分の目を信じられるようになった。危険な情報なら、絶対に私の直感がNGを出すって。

気になったものはとにかくやってみた。もちろんいまいちってこともあったけれど、やってみて良かったことの方がずっと多い。やって良かったならば、教えてくれてありがとう!直感信じて良かった!って喜んだ。それ繰り返してたら、どんどん直感がいい方に当たるようになっていった。最近はすべて「なんとなく」こう思うほうに舵を切っておけば間違いないんじゃないの?っていうくらい。

私はこうしたい(これがほしい)!それに対してサポートしてください!って天にお願いしておくと、いろんな形で答えがやってくる。もう日常に起こることすべてがメッセージ、という状態。普段はそんな習慣ないんだけど、なぜか今ラジオをつけたいぞ、って思ってつけると、悩んでたことへの答えが言われてるとか、、、、、、そういうことが当たり前になってきてる。iPodも最近は完全にメッセージを受け取るためのツールと化してる。今必要なメッセージをくださいって念じながら一振りする(シャッフル起動)と、神がかり選曲開始~みたいな。

そうなると、完全に肉体としての自分自身の力を超えているな・・・・・・と思わざるをえないわけです。

ここでもポイントは感謝みたいで、必要なメッセージが来た!って思ったら、天にいっぱいありがとうって言う。最初はバカバカしいと思ってたけど、感謝するのってそれ自体気持ちがいいことで、そうすることで自分が嬉しくなるし、そうするともっといいことが起こるような気がするから。(あ、これもなんとなく、だ。)そして、いただいたサインをちゃんと実行に移す!今やってることは、その繰り返し。
スポンサーサイト
さっき書き忘れたけど、アンジェリックを使いはじめてからもう1つ大きな変化が起こってた。

天使への偏見がなくなった・・・。

私は前ドリーン・バーチューさんへの疑問に書いたとおり、天使系の情報から距離をとってきた。

でもなんか、氷解しちゃったのですね・・・。なんなんだろう。確かに、天使にお願いしたから空港までスムーズに到着できた!とか、良い席に座れちゃった!ってのは物質的価値観なんだけど、私が生きているのはその物質世界なんだよ、、、だからそういうこと願うのは当たり前だし、その願いが叶ったんなら、素直に喜べばいいんじゃない?ということ。

その氷解のきっかけになったのが、年末に買った「Chakra Clearing: A Morning and Evening Meditation to Awaken Your Spiritual Power」という誘導瞑想のCDだったのだと思う。これは、あまり天使天使してなくて、チャクラを浄化する瞑想が朝バージョンと夜バージョンに分かれて収録されてるもの。これの夜版をやっているとき、Archangel Michael (大天使ミカエル)に心の汚れを持っていってもらう、という誘導があり(あーどうせ私こういうの分からないし)と思いながら身をまかせてたら、体の中からゴソッと詰まりが取れるような軽さを確かに感じて、びっくりした・・・。自分の想像とかじゃなかった。別に何かが見えたとかじゃないけれど、こういうことってあるんだ・・・と受け入れるようになったのはそのころからかも。

ちなみに、朝の瞑想は今もLouiseさんのMorning & Evening Meditationsがほとんど。感謝と許しから1日を始めようという内容で、聴くか聴かないかで1日が変わるくらい効果があると思う。でも夜は、Louiseさんのは使わなくなってしまった。同じように力を抜く誘導するのに、ドリーンさんやブライアンワイス博士の誘導みたいには、体が軽くならないみたい・・・。逆に、子供のころ思い出して号泣してしまったり。もともと、Louiseさんはヒーラーではなくてティーチャーだから、もうこれはしょうがないのかもしれない。
これは、2010年の元旦にDr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カードを引いて出たカード。

左が今年のテーマとなる課題は?で出たカードで、右がその解決策。

2010_selftherapy.jpg

ものすごく分かりやすい・・・。もしかしたら解釈次第ではもっと深いのかもしれないけど、今のところ、今年のキーワードの1つは自身の「統合」かな、と思っております。
はじめに。記憶が鮮明なうちに何か書いておこうか、と思ってるだけで、まだ全然整理がついていない。ここに書くのが差し支える内容もあるし、このヒーリングそのものに対する私のスタンスも定まっていなかったりする。。。。。つまり、これから考えが変わる可能性大。とりあえず、断片的になっちゃうけど感想ということで。

美しさとスピリチュアリティ

最近私は「年を重ねて綺麗な女性はそれだけで説得力がある」と思ってる(顔かたちのことじゃないよ)。私自身、ここ数年で若い頃より綺麗になったと思う。心の余計なものをそぎ落とす過程で綺麗になるのは、自然な流れなんじゃないかと思ってる。(まあ、自分のことについては、自己評価が上がったというのもあるんだろうけど。)

今回いったヒーリングの流派で、顔出ししている方は、ネットで拝見する限り、私にとって綺麗とは思えない方が多く、どうかな?と思ってた。実際に行ってみてもその違和感は残った。これも私の信念、judgmentなんだろうか?答えは、そのうち自然にわかるはずなので、今はここまで。特に考えないことにする。

今の時点では、その流派に私は懐疑的なので、これ以上そっち関係の本を読むことも、ワークをやることもやめる。(今はもっと他にフォーカスすることがあるから、そっちに関してネガティブに感じるように導かれてるだけという可能性もあったりで、judgmentなんて本当は必要ないんだろう)

効果がその場で分からない

体で痛いところはないか聞かれ、どこも痛いところはないのでそう答えた。首の後ろに黒いものが見える、病気ではないけど取り除いていいですか?と。もちろん、お願いする。でも、自分ではもともと痛みを感じていなかったので、癒されたのかどうかわからない・・・。

と、すべてにおいてこんな感じだった。いろんなものを取り除いてもらったり、イメージワークで一緒に解放していったんだけど、自分には見えないし感じられないからほんとうに解放されているのかどうかわからない!

首が柔らかくなってる!

でも、たった今気づいたんだけど、ニューストレッチプログラムの中で、私が一番気持ちいい、気持ちいい、とよくやっていたのは、その6の首をしなやかにするストレッチだったのね。ブログのサイドバーにも動画貼ってるくらい気に入ってた。(腰痛持ちの彼が絶賛してる腰のストレッチは、やっても、「ふうん、それで?」という感じなのに)

今その首のストレッチをやってみると、最初の段階で見える天井の場所が前と全然違う、というか前はストレッチ後に見えてた場所が最初から見える!ということは首が柔らかくなった?

テーマをしぼるわけ

テーマをしぼるように最初に言われてた意味は、実際やってみてよくわかった。たくさんの過去世が出てきた。ほとんど「オーラの泉」状態だなあ、と思って聴いてた。「物語だと思って聞いてくださいね」といわれるし、あまりに自分とはかけ離れた体験で、物語としか思えない。

で、その過去世っていうのもどうやらたくさんあり、それぞれの人生でその中の「ハイライト」的なものもたくさんあるらしい。自分の人生考えてもわかるように。その中のどれにアクセスするのか、ということを選択しないと、今興味があって癒したいこととは関係ない過去世が出てきてしまう。

今回のテーマ

私、対人恐怖的なことを癒したいと思ってたんだけど、最初にテーマ言うときに「人が怖くて、特に男性が怖くて・・・」と言ってしまったがために、男性恐怖につながる凄惨な過去世がいっぱい出てきてしまった。(ここは施術者とのコミュニケーション能力が左右するんだと思う。なんだか心療内科いってたときを思い出した。口頭ではうまくいえないだろうと感じると紙に書いていったりしたし、今後はそっちがいいかもしれない)

男性恐怖は、過去世から引きずっている思い込みでもあり、家系の呪縛みたいなものでもあったらしい。その辺の具体的なことはここでは書かない。

で、それはすべて解放した(↑に書いたように実感はないんだけど)後、雑談的な感じで、習い事したくても、毎週とか同じ人に顔あわせるなんて苦痛で耐えられそうにないんですが・・・と話したとき、それは男性恐怖とは別問題とわかった(笑)(インナーチャイルドと自己評価の低さの方に関係する、あ、過去世もあるね、らしい)

別に「テーマ設定間違えた!」とは思ってないんだけど。(これに行く前に、今の私にとって最善のテーマ設定や質問をする、ということを意図したので、きっと、今そっちが必要だったんだなあと思う)男性恐怖と、普段直面してる対人恐怖が別由来だったなんて知らなかった、、、、、、、私の理解としては、「知ってる人に会うのは怖い、避けたい、それが特に男性の場合、凍り付いてしまう」だったので。男性恐怖がそこまで根深いものだったなんて、まったく考えてなかった。

それが、今後、どういう風に影響するのか、影響があるんだろうかほとんど懐疑的だったりするけど、↑に書いた首のこともあるしなあ。

両親との関係

両親からエネルギーコードが伸びてきています、ということで、それを取り去るワークもした。(エネルギーコードが伸びてきているということは、私を思い通りにしたい、ということ)その過程でインナーチャイルドワークもやった。タイムリー。ルイーズさんの本のおかげで、インナーチャイルドは少しだけ意識できるようになってきたところだったから。長くなるのでこれについてはまた別記事にするかもしれない。

面白かったのが、一緒に住んでますか?いいえ、1人暮らしです。心配でたびたびお部屋に見に来てるみたいですねー、出て行ってもらいましょうか?ぜひ!というわけで出て行ってもらうことに(笑)

これから?

家系に連綿と受け継がれた負のスパイラルを断ち切り、新しい価値観に変える、みたいな、ほとんどファンタジーみたいなことを、1回のワークで完結させちゃうなんて嘘だ。そういうのが可能だとしても、10年単位の苦しいワークが必要になるはず。お金を払って数時間で簡単に解放できるなんて、そんなの信じるなんてバカだ。私は信じない、という私がいることを、書いておこうかな、と思う。

でもそれに対する答えは、You Can Heal Your Lifeに何度も書いてある。「そんなことが起こるはずがない」と宣言すれば、それが現実になる。たとえば、ルイーズさんのセッションを受けたある女性の話。古い思い込みを手放すセッション(違うかも。とにかく視力回復を目的としたセッションじゃない^^)の次の日の朝、その人は視力が突然良くなり、コンタクトレンズが邪魔になっていることに気づいた。その日一日中、「こんなことが起こるはずがない、こんなの信じられない!」と言い続けていたら、また元の視力に戻ってしまった、という話。

それだと、セッション費用をどぶに捨てるようなものでしょう。だから、私は信じて、様子を見てみようと思う。

首に関してはたまたまストレッチという材料があって、しかも、どこまで伸びるというのを最初に確認してやるこの動画だったからこそ確認できただけで、普通の生活してたら、効果があったかどうかも分からなかったはず。

体の癒しですらそんなに繊細なら、心のパターンの解放の効果が劇的に分かるはずがないのは当たり前・・・。
今日、爪のお手入れの仕方を習ってきた。「願いは叶うので・・・」に書いた、爪の基本的なお手入れの仕方を教えてもらいたい!という願いが叶ったので。

爪の形の整え方と爪の磨き方を習った。爪はキラキラの桜色になって、やり方もどうにか覚えられて、とても良かったんだけど、それ以上にその後のお茶会?がすごかった。なぜか「自分を愛することが大事」「原因は心にあるのよね」「思い込みが・・・」みたいな会話が普通に行われ、、、、、、こんなスピリチュアルな話をリアルでしたのは初めて!自分が場違いな感じが全然しない。ずっと「ありえない」「奇跡だ」と心の中で叫んでた。

しかも、偶然前世療法の話になり、先生を紹介してもらうことに!これで偶然に(?)もう1つの願いが叶ってしまった。私、実はずっと前世療法受けたかったのだ。でも、ネットで探しても怪しすぎる雰囲気のサイトや商業主義っぽい感じがするところが多いのだもの。本やCDを出している人のは試しに買ったりしたんだけど、ピンとこなかったりで。

最近は前世療法/ヒプノセラピーを調べたりは全然してなかったんだけど、今回こうやって先生紹介してもらえたっていうのは、やはり、必要な情報が入りやすくなった、流れに乗ってる証拠なんじゃないかなと思う。
最近いろんな意味で「敏感」になってきてるなと思う。たとえば、今まで大体何でも食べられたのに、まずい、これ食べれない、って食べるのやめてしまうことがよくある。前なら我慢できたものが我慢できない。何か特定の食べ物が食べれないわけじゃなく、鮮度とか味付けでここまでなら許容範囲、というボーダーラインがはっきりしてきた。

嫌いなものだけじゃなくて、何が食べたいかもわかるようになったのがとても嬉しい。最近は野菜が食べたくてしょうがなくて、毎日生野菜や野菜ジュースばっかりとってる。ずいぶん長い間、自分が何食べたいか分からなくて晩御飯がストレスだったのに。

この記事にちょっと書いた「オーラを広げる」エクササイズ、手でオーラを感じるんだけど・・・これがめちゃめちゃびりびり分かる・・・。手を限界まで離してもモワモワを感じるもの。以前別の本読んで同じようなことやってみてほとんど何も分からなかったよね?ほんとに同じ私なのかと疑うくらい。

グラウンディングやれば、胸のあたりにあったモヤモヤが下にすとんと落ちて消えていってしまう。気のせいじゃなくて、本当に体の感覚が変わっちゃう。だから、「気を落ち着けるために」フラワーエッセンスをがぶがぶ飲むようなことはしなくなった。

それどころか、小技なんか使わなくても、ただそのときの気分にぴったりフィットした音楽(普通のクラシックでもPopsでもなんでも)聴くだけ、そのときの自分にあった飲食物を摂るだけでも同じようにストンと精神的ストレスや体の痛みが消えたりする。とにかく刺激への反応が敏感。

これは半年くらい前からたまにそうなんだけど、眉間がカーッと熱く圧迫されるような感じが最近毎日のようにある。最近チャクラ意識したりしてるから、そういうのが余計気になるのかもしれないけど。

悪い感じはしない。いい変化だと思う。けど、急に開きすぎないように注意しなくちゃと思う。良い影響を受けやすいということは悪い影響も・・・だから。
わたしグラウンディングが全然できてなかったんだー!やっとわかった。今日、「グラウンディングしてる」っていうことがどういうことか、初めて感覚で分かった。グラウンディングの問題って、私が抱えてる数ある些細な問題の中ボスみたいなものかも。今月は掃除にフォーカスしようと思ってたけど、グラウンディングにする!

あなたをうるおすピアノレイキ 幸運体質に変わるCDブック
著者: 橋本 翔太
発売元: 総合法令出版
価格: ¥ 1,575
発売日: 2008/09/24


このCDブックはすごくいい。今まで買ったこういう系の本の中で一番今の私に合ってる。"You Can Heal Your Life"と並んで今の私のバイブル的存在。

まずCDが大好き。これまでいろんなヒーリング系のCDを聞いてきたけれど、聴くだけで「体が軽くなる」効果を感じたのはこれが初めて。(といってもタイミングというものがあり、私はここ数年で何に対しても効果を感じやすく変わってきているので、このCDがすごいっていうよりは自分が変わったのかもしれない)

CDは出版社のHPで試聴できる→
http://www.horei.com/book_978-4-86280-097-8.html

正直、これ買ったのはCD目的で、本の内容には全然期待していなかった。レイキには興味がなく。でも全然レイキの話じゃなかった。その章立てというのが、Chapter1がデトックス(浄化、不要なモノを捨てることについて)、Chapter2がグラウンディング、Chapter3がストリーミング(無気力から脱して動き始めるための方法)・・・・・・。

Chapter1と3が、「掃除したいし不要物捨てたいけど気力が出ない!」っていう私の課題とあまりにも合致してる。そして、まったく興味のなかったChapter2のグラウンディング。これが実はChapter1とChapter3の内容を結びつける肝だということが読んで分かった・・・。

書いてあること1つ1つは、どこかで読んだ内容ばかりなのに、まさに「腑に落ちる」という感じ。この人の情報の切り取り方、構成の仕方が今の私にとって絶妙。

今日のお昼にご飯待ってる間にiPodで曲流してChapter2「地球とつながるグラウンディング・ワーク」をやってみた。すると、感覚が変わったのがわかった。お腹のあたりがどっしり落ち着いた感じ。同時に午前中にあったちょっとした出来事を引きずってた心の揺れが消失してた。これがグラウンディングっていうものか!だとしたら私全然グラウンディングできてなかった!

以前グラウンディングが分からなかったのは、イメージの中だけでやろうとしてたからだったみたい。私はイメージワークが苦手。でもChapter2専用の曲を聞きながらだと、本当に上から雨が落ちてくるみたいな音に包まれて自然にできてしまった。そっか、私は耳から刺激を与える方が理解しやすいタイプなんだ・・・うん、だから映画は苦手でもオーディオブックは喜んで聴くんだよね。また新たな発見。
今日たまたま本屋によったとき、スピリチュアルコーナーにダイヤモンド社?ってなんとなく手に取ったら気に入ってしまって購入。発売されたばかりっぽい。

まだちゃんと読んでないけど、とにかくめくって気持ちのいい本。福袋みたいにいろんな要素が詰め込まれてるけど、それぞれが喧嘩してない。翻訳書は読まないと決めていたけど、これは翻訳臭を感じない。写真が綺麗。チャクラについて知りたかったところなので、チャクラの解説がすっごく充実してる内容も素敵。

CDも、私の好きなタイプの音楽(メロディ綺麗、明るい、透明感のある音、広がりのある展開)でとても気に入ったから、これだけでも十分元は取ったと思う。瞑想系のCDでナレーション入ってるのあるけど、あれはちょっと構えてしまう。これは音楽だけなのが良い。

これ、タイトルで損してる気がする。本屋で実際に中身を見ていなければ買ってないタイトルだ。

幸運体質になれる瞑想CDブック―聴くだけで内なるエネルギーを高める
著者: ウィリアム・レーネン
訳者: 伊藤 仁彦
発売元: ダイヤモンド社
発売日: 2009/03/13


>>音楽について後日追記
>>p66 「オーラを広げる」エクササイズについて (2009.04.15)
さっきの続き。

わたし、「月々の収入を○万円アップさせる」ってノートに書いたとき、半信半疑というか・・・、そうなったらいいな、くらいの気持ちだったのよね。その頃、まだ副業することなんて現実的には考えもしてなかったし、もちろん会社での昇給なんてありえないと思ってた。

実は、「アバンダンス・プログラムは失敗だった」って今まで思ってた。瞑想はほとんど意味不明、最後までアバンダンス・エンジェルなんて出会えなかったし、結局、最終日はやらないまま放置しちゃった。ワークの中で願いとして書き出したことも、ほとんど忘れてた。プログラムは「失敗」したんだし。

それなのに、書いたことが現実化しちゃったからびっくりしてる。

最近ほんとそう。「これほしい」って強く思うと、しばらくすると手に入っちゃったり、ってことが多すぎる。昔から私はそういうところがあるんだけど。(念が強いというか。)でも最近特に思考が現実化するスピードアップしてるような。

願ったもの勝ち、と思っていいのかな。それなら、また半信半疑でもなんでも、願いを書き出してみようかな。。。

同時に、ネガティブなことは言わないように、その思いに囚われないように気をつけよう・・・
近所にオーラ写真のブースが期間限定で出店してる。

そこで使ってる機械は、皮膚の温度だとか電気抵抗だとかを測定して、あらかじめ集めてあるデータベースと照合して、一番近いと思われる色をあてはめているとのこと。結果として、680通り?の組み合わせから1つが選ばれるんだとか。係りの人は「手相占いと一緒」と言っていた。本当は、そのデータの解釈だけのためなら別に顔写真を撮る必要はないらしい・・・。

今ググってみたところ、その機械、Wikipediaの「オーラ」でも言及されてるオーラビデオステーションなる機械に間違いないと思う。どんなレポートを出力できるかの部分がカスタマイズできて、いろいろなバージョンがある模様。

詳しいことはよくわからないけど、とにかくいわゆる「オーラ」を直接「撮影」してるんじゃない、ってことは分かった。(「合成」してるとはいえる。)

でも、測定データを利用する「占い」としてやってみたい気もする。もし定期的に撮れば、”自分比”で心の状態とかを比較できそうで。ここ数年で心の持ちようが随分変わってきてるから、きっとそれは色にも表れるだろうな、と思うのだ。
思いっきり風邪だけど、精神的に元気なので午前中に起きられてしまった。熱も微熱に下がってる。この風邪、「風邪引きたい」って言ったら引いちゃったんだから、「風邪治したい」って口に出して言い続けることにした(あ、本当は「風邪が治りました、ありがとうございます」だっけ(笑)でも気持ちがこもらないからそれは言わない。もともと「風邪引きました!」って唱えたわけじゃないんだし。)

同じように、「海外に住みたい」っていうのも口に出しておこうと思う。漠然としすぎてるけど、まだしょうがない。どこに?何しに?が全然決まってないのだもの。
2008.10.04 10:16 | スピリチュアル | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
Dr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カード
発売元: ヴォイス
価格: ¥ 3,570
発売日: 2000/01/01


今日やっと受け取る。こういうカードを使うこと自体初めてなので、遊びでなんどか試してみたら面白い。ネガティブな面(24枚)とポジティブな面(24枚)の両方から光を当てる感じがいい。絵も、なんというんだろう・・・・・・言葉がみつからない。かわいらしいのに、イラストなのに、心の奥底の感情を呼び覚ますような、見透かされてるような・・・

ネガティブなカードからは「コントロール」が出た。それはまさに今私が悩んでるテーマでわかりやすい。ところが、ポジティブなカードからは「神の子」ってのが何度やっても出て、これがガイドブックを読んでも意味がわからない。

検索したりしながら考えてるうちに、「神の子」っていうのはたぶん、自分に対する手放しの信頼とかを意味するんだろうな、って思えてきた。手綱をぎゅっと握ってないとどうかなっちゃうんじゃないかと常に恐れてるなんてのは、誤った狭い思い込みによる自分(他人)への冒涜だぞ、くらいの感じなんだな。うーん、それでもガイドブックに書いてある文章(なぜかこの項目は他よりも説明が短い!)の半分も腑に落ちないんだけど。。。自分なりに答えが出たからいいのだ。

カードを引く前は、周囲をコントロールしたい欲求が強すぎる自分を問題視し、じゃあそれに効果があるエッセンスはなんだろう、という風にしか考えてなかったけど、別の視点から考えるきっかけになったので、それだけで、”使えるツール”に認定(笑)
自分の願いごとがはっきり自覚できたら、それにしつこくこだわるんじゃなくて、いったん手放しちゃう。執念深くしない。適わなくてもいいや、くらいにして、目の前にあることに専念する。流れに逆らってなければ、その願いは自動的に、結果的に適う。嘘みたいだけどそれが本当に起こるんだから、笑ってしまう。

自動お願いごと現実化機能みたいなのが、どうも、今の自分には有効になってるらしい。。。。。今だけなんだろうか。いつかまた元通りになるんだろうか。それとも、前もあったけど、気づいてなかっただけなんだろうか。

US出張で得た気づきの種が、今やっと言語化できた。(長くなるのでやめる。いつか、書きたいな・・・)
グラガは来なかったの続き。

信じられない!わたし、Gulagaをオーダーし忘れていたらしい。明細を確認すると、確かに、Gulaga分の請求はない・・・・・・他の注文はすべて、Gulagaを買うついでだったのに。注文画面にGulagaは確かに入れたはずなのに!

まだ使う時機じゃない、っていうサインと解釈して、しばらくGulagaの再注文はしないつもり。そういう態度は、(わたしの目には見えないけど)自分を守護するエネルギー体が「ある」と仮定した場合、そのサポートを生かすことになると思うから。もし仮にそのサポートというものがなかったとしても、スピリチュアルな世界自体がまやかしだったとしても、買わないというのは私の決断だから、それはそれで別にいいし。。。

ってのが、最近の私のスピリチュアルな世界とのつきあい方になってる。つまり、サインらしきものに気づいたらそれは尊重した上で、決断の部分は、あくまで自分の内側に置いておく。

とはいえ、Gulagaによる変化を楽しみにしてたから、すごく残念。でも、考えてみると、内面の変化を外の(強力な)物質に頼るのって邪道なのよね。ドラッグになっちゃう。そういう依存的態度への警告とも考えられるな。大道を地道に進みます。
明らかなサイン。

先週、実家で事故に遭いそうになった。あわや大惨事というやつ。(Google使いである親の検索防止のために詳しく書けない)スローモーションみたいに見えた。でもなぜか、最初の一瞬で「あ、これはぶつからない」って分かった。実際ぶつからなくて、そのスリル?が去ってみると「結局、死ねないのか・・・」ってなんとも言えない気分だけ残った。母親は「神様仏様ありがとうございます!」って状態になってたけど、なんで、生き残って、ありがたいと思えるのか、これからも生きたいと当たり前に思えるのか、本当に疑問だった。

でも、今まで事故の類から完全に護られていたわたしが、今、このタイミングで、両親とともにいるときに、事故に遭いそうになるのは、何かにメッセージだ、とも思った。生きていること、親が健在でいるということに、当たり前でいすぎることへの警告?


そしたらこないだの金曜日、その日も、死にたい死にたいって呪文のように唱えてた。会社の帰り、よく覚えてる。その前日に、ウィルコムの2年月賦でPHSを買い換えた(アドエス!)から、あーこれで2年は死ねないな・・・って思ってた。その直後。

駅のホームで、私の本当に目の前で、千鳥足の男の人がフラフラッと歩いてきたと思ったら、線路に飛び込んだ。

気づいたら、わたしは非常停止ボタンを押しに走ってた。結局他の男性が押してくれたのを見て、振り返ると、男性が何人か線路に降りて、酔っぱらいを抱えてホームに引き上げてる。警笛を鳴らして迫ってる電車・・・・・・はぎりぎりで停止し、助けにいった男性達も、間一髪でホームに引き上げられた。

自分が轢かれるかもしれないのに、他人を助けに線路に飛び込める男達には、びっくりした。私、死ぬ覚悟なんてないんだ。本当に死ねる覚悟ができてるなら、私がまっさきに飛び込めばいいのに。

なぜ、無意識のうちに非常停止ボタンを押しに走ってたのか、ていうのも分からない。ただ、人が死ぬのを、見たくなかった。

何かのメッセージだってことは明らか。何を伝えようとしてるのだろう。あと何十年もの生が待っていることを、当然のことと思い、重荷に感じていたけれど、死は、そんなに遠いものじゃなくて、いつも死の瀬戸際を歩いてるんだよってこと?


※電車の非常停止ボタンは、意外と高い位置にあるので、目線よりも上を探そう。
朝の4時半頃、なぜかすごくはっきりと目が覚めた。寝てから3時間半しか経ってないのに、この目の冴え具合はおかしいなぁ、と不思議に思いながらもう一度眠りに落ちた。

次に起きたら7時!!6時に目覚まし鳴らなかったの!?・・・・・・って、目覚まし時計セットされてないじゃんっ(汗)もう少しで大惨事になるとこでした。

2週間前まで昼まで寝てた私にとって、目覚まし忘れは致命的なミスなのに、、、起こしてくれてありがとう。誰に言ってるんだろうね、分からないけど、何か見守ってくれている存在に対して、ありがとう。
「やりたいこと」がわからない人たちへ
著者: 鷲田 小彌太
発売元: PHP研究所
価格: ¥ 520
発売日: 2001/05/01


数ヶ月前に105円で買ってそのままにしていた本。今日、電車の中で読む用になんとなく鞄に入れていた。

降りる駅が近づいたので、本を鞄に入れ、顔を上げたら、今読んだばかりの「やりたいことを求めるだけで、人生が終わる人がいる」という文字が飛び込んできた。んな馬鹿な、って思いつつ、よくよく見ると、私のすぐ前に立ってる人がまったく同じ本を読んでいた・・・肩越しにちょうど読める位置に、私が今読んだばかりのページ。

シンクロニシティだ!ってすぐ思ったけど、いつもみたいに嬉しくなくて、ちょっとゾッとした。

「やりたいことを求めるだけで、人生が終わる人がいる」
・・・・・・私、今のままだと、そうなってしまう。分かってる。
2007.02.10 ひとりでがんばる。
と書いたが、”実際には”、全然「ひとり」じゃないことに気付いた。

今朝5時、ものすごく怖い夢を見て飛び起きた。夢の中で私が見捨てててしまった女の人の半狂乱の叫び声がリアルに頭の中をこだましているし、ひとりぼっちだっていうのが恐怖感に拍車をかけた・・・・・・私には「怖かったよ~!!」と話す相手もいない。

明かりをつけ、明るい音楽を流し、それでも消えないリアルな夢をノートに記録し・・・ようやくウトウトしたのかな?今度は、彼の声で目が覚めた。(イメージとしては何も見ていない)

リアルに彼の声だった。私が聞いた質問に答えてくれた声で、自分の質問の声の余韻も耳に残っていた。同時に、体が温かい風に包まれているみたいに、ポカポカしてきて、恐怖感も消えて、そのまま眠ってしまったみたい。その後随分長い時間眠ったけど、彼との会話の内容は覚えていた。これはとても珍しいこと。(会話の内容は恥ずかしいから内緒。)

物理的には離れていても、今も彼の愛に守られていることを感じた。ありがとう。

今朝の感じ

何かが重く体に(肉体だけでなくそれをとりまくエーテル体やアストラル体など全体に)乗っかられているような感じで起きられなかった。今思えば、温かい飲み物を摂る、ストレッチなど体を動かす、腹式呼吸をする、ローズマリーの精油を嗅ぐ、などで対処できたはずだが、頭が朦朧として、何か行動を起こすことなんて考えもつかなかった。もし思いついたとしても、動けなかっただろう。

なぜ、こうなってしまったのか

作業所初日のショックが大きすぎたんだと思う。「作業所初日の感想(スピリチュアル的観点から)」に書いたけど、人に当たった(食当たりのような意味で)。イワシで食あたり起こしたらしばらくイワシは食べたくないって気持ちになると思うけど、それと同じような意味で、もうしばらく人に会いたくないって正直思う。外に出ることも怖い。それなのに、昨日の時点では、それほどまでの疲労感と恐怖感を感じている、という事実を認識することができなかった。(たぶん、明日頑張ろうっていう気持ちが強すぎて、無意識に押し込めてしまったんだろう。)今、恐怖感の存在を認識した、これが本当の始まりだと思う。

これから

試練は成長へのステップだ。特に「人当たり」は常に私を悩ましてきたにも関わらず、別の問題と勘違いしていた。これは欝というだけの問題じゃない。問題の正体は分かりかけてきたから、後はいろいろなテクニックを勉強して実践するのみ。生活習慣も大幅に変える必要が出てくるだろう。私はこれを乗り越える日が本当に楽しみだ!

明日は休みなので、1日、作戦を練ることができる。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」ってことで、考えているうちのどれか1つでも効いてくれれば、今後就職しても私は消耗することなくやっていける!そういう希望が出てきたから、私は、今、やる気に燃えている。外怖いけど、明日、ちゃんと外出して、材料を買い集めてくる。一方的にやられるばかりじゃつまんないもんね。
前に書いた作業所生活の目標に加えて、「憑依体質とうまくつき合えるようになること」も、この作業所での1つの課題としたい。

「憑依」という言葉を使うとオカルトな響きだけど、要は、「周囲の雰囲気に影響されやすい」とか「敏感」などの性質。周りにネガティブな人がいると、その人の想念を自分のものとして感じてしまい、自分では理由がないのに心が重くなったりする。「被る」とか、「エンパシー(共感力)」とかも同じような意味で使われると思う。(まったく同じかは分からない)

私は、江原さんの「憑依体質」度チェックにも当てはまっているし、(2006.06.11 鬱と発熱)それ以前に、キネシオロジーのhidaさんから「人の念をキャッチしやすいタイプ」と言われていた(2006.04.16 MFA展でキネシオロジー初体験!)にもかかわらず、あまり実感がなくて+自分が憑依体質だと認めたくなくて、これまで対策を怠ってきた。

でも、これまでの自分をできるだけ客観的に観察してきて、私は、人の念をキャッチしやすいらしい、ていうのは、当たっていると思う。これは、「人が怖い」「人に会いたくない」「人がたくさんいるところが苦手」「外に出たくない」「気分の浮き沈みが激しい」などの悩み(私の悩みの根幹)とも関わることだから、(本当はまだ抵抗があるんだけど)可能性があるなら、憑依体質対策を行いたい、という気になった。

今日、6時間だけ20人弱のグループで過ごしただけで、体も頭もずっしり重くなって、歩くのすら億劫になってしまったのは、周りの人の念をキャッチしてしまったから、とも考えられる。そもそも、精神障害者ばっかり集まってる施設なんだから、特にネガティブな精神が集まりやすいのは当たり前かも(笑)

だから、「憑依体質とうまくつき合えるようになること」を目標に加える。具体的には、作業所での1日を終えて帰るとき、足取り軽く「さぁこれからどこ寄り道しよう?」って考えられるようになることが目標。

作業所初日の感想(一般的観点から)
神社のおみくじは、見えない存在からのメッセージだそうです。「○○についてメッセージをください」とお願いしながら引くと、不思議とそれに対する答えが書かれているとか。大吉だとか小吉だとかそういうタイトルに一喜一憂するより、メッセージを注意深く読むのがポイントだそうです。

で、今日、作業所見学を終えて、ある神社の近くを通ったときにひらめいたのです。これからメッセージを受け取るためにおみくじ引いてこようってw

何を聞こうかすごく迷った。。。。。。作業所でうまくやっていくにはどうしたらいいでしょうか、かな。いや、作業所に行こうと考えること自体逃げで、本当は、今すぐ就職活動したほうがいいのかも。。。。。。と迷った末、「作業所、または、その先の仕事についてメッセージをください」と思いながら引きました。

運勢:小吉
なんとなく全てにはっきりしない。つまり「夜明け前」という状態です。こういう時はよい先輩や友人のアドバイスを素直に受けて行動するとよい。焦って独断で冒険すると危ない。時間はかかるが明るい展望がつかめる可能性があるので、この際はじっくりと腰を落ち着けて一歩一歩大地を踏みしめて歩ゆむこと。

仕事・交渉・取引
よいプランが立たず、目処がつかない。部下の問題に注意せよ。調子のよい話に乗っては駄目。

健康・病気・療養
マイペースを守ること。あまり急激な運動や環境の変化はさけるように。病気はもう一度病因を見直すこと。

以下省略
(当然だけど色つけは引用者による)

すごい!私の質問への答えにちゃんとなってる!焦って就職するよりも、作業所で週3日とかから一歩一歩歩んでいくのが、今の私がやるべきことみたい。悩みが1つ解消し、心が軽くなったような気がしました。(グラウンディングが必要だよ、っていうメッセージでもあるのかも。)

そしてこの話には続きがあります。
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
発売元: PHP研究所
価格: ¥ 590
発売日: 1996/09

この本は、(読んだのは2週間ほど前のことだが)私にすごくいい影響を与えてくれた。「神」だの「愛」だの「恐れを手放す」だの考えているヒマがあったら行動せよ!という気づきを得たのだ。だからこそ、この本のレビューを書く気もしなかった。

しかし、ここ数日で考えが変わった。この本のレビューは書かなければならない。オーラの泉でスピリチュアルが広まったのはいいけれど、「前世」や「来世」という言葉が一人歩きをしている。みんな、勘違いしてる。

「生まれかわったらディープインパクトの子供で最強になりたい」と書いて自殺した子がいると知ったときは唖然とした。生まれ変わりについてもっと知識を持っていたら、こんな馬鹿なことは防げたのに。まず、そんなに簡単に生まれ変われると信じていること。自殺する(つまり今世の課題をクリアしないまま逃亡)にもかかわらず、最強馬という栄光が来世で与えられると信じていること。

自殺しても、自分自身の課題からは逃れられないんだよ!?
もっと辛い形で直面させられることになるんだよ!
死んでもあなたはあなたなんだよ、(魂として)別人になるわけじゃないんだよ!?

こういうことになる危険性があるから、生半可なスピリチュアル情報を教えてほしくない。私自身が語れればいいのだが、私はまだ勉強中の身で、それこそ生半可なことを書いてしまう。だからこそ、いいと思った本は紹介しなくてはと思った。

★追記にこの本の感想
Angels 101: An Introduction to Connecting, Working, and Healing with Angels
発売元: Hay House Audio
価格: ¥ 1,199
発売日: 2006/06/15


先日nonさんへのコメントにも少し書いたのだけど、ドリーン・バーチューさんの言っていることについて少し戸惑っている。

以前スピリチュアルガイド〈2〉を読んで興味を持った(が同時に翻訳に疑問を持った)ので、上記の朗読CDを買って聴いてみた。ドリーンさん本人の朗読だから、翻訳によって操作される心配なく、本人の意図がストレートに伝わってくる。

全体的には、たった64分の中に、天使とは何か?から始まって、主な大天使の種類と役割、天使へとコミュニケーションをする方法、数字の意味、などが、とても分かりやすくまとまっていて面白かった。

でも、何度も聴いているうちに、ドリーンさんの言葉のあちこちに違和感を感じるようになった。

ドリーンさん夫婦はワークショップで世界各地に旅をするのだが、その旅の間中、ドリーンさんは天使に「頼っている」というのだ!(I depend on the angels for all aspects of our travels from start to finish.) まずその時点で違和感。天使を信じ切ってしまったら、天使に頼らないと何もできない自分になっちゃうんじゃないのー??って私の直感が警鐘を鳴らす。

天使にお願いすると、空港までスムーズに到着できたり、空港近くに駐車できたり、チェック・インの長蛇の列に並ばなくてすんだり、いい席に座れたり・・・等々というご利益(←あえてこの言葉を使おう)がいっぱいある、って。

ドリーンさんの甘い声が囁くから、最初は気にならなかったけど、何度も聴くうちに大きな違和感を感じるようになった。ドリーンさんが「お願い」するよう薦めていることって、江原さんの言うところの物質的価値観丸出しじゃないかな。スピリチュアルな視点からの学びと何の関係もないじゃない?例えば、自分がいい席に座ったら、誰かは悪い席に座るわけで、人を蹴落として、それ何てスピリチュアル?・・・とか思ってしまったわけです。

守護天使の存在について、私は個人的に信じたいと今でも思ってる。数字やぞろ目は天使のサイン、とかは、とっても魅力的な考え方だし。けれど、ドリーンさんの薦めるような、なんでもかんでも「天使にお願い」っていうのは、ちょっと違うよな、と思う今日この頃。

スピリチュアルに興味を持って半年程度の若輩者の私が書いていいことじゃないのかもしれないけど、その分しがらみも何もないので、(でも恐る恐る)書いてみました。何か思うことがある方、どんなご意見でも歓迎します。
最近、このブログのカウンターを見ると、下3桁の連番になっていることが多い。これを天使からのメッセージと仮定して、意味を解読してメモをしていこうと思う。

今日は28666。
counter28666

2:信じることをやめないで。希望を捨てないで。
8:豊かさ/富がもうすぐ訪れます。
6:肉体的・物質的なことに関する恐れをすべて手放して、神と天使に預けなさい。物質的価値観とスピリチュアルな価値観とのバランスを取りなさい。

数字の組み合わせの場合、意味を足せばいいそうだ。だから上記をまとめれば、

このまま、希望を捨てないで、スピリチュアルな世界のことを信じ続けてください。いずれあなたには、豊かさがもたらされます。だから、お金や社会的成功についての不安や恐れはすべて捨てましょう。今のあなたは、生きていくためのお金を稼げるかどうか、という不安でいっぱいになってしまっています。物質的世界の中で生きることと、スピリチュアルを実践することとのバランスをうまく取れるようになりましょう。

って感じかな?ちょっといっぱしの占いっぽくない?^^

数字の意味は、ドリーン・バーチューさんの「Angels 101: An Introduction to Connecting, Working, and Healing with Angels」というCDより。(necox訳)
Amazonの中古で安かったのでつい買ってしまったのれす・・・
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える
発売元: PHP研究所
価格: ¥ 720
発売日: 1999/09
江原さんみたいに「見える」人が書いた本だと、「見えない」読者にとっては信じるか信じないかの選択しかない。この本の著者の飯田さんは一応大学教授なので、客観的に観察可能な「退行催眠」の研究結果が「死後の世界」や「生まれ変わり」の存在を示している例を、これでもか、これでもか、というくらいに紹介してまとめている。スピリチュアル入門書としては、江原さんの本よりもずっと分かりやすいと思う。

この本は、あの世や生まれ変わりが存在するかどうかという「真理」を解き明かすためではなく、人々に「生きがいの源泉」を与えるために書かれたものだという。私も、この本を読んで、今”スピリチュアル”に興味がある理由は、「真理」を知りたいんじゃなくて、「生きたい」と思えるための「気づき」を求めているんだってことに気付いた。

しかし、残念ながら「死んだらあの世と次の生が待っている」という「気づき」は、今のところ、私に「生きがい」を与えてくれていない。逆に、死んでも無になることは許されない、という仮定は、私をがっかりさせるくらいだ。

臨死体験をした自殺未遂者は、二度と自殺をくわだてない」という調査結果があるそうだ。(「バーバラ・ハリスの臨死体験」という本に、コネティカット大学医学部精神科ブルース・グレイソン教授が寄稿しているとのこと)私はこれについて、もっと詳しく知りたい。「あの世」がそんなに気持ちいい場所なら、すぐにでもあの世に行きたいと思うほうが理にかなってると思う。私には分からない。なぜ、臨死体験をした自殺未遂者は「生きよう」と考えを変えることができるのだろう?なぜ、あの世の存在を信じることが、「生きる」意志を強化するように働くのだろう?

人間は、いろんな経験を積んで魂の成長をはかるために生まれてくる、らしい。特に人間関係について学ぶために。(江原さんが言ってることとまったく同じだ。)でも、私は、成長したい、って思えないし、煩わしい人間関係に飛び込む勇気もない。もしも、十分お金があってただ寝て暮らせるなら寝ていたい。こんな無気力な私が、どうして、生まれてきてしまったんだろう。スピリチュアル的に考えれば、この無気力な性格も自分で選んだ、か。私は未熟だから生まれてきたのだ。両親との問題も、生まれる前から自分で計画してきたものなのだ。「愛する」ことを学ぶために・・・・・・

この本を読んで、涙したり、人生観ががらっと変わる人がいるという。私もそうなりたかった。だけどなれなかった。「生きがい」を感じる心の部分を何かがブロックしてるみたい(これは直感)。そのブロックが、今少しずつ溶けてきていること、感じられる。

飯田さんいわく、人生は「敗者復活制人事システム」。気づいた時点から「良心的な、愛のある、前向きの言動」をとるよう、自分を変えていけばいいとのこと。これは、とても勇気づけられる考えだと思う。

だから少しずつ、適当な表現かどうか分からないけど、私は、目覚めていきたい。
つい昨日、ほしくてたまらない、と書いたCDが今日1,000円で手には入っちゃった!!!

クリムゾン・コレクション1&2守護
アーチスト: キム・ロバートソン
発売元: インディペンデントレーベル
価格: ¥ 1,995
発売日: 2000/02/10
何ヶ月もずっと探してたのに見つからなかったんだよ!それがブログに書いた翌日に見つかるなんて、偶然とは思えない。

もともと、「欲しいなら(ブログに)書けば?」「書いたら現実になるよ」みたいなインスピレーションが1週間以上前から降りてきていた。でも、持っていないCDについて記事にするのには抵抗があったから、我慢してたの。でも、昨日の深夜、もういいや、書いちゃえ!っていう風になって、書いたら、今日ブックオフで出逢ってしまった・・・できすぎてる。

今まで基本的に、「すでに現実になった」ことをネタにしてきたけど、「これから現実にしたい」ことを記事にするっていうの、どんどんやっていこうかな。書くことで、夢、叶えやすくなるかもよ?
「考え方を根底から変えよ」というメッセージを最近受けている。意味はよく分からない。考え方・・・私は固執してるだろうか?考え方じゃなくて、行動を変えよ、なら納得いくんだけど。

最近、自分自身に呆れかえっている。スピリチュアルな学びをしているはずなのに、行動が全然伴わないからだ。掃除もできてない。お風呂も入れてない。料理できなくてインスタントばかりの食事。そして昼夜逆転の生活。

分かってるのに、分かったはずなのに、全然実践できてない。躁のときは実践できます、鬱のときはできません、では話にならない。鬱のときこそ、生活習慣から改めるべきなのに。分かってるのにできない。もどかしい。悔しい。

考え方がまだ変えられてないって、そういうことなのか?考え方が本当に変われば、この生活スタイルもガラッと変えてるんじゃないのか?

そういえば、数日前、夢の中でまたやさしい声を聞いた。最後の一言しか覚えていないが。「流れに乗りなさい」と。これも意味は分からない。
彼は週末家に来ると、絶対競馬中継を見る。私は競馬自体には興味がないけど、数字当てゲームとして楽しんでいる。最近、結構当たるようになった^^

たとえば、こないだのジャパン・カップは、6っていう数字が大きく目の前に出てきて、6だよ、6って言っていたら、6番のディープ・インパクトが勝ってくれた。

ちょうどその頃、ドリーンさんが、天使との交流を深めるための方法として、守護天使に名前を聞く、っていうのを薦めていたため、聞いてみたら、「アラン」って名前が思い浮かんでいた。アランといえば、トーホウアランっていう名前、聞いたことあるなーと思って(毎週競馬中継聞かされてるからね^^)彼に聞くと、そういう名前の馬が実際にいて、しかも、次の日曜(昨日)のレースに出るという。だから、私はトーホウアランが絶対勝つよ、勝つよ、って一週間言い続けていた。内心、トーホウアランが本当に勝ったら、私の守護天使の名前はアランってことでいいよね?天使さん?って聞きながら。

そしたら、ほんとにトーホウアランが勝っちゃった!(第42回中日新聞杯(GIII)←やっとみつけた!トウホウアランじゃなくてトーホウアランなんだ。)

じゃ、、私の守護天使さんの名前は「アラン」ってことでほんとにいいの??(汗)まだ自信ない・・・。

さらにその後、阪神ジュベナイルフィリーズっていうレースがあって、彼が何番が勝つ?って聞いたから、2と17って答えた。そしたら2番のウォッカっていう馬が勝っちゃった!一番人気のアストンマーチャンって馬を差し置いて。17番は4着だったみたい。

直感を研ぎ澄ますには、直感を使うことだ、と思う。ということで、これから予想して楽しみたいと思う。今「マイネル」っていう言葉が頭から離れないので、今週末はマイネルナントカっていう馬が勝つと思うな。それから、12月24日の有馬記念は3と7!(笑)

でも、夢の中でディープ・インパクトが1番のゼッケンつけて走ってたのよね・・・・・・
競馬ファンの彼に連れられて、ジャパンカップという大きなレースを観に行った。

彼と一緒なので全然余裕のつもりだったのに、会場に入って1時間も経たないうちに頭が重く、心臓が痛くなって、苦しくなってきた。

ジャパンカップのパドック
パドックだけでもこのヒトゴミ・・・。

それで思い出したのが、以前キネシオロジーを1回だけ体験したときの話。その時、私はなんらかの念に憑依されてたらしく、それを追い出すための深呼吸の方法を教えてもらった。

「自分が戻ってくる~」ってイメージしながら息を吸い、
「悪いものが自分から出て行く~」ってイメージしながら息を吐く。
これを3回くらいやる。


新聞紙をひいて座りこんで(椅子なんてあいてなくて、みんなそうしてる!(笑))ひたすら、深呼吸を繰り返すこと数分。すっきりとした気分になり、胸の痛みもかなりおさまった。

その後は、辛くなるたびにその深呼吸をすることで、無事1日乗り切ることができた。レースも楽しめた!胸が痛いと深呼吸するときに痛むのが唯一の難点なんだけど。

「人混みで気分悪くなるのは人の念を受けているせい」っていう可能性、キネシやってもらった頃は半信半疑だったけど、今なら素直に受け入れられる!

そういえば、「ヒーラーについての素朴な疑問」へのコメントで碧と黄色さんに同じような呼吸法を教えてもらってたなぁ・・・・・・
久々に半身浴をしたら、いろいろな気づきがあった。特に、「外の情報を取り入れよう」、という電波。具体的にはテレビやラジオをつけよう、ニュースを見よう、バラエティ番組や映画なども、選り好みせずに見ようってこと。テレビやラジオ番組で、何かおすすめあったら教えてください。(私はテレビが苦手なので、彼が家に来たときしかつけない。「オーラの泉」と「極上の月夜」だけは、毎週その時間になるとタイマーが鳴るようにしてる^^)


***


私が電波と呼んでいるのは、同じような情報を、繰り返し見たり聞いたりしているうちに、そっか、そうしなきゃ、って思わされる直感みたいなもの。

ここ何年も受け取り続けているのが、「掃除をしよう」電波。9月の初めには「10年後の自分をイメージ」・「バランスの良い食事」という電波を受け取っていたらしい。すぐ忘れてしまうものだな。ブログは、自分の垂れ流した情報を覚えていてくれて助かる。

☆以下11/23 22:20追記

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。