necox

柳は緑、花は紅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit |
一度聴いたら忘れられないメロディー。私のカラオケ十八番のこの曲。
→Charlene公式ページでI've Never Been To Meを聴く
(2006 11/23現在、ページ内では聴けなくなったようです。そのかわり、Charlene Videoというページで最近のも含め、たくさんのYouTube映像が見られるようになっていたので、そのうちの1つを↓に貼ります。)

(2007/10/03いつまにか公式サイト、消えてました。リンク削除します。動画もすぐ消えるので、YouTube動画検索結果からどうぞ。)


愛はかげろうのように

ねえ あなた ひどい人生だと思ってるでしょう
子育てにうんざりし 夫に束縛されているあなた
分かるわ 非現実的な甘い夢を見ているのね
少し話を聞いて 若かった頃の私に
誰かが こうやって話しかけてくれていたならと思うのよ

ジョージアだって カリフォルニアだって 
行けるところなら どこへでも出かけたわ
牧師とつきあって 太陽の下で愛を交わしたりもしたわ
でも どうしても 自由になりたくて
優しい人たちのところから 何度も逃げ出したの
そして誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの


ねえ お願いだから まだ行かないで
どうしても あなたに伝えておきたいの 私がなぜ 今独りぼっちなのかを
あなたの瞳には 昔の私と同じものを感じるの
あなたに少しでも分かってほしいの
数え切れないほど嘘をつき 疲れ果てた心を

ニースでも ギリシャの小島でも
豪華なヨットの上でシャンパンを楽しんだわ
モンテカルロでは ジーン・ハーローみたいな夜の蝶を気取って
私の色香を連中にひけらかしたわ
たくさんの偉い人と寝て
女が決して見てはならないものも見てしまったわ
誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの


(語り▽)
ねえ 誰もが羨むような幸せって何だと思う?
それは 嘘
幸せな人 幸せな家 すべて
こうだったらいいな、という願いが創りあげた幻想よ

じゃあ 本当の幸せって?
それは あなたが今抱いているかわいい赤ちゃん 今朝あなたが喧嘩したあの人
今夜もまた あの人と愛し合うんでしょう
それが本当の幸せ それが愛
(語り△)


生まないことにした赤ちゃんを想い 泣いた日もあるわ
もしかしたら 私を満たしてくれたかもしれないと
でも私は 快楽を選んだのよ
まさか 快楽が苦痛に変わる日がくるなんて 思いもしなかった
ずる賢く 心を売って 体を売って 生きてきたのよ
自由を手に入れる代償としては あまりに大きすぎたわ
ねえ、私は 誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの

誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの


翻訳:necox (下書き。少しずつ改良するつもり)


I've Never Been to Me

Hey lady, you lady, cursing at your life
You're a discontented mother and a regimented wife
I've no doubt you dream about the things you'll never do
But, I wish someone had talked to me
Like I wanna talk to you.....

Oh, I've been to Georgia and California and anywhere I could run
I took the hand of a preacher man and we made love in the sun
But I ran out of places and friendly faces because I had to be free
I've been to paradise but I've never been to me

Please lady, please lady, don't just walk away
'Cause I have this need to tell you why I'm all alone today
I can see so much of me still living in your eyes
Won't you share a part of a weary heart that has lived million lies....

Oh, I've been to Niece and the Isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht
I've moved like Harlow in Monte Carlo and showed 'em what I've got
I've been undressed by kings and I've seen some things that a woman ain't supposed to see
I've been to paradise, but I've never been to me

[spoken]
Hey, you know what paradise is?
It's a lie, a fantasy we create about people and places as we'd like them to be
But you know what truth is?
It's that little baby you're holding, it's that man you fought with this morning
The same one you're going to make love with tonight
That's truth, that's love......

Sometimes I've been to crying for unborn children that might have made me complete
But I took the sweet life, I never knew I'd be bitter from the sweet
I've spent my life exploring the subtle whoring that costs too much to be free
Hey lady......
I've been to paradise, (I've been to paradise)
But I've never been to me

lyrics courtesy: http://www.charlenesmusic.com/never.html

家庭と幸せ

日本では評価の高いこの歌だが、海外では最悪っ!と評されることも多いようだ。確かに、現実に旦那の暴力に耐え、かわいくない子供の世話をし、絶望的な人生を送っている人からすれば、聞くに耐えない歌かもしれない。

でも、ヨットの上のシャンパンが富を象徴しているのと同じように、ここでの子供や旦那は、円満な家庭の象徴として使われているに過ぎない。家庭を持つことが必ず幸せにつながるわけではないのは、当たり前のことだ。

目に見える成功を手に入れてしまうと、円満な家庭を築くのは(成功していない時よりも)むしろ難しくなる、ということは言えるような気がする。

PARADISEについて

歌い手が行ったことがあるという "paradise" は、物欲、食欲、愛欲、自己顕示欲・・・などの妄想がすべて叶えられた場所を指していると思う。もっともっと卑近な例で言えば、ヴィトンのバッグを持ってるとか、叶姉妹のようなプロポーションを持ってるとか、フェラーリに乗ってるとか、六本木ヒルズに住んでるとか、芸能人と付き合ってるとかの・・・(何に価値を見出すかは人それぞれだけど)・・・目に見える、分かりやすい成功の形。

持たざる者は、それらが手に入ったらどんなに幸せになるだろうかと羨み、ひがみ、我が身を愚痴る。すべてを投げ打ってでも手に入れたいと。。。。

でも歌い手は語りかける。見たくもない裏側も見なければならなかったと。人に媚を売っていたら、本当の自分はどこかへ行ってしまったと。絵に描いたような幸せは、幻想。それを追い求めても不幸になるだけ。現実に目を向けようと。

視線恐怖からの自由

"But I ran out of places and friendly faces because I had to be free" 私もすべてから逃げ出したい、そう願って、何度も人生をリセットしてきた。大学入学で、地元の友人たちから逃亡したのを皮切りに、何度も会社をやめたし、何度も実家と縁を切ろうとしてきた。習い事にいけなくなる、などの些細な逃亡を数え上げればきりがない。

皆優しく接してくれてるのに、自分が勝手にがんじがらめに縛られた気分になって逃げ出したくなってしまう。自由を求めていたつもりはなかったけど、まさに "I had to be free" なんだ。私を縛っている鎖は、視線。

視線から自由になりさえすれば、もう逃げ回る必要はないはず。電車だって、服屋だって、コンビニだって、堂々と入れる。ゴミを捨てに外へ出るのも怖くない。独りでカラオケだって行けるかもしれない!

なぜ視線が私を縛るのか。それは、私の人生が観客への見世物だからだ。演出家として、下手な作品を観客に観られることに我慢できずに、リセットしてしまうんだ。私が思い描くparadiseは、以前「条件付きの愛」で書いた条件をすべて、そうすべて兼ね備えた人物になること。私も paradise  ―分かりやすい成功の形― を求めて、心を切り売りしている whore ―売春婦― なのだ。

今、次回公演の開幕直前だ。次の新しい作品では、もっとすばらしい演出をするぜ、とか思ってた。でもそれじゃ、また逃げることになる。もう逃げたくないんだ。

私が直視すべきは、甘いものを過食する私、ドタドタ歩く私、太って階段で息切れする私、角栓の詰まった肌、すぐ愛想笑いでごまかす私、気が利かない私、我侭な私、怠け者な私、時間にルーズな私、立ち振る舞いが粗暴な私。。。。。。。。

と、こうやってあげつらって行くのはなかなか快感^^、それはともかく、 Truth ―現実― を直視し、これでいいのだ!と思えるようになった時に、本当の自由を手に入れ、逃げまわらなくてもよくなる、そんな気がする。
関連記事

icon 

はじめまして。この歌は、私が高校のときに金曜日の妻たちへのCMで流れていたのでよく覚えています。歌詞はよくわかりませんでしたが、独特のメロと歌い方でせつなさが伝わってきます。皆が受験勉強しているなか、安易とも思える推薦入学を選んだ私は一人雪道を歩きながらこの曲を頭に浮かべていました。家庭で頑張る女性への応援歌として理解しています。妻や子供にたいしたこともしてやれない自分が恥ずかしくなりますね。。

2013.07.24 04:18 URL | Terry #- [ 編集 ]

icon 

はじめまして

よくは知りませんがこの歌ははじめは特に売れてなかったみたいですが、なんとなくDJがラジオでかけてみた所反響が絶大で大ヒットになったようですね。

洋楽は曲は素晴らしいのに歌詞がわかるとがっかりするのが多いのですが、この曲は歌詞もそこそこ好きです。曲は文句無く素晴らしいです。

歌の彼女は俗的な幸せは手に入れたものの、ほんとうの幸福ほんとうの自分が見つからず嘆いています。が、自分の生を最初から肯定できるということこそが、すべての真の幸福の根拠と思われます。

彼女はずる賢く体を売って心を売って生きてきましたが、その生き方そのものを肯定できないと幸福になれない気がします。

>じゃあ 本当の幸せって?
の以下に歌われる彼女が言っているほんとうの幸せこそが、実はそういう生き方が出来なかった彼女の幻想で、彼女が生きてきた生を全面的に認めることが真の幸福なのでしょう。


「対人恐怖を克服する必要はない」っていうことがわかった。というのはすごいですね、あなたが苦しみの末にみつけた真実なのでしょう。

2013.04.18 22:02 URL | someone #mQop/nM. [ 編集 ]

この曲に、僕は忘れられない思いがあります。
医学部の受験に失敗し、打ちひしがれていたときにCMソングとして流れていました。
その後、医学部に行く願いをかなえ、いざ入学して何年も経つと、目にする現実は目を覆いたくなるものでした。
周りの人間で、自分より勉強する学生がほとんど居ない、学生よりも明らかに知識が劣る研修医が沢山居る。
「自分が何回も落ちた医学部は、こんなものだったのか」とあまり良い気分にはなれません。
周りからは、ドン引きされる位の努力を課し、学生時代を過ごしました。
それこそ、見せかけのカッコ良さや、医学生ならではの華やかさとは無縁の生活でした。
ただ、そこでつかんだ「真実」は、「周囲からドン引きされる位努力しないと、人生は切り開けない。だから、その位努力して当然なんだ」という事す。
この曲を聴き続ける限り、医学部に落ちた時の自分を思い出してまた、励んでいくんでしょうね。
この曲、凄く良いですよv-91

2012.03.08 02:20 URL | カズヤ #- [ 編集 ]

和訳は多少できるのですが、学生時代の英語は欠点でしたので、いまひとつ正しいかどうかの確証が持てず、検索して精度の高いものがあればそちらで確認したいと思いお邪魔しました。

共感できる内容でした。
この女性はまるで自分みたいで、違うのは私にはお金がないってことくらいです。
まあ、好きに生きたのでそれもよしとします。

ありがとうございました。^^

2012.02.03 07:24 URL | S #EBUSheBA [ 編集 ]

お世話になります。

「愛はかげろうのように」の和訳で、探してきました。
しっくりとくる訳。
すばらしいと感じました。

リンク・フリーの言葉に甘えさせていただき。
ブログにリンクさせていただいた旨、
ご報告に参りました。

ありがとうございます。

2011.06.22 20:39 URL | naive #mQop/nM. [ 編集 ]

私は若いころ、この歌い手のような生活をしていました。やりたいことは全てしました、自由であり続けるために闘いました。女が一人で成功へ走るには、見てはいけないもの経験してはいけなかったもの、もしかすると、あれがそうだったのかもしれない 罪深い生活では、結婚や子供を持つことは叶わないだろうと思ってました。

今の夫と出会わなければ、今でも独身で、この歌い手のように富と虚栄のすべてを手に入れていたかもしれません そうしないと気が済まなかったでしょう

家庭を持ち、子育てと夫の世話に束縛され、それでもなお「自由」で居続けるための闘いに明け暮れて10数年経ちました。諦めてしまった夢、忘れてしまった希望、手に入れたかった成功、そして、今やっと手の中に持っているささやかで儚い自由・・・それと引き換えに失った、夫との関係。人生の折り返し地点に来た今、歌い手さんが語るような、夫と愛し合うことさえも「幻想」なのです。

2011.03.22 03:20 URL | woman #FZswnRAA [ 編集 ]

icon 

こんにちは。
はじめまして。
歌詞検索でこちらに来ました。
当時聴いてて大好きな曲でしたが
こんな歌詞だったのですね!!
ステキな和訳をありがとうございます。
今ならその意味が少しわかる気がします。(^^)

2011.01.12 11:52 URL | JUNまま #ej.tzV5. [ 編集 ]

icon 

はじめまして(^^)
I've Never Been to MeをGoogle検索したところ,1番上に表示されたので,立ち寄らせて頂きました.

突然,すごくこの曲が聴きたくなって,夜中に聴いています.今日色々と調べていて歌っているシャーリーンがとても数奇な人生を辿っていることを知りました.
その上で改めてこの歌を聴くと,凄く重く心に響きますね.

私は男ですが,いまの自分には十分過ぎるほど共感がもててせつないくらいですね.

ステキな訳をどうもありがとうございます.

2010.12.14 02:50 URL | アンナプルナ #- [ 編集 ]

ありがとうございます!気に入っていただけて嬉しいです。

> ずっとこの歌を聞きたかったけど小さかったので母親にメロディーを口ずさんでみたけど
> なかなか伝わらず
がすごく共感しました。わたしも、どうしてもなんていう曲か知りたくて、口ずさんで人に聞いたことがありました(笑)
あきらめず探していれば、自然と知るときがくるものなんですよねえ。

もうかなり前に自分の心を慰めるために、思いつきで訳したものなんですが、こうやって今も反応をいただけるのは嬉しいです。そのときふとやってみたいなって思った事、やってればいいんだ~って自信になります^^ありがとうございます。

2010.07.09 22:22 URL | necox #- [ 編集 ]

ありがとうございます。嬉しいです!
愛さんのコメントを読んで、私も最初の最初、この歌の意味も題名も何も知らないのに、ただただメロディーが気になって、なんていう歌だろう?って探していた頃のことを思い出しました。
きっと気になる歌って、そのときの自分と共鳴するものが何かしらあるんでしょうね。

2010.07.09 22:14 URL | necox #- [ 編集 ]

小さい頃、洋楽好きの母の影響で

この歌を聞き、このメロディーと歌声だけが心に残っていました。
小さいながらにきっと悲しいなんだろうと思っていました。
ずっとこの歌を聞きたかったけど小さかったので母親にメロディーを口ずさんでみたけど
なかなか伝わらず

そして、最近たまたまネット上でこの歌の名前を知り、さっそくYouTubeで検索して何度も何度も聞きました。
この歌の意味を知りたくて和訳で検索してここに出会えました。

小さい頃に聞き、現在25歳になり、結婚もしました。
この歌を聞きながらnecoxさんの訳を読んでいたら
自身の結婚生活を重ねてしまい、不思議と涙がでてしまいました。

necoxさんの訳に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました!


2010.07.07 19:41 URL | りえ #- [ 編集 ]

icon 

こんにちは。
検索してこちらに来ました。

なんとなくこの歌好きで、TVで流れたら口ずさんでいたのですが。

最近何故か無性に気になって、歌詞の意味を知りたくこちらへ‥

正直びっくりしました。
まさかこういう内容だとは。

それと同時に、今の私の気持ちを歌っている様で。
怖いやら、安心した様な。
不思議な気持ちです。

歌って、歌詞の内容が自然にリズムに表れるのでしょうか。
英語に詳しくない私ですが、その雰囲気をどこかで感じとってこの歌を気に入ったのかなあ‥
なんて思ったりしてます。

聴けば聴くほど、深みが増してく様に感じます。
もう少し自分と向き合ってみようと思いました。
素敵な日本語訳、ありがとうございます。

2010.07.05 09:53 URL | 愛 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
yukiさんは海外事情にお詳しいんですね。
私はとても疎いので、勉強になりました。

最悪って評されることが多いと書いたのは、ネットで検索したときの印象で、具体的に誰かから聞いたわけではないです。

訳、気に入ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。

2010.06.11 23:04 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

>海外では最悪っ!と評されることも多い
確かに家族制度を悪とするフランスでは評判が悪いと聞きましたが、具体的にはどこですか?
いわゆるフェミニストの人からですか?

高い離婚率から誤解されてますが、米国文化は「家族」を意外にも重視してますよ(軽視しているのは西欧・北欧)。
こうした歌が評価される土壌があるのです。
義務と経済という「制度」が軸である日本の家族と、
権利と信頼という「関係」が軸である米国の家族では「家族」の意味が違うかもしれません。

だからこそ心が離れたらアッサリ離婚してしまうんでしょうが、日本は失業率と離婚率が完全に連動(笑)。
いや笑い事じゃないか。

かなり意訳にしろ、凄く上手いと思います。
洋画の吹き替え調でない、一般的な日本の口語で訳した版もぜひ読んでみたいです。
ホントこの歌は詞も曲も素晴らしいですね。
1番好きです。

2010.06.01 07:10 URL | yuki #- [ 編集 ]

詩なのでいろんな捉え方があっていいと思うんですけど、直前のコメントの方、ちょっとドキっとする言葉遣いでしたので、フォローいただいてとても嬉しかったです。

そのコメントの方、いつの間にかご自身で削除されたみたいです。でも本当に感謝です。ありがとうございます^^

2010.05.25 23:03 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

まぁ意訳しすぎな感はありますが、(少なくともWikipediaに載っている解釈からすれば)歌詞の趣旨は間違っていないかと。

2010.05.24 00:12 URL | 知朱 #- [ 編集 ]

はじめまして&お誕生日おめでとうございます!喜んでいただけて嬉しいです。

そして、琉香さんから私もギフトをいただきました。実はこの記事を書いてから約4年間、なんでこんな余計な自己陶酔テキストをくっつけてしまったんだ~と後悔していました。

自己嫌悪から、その間なんどコメントをいただいても、歌詞部分以降を読むことが、できませんでした。

琉香さんのコメントをいただいて、ふと久々に読んでみようかという気になれました。

読んでみて、確かに若気のいたりではあるけれど、その頃の自分の精一杯の文章をいとおしい、と思うことができる自分に気づきました。

過去を直視すること、私にとっては大きい変化です。本当にありがとうございました。

結局「直視」がキーワードとか、今と言ってることは大して変わらないっていうのが(笑)社会経験を経て一周して戻ってきたような、不思議な気持ちです。

ありがとうございました。

2010.04.21 22:06 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

昔見た映画のサウンドトラックで、
無性に懐かしくてここ最近ヘビーローテーションしていました。

いまいち意味が分かってなかったんですが、
文字だけ表される意味より深く、この曲の言わんとすることが理解できました。

このページにたどり着けてよかった。
最高の誕生日プレゼントになりました。

毎日虚像の世界で人に接し、
富や名声を一番価値のあるものだと、
はたまた抜け出し自由が一番の栄養だとか。。
常に悶々としていました。

幸せは自分が決める。
心の行く先が見えた気がします。

ありがとうございました。

2010.04.21 02:16 URL | 琉香 #- [ 編集 ]

わあ、素敵なお話のシェア、ありがとうございます。
その方と出会えて本当に良かったですね。

私もそんな恋愛したいなぁ、と強く思いました。
ずっと結婚なんてなんでしたいと思うんだろう、って思っていましたが、
最近気になるんですよね、結婚。
HALUさんの「それが自分の幸せであり相手の幸せ」の言葉、素敵だと思いました。
そんな関係、私も作っていきたいです(まず相手に出会わねば)

HALUさんの今後を応援しています!

2010.03.28 20:41 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

ググってたどり着きました。

今年24歳になる♂です。
現在交際中の彼女が自分より8つ年上で自分も結婚を真剣に考えて交際してます。

まさか自分が自分より遙かに上の女性を好きになり結婚まで考えるとは夢に思ってもいませんでした。

付き合うときも両親や友人には反対されたんですけど

愛する人が自分より上でもそれが自分の幸せであり相手の幸せだったら誰が何を言おうと止められるものじゃないんだと実感しました。

彼女と付き合い始めて子どもだった自分が嘘のように変わって

今では両親も友人も認める仲です。

家庭とは何か自分にはわかりませんが・・・
結婚してこの歌のように「理想の家庭とは違った」なんて彼女が思わない旦那になりたいです。

今はそんなことを思いながらこの歌を聴いてます。

2010.03.28 05:38 URL | HALU #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。昔に書いた記事にたどり着いていただき、こうしてお便りをいただくと不思議な気分になります。

私にとっては過去の瞬間(また余計な自分語りなど入ってしまっているので過去の恥の一部)ですが、他の方にとっては「いま」で、、、そしてすぅがぁ~さんのコメントを読ませていただいた私は、今、温かい気持ちになりました。再確認、できて良かったですね^^

私もPriscilla、見直したくなりました。

2009.12.12 22:39 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

ここにたどり着きました

踊りをやっていて、グループ名にPriscillaと付けてますw

7年前 なんでこの名前にしたんだろう?日々に流され忘れてて、、あらためてPriscillaを見ました。。

思い出した
なんていうんだろう、あらためて再確認できた

そしてPriscillaのサントラ、オープニングでかかるこの曲を聞きながらこのblogを読ませてもらってます。。



噛み締めて、味わって、、、言葉で表現しきれないゃw



m(_ _)m
ありがとうございました。。

2009.12.09 12:49 URL | すぅがぁ~ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。この記事書いて良かったです^^

2008.08.30 23:09 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

昔付き合ってたイギリス人の彼が、この曲大好きだったんですよ。
ゲイだからなおさら、子供とか旦那とか家庭とかっていう選択肢がなく、
自由と欲望の追求になりがちで、いっそう歌詞に感情移入するんだと思います。
私もそんな道をたどってきて、いま当時の彼よりも年上になり、
彼がこの曲を好きな理由を100%理解したくて、日本語訳をググって
ここにたどり着きました。
というのも、好きな人ができて、その人と残りの人生を一緒に生きて行きたい、なんて
がらにもなく思うようなってしまって。
でも、34にして初めて書いたラブレターは、期待していた答えを得ることができませんでした。
ということで、なおさら、
「どうしても あなたに伝えておきたいの 私がなぜ 今独りぼっちなのかを」
という日本語が身にしみました。

ブログの祈り、ゲシュタルトの祈りも素敵ですね。涙が出ます。

2008.05.16 07:45 URL | KVR #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。はい、削除しましたのでご安心ください^^(被害がないといいのですが。。。)

”プリシラ”見てみたいです。映画はにぶいのですけど、ぴんとくるといいな、と祈りつつ。

2008.04.14 22:20 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

今朝のメール、削除していただけないでしょうか!?(ToT)ごめんなさい~無知でした。恥ずかしい!!内容は本当です。

2008.04.13 15:11 URL | えりぽん #- [ 編集 ]

せっかく温かいコメントをいただいたのに、お返事がすごく遅くなってしまってごめんなさい。

かなり前に書いた記事で、消したいくらい恥ずかしいですが、こうして、何か気持ちをシェアできるきっかけになったと伺うと、ブログ書いてて良かったな(消さなくて良かったな)と思います。

仕事に復帰なさるとのこと、良い流れに乗れるよう、一緒にがんばりましょう。

2007.12.26 23:43 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

私も“I've Never Been To Me”の検索から辿り着きました。
すごく好きな曲、でもこういう意味なんだと初めて知りました。
これから歌ったり聞いたりするときは、
歌詞を思いながら歌い・聞きます。

「今の心の支え」の言葉、ずん、ときました。

私は来年1月から本格的に仕事に復帰しようかと思っています。
「今の心の支え」のタゴールの言葉、
私も支えにしながらやっていこうと思います。

2007.12.13 06:41 URL | じゅん #7g/ARBfQ [ 編集 ]

こちらこそ、私にとっても貴重な機会だったのです。気にしないでくださいね。(世間一般には通用しないってのは確かにそうかもしれませんがwww)

> 本も読めるし、映画館へもいける 知人のいないところならどこにでも行ける
> 与えられた仕事なら何とかこなすこともできる 鬱だなんて言ってられませんね・・・

これ、すごく共感します。そうやって数えるとできること、与えられていること、持っているもの、たくさんありますもんね。また気づかされちゃいました。どうもありがとうございます!

2007.10.04 23:08 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

改めて、ごめんなさい。
あんなストレートな物言いは、世間一般では通用しないですよね。
それを受け止めてくれて、ありがとうございました。

本も読めるし、映画館へもいける 知人のいないところならどこにでも行ける
与えられた仕事なら何とかこなすこともできる 鬱だなんて言ってられませんね・・・

もがくことですか・・・なるほどねぇ
これからも、微妙な癒しを求めて、おじゃまいたします。

2007.10.04 22:33 URL | 歩美 #- [ 編集 ]

今のコメントは、最初、胸のあたりにドーンと衝撃がきて、その後、スカッとしました。こんなにはっきりと言ってくださる方は初めてです。そして、今まさに必要な言葉をいただいた、そんな感じがします。

他人を励ましたいとか、参考になりたいとか、つい思ってしまいがちなので。でも、どんなに取り繕ってもうんこはうんこなんだってことで、原点に舞い戻りました。(あのうんこの記事、読んでくださったのですね)

心療内科って、行くことで何かが変わる気、しませんでした?実際には、行くだけじゃ何も変わらないですけどね。

辛いときはもがけ、もがけです。。。もがく合間の微妙な癒しになれるとは光栄です^^

2007.10.04 00:06 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

仕事をしたくない、できるだけ人とは会いたくない。休日は一人部屋の隅にうずくまって本を読んでいたい、私です。
自分の意志で心療内科に二度出向き、処方された薬を飲むことなく、それっきりです。

そんな私にとって、貴女の日々の書き込み(ウンコ、オナニー)は、
励ましにも、参考にもなりませんが、微妙な癒しになっているのです。
失礼な言い方ですね・・・ご免なさい。

2007.10.03 23:37 URL | 歩美 #GEMHM5sk [ 編集 ]

こちらこそ、こんな拙い訳を楽しんで?くださってありがとうございます。実は、恥ずかしくて、読み返せずにいます。訳には自分が出ますから、未熟な自分が出てることが恥ずかしいです・・・。(ならブログに公開するなよって感じなのです)歩美さんが訳されたら、また違った味になると思います^^

2007.10.03 22:30 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

“I've Never Been To Me”の検索から辿り着きました。

自分で訳す手間が省けて助かりました。

paradiseを「誰もが羨む幸せ」としたのには、感心しました。まさしく、他人がうらやましく思う幸せでしかないのですよね。
次行の「本当の自分が見つからない」という端的な受け方もスマートで詩的です。

余談ですが、わたしも、極々軽い鬱です。

2007.10.01 23:01 URL | 歩美 #GEMHM5sk [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
結婚式にかけたいっていう気持ち、分かりますよ~。私もそういう機会があったらぜひかけたいです^^

思い出の曲、一つ一つ選んでいるのを想像して微笑ましくなりました。お幸せに!

2007.03.20 21:41 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

私は、まだ独身ですが、結婚式にこの曲かけたいって、今日、彼に話しました。
まあ、歌詞の内容は、結婚式って感じでは、ないけど、私には、さまざな思い出の詰まった曲です。
多くの人に聴いてもらいたいです。

2007.03.18 23:20 URL | のんたん #- [ 編集 ]

いい曲ですよね^^
私が自分の心の整理のために書いた記事ですが、わざわざお礼を言ってくださって、こちらこそありがとうございます^^ここに辿り着かれたこと、何らかの感情を共有できたこと、とても嬉しく思います。

2007.02.01 21:44 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

今日、台湾製CDからこの曲を聴き、タイトルとシンガーをネット検索して、ここにたどり着きました。ネット上で歌詞の和訳も2-3異なるバージョンがありますね。それぞれが思いを込めた和訳で、それぞれの味があります。映像・シャーリーン本人の歌・そして和英両方の歌詞があるのは、NECOXさんだけです。ありがとう。

2007.02.01 01:21 URL | hommenoble #- [ 編集 ]

mixiでの意見をシェアしてくださって、ありがとうございます。

その人によって、華やかな世界で自分らしいと感じる人もいれば、
地味な世界で一番その人らしさが発揮できる人もいるのだと思います。

自分がどのような世界にいて幸せなのかは、
自分の心の中だけが知っていることだから、
世界中探し回る前に、まず I've been to ME. になるべきなのでしょうね。

豪華船でシャンペンを飲むような生活を、彼女が心から求めていたのであれば、
彼女はそれでまさに、I've been to ME. なんだと思います。
でも、この歌の主人公は、そうじゃなかったんですね・・・

2006.11.06 21:31 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

MIXIでの意見としては、
華やかな世界で楽しく生きるよりは、
地味でも良いから自分らしく生きたいという声でしたね。

ここでいう、paradiseは物語の”青い鳥”と通じるのかもしれません。

でも、僕は、
I've been to Niece and the Isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht
という、ヨット上で海を眺めながらシャンペーンを味わったのよっていうところを聞くと、なんとなく人間らしさも感じるのですよね。したいことを正直に、懸命にしているこの女性に。

そして、
無理に我慢しなくていいよ、
間違った方向に行かないようにちょっとだけ正してあげるから・・

彼女にそういいたいと
思ったりしました。

2006.11.05 22:25 URL | ken #UTTqB9Tc [ 編集 ]

icon 

> kenさん
コメントありがとうございます。

> MIXIでこの曲の歌詞の生き方について話題になりました。

あーそうなんですか。知りませんでした。
本当のパラダイスは自分の中にある、っていう・・・、時間を超えて心に訴えかけてくる歌詞だと思います。

2006.11.05 14:50 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

すごく参考になりました。
MIXIでこの曲の歌詞の生き方について話題になりました。

アメリカの時代背景もあるのかも。

2006.11.05 13:09 URL | ken #UTTqB9Tc [ 編集 ]

icon 

> dolphinさん
ありがとうございます^^
お役に立てて嬉しいです。
えー?とも思うけど、なぜか忘れられなくて、考えさせられる歌詞ですよね。

2006.10.19 01:04 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

このメロディーと優しい歌声にひかれました。
歌詞も知りたくて辞書片手に訳しましたが良く分からず、ここに辿り着きました。
とてもステキな訳ですね。
今の生活に我慢しなさいっていう様に受け取ると、この歌は最悪ですね。
私にとっては好きだけど嫌いなとても不思議な歌です。

2006.10.18 23:42 URL | dolphin #q8Z0istI [ 編集 ]

icon 

> ごりさん
はじめまして。
そうそう、日本語の歌詞とは全然違うんですよね。私はCharleneが歌ってるのが一番好きです^^

2006.09.23 21:51 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

necoxさん、はじめまして!ごりと申します。
この曲いいですよねぇ。
若い頃この曲を聴いてメロディーの美しさにスッゴク好きになりました。
こんな意味の歌詞だとは知らずに....
でもそこがこの曲の魅力なんでしょうね。
いやぁ、日本の椎名恵が歌った「LOVE IS ALL~愛を聴かせて~」とは全く異なる!
でも奥深さがありますよね。
ますます気に入りました。
ありがとうございますm(__)m

2006.09.23 03:57 URL | ごりの日記-in熊本 ごり #ZFPdhQVM [ 編集 ]

icon 

> 鍵コメさん
あわてずゆっくりですね。ありがとうございます。がんばってくださいね。

2006.08.31 19:02 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

icon 

私もずっと好きなんですよ~^^
私も最初は子供の頃、メロディーだけどこかで聞きかじっていただけでした。歌詞が分かったら、さらにはまりましたね。。。

その時々でいろいろな受け取り方が出来る歌詞ですよね。これからも寝かせてワインのように味わいつくしてやる~って感じです^^

> この曲もハモリますよ。
ぉお? すごいなぁ、この曲ハモッてくれる人いままでいなかったですっ
ぜひハモッていただきたいっ^^

2006.07.15 02:07 URL | necox #B4pvQVOw [ 編集 ]

こんばんは。
私この歌、好きなんです。
最初に聞いたのは、小さい頃だった。その時はもちろん、歌詞なんてわかってなくて、メロディーが好きだった。
英語が分かるようになってから、へぇ~、って思って、いろいろ経験してから、歌詞の深みが分かるようになった。

華やかさの中にありながら、自分が本当に求める幸せ、本当の自分とは・・・?
満たされているはずなのに、どこか、なぜか、空虚な感じ。

やっぱり、本当の自分と、いまある現実を見つめて、その中で、精一杯生きていきたい。
「幸せ」の基準は人それぞれだけど。

最初に聞いてから何十年?と経っているけど、ずっと好きだなぁ。

P.S この曲もハモリますよ。

2006.07.15 00:36 URL | ayuu #- [ 編集 ]















   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。